trackmany
ドライバーキャリア

気をつけたい他のドライバーとの協力体制について


ドライバーの仕事は運転することだけではない

ドライバーは何も運転する事だけがドライバーではありません。普通に荷物を運んでいるドライバーもいれば、建築の資材を運んでいるドライバーなどもいますね。何を運んでいるドライバーにしても、搬入先に自社のトラックしか行かないという事はありません。

つまり他の配送会社なども同時に入って作業をしたり、荷物の搬入をしたりしているものです。こんな事を言うと「ちょっと変」と思われるかもしれませんが、ドライバーは基本的に会社が違っていても、よく見かけるドライバー同士は仲良くなります。

ドライバー同士の人間関係が大事

この時、例えば自分の荷物を搬入する時に協力をしてくれるのとくれないのとでは、全くかかる時間が変わってきてしまうものです。工事現場や建築現場などに資材を運んでいるドライバーは、特にこの他社のドライバーとの協力体制が重要になってきます。

お互いの会社の利益を考えるだけでは作業は先には進まないという事ですね。もちろん会社同士で何か「こうしよう」とか「ああした方が良い」などと言う話し合いがされているわけでは無いようです。

つまりこの協力体制はドライバー同士の暗黙の了解という部分で行われている事が多いようです。例えばパープロという車の事をご存知でしょうか?この車は排水や汚泥などを運ぶバキュームカーの一種です。

その吸引力はバキューム車の中では王様と言われる程の吸引力。なので作業をする時には細心の注意をしなくてはならないため、自分だけではなく他社の方々にも協力をしていただく事で、安全に作業を行う事ができるとも言われているようです。

ドライバー同士の協力が安全性や効率を高める

つまり他のドライバーとの協力体制があれば、より安全に作業を行う事ができるようになるという事なのです。もちろん同じ会社のドライバーとの連携も、作業を効率化させるためには必要だと言えるでしょう。

ルート配送の会社では、荷物の仕分けをする時に他のドライバーの荷物が入り込む事があります。できる範囲で連絡を取り合い補う事も、仕事をスムーズに行う上で必要な事かもしれません。そしてそれが仲間とのコミュニケーションを取り団結を強くするのですね。

コメントを残す