タクシードライバーの免許ってどうやってとるの?

タクシー関連

普通免許を持っているだけではタクシードライバーにはなれません。それでは、タクシードライバーになるための免許はどのように取得すればいいのでしょうか。ここでは、実際にあった相談内容を交えながら、詳しく解説していきます。

タクシードライバーの免許について詳細を知りたい

タクシードライバーって長く働けると聞いたので、先のことも考えて転職を検討しているんですが、タクシードライバーの免許ってどうやってとったらいいんですか?期間とか色々詳細を教えてください。

タクシードライバーになるためには、まず二種免許が必要になります。二種免許を取得する方法は、大きく分けて2つあります。「入社後、タクシー会社の提携している教習所で取得する方法」と「入社前、自分で教習所に通うor合宿で取得する方法」です。

入社後、タクシー会社の提携している教習所で取得する方法

未経験の方の場合、タクシー会社の提携している教習所で免許を取得することが多いです。タクシー会社に入社すると、基本的にその会社の提携している教習所に通うことができるシステムになっています。ちなみに二種免許は、普通免許を取得してから3年以上経過していなければ取得することができません。つまり21歳以上である必要があります。

また、二種免許を取得するための教習所の費用は二種免許の資格を取得するための費用は20~25万円程度ですが、タクシー会社が取得費用を負担してくれることがほとんどです。

ちなみに、タクシー会社の提携している教習所で取得するという場合、合宿での免許取得になることが多い傾向にあります。その理由は、免許を最短で取得することによって、1日でも早く乗務できる環境を整えるためです。

コンサルタントへの無料転職相談はこちら

入社前、自分で教習所に通うor合宿で取得する方法

自分で探して教習所に通うor合宿で取得する方法もあります。各タクシー会社の求人票を見ると、「二種免許取得者歓迎」となっていて、優遇されているところが多いです。つまり、前もって二種免許を取得しておけば、転職する際は有利に働くといえます。ただし、こちらの場合は当然、自分で費用を用意しなければなりません。

二種免許の教習内容って?

ここで二種免許取得の際に気になる教習内容についてお話しておきます。まず、二種免許の教習は、お客様を乗せるために必要な技術を学びますので普段運転をしている際に出てしまいがちな運転の癖を直します。

また、普通免許の教習時に習った内容より高度な技術を習います。たとえば、S字・クランクは普通免許の教習よりも鋭角コースの通過角度でおこなう必要があります。また、応急救護の方法を学ぶ時間が普通免許の教習時より多めに設けられています。二種免許はお客様をお乗せするために必要な免許なので、それなりに高度な技術が求められます。

タクシードライバーは定年後もずっと長く働ける職場なので、ぜひ以上の内容を参考に免許を取得してい頂きたくと思っております。また、なにかご不明点などありましたら気軽にご相談ください。

コンサルタントへの無料転職相談はこちら

まずは相談してみよう!

専任コンサルタントから
非公開求人紹介させていただきます。

詳しくは
こちら

「ドライバーズワーク タクシー」は、あなたの新しいキャリアのスタートを応援しています!

「ドライバーズワーク タクシー」は、タクシドライバー・タクシー運転手に特化した転職・求人サイトです。タクシーの現任者の方向け求人はもちろん、タクシー業界未経験の方への求人も多数そろえています。2種免許の取得支援や両希望の方、保証人のいない方へのタクシードライバー求人もたくさんあります。また、気になる求人情報を保存したり、オススメの求人情報をメールで取得したりすることができます。是非、あなたの希望の条件で、最適な求人をお探しください。