タクシードライバーの休日って少ないですか?

タクシー関連
タクシードライバーって昼も夜も仕事をしていて、休日が少ないような気がするのですが、実際はどうなのでしょうか?
コンサルタントへの無料転職相談はこちら

ご質問ありがとうございます!関本が回答させていただきますね。
今回のタクシードライバーの休日については、誤解されている方も結構多いようですので、解説させていただきます。

ご質問いただいた、タクシードライバーが昼も夜も働くという勤務形態を「隔日勤務」と呼びます。ほとんどのタクシードライバーの方はこの隔日勤務で働いています。隔日勤務は月に12回乗務する勤務形態で、1回の乗務あたりの拘束時間が最長21時間になるような働き方です。
例えば、朝8時に乗務を開始した場合は、翌日の朝5時まで勤務をします。その21時間の拘束の中で、3時間の休憩時間が義務付けられています。

コンサルタントへの無料転職相談はこちら

また、1回の乗務の翌日にはかならず27時間以上の休息が義務付けられているので、乗車の翌日は休日となります。
イメージとしては下記のようになります。

このカレンダーでの、『明』というのが、先ほどの説明でいう朝5時までの勤務を行った日となり、朝5時から、翌日の勤務の朝8時までは休みとなります。

このように、タクシードライバーの隔日勤務での休日は、乗車日の12日以外の『明け』『公休』が休日となりますので、時間的な拘束時間は他の職種よりも短くなるといえます。

コンサルタントへの無料転職相談はこちら

しかしながら、『明け』の日は、次の日の乗務が待っているため、しっかりと休息を取って、体調を整えることもプロのタクシードライバーとしてはとても重要なポイントです。

もっと詳しい、勤務形態のお話はこちらにございますので、ご覧ください!

実は休日が多いタクシードライバーの仕事

コンサルタントへの無料転職相談はこちら

まずは相談してみよう!

専任コンサルタントから
非公開求人紹介させていただきます。

詳しくは
こちら

「ドライバーズワーク タクシー」は、あなたの新しいキャリアのスタートを応援しています!

「ドライバーズワーク タクシー」は、タクシドライバー・タクシー運転手に特化した転職・求人サイトです。タクシーの現任者の方向け求人はもちろん、タクシー業界未経験の方への求人も多数そろえています。2種免許の取得支援や両希望の方、保証人のいない方へのタクシードライバー求人もたくさんあります。また、気になる求人情報を保存したり、オススメの求人情報をメールで取得したりすることができます。是非、あなたの希望の条件で、最適な求人をお探しください。