コンテンツバナー0

タクシーとハイヤーの違いとは?

もともと運転が好きで、ドライバーでの転職を希望しています。ハイヤーに興味があるのですが、タクシーとハイヤーは何が違うのでしょうか?

無料会員登録

今回はタクシーとハイヤーの違いを、4つのポイントで解説させていただきます!

タクシーとハイヤーの利用シーン

まず乗客の利用方法(利用シーン)は大きく異なります。タクシーの場合、乗客は自身で街中などで呼び止めて乗車したり、電話やアプリなどで迎えを呼び、乗車時に目的地を伝えて利用することが一般的です。一方でハイヤーの場合は、予め乗車地点と目的地、ルートが決められた状態で予約して利用するケースが一般的です。法人契約などで役員やVIP顧客などの送迎に利用したり、特別な体験として利用されることも多いです。したがってハイヤー乗務員になるにあたっては、タクシー乗務員と比較すると基本的なビジネスマナーを身につけていることはもちろん、高いサービスクオリティが求められる特徴があります。

無料会員登録

タクシーとハイヤーの営業体系

タクシーの営業体系は、主に流し、付け待ち、無線配車があります。

流しタクシーで街中などを走らせ、乗客を見つける
付け待ち駅やホテル、オフィスビルのタクシー乗り場に待機する
無線配車電話やアプリなどを通じて、乗客から配車依頼を受ける

一方、ハイヤーは決められた時間に乗客のところへ行き、所定の目的地に送り届けます。完全予約制のような場合もあれば、日常的な業務のような場合もあります。ちなみに、ハイヤーは英語でHireと書き「雇用」という意味があります。乗客は乗務員を一時的に雇用しているようなものであり、ハイヤーが出庫して車庫に戻るまでの時間や移動距離に基づく料金を支払う体系というわけです。貸切利用にも近いため、タクシーと比べると料金は高く設定されています。また、ハイヤーは車両や色も高級感や特別感が出るように配慮されていることも特徴です。

無料会員登録

タクシーとハイヤーの料金システム

前述のとおり、料金はタクシーよりハイヤーの方が高く設定されています。なっております。タクシーは乗車時間や移動距離によって料金が決められていますが、ハイヤーは時間貸で一定の料金システムです。ハイヤーの場合は出庫、乗車、降車、帰庫という流れがあるとすると出庫から帰庫までの区間が料金の対象です。ちなみに、料金メーターはタクシーの場合は乗客が確認できる位置に設置されていますが、ハイヤーの場合は乗客からは見えないところに設置されています。

タクシーとハイヤーの給料体系

一般的にはいずれも基本給+歩合の形式です。ただし、タクシーとハイヤーでは総支給に対する、基本給と歩合の比率が異なります。タクシーの方が歩合の比率は高く、ハイヤーは基本給の比率が高いです。つまり、タクシーの方が売上をあげた分稼ぎやすく、ハイヤーは売上によらず総支給の変動が小さいということです。ドライバー職の歩合制にポジティブなイメージをもっていて、頑張った分収入を増やしたい方はタクシードライバーの方が適しています。

いかがでしたか?

タクシーとハイヤーの違いを、4つのポイントで紹介させていただきました。その他何かわからないことがあればぜひキャリアアドバイザーにご相談ください!

ハイヤー・役員運転手の求人

ハイヤー・役員運転手の
求人一覧はこちら

高給与の求人

高給与の
求人一覧はこちら

よく読まれている記事

注目の求人

コンテンツバナー0