警視庁が振り込め詐欺防止をタクシー事業者に呼びかけ

タクシー関連
警視庁が振り込め詐欺防止をタクシー事業者に呼びかけ

2015年2月10日東京池袋にて、警視庁がタクシー事業者に対し、振り込め詐欺防止のためのマニュアルを手渡し、協力を呼びかけました。

振り込め詐欺の被害者には高齢者がなることが多く、振り込め詐欺の犯人とのお金の受け渡しや、お金を下ろすために銀行に行く際には、足が不自由などの理由からタクシーを利用することが多いとのことです。

実際に過去にあった事例では、高齢者の女性の自宅に長男を名乗る男から突然電話がかかってきて、
「会社の大事な小切手をなくしてしまった。上司の親族もお金を出してくれるから、500万円を用立てて欲しい」と言われました。

その後、上司を名乗る男性から電話で「今からあなたの自宅にタクシーを向かわせるから、お金を持ってきてほしい。」といわれ、指示通り、500万円を持ってタクシーで受け渡しの現場に向かい、上司を名乗る男性にお金を渡すという事件も発生しています。

このようにタクシーは、犯罪に利用されることも多く、警視庁としては今回の呼びかけに至ったと考えられます。

一方で、タクシードライバーのおかげで、振り込め詐欺を未然に防いだという事例も存在します。
2014年、実際に神奈川であったお話ですが、タクシードライバーの男性が、乗客としてタクシーに乗り込んできた女性が、「息子が電車の中にかばんを忘れた。代々木上原駅にお金を届けに行くので、相武台前駅からどの電車に乗ればいいのか」という話をしたため、詐欺ではないかと直感したタクシードライバーの男性は、警察に通報し、警察署員が直接女性の息子に連絡し、詐欺であることが発覚しました。これにより、現金200万円を騙し取られるのを防ぎました。

このように、タクシーは犯罪に利用されることもありますが、タクシードライバー自身の心がけにとって未然に防ぐこともできるといえます。まさにタクシードライバーという仕事は振り込め詐欺の最後のセーフティーネットと言えるのかもしれません。

まずは相談してみよう!

専任コンサルタントから
非公開求人紹介させていただきます。

詳しくは
こちら

「ドライバーズワーク タクシー」は、あなたの新しいキャリアのスタートを応援しています!

「ドライバーズワーク タクシー」は、タクシドライバー・タクシー運転手に特化した転職・求人サイトです。タクシーの現任者の方向け求人はもちろん、タクシー業界未経験の方への求人も多数そろえています。2種免許の取得支援や両希望の方、保証人のいない方へのタクシードライバー求人もたくさんあります。また、気になる求人情報を保存したり、オススメの求人情報をメールで取得したりすることができます。是非、あなたの希望の条件で、最適な求人をお探しください。