スマイル時計
タクシー業界知識

タクシードライバー(タクシー運転手)は実は休みが多い?~勤務体系について~

  タクシー求人専門のコンサルタントにお任せ


タクシードライバー(タクシー運転手)の3つの勤務体系

タクシーは朝も夕方も夜中も走っています。いつ休んでいるのかと思うほどどの時間帯でも見かけることができます。今回はそんなタクシードライバー(タクシー運転手)の働き方、勤務体系についてお伝えしたいと思います。タクシードライバー(タクシー運転手)の勤務体系は主に3つに分けられます。

「昼日勤」・・・昼間だけの勤務体系
「夜日勤」・・・夜間だけの勤務体系
「隔日勤務」・・・昼も夜も働く勤務体系

この3つの勤務体系について以下で詳しくみていきます。

コンサルタントへの無料転職相談はこちら

タクシードライバー(タクシー運転手)の3つの勤務体系~昼日勤~

まず1つ目は普通のビジネスマンと同じような昼間だけ働くという「昼日勤」というものです。
一般的なのは朝7時~夕方16時まで、もしくは朝8時~夕方17時までという勤務時間になります。普通のビジネスマンと比べて朝が早いですが終わるのも早いです。夜勤を伴わない勤務体系なので女性や高齢の方に好まれる傾向がありますが、この後ご説明さしあげます「隔日勤務」という夜勤を伴う勤務形態がどのタクシー会社も主流ですので採用している会社自体が少ないのが難点です。
昼間の時間帯ですので住宅街から病院などに向かう方や、急いでいるビジネスマンなどが主なお客様となります。
一か月の出勤と休みのイメージを下の図にまとめましたのでご覧ください。

タクシーの昼日勤とは

昼日勤カレンダー

コンサルタントへの無料転職相談はこちら

タクシードライバー(タクシー運転手)の3つの勤務体系~夜日勤~

2つ目は「夜日勤」という夜だけ働くというシフトです。
一般的なのは夕方17時~夜中2時までというものです。昼間は住宅街やビジネスマン夕方17時までという勤務時間になります。昼間と違い夜は繁華街に向かう方やお酒を飲み終わった方や終電を逃してしまった方などが主なお客様となります。長距離のお客様も比較的多くなりますし、深夜割増料金もつきますので売上が上げやすい時間帯と言えますがこれも「昼日勤」と同じく採用している会社は少ないのが現状です。

タクシー会社は車を少しでもフル稼働させたいと考えます。ここまででお分かりの通り、「昼日勤」の勤務体系を採用した場合、その対となる「夜日勤」も必ず必要となります。1台のタクシーをフル稼働させようとした時にこの2つの勤務体系を希望する方を一人ずつ採用しなければなりません。どちらかだけ採用できたとしてもそれではタクシー1台が半日遊んでしまうことになるので会社としては機会損失ですので何とか避けたいのです。

「夜日勤」の一か月の勤務イメージは「昼日勤」の対ですのでまったく同じですから上の昼日勤とまったく同じになります。つまり完全夜型の生活になってしまう為、年齢の若い方やとにかく収入を多くしたいというような方は希望しますが、比較的採用をしやすい「昼日勤」希望の方と比べて、やはり「夜日勤」を希望する方を採用することが難しいのです。結果として「昼日勤」、「夜日勤」を採用しているタクシー会社が少なくなってしまうのです。

コンサルタントへの無料転職相談はこちら

タクシードライバー(タクシー運転手)の3つの勤務体系~隔日勤務~

そしてタクシーの稼働率を上げるために主流となっているのが、最後の「隔日勤務」という勤務体系になります。
業界では「隔勤」(かっきん)と呼ばれる働き方でタクシードライバー(タクシー運転手)の方はほとんどがこの勤務形態で働いています。
一般的なのは朝8時~夜中の2時までというものです。「昼日勤」や「夜日勤」が休憩時間も含めて勤務時間としては9時間だったのですが、この2つを一気に一人で働いてしまおうというものがこの「隔日勤務」です。
この18時間の勤務時間の間に3時間の休憩をとりますので実質は15時間労働という事になります。普通のビジネスマンは昼休憩を12時~13時の決まった時間に取ることが通例ですが、タクシードライバー(タクシー運転手)は朝営業所に行って出庫した後はどこをどのように走るかは個人の自由ですので、休憩も個人の自由です。好きなタイミングで取ることが可能です。ですからたまに道端で止めて休んでいるタクシードライバー(タクシー運転手)さんを見かけますがあれは決してさぼっている訳ではないのです。

裏話ですが羽田空港のタクシー乗り場はタクシードライバー(タクシー運転手)からすると実は2時間~3時間待ちというのが通常です。それでも並ぶのはたまに非常に長距離のお客様がいらっしゃるからという事なのですが、かなり一か八かの博打のようでもあります。当然羽田空港から羽田にあるホテルに向かうお客様もいらっしゃいますし、蒲田付近まで行きたい方もいらっしゃいます。ですので3時間の休憩ついでに羽田空港に向かい待ち時間を利用して休憩するという方もいらっしゃるようです。

コンサルタントへの無料転職相談はこちら

タクシードライバー(タクシー運転手)は実は休みが多い?

さてタクシードライバー(タクシー運転手)の基本的な働き方である「隔日勤務」ですが、これは2日分を一気に働いてしまうという事です。下記の図が隔勤の場合の一か月の勤務イメージなのですが、出勤した次の日は明けという事で休みなります。それにプラスして通常のお休みが入ってきます。

タクシーの隔日勤務とは

隔日カレンダー

「隔日勤務」の場合一か月に12回出勤する(12乗務)が通常です。ですから1乗務の勤務時間は長いのですが、逆に考えると丸一日休みの日が平均して18日もあるという事になります。当然この中で睡眠もとらなければいけませんので一概に普通のビジネスマンたちと比べることはできませんが体感としてタクシードライバー(タクシー運転手)の方に聞くと最初は今まで違う夜も働く、長時間働くというリズムに辛いと思うこともあるようなのですが、慣れてしまうと逆に休みが多くてとても良いという認識に皆さんなるようです。

会社によってはシフトの融通をきかせてくれるところもありますので、休みの日をずらしつつ明番と休みに加えて有給休暇を組み合わせて長期連休を取得する方も多くいらっしゃるのもなかなかまとまった連休が取りにくい一般ビジネスマンとは違うこの業界ならではの特徴です。何と1週間休みを取って海外旅行を毎年楽しんでいる方もいらっしゃるそうです。

コンサルタントへの無料転職相談はこちら

タクシードライバー(タクシー運転手)は残業がない?

昔ほど減ったのかもしれませんが、普通のビジネスマンの定時の勤務時間が9時~18時であったとしても残業があって結局帰ることができるのは21時、22時というのは別にブラック企業でなくても当たり前に起こりえます。
ただタクシー業界はこの事象がほとんど起こらない仕組み、意識が完全に醸成されています。なぜならやはり長時間労働ですので更なる残業は疲労を蓄積し事故率が上がってしまうからです。
また厚生労働省からの指導で一か月の拘束時間は262時間以内、1乗務(2日間)での拘束時間は最大で21時間と決められています。1乗務あたり、拘束時間は休憩時間を含み最大で約21時間です。

拘束時間

6年前の2009年には乗務員の拘束時間の超過や休憩時間の不足が指摘され、大手の1社である国際自動車株式会社が2年間の営業停止の処分を国土交通省関東運輸局が下しました。
このような経緯から現在タクシー業界ではタクシー乗務員の勤務時間、拘束時間、休憩時間の管理については自主的に協会をあげて取り組んでいますので実は入ってみたら事前に聞いていたのと違って勤務時間が長すぎて休みが取れないというようなクレームが発生しない仕組みになっています。

コンサルタントへの無料転職相談はこちら

 
タクシー求人専門のコンサルタントにお任せ
 

 
サービス登録ボタン
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>