タクシー配車スマホ
タクシーニュース

タクシー運賃の事前確定化がタクシードライバーに与える影響とは

  タクシー求人専門のコンサルタントにお任せ


先日、東京のタクシー会社大手が2017年度にタクシー運賃の事前確定ができるサービスを導入することが発表されました。

スマートフォンのタクシー配車アプリを利用し、事前に配車地点と目的地を入力すると、料金が概算される。もし降車時にタクシーメーターのほうが安ければ、そちらの方が適用されるというものです。

利用者にとっては、事前に料金がわかっていることや、渋滞にはまっても料金が加算されないなどメリットも多く期待されています。

一方でタクシードライバーの仕事をする上での影響はどうなのでしょうか?
まず一番に期待されるのは、タクシー利用者の増加でしょう。今までタクシーの料金が不透明なことで利用を控えていた人が、料金が事前にわかり安心感が出ることでタクシーの新たな顧客になる可能性が高いということです。

次に配車アプリのさらなる普及による影響です。今回の運賃事前確定サービスというのは、スマートフォンの配車アプリ経由でのタクシー利用を想定しています。普通に乗るよりも安くなるとこがわかればさらにタクシー配車アプリの普及は進むと考えられます。

タクシーの配車アプリが普及することでタクシードライバーの方へのメリットもあります。
現在、東京都内の場合、タクシーの乗客を獲得する方法の多くは「流し営業」と呼ばれるタクシードライバーが運転しながら目視で乗客を探すというもので、それには長年の経験やスキルなどが必要となるため、稼げるタクシードライバーとそうでないタクシードライバーには差が出てしまうというのが大きな課題でした。

タクシー配車アプリが普及することで、タクシードライバーは「流し営業」をする必要性が今よりも減少し、経験が浅くても稼ぐことができるようになることが想定されます。

実際、海外などに目を向けると日本よりも配車アプリの普及が進んでいる国は多く、「流し営業」よりも配車アプリ経由での乗客を獲得できることで、タクシードライバーの収入が上がり、タクシードライバーになることへのハードルも下がっているという事実もあります。

一方で解決しなくてはならない問題もあります。
一つは事前確定する料金の正確さです。せっかく乗客が増加したとしても、アプリの経路計算の精度の問題で本来5,000円もらえるところが、4,000円しかもらえないというようなことが発生すると、タクシードライバーの収入は減少してしまいます。

もう一つの課題は、配車料でしょう。東京のタクシー会社の場合、電話や配車アプリ経由に関わらず配車料として300~400円程度の料金が発生してしまいます。乗客視点ではこの金額は比較的大きく、短い距離での配車には少し足踏みをしてしまうところです。

様々な課題はありますが、今回のタクシー料金の事前確定サービスというものは、タクシードライバーにとってもメリットが大きいものだと言えるでしょう。引き続き動向をチェックしていきたいと思います。

 
タクシー求人専門のコンサルタントにお任せ
 

 
サービス登録ボタン