タクシードライバーはダブルワークは可能ですか?

タクシー関連

タクシードライバーのダブルワークは、原則禁止です。しかし、転職活動中のダブルワークについて、一時的に許可している会社もあります。ここでは、実際の相談内容を交えながら、タクシードライバーのダブルワークについて解説していきます。

昼間の空き時間をタクシードライバーとしてダブルワークで働きたい

今、短期で働いているのですがゆくゆくは長期の仕事もしたいのでタクシードライバーの情報も探しています。ただ、今働いている短期の仕事がまだ契約が残っているので、できれば契約満了で円満退職したいと思っているのですが、内定決まったら早く働きたいな!とも思っています。今やっている仕事が夜勤なので、昼間の時間はほとんど空いています。タクシー会社では、ダブルワークをするのは許されますか?

正社員をご希望の場合、タクシー会社にかかわらず、ほとんどの会社がダブルワークを禁止しています。ただし、転職活動中のダブルワークに関しては、許可している会社もあります。ダブルワークが一時的なものであれば、シフトの相談に応じてくれる会社もありますので、ご希望のタクシー会社が見つかりましたら一度ご相談ください。

なかには会社に内緒でダブルワークをしている方もいらっしゃいます。しかし、契約上では禁止になっているため、見つかってしまった場合には厳重な処罰対象になりますのでご注意ください。また、時間が空いているからといって、2つの仕事を掛け持ちしていると体にも負担がかかります。万が一、それが原因で仕事に支障をきたしてしまった場合、会社の責任問題となってしまいます。タクシーのお仕事は1人で気楽に働けるイメージですが、あくまでも会社の組織で働く一社員です。そのことは忘れないようにしましょう。

コンサルタントへの無料相談はこちら

就業中にダブルワークをしながら転職活動をしたい

現在、別の仕事をしていて、今すぐにどこか別のところに勤務するのは難しい状況なんですが、ゆくゆくは転職したいと考えています。だいたい、どの時期から転職活動を始めるのがいいんですか。また、仕事を続けたまま転職活動ってできるものですか?

就業中でも、転職活動は可能です。しかし、転職活動をおこなうのであれば、現在の会社を辞める時期は明確にしておきましょう。各タクシー会社が採用時に最も気にしているのが、入社時期です。転職して次の会社が決まったにもかかわらず、現在の職場を辞められない状態だった場合、採用側は困ってしまいます。可能であれば、現在のお仕事の目途が立ってから転職活動をおこなうといいでしょう。

転職活動の開始時期は辞める1ヶ月前あたりから

転職活動は、現在の会社を辞める1ヶ月前あたりから始めるとスムーズです。タクシー会社の内定は、早い方でも1週間~1ヶ月くらいかかるといわれています。選考内容はタクシー会社ごとに異なりますが、1次面接だけのところもあれば、2次面接まであるところもあります。また、面接後に健康診断を受けることがほとんどです。

転職活動に欠かせないのがさまざまな求人情報です。求人情報は時期によっても変わりますが、同じ求人がずっとあるとは限りません。転職の決断をされた際は、当社のようなサービスを提供しているところに登録して、早めに情報収集をしましょう。

コンサルタントへの無料相談はこちら

まずは相談してみよう!

専任コンサルタントから
非公開求人紹介させていただきます。

詳しくは
こちら

「ドライバーズワーク タクシー」は、あなたの新しいキャリアのスタートを応援しています!

「ドライバーズワーク タクシー」は、タクシドライバー・タクシー運転手に特化した転職・求人サイトです。タクシーの現任者の方向け求人はもちろん、タクシー業界未経験の方への求人も多数そろえています。2種免許の取得支援や両希望の方、保証人のいない方へのタクシードライバー求人もたくさんあります。また、気になる求人情報を保存したり、オススメの求人情報をメールで取得したりすることができます。是非、あなたの希望の条件で、最適な求人をお探しください。