タクシー運転手の仕事ってきついの?

  • シェア

タクシー業界への転職をお考えのあなたに聞きます。タクシー運転手の仕事にどんなイメージをお持ちでしょうか。ひょっとしたら「きつい」といったイメージがあるかもしれません。ここでは、タクシー運転手の仕事がきついと思われる理由をはじめ、タクシー運転手として働くことのメリットについても紹介していきます。タクシー運転手の仕事についてよく知ったうえで転職の参考にしてください。

なぜタクシー運転手の仕事をきつく感じるか?

歩合制の給料がきつい

仕事をするうえで気になるのがやはり給料でしょう。普通の会社員が固定給であるのに対して、タクシー運転手の場合は歩合制の給料形態であるケースが多いです。営業成績によって給料の金額が左右されるため、安定していないといった特徴があります。逆にいえば自分次第で稼ぐこともできますが、この不安定さをきついと感じてしまう方はいるでしょう。

売り上げノルマがあるからきつい

タクシー運転手には売り上げノルマが課せられているケースがあります。ノルマについてはタクシー会社によって異なりますが、最低限のノルマが達成できていないとペナルティとして減給されてしまうケースもあります。ノルマが達成できていない月についてはプレッシャーによって精神的にきつく感じてしまうことでしょう。常に売り上げを意識した営業を心がける必要があります。

ノルマについてはタクシードライバーにノルマはある?もご確認ください。

労働時間の長さがきつい

タクシー会社は深夜も早朝も営業しています。公共交通機関が止まっている深夜から早朝の時間帯はタクシー運転手にとって大きく稼ぐチャンス。しかし、その時間帯に働くことで生活リズムが不規則になりかねません。お客様を乗せて運転することは集中力を使うので、深夜から早朝の時間帯であれば特に疲労が溜まりやすいです。また、タクシー業界ならではの勤務形態に隔日勤務というものがありますが、この場合、朝に出社して翌日の朝まで24時間連続で働かねばならないこともあります。休憩時間も入っているものの、体力的にかなりきついといえるでしょう。人によってはブラックな仕事だと感じてしまうかもしれません。

接客がきつい

タクシー運転手は接客業です。当然のことながら様々なお客様がいます。例えば、終電のなくなった深夜から早朝に営業をする場合には泥酔しているお客様を乗せることもあるでしょう。時には絡まれたり、車内で嘔吐されたりすることがあるかもしれません。そんな場合においても丁寧な接客が求められます。このような接客を苦痛に感じる方にとってはタクシー運転手の仕事はきついと感じることでしょう。

長時間の運転がきつい

タクシー運転手の仕事がきついといわれる理由として、長時間同じ姿勢で運転しなければならないという点も挙げられます。車内は限られたスペースになるため、思いきり手足を伸ばすといった動作もできません。どうしても首や肩、腰に痛みを感じやすくなってしまいます。肩こりや腰痛は、タクシー運転手の職業病ともいわれています。

事故に遭う可能性あることがきつい

タクシー運転手は普通の人と比べて、運転する時間が増える分、必然的に交通事故に遭う確率が高くなります。万が一、重大な事故を起こしてしまった場合には免許停止になり、仕事ができなくなってしまいます。

きついだけじゃない!知っておきたいメリット

頑張り次第でたくさん稼げる!

タクシー運転手の仕事のメリットとしてまず挙げられるのが、頑張り次第で稼げるということです。先ほどのお伝えしたとおり、タクシー会社の多くは歩合制になっているため、頑張って売上金を増やせば自分の取り分も多くなります。頑張った分だけ給料に反映されることは大きなモチベーションにつながるでしょう。

タクシーの運転手として稼ぐ方法については稼げるタクシードライバーになるにはをご確認ください。

副業として働くことも可能!

多くのタクシー運転手は正社員として働いていますが、実はパートタイマーとして働いている方もいます。車を運転するのが好きな人にとっては魅力的でしょう。また、バスの運転手やトラックの運転手などの経験がある方にとっては副業としてタクシー運転手の仕事を始めやすいでしょう。

お客様とのコミュニケーションが楽しめる!

人と会話をすることが好きな方にとっては大きなメリットになります。「運転が好き!会話が好き!」という方にとってタクシー運転手の仕事はまさに天職でしょう。過去に接客業をしていた方はもちろんのこと、初めて会った方とでも人見知りせずに会話を楽しめるという方は、タクシー運転手に向いているかもしれません。

どんな業種からも転職しやすい!

タクシー運転手になるために必要な資格は普通自動車二種免許のみになります。一部地域では地理試験に合格する必要がありますが、特別なスキルや学歴は求められないため、比較的簡単に正社員として働くことができます。経験がなくても転職できるのは嬉しいポイントでしょう。

タクシー運転手の仕事の流れって?

タクシー運転手における出勤から退勤までの大まかな流れを紹介します。

出勤(6:00)
点呼(6:15)
点検(6:30)
出庫(6:45)
休憩(12:00)
勤務再開(13:00)
休憩(19:00)
勤務再開(20:00)
帰庫・洗車(1:30)
納金・退勤(2:00)  
※あくまでも一例になります

以上になります。詳しくはタクシードライバーの1日をご確認ください。

いかがでしたでしょうか。ここではタクシー運転手の仕事がきついと思われている理由について見てきました。確かにタクシー運転手の仕事はきつい面もありますが、頑張れば頑張った分だけ稼ぐことができます。さらに自分のペースで働くことも可能です。きつい面のみでなく、メリットも知ったうえで、タクシー業界への転職を考えてみてください。また、今すでにタクシー運転手の仕事をしていて、「給料をもっと上げたい!」や「環境のよいところで働きたい!」などの希望がある方もいるでしょう。もし今、転職先を探しているのであれば「タクシードライバー・運転手の求人・転職ならドライバーズワーク」からぜひ探してみてください。

他のコラム内カテゴリもチェック!

まずは相談してみよう!

ドライバー求人専任コンサルタント

専任コンサルタントから
非公開求人紹介させていただきます。

詳しくは
こちら

人気のエリアで求人を探してみよう!

気になることを調べてみよう!

「ドライバーズワーク」は、あなたの新しいキャリアのスタートを応援しています!

「ドライバーズワーク」は、タクシーに特化した専門の求人・転職サイトです。タクシードライバーや運転手について、現任者の方向けはもちろん、業界未経験の方向けの求人も多数取り扱っています。さらに、タクシードライバーにとって役立つコラムや業界ガイドなどもございます。気になる求人情報を保存したり、オススメの求人情報をメールで取得したりといった機能的なサービスも提供しています。是非、あなたの希望の条件で、最適な求人をお探しください。

採用ご担当者様へ