まだまだ女性ドライバーの環境は整っていない

キャリア関連
まだまだ女性ドライバーの環境は整っていない

他の業界より遅れるドライバー業界の女性進出

世の中は女性の進出が目覚ましい時代になりました。当然ですがあらゆる分野で女性が活躍している時代なのですが、まだまだ女性を受け入れる準備が整っていないというのが現状で、ドライバーの世界でもそれは同じことかもしれません。

女性ドライバーが困っていること

その昔、ドライバーの仕事は男性のお仕事であるという認識が強かったためか、会社の中に色々と問題点がある事が多いようで、例えば女性ドライバーとして採用されましたが、トイレは男女共同で使わなくてはならなかった。

もともと男性ばかりの職場だったために、女性ドライバーという事で色々と目線が気になる。
などなど、男性の立場からしても女性の立場からしても、困ってしまう点が多い会社もあるようです。

女性ドライバーが困るのはトイレと着替え

その中でもやはりしっかりと考えて欲しいのは、やはりトイレや着替える場所の確保ではないでしょうか。男性ばかりの会社だったから着替える場所がひとつしか必要が無かったけど、女性を雇う事になったら場所が無かった。

そんな会社がまだまだあるのが現実です。やはり女性は専用の場所くらいは欲しいと考えるものです。男性の中には「家で作業服に着替えてくればいい」と考える方もいるかもしれませんが、アフター5に作業服っていうのも考えものです。

やはり女性はドライバーをしていて男勝りと言われても、最低限のエチケットは欲しいと思うものです。他にも女性ドライバーだという事で、あちらこちらの男性ドライバーからお誘いがありすぎるというありがたい問題点もあるようです。

これらの環境に関しての問題点は、解決が難しいというところもありますが、会社によっては工夫をして女性ドライバーを増やしているというところもあるようです。女性ドライバーにとってありがたい事です。

女性ドライバーが受ける差別

一方で、女性ドライバーが「女性」という事で差別をされるという意味での環境が整っていないなという点もあります。

それは女性だから運転が下手だろうと思われる事や、女性だから甘えているのでは?などと心ない事を言われる事です。実際には女性ドライバーは細やかな事に気づけるという利点もあり、必死に作業をしているドライバーもとても多いのです。

ただ男性の女性ドライバーに対するイメージや、一部の女性ドライバーの行動がこうした誤解を招き、男性に負けじと働いている女性ドライバーの足を引っ張っている可能性も否めない現実も認めなくてはならないでしょう。

まずは相談してみよう!

専任コンサルタントから
非公開求人紹介させていただきます。

詳しくは
こちら

「ドライバーズワーク タクシー」は、あなたの新しいキャリアのスタートを応援しています!

「ドライバーズワーク タクシー」は、タクシドライバー・タクシー運転手に特化した転職・求人サイトです。タクシーの現任者の方向け求人はもちろん、タクシー業界未経験の方への求人も多数そろえています。2種免許の取得支援や両希望の方、保証人のいない方へのタクシードライバー求人もたくさんあります。また、気になる求人情報を保存したり、オススメの求人情報をメールで取得したりすることができます。是非、あなたの希望の条件で、最適な求人をお探しください。