法人タクシーと個人タクシーの違いって?

タクシー関連
法人タクシーと個人タクシーの違いって?

タクシーには法人タクシーと個人タクシーという2種類があるのを皆さんはご存知でしょうか。今回はそれぞれの違いについてお話しようと思います。個人タクシーって儲かるの?どうやって開業するの?最高の個人タクシーの称号マスターズマークって?そんなお話に興味があれば是非ご一読ください。

コンサルタントへの無料転職相談はこちら

個人タクシー事業者になるには10年のタクシー経験が必要

恐らく一般的にあまり知られていないのは、個人タクシーの事業者になるには、第2種免許を取得して、法人タクシー等の運転経験が10年以上必要ということです。

また、個人タクシー事業者になるための申請を出した人の年齢が35歳未満の場合には、同じ法人で10年以上のタクシー経験をしていることが必須となります。詳しくは以下の個人タクシーになるための条件の表をご覧ください。

このように法人タクシーの乗務員になる条件は、2種免許を取得していることのみにも関わらず、個人タクシーの開業には豊富な運転経験や地理的な能力が必要となっており、かなり高いハードルがあることが分かります。

コンサルタントへの無料転職相談はこちら
個人タクシー事業者になる条件
【年齢 【条件】
35歳未満
  1. 申請する営業区域において、申請日以前継続して10年以上同一のタクシーまたはハイヤー事業者に運転者として雇用されている。
  2. 申請日以前10年間無事故無違反である。
35歳以上
40歳未満
  1. 申請日以前、申請する営業区域において、自動車の運転を専ら職業とした期間が10年以上ある。
    ※一般旅客自動車運送事業用自動車以外(トラック・スクールバス等)の自動車の運転を職業とした期間は50%に換算。
  2. 1.の運転経歴の内、タクシー・ハイヤーの運転を職業としていた期間が5年以上ある。
  3. 申請する営業区域において、タクシー・ハイヤーの運転を職業としていた期間が申請日以前継続して3年以上ある。
  4. 申請日以前10年間無事故無違反の者は、40歳以上65歳未満の要件による事ができる。
40歳以上
65歳未満
  1. 申請日以前25年間のうち、自動車の運転を専ら職業とした期間が10年以上ある。
    ※一般旅客自動車運送事業用自動車以外(トラック・スクールバス等)の自動車の運転を職業とした期間は50%に換算。
  2. 申請する営業区域において、申請日以前3年以内に2年以上タクシー・ハイヤーの運転を職業としていた者である。
コンサルタントへの無料転職相談はこちら

個人タクシー事業者のメリットは経済的自由と時間的自由

先ほどお話したように、個人タクシー事業者になるには、かなりのハードルがあるのですが、それでも個人タクシー事業者を目指す人が多くいるのは、個人タクシー事業者になることでのメリットが大きいからに他なりません。
ここからは、そんな個人タクシー事業者になるメリットについてお話します。

個人タクシー事業者の経済的自由について

タクシー業界の給与体系はご存知のとおり歩合制です。これは法人タクシーであろうと、個人タクシーであろうと変わりません。しかしながら、法人タクシーの歩合給は高くても60%となっています。これは、お客さんを乗せて得られた売上の60%が法人タクシーのドライバーに給与として支払われるということです。つまり、たくさん売り上げれば売り上げるほど、比例して、40%近くは経費として会社に納めるということになるのです。

一方個人タクシーは、法人タクシーとは異なり、車代や燃料費などの経費は自己負担にはなりますが、売り上げれば売り上げるほど、それらの経費が売上に占める割合は下がるため、法人タクシーよりも、ドライバーの給与は高くなるのです。

もちろん、個人タクシーの場合は100%完全歩合給なので、売上が伴わない場合には給与が減ってしまうというリスクも存在しますが、そのリスクを乗り越えて働き、給与アップを目指したい方には個人タクシーのほうが向いていると言えるかもしれません。

個人タクシー事業者の時間的自由について

次に個人タクシーのもう一つのメリットである時間的自由です。
法人タクシーの場合は業務開始までに、自宅から会社までの通勤、会社で担当車両の整備や準備、点呼、出庫点検などの時間が存在しますが、個人タクシーの場合は家を出たらすぐに業務を開始することができます。

例えば、法人タクシーでこの通勤時間や点呼の時間が毎日2時間程度かかり、タクシードライバーの一般的な隔日勤務で月12日乗務すると、年間で288時間にもなります。この時間を個人タクシーの場合に乗務に充てたらと考えると、結構な給料の差になりますよね。
また、法人タクシーの場合には日勤で16時間、隔日勤務で21時間拘束、交代時間や休憩時間などのしばりが存在しますが、個人タクシーにはそれが存在しません。ただたくさん働けるというお話ではなく、働きたい時間に働き、休みたい時には休める。長期休暇だって取ろうと思えば取れるのが、個人タクシー事業者のメリットと言えるでしょう。

以下に法人タクシーと個人タクシーの違いを表にまとめておきます。

法人タクシーと個人タクシーの違い
個人タクシー 法人タクシー
免許・経験 ・第2種免許取得
・タクシー運転者等の経験10年以上
(申請者が35歳未満の場合は同一タクシー会社に限る)
・法令地理試験に合格すること
第2種免許を取得していれば可
地理 ・申請する 営業区域での経験が申請前に継続して3年以上であること
(申請者が35歳以上40歳未満の場合)
・法令地理試験に合格すること
東京、神奈川、大阪など一部の地域では地理試験に合格すること
免許・経験 ・第2種免許取得
・タクシー運転者等の経験10年以上
(申請者が35歳未満の場合は同一タクシー会社に限る)
・法令地理試験に合格すること
第2種免許を取得していれば可
免許・経験 ・第2種免許取得
・タクシー運転者等の経験10年以上
(申請者が35歳未満の場合は同一タクシー会社に限る)
・法令地理試験に合格すること
第2種免許を取得していれば可
安全 ・申請前3年間無事故無違反
(申請者が35歳未満の場合は10年間無事故無違反)
・指定された条件の任意保険に強制加入
特になし
資金 ・160万円以上 ※関東の場合 特になし
設備 ・車庫、整備などすべて自己負担 全て会社負担
住居 住居(自宅)と営業所が同一であること 特になし
定年 平成14年2月参入以降は、期限付き(75歳)
(平成14年1月以前参入者は、条件付で期限なし)
法人の規定による
住居 住居(自宅)と営業所が同一であること 特になし
車両 専用車両(一人一車制) 一台を社員複数名で使用
コンサルタントへの無料転職相談はこちら

個人タクシーと法人タクシーの見た目

さて、ここまでは個人タクシーと法人タクシーの違いをタクシードライバーからの観点でお話してきましたが、次にお客さん側から個人タクシーと法人タクシーをどうやって区別するかの豆知識をお話していきます。

個人タクシーを見分けるときには2つの方法があります。1つ目はボディー書かれている文字です。個人タクシーにはボディーのドア付近に大きく『(個人)』と書かれているのも見たことがある人も多いでしょう。

2つ目は行灯(あんどん)です。行灯とは、タクシーの屋根に乗っかって光っているアレのことです。
行灯はタクシー会社ごとに異なっているのですが、個人タクシーにもいくつかの種類が存在し、それによって個人タクシーなのか法人タクシーなのかを判別することができるのです。

行灯

例えば、全国個人タクシー連合会(略称:全個連)はでんでん虫グループと呼ばれており、かたつむりの形をした行灯です。また日本個人タクシー連合会(略称:日個連、NKR)はちょうちんグループと呼ばれ、ちょうちん型の行灯です。この全個連にも日個連にも属さない個人タクシーも存在し、かまぼこ型や流れ星型の行灯も存在します。

コンサルタントへの無料転職相談はこちら

優良ドライバーのみが付けられるマスターズマーク

マスターズマーク

さらに、一部の個人タクシーには、三ツ星の行灯を装備しているものがあります。これはマスターズマークと呼ばれ、1998年に制定された優良個人タクシー事業者認定制度に合格したタクシーにのみ取り付けが許されています。
このマスターズマークを取得するには、一ツ星、二ツ星の認定を受けた上で、さらに申請を出し、マスター認定委員会の厳しい審査を受けなければ認定されないという、かなりハードルの高いものとなっています。

前にもお話したとおり、個人タクシー事業者になるには、タクシー経験が10年以上必要で、さらにこのマスターズマークを持っている個人タクシーのドライバーは、かなり優秀な腕を持つドライバーと言っても間違いないでしょう。

コンサルタントへの無料転職相談はこちら

まずは相談してみよう!

専任コンサルタントから
非公開求人紹介させていただきます。

詳しくは
こちら

「ドライバーズワーク タクシー」は、あなたの新しいキャリアのスタートを応援しています!

「ドライバーズワーク タクシー」は、タクシドライバー・タクシー運転手に特化した転職・求人サイトです。タクシーの現任者の方向け求人はもちろん、タクシー業界未経験の方への求人も多数そろえています。2種免許の取得支援や両希望の方、保証人のいない方へのタクシードライバー求人もたくさんあります。また、気になる求人情報を保存したり、オススメの求人情報をメールで取得したりすることができます。是非、あなたの希望の条件で、最適な求人をお探しください。