kankou
タクシーニュース

外国人旅行客が増加する今、タクシードライバーが必要な能力とは!

  タクシー求人専門のコンサルタントにお任せ


近年、日本政府より観光立国の推進を受けて日本への外国人旅行客が増加傾向にあります。それを受けて、羽田空港国際線の発着枠を増加するなど、外国人によるタクシー利用率が上がってきています。

そこで、タクシー業界ではタクシードライバーに外国人の接遇面をさらに強化するため、さまざまな取り組みをしています。

今回は、現在のタクシードライバーが力を入れている外国人の待遇面をご紹介します。

コンサルタントへの無料転職相談はこちら

東京のタクシードライバーの取組み『外国人旅客接遇研修』とは

東京は、日本でも多くの観光地が集まる場所として多くの外国人旅行客が集まる地として注目されています。

そこで、東京で働くタクシードライバーが研修時に必ず訪れる江東区にある「東京タクシーセンター」では、外国人旅行客の接遇面を強化するために『外国人旅客接遇研修』という研修を実施しています。

研修内容は、レベルに応じて色々と違いますが、ロールプレイング実習を取り入れた研修が主になっており、外国人の習慣を学び、普段タクシードライバーが営業で使う英語や緊急時の対応(英会話)などを習得して接遇向上を目的に行われています。

レベルは、初級~上級まであり、研修内容をICレコーダーなどで録音も可能なので、タクシードライバーの多くは受講後、自身で発音などのトレーニングをしているようです。

研修費用は、1受講2,700円となっており、申込みは直接「東京タクシーセンター」へ電話連絡して予約します。

また、学習教材なども用意されているので、それを購入して勉強をするタクシードライバーもいるようです。

コンサルタントへの無料転職相談はこちら

英語講習会を取り入れているタクシー会社が増加

外国人旅行客の増加を受け、東京観光事業に力を入れているタクシー会社のほとんどが英語講習会などの語学研修会を開き、外国人向けの接遇に強化を図っています。

タクシー会社の中には、英語以外にも韓国語や中国語、フランス語もできるタクシードライバーも在籍しており、これを見ても分かるように今やタクシードライバーも語学力が求められる職業になったと言えるでしょう。

タクシー会社によっては、語学レベルごとに配車先を振り分ける活動をしているところもあるようです。

このような仕組みのタクシー会社もあるので、タクシードライバーは、一人でも多くのお客様獲得に向けて積極的に研修会に参加しています。

コンサルタントへの無料転職相談はこちら

日本最大手『日本交通』の外国人旅行客向けに行っている取り組み

東京観光事業に最も力を入れているのが、日本最大手『日本交通』と言っても過言ではないでしょう。

日本交通では日本での国際化を受け、いち早くさまざまな研修を取り入れています。

たとえば、1ヶ月のロンドン留学研修や独自のテキストを用いて毎月2回の英語講習会開催など、語学面の強化に力を入れています。

また、日本交通では研修だけでなく、東京観光を盛り上げるため、株式会社ぐるなびと提携し、旅情報誌「ぐるたび」内に特設ページを設置するなど、外国人観光客問わず観光を目的とする全ての人にタクシー利用に繋がる活動を積極的に実施しています。

ちまみに「ぐるたび」とは、旅先のグルメ体験や旅の楽しい情報を地元住民や地元密着のライターによって発信するサイトで、日本交通の特設ページには東京観光ドライバーがタクシードライバーならではの観光スポットを紹介する情報サイトです。

コンサルタントへの無料転職相談はこちら

タクシードライバーのこれから

今後、2020年には東京オリンピックが開催されます。

これを受けて日本には、ますます外国人旅行客が増えると考えられます。

これからタクシードライバーになる人も、すでにタクシードライバーになって長い人もお客様のニーズに合わせた接遇が必要となるのは間違いありません!

某外国人旅行客から、日本のタクシーは接遇がとても素晴らしいと言われています。日本のタクシーのイメージがいいと、日本のタクシー利用者も今後どんどん増えていくことでしょう。

今からでも遅くないと思いますので、自分自身のためにも少しずつ日常使う英会話から勉強してみてはいかがでしょうか。

コンサルタントへの無料転職相談はこちら

 
タクシー求人専門のコンサルタントにお任せ
 

 
サービス登録ボタン