ドライバーの勤務時間

  • シェア
ドライバーの勤務時間

自分のペースで働けるドライバー

運送業は会社員のような8時間労働とは違います。
契約上、定時の時間が決められていますが、早出や残業等が発生すると考えて良いでしょう。
基本1日前には翌日の仕事量が分かっています。与えられた仕事量をどれだけの時間で終わらせるかによって勤務時間が変わってくるのです。

この事をプラスで捉えるのか、マイナスで捉えるかは働き手次第。6時間で終わらせてプライベート時間を満喫するのか。または10時間かけてゆったり休みながら自分のペースで働くのか。どちらにせよ自分のペースで仕事をすることができるのです。

配送の種類で異なる勤務時間

定期便のドライバーの場合

定期便で朝積みの場合は出社時間が決まっており配達先によって終了時間も変わってきます。夕積みの場合は前日までに積み込置きになることが多く翌日の〇〇時までというように時間指定があることが多いです。時間指定のない場合でも朝9時前までの到着が運送業界の常識と言われています。

長距離輸送のドライバーの場合

長距離輸送では時間はその日によって異なります。早朝の出勤の日もあれば夕方からの日もあったり。近場なのか地方なのかによっても大きく左右されます。地方への配達は待ち時間が発生することもあるので拘束時間が長くなります。
拘束時間は長いですが、拘束時間=労働時間とは異なり待ち時間は自由時間でもあるのです。大体は睡眠時間に利用している人が多いですが、温泉に入ったり、買い物へ行ったりも可能になります。

運転手の仕事は決められた時間までに到着することが重要になるので一見、時間には厳しい職種になるかもしれません。ですが、やり方次第では仕事をしながら自分時間を楽しむことも十分可能です。

会社員では仕事中にコンビニや銀行に行くのは、かなり気が引けますが運転手さんは自由に行くことが可能です。
余裕を持って安全運転を心掛けましょう。

どの仕事でもそうですがトラブルはつきものです。
道路渋滞や荷物待ち、納品先のトラブル等があるかと思います。
特に道路渋滞に関してはお盆休み、年末年始、ゴールデンウィークなどの長期休暇中は大幅な渋滞が考えられます。
そういった事を考えると余裕を持って、早め早めの行動をとる方が安心ですね。

他のコラム内カテゴリもチェック!

まずは相談してみよう!

ドライバー求人専任コンサルタント

専任コンサルタントから
非公開求人紹介させていただきます。

詳しくは
こちら

人気のエリアで求人を探してみよう!

気になることを調べてみよう!

「ドライバーズワーク」は、あなたの新しいキャリアのスタートを応援しています!

「ドライバーズワーク」は、タクシーに特化した専門の求人・転職サイトです。タクシードライバーや運転手について、現任者の方向けはもちろん、業界未経験の方向けの求人も多数取り扱っています。さらに、タクシードライバーにとって役立つコラムや業界ガイドなどもございます。気になる求人情報を保存したり、オススメの求人情報をメールで取得したりといった機能的なサービスも提供しています。是非、あなたの希望の条件で、最適な求人をお探しください。

採用ご担当者様へ