untenkiroku
タクシー業界知識

タクシードライバーが知るべき運転記録証明書の重要性

  タクシー求人専門のコンサルタントにお任せ


タクシードライバーの採用面接時に必ず聞かれるのが、自分の「運転履歴」です。

え!なんでそんなこと聞かれるの?
と思う方も多いと思いますが、これはタクシードライバーに限らず、車を扱う職種に携わる職業に就く際、採用時に必ず聞かれると言われています。

では、なぜ自分の過去の運転経歴を聞かれるようになったのでしょうか。
今回は、タクシードライバーの面接時に必ず聞かれる自分の運転履歴の重要性をご紹介します。

コンサルタントへの無料転職相談はこちら

運転記録証明書の必要性

そもそも、面接時にこのような自分の「点数」や「運転履歴」を確認するようになったのは、過去に事故したタクシードライバーが決まった適正診断や講習を受けずに別のタクシー会社で次々に働いていたことが明らかになったのが問題になり、国土交通省が義務付けたのがキッカケでした。

今では、どこのタクシー会社でも採用時に「点数」を聞くことが義務付けられるようになりました。

また、点数の状況によっては「運転記録証明」が必要になるケースもあります。

これは、採用時に過去の事故履歴を調べるのもタクシー会社で義務付けられているからです。この事故履歴の内容によっては、タクシードライバーとして働けない場合もあります。

お客様の命を預かる仕事なので、タクシー会社の採用側もこの部分はかなり注意して採用に臨んでいます。

そしてある意味、この条件が課せられたことによって現状のタクシー会社の採用ハードルはかなり上がってきています。

もし、自分が今何点で、どんな事故をしたのか分からない場合は「運転記録証明書」を取得すると面接担当者にも分かりやすいので、オススメです。

「運転記録証明書」は最寄りの警察署や交番、駐在所、各都道府県の自動車安全運転センター事務所に証明書申請用紙がありますので、そこで取得が可能です。

コンサルタントへの無料転職相談はこちら

交通違反と点数について

タクシードライバーに興味のある方であれば、ご存知かと思いますが「交通事故・違反」を起こしてしまうと点数が加算されてしまい、ある一定の点数を越えると「免許停止=免停」になってしまいます。

「免停」になると一時的ではありますが、文字通り「免許の効力」が停止しまい、その間はもちろん、車の運転はできなくなってしまいます。

点数がリセットされるのは、1年間無事故無違反でなければならないので、タクシードライバーを目指そう!という方にとっては、かなりの痛手になってしまいます。

「交通事故・違反」の内容によって加算される点数が違ってきます。その内容によっては、即時に「免停」になってしまう可能性もあるので、くれぐれも交通事故・違反には気をつけなければなりません。

「交通事故・違反」の主なも点数は、飲酒運転は即免停の「35点」、速度超過も速度によって「1点~12点」、車間距離なども1点~と少なからず点数が加算されてしまいます。

小さな違反だから大丈夫!と思っていると、6点で「免停」となってしまうので、小さな点数の積み重ねも甘く見てはいけません!

コンサルタントへの無料転職相談はこちら

タクシードライバーが最も気を付けなくてはいけないこと!

タクシードライバーとして働こうと検討中の方は、先ほども触れましたが免停になってしまうと、すぐに働くことができなくなってしまいますので、自分の点数が今何点あるのか知っておくといいと思います。

前提は、「交通事故・違反」をしないのが一番いいのですが、運転をたくさんする人は色々あるとは思います。

しかし、点数や事故内容の兼ね合いで「運転できない=タクシードライバーになれない」という悲しい状況になってしまっては元も子もありません。

タクシードライバーに限らず運転をする職種に就きたいと考えている方は、そこのところをよく考えて運転するようにしましょう。

コンサルタントへの無料転職相談はこちら

 
タクシー求人専門のコンサルタントにお任せ
 

 
サービス登録ボタン