タクシードライバーになるために必要な深視力の重要性

タクシー関連
タクシードライバーになるために必要な深視力の重要性

みなさんは、「深視力」という言葉を聞いたことはありますか?

深視力とは、視力と名のつくものの一般的に言われる視力とは違い、両眼視機能の中の遠近感や立体感を感じる動的な遠近感の判断能力のことを言います。

この能力は、タクシードライバーに限らず、お客様を乗せる職業に就く際、必ず求められる能力で、二種免許取得時に深視力を検査するための「深視力検査」というものがあります。

この検査は、「遠近感覚」があるかどうか判断されるので、大きな事故を未然に防ぐために必要な検査になります。

もし、深視力がない人がタクシードライバーになってしまうと静止のものにぶつかってしまったり、すれ違ってくる動いている車と衝突したりしてしまい大変危険です。ですから、タクシードライバーになろうと思っている人は必ずこの深視力をもっていないといけません!

今回は、そんな重要なタクシードライバーになくてはならない「深視力」についてご紹介します。

コンサルタントへの無料転職相談はこちら

タクシードライバーに必要な深視力を調べる方法

深視力を測るには検査が必要です。検査方法は、「三桿(さんかん)試験」という方法(検査機械)で調べます。

これは「奥行き知覚=深視力」を調べるもので、開口部より中を覗くと3本の棒があり、両側の2本は固定され、中央の1本は前後に移動するようになっています。

検査を受ける人は、中央の移動棒が両側の棒と同位置にきたと感じた時にスイッチを押します。これを3回行い、平均誤差が20mm以下であれば合格です。

先ほども冒頭で少し触れましたが、この検査に引っかかると、接触事故や衝突事故を起こしやすくなることが予想されますので、2種免許取得の時点で免許取得自体が困難になる可能性があります。

また、タクシー会社によっては検査できる環境が整っているところもあるので面接を受ける際、都度検査するところもありますので、深視力検査に自身のない方は事前に確認しておりた方が安心かもしれません。

コンサルタントへの無料転職相談はこちら

深視力は本当にメガネでよくなるの?

二種免許取得の時によく「この深視力検査でひっかかると、メガネを直して再度受けなおしてください!」と言われるのを聞いたことがあります。これは一体、どういうことなのでしょうか。

「深視力」は視力の問題で引っかかることがあるのでしょうか。

考えられるケースとして、左右の視力が極端に違ったり、遠視や乱視が進んでいたりする場合はメガネやコンタクトが合っていない可能性が高いので矯正が必要です。その場合は、メガネやコンタクトを直せば深視力の検査に合格する率は高くなると思います。

しかし、下記の場合はメガネやコンタクトを矯正しても改善されないこともあります。

高年齢による遠近感覚の低下
両眼視機能が不都合な場合
深視力検査が理解できていない場合

では、上記の項目にもし自分が該当してしまった場合、タクシードライバーにはなれないのでしょうか。

深視力はトレーニングで治る!?

「深視力」は、普通の視力と違いトレーニングによって鍛えることができるのです。

深視力のトレーニングは、大きく分けて2つあり

融像性内寄せ練習方法
腕を伸ばして眼の高さに人差し指を置き、鼻方向に徐々に近づけつつ、その指を注視し続けることを数分間繰り返します。

眼球運動
こちらの方法も簡単で、腕を伸ばして眼の高さに置いた人差し指を、今度は鼻方向に限定することなく360度自由に動かし、それを注視し続けます。

これらを日々トレーニングすることによって、眼の筋力が鍛えられるため深視力の向上にも役立ちます。深視力以外にも通常の視力もよくなると言われていますので、深視力検査がうまくいかない人や、最近視力が落ちてきている人がいたら、ぜひ1度お試しください。

タクシードライバーになる方の中には、高齢の人もかなり増えてきています。以前はできている人でも安心していると、免許更新時期に引っかかってしまったという悲しい事態にならないように日頃から、このような視力の運動をして鍛えておくのもいいかもしれません。

コンサルタントへの無料転職相談はこちら

まずは相談してみよう!

専任コンサルタントから
非公開求人紹介させていただきます。

詳しくは
こちら

「ドライバーズワーク タクシー」は、あなたの新しいキャリアのスタートを応援しています!

「ドライバーズワーク タクシー」は、タクシドライバー・タクシー運転手に特化した転職・求人サイトです。タクシーの現任者の方向け求人はもちろん、タクシー業界未経験の方への求人も多数そろえています。2種免許の取得支援や両希望の方、保証人のいない方へのタクシードライバー求人もたくさんあります。また、気になる求人情報を保存したり、オススメの求人情報をメールで取得したりすることができます。是非、あなたの希望の条件で、最適な求人をお探しください。