• 福祉系タクシー求人を知る!UD・福祉・介護タクシーの違いとは

福祉系タクシー求人を知る!UD・福祉・介護タクシーの違いとは

福祉系タクシー求人を知る!UD・福祉・介護タクシーの違いとは

タクシー求人を見ていると福祉系のタクシー求人がありますが、福祉タクシー募集や介護タクシー募集と書かれているものがあります。言葉としては似ていますが、「UDタクシー」、「福祉タクシー」、「介護タクシー」にはそれぞれに異なった特徴があり、サービス内容にも違いがあります。そこで、今回は福祉系タクシーに焦点を当てて見ていきます。

福祉系タクシー求人とは

福祉系タクシー求人とは、介護・福祉の対象となるお客様のために、福祉車両を運転したり、介護サービスを含む業務をしたりするタクシー運転手の求人のことです。福祉系タクシーには「UDタクシー」、「福祉タクシー」、「介護タクシー」の3種類があり、お客様として乗車させられる対象や利用用途、サービス内容などに違いがあります。

UDタクシーとは

UDタクシーとは、ユニバーサルデザインタクシーのことです。セダンタイプの普通のタクシーとは異なり、ミニバン型のUDタクシーは後部座席の天井が高く、使える空間が広くなっています。
ユニバーサルデザインとは誰もが使える設計のこと。例えば車いすの方の場合、これまでのセダンタイプのタクシーでは車いすから降りて乗車し、車いすは畳んでトランクに積んでいました。しかし、UDタクシーなら車いすに乗ったままタクシーに乗車することが可能になりました。
車いすの方だけでなく、大きな荷物を持っている方、妊婦さん、シニア層、ベビーカーに乗せた小さな子供連れなど、すべての人に使ってもらえるタクシーです。

関連:UDタクシーとは

福祉タクシーとは

福祉タクシーとは、公共交通機関を使っての移動が困難な方を対象としたタクシーで、利用の際には予約が必要となります。ワゴンタイプのタクシーで、車いすやストレッチャーをそのまま乗せられるようにリフトやスロープが備えつけられています。後部座席のドアを開けてリフトで乗車する方式のものや、トランク部分のバックドアを開けて、スロープで乗車する方式のものがあります。

1つ注意するべきなのが、福祉タクシーを「介護タクシー」と表記している場合があることです。福祉タクシーの運転手には介護資格は不要ですが、以下に紹介する介護タクシー(介護保険タクシー)の運転手は、介護サービスも行うため、介護資格が必要になります。こうした違いがありますので、実態に合わせて、どちらのことを指しているのか判断してください。

関連:福祉タクシーとは

介護タクシー(介護保険タクシー)とは

介護タクシー(介護保険タクシー)とは、要介護者を対象としたタクシーのことです。車両自体は福祉タクシーと同じで、リフトやスロープが備えつけられているワゴンタイプのものです。大きな違いとしては介護保険を使っての利用ということ。そのため、乗車可能となるのは要介護者のみとなります。利用の際にはあらかじめ契約・予約をする必要があります。介護保険を使うため、観光・レジャーにも使える福祉タクシーとは異なり、利用目的としては病院 / 行政機関 / 金融機関への移動手段など、必要最低限に限定されます。

また、介護タクシーは輸送だけでなく介護サービスもサービス内容に含まれており、お客様を目的地までお連れするだけでなく、ベッドからタクシー乗車までの介助やタクシー降車後の介助、病院内での移動などもサポートします。そのため、介護タクシーの運転手には二種免許に加えて、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)が必要になります。

関連:介護タクシーとは

福祉系タクシーの違い【まとめ】

一度聞いても、どれが何を指しているのか分からなくなってしまいますよね。ここで一度、福祉系タクシーの違いをまとめておきますので、おさらいしましょう。

タクシーの種類 予約・契約 お客様の対象 介護サービス 用途制限
UDタクシー なし すべての方 なし なし
福祉タクシー 要予約 公共交通機関での移動が困難な方 なし なし
介護タクシー(介護保険タクシー) 要予約・要契約 要介護者(介護保険が使える方) あり 病院 / 行政機関 / 金融機関への移動

👈 横スライドで確認 👉

福祉系タクシーの求人はある?

「福祉系タクシーの求人があるの?」、「一般のタクシー乗務と兼務になるの?」という疑問を聞くことがあります。福祉系タクシーの中でも、福祉タクシーや介護タクシーは、一般的なタクシーと比べると福祉車両の台数や運転手の人数は少ないものの、求人はあります。ただ、タクシー会社によっては一般のタクシー乗務と兼務になることもあります。

また、一般のタクシー会社に勤務して経験を積むことで、福祉系タクシーの仕事を任せてもらえるようになることもあります。介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)の資格を取ってからタクシーに転職しようと考えている方もいるかもしれませんが、もしかしたら先にタクシー会社に転職し、乗務をしながら介護資格の勉強をするほうが良いかもしれません。どちらが良いのかは個人の好みによっても、タクシー会社の方針によっても異なりますので、求人を良く見て判断してみてください。

ただ、それを自分1人で行うのは大変ですし、不安もあるでしょう。そんな方のためにドライバーズワークでは、無料でタクシー業界の求人に詳しい転職エージェントが電話サポートを受けつけています。会員登録は必要になりますが、会員登録も電話サポートも無料ですから、試しに相談してみてください。

無料で会員登録をする

福祉系タクシーに興味のある方は、まず福祉系タクシーの種類とそれぞれの違いを把握しましょう。求人によっては福祉タクシーを指して「介護タクシー」と記載しているものもありますから、求人を探す際には実態に合わせて、どの種類のタクシーなのかを判断し、ミスマッチのない求人を選んでください。それでは、タクシー運転手の求人を探していきましょう。

よく読まれている記事

コンテンツバナー01