居眠り運転を避ける方法

タクシー関連
居眠り運転を避ける方法

隔日勤務は眠気との戦い

タクシードライバーさんの多くは隔日勤務という、夜中の間も運転する勤務体系のため、その勤務スタイルに慣れるまではどうしてもタクシーの運転中に眠くなってしまうことがあります。タクシードライバーという仕事は、お客様の命を預かる大事な仕事ですので、眠気を抱えたまま運転することは、大変危険ですし、絶対にやってはいけません。
しかしながら、売上も上げる必要があるため、休憩をたくさんとることも難しいのが現状です。

そんなとき一体タクシードライバーさんはどのような方法で眠気に勝てばよいのでしょうか?

一番の基本は「十分な睡眠」

当たり前のことですが、タクシードライバーが勤務中に眠気に襲われないためには、乗務開始までに十分な睡眠をとっておくことが最低限必要です。明け番と呼ばれる、乗務終わり早朝から次の出番までの間には時間がありますので、その時間に必ず十分な睡眠をとりましょう。
この時間に十分な睡眠を取らず、コンディションが整わないまま勤務してしまうと、居眠り運転のリスクが高くなってしまいます。

ガムや昆布は眠気に効果的

ガムや昆布のような長時間咀嚼を続けるような食べ物は、眠気をなくすのに効果的だといわれています。それは、噛むという行為が脳の血管を拡張させ、血流を良くするためだといわれています。

糖分を摂取すると眠気が改善

眠気を引き起こす原因の一つとして、血糖値の低下というものがあります。脳は、血糖値が低くなると、疲労を感じるため眠気に繋がることが原因で、それらを回避するために休憩中や、タクシーにお客さんを乗車させていない際にアメやチョコ、ジュースなどで糖分を補給することも大切です。

確実に効果が期待できるカフェイン剤!?

ベテランのタクシードライバーが眠気を感じたときに利用するのが、コンビニなどでよく見かけるドリンクタイプです。また、ドラッグストアなどでは、錠剤タイプのカフェイン剤も購入することが可能です。錠剤タイプの場合、1錠で、コーヒー1杯程度のカフェインを含んでいるものが一般的なようです。
これらのカフェイン剤は効果的ですが、服用してから効果がでるまで30分程度かかることがあるので、少しでも眠気を感じる、もしくはその直前に服用するのが効果的です。

その他にもある眠気対策

実際のタクシードライバーさんは他にもいろいろな方法で眠気とたたかっています。例えば車を止めて体操をする、とても辛いお菓子やすっぱいお菓子を常備して眠くなったら食べる、大きな音で音楽をかけるなどなど様々な工夫をしているようです。

しかしながら、一番大事なのは眠くならないようにコンディションを整えることです!プロのタクシードライバーとして、まずは十分な睡眠、休憩を取ることを最優先し、それでも眠くなったときにこれらの方法を試してみてはいかがでしょうか。

まずは相談してみよう!

専任コンサルタントから
非公開求人紹介させていただきます。

詳しくは
こちら

「ドライバーズワーク タクシー」は、あなたの新しいキャリアのスタートを応援しています!

「ドライバーズワーク タクシー」は、タクシドライバー・タクシー運転手に特化した転職・求人サイトです。タクシーの現任者の方向け求人はもちろん、タクシー業界未経験の方への求人も多数そろえています。2種免許の取得支援や両希望の方、保証人のいない方へのタクシードライバー求人もたくさんあります。また、気になる求人情報を保存したり、オススメの求人情報をメールで取得したりすることができます。是非、あなたの希望の条件で、最適な求人をお探しください。