病院への送迎の際にタクシー運転手が気をつけること

病院への送迎の際にタクシー運転手が気をつけること

体調が悪くて…、体が痛くて歩くのがつらい…、こういった理由からタクシーを利用する方も少なくありません。体調が優れない方、病気で体が不自由な方の中には、自動車や自転車を運転したり公共交通機関を利用したりすることが難しい方もいるでしょう。そうした方が病院から自宅間の移動手段としてタクシーを活用することがあるのです。病院への送迎としてご乗車いただくとき、タクシー運転手はどのようなことに気をつければ良いのでしょうか?

病院への送迎時にタクシードライバーが気をつけるべきこと

安全運転を徹底する

病院への送迎時だけではありませんが、特に安全運転を意識することが大切です。例えば家族が危篤状態で1分1秒を争う場合でも、事故を起こしてしまっては本末転倒です。速度を出し過ぎたり信号無視をしたりするなど交通ルールを守らない運転をしていると、事故を起こしやすく・事故に巻き込まれやすくなりかねませんので、お客様の気持ちを労わりながらも丁寧で安全な運転を心掛けていきましょう。

お客様に負担をかけないように運転する

お客様自身の体調が優れない場合には、お客様に負担をかけないように運転してください。注意すべきは以下2つのポイントです。

・速度を落として曲がる
・発進・停車時の衝撃を少なくする

カーブで曲がる際には、遠心力で体に負担がかかってしまいます。その負担をなるべく少なくするために、普段以上に速度を落としてゆっくりと曲がるようにしましょう。

また、車を発進させるときや、信号などで止まるときにも注意が必要です。発車・停車時にはガクッと体が揺さぶられることがあります。これは運転していると気づきにくいのですが、助手席や後部座席で座っている方にとっては、意外と負担になります。タクシーを発車させるときには、クリープを使ってゆっくりと走り出すようにするのも良いでしょう。

少なくともお客様が急いでいる場合であっても急発進しないように意識しておきましょう。赤信号に変わったときなど車を止めるときには、急ブレーキではなく、ゆるやかにブレーキをかけてスピードを落とすことが重要です。そして止まる瞬間にガクッとならないように、ブレーキの踏み具合を調節してください。普段の運転からこうしたお客様への些細な気遣いをしていくことで、ブレーキの仕方を身につけることができるでしょう。

妊婦を乗せる場合に気をつけること

タクシーの中には陣痛タクシー・妊婦タクシーがあります。これは妊娠中の女性に向けたタクシーサービスで、自宅住所や産婦人科の病院を事前に登録しておくだけで、陣痛が始まった際に速やかに病院までのタクシー送迎が受けられるものです。

妊婦を乗せるときにタクシー運転手が気をつけるべきなのは、妊婦に負担をかけない運転です。負担をかけない運転は先にお伝えした通りですので割愛しますが、曲がるときには速度をしっかりと落として、急発進・急ブレーキをしない運転にしていきましょう。そして、多くの妊婦は降車時に会計している余裕はないでしょう。そこで運賃は後日払いにしておくことで、お客様への負担を少しでも和らげることができるはずです。

また、陣痛中にタクシーに乗るため、車内で破水や出血をする場合もあります。お客様に渡せるようにタオルを準備しておく、車内が汚れないようにあらかじめビニールシートを敷いておくなど準備をしておきましょう。

ケガや病気の方を病院に送迎する場合に気をつけること

ケガや病気の方を病院に送迎することもあります。程度によっては救急車を呼ぶべきですが、深刻な状態でも救急車でなくタクシーを利用する方もいます。緊急事態であっても、タクシーは緊急車両ではありませんから交通ルールは守らなくてはなりません。

しかし、事態が深刻な場合には警察や救急に連絡を入れておきましょう。連絡するのはお客様自身でもタクシー運転手でも構いません。場合によってはパトカーがタクシーの先導をしてくれ、緊急車両と同じような扱いで病院に向かうこともできます。

高齢者を病院に送迎する場合に気をつけること

高齢者の中には足腰が不自由で、公共交通機関を使ったり、自動車や自転車を運転できなかったりする場合があります。その場合にタクシーを使って病院まで行くことがあります。高齢者の移動手段としては、福祉タクシーや介護タクシーがあります。福祉タクシーでは車いすのままタクシーに乗り込むことのできる福祉車両を使い移動ができ、介護タクシーでは自宅ベッドからタクシーまでの移動を介助するなどの介護サービスを行ってもらえます。

≪関連記事≫
介護タクシーとは
福祉タクシーとは

お客様を乗せて病院へ向かったり病院から自宅まで運んだりすることも少なくありません。その送迎の際にタクシー運転手は、交通安全を守ることは大前提として、発進・停車時に衝撃が起こらないようにするなど、ここにご紹介した様々なことに気をつけて運転してください。

よく読まれている記事

コンテンツバナー01