ブレーキ技術を磨いて、乗り心地アップ

タクシー関連
ブレーキ技術を磨いて、乗り心地アップ

タクシーの乗り心地にもっとも重要なのはブレーキング

タクシードライバーの皆様も、タクシーに普段から乗られているお客さんもお分かりいただけるかと思いますが、
タクシーの乗り心地でもっとも重要な要素の一つに「ブレーキング」があります。

ブレーキ操作はうまくないドライバーさんの車に乗ると、信号の手前でカックンカックンになったり、急停車したりすることがあります。
私も、タクシーの中で新聞を読んだり、スマホを見たりしているときに、このカックンカックンが繰り返されることで、車酔いをしたことが結構あります。

タクシードライバーは安全に、かつ心地よくお客さんにタクシーに乗ってもらうことが重要ですので、基本的なことですが、ブレーキング技術について、再確認していきましょう!中には意外と誤解されていることもありますので、運転には自信があるというあなたも、是非ごらんください。

誤解されやすいポンピングブレーキ

教習所で必ず習う、この「ポンピングブレーキ」というという言葉を皆さん覚えているでしょうか。
もしかすると教習所で、『車を停止する際に、数回に分けてブレーキ操作を行うことで、車が停止するまでの制動距離を短くするため』と教えてもらっているかもしれません。

実はこれが大きな間違いなのです。

最近の車にはほぼ100%と言っていいほど、ABS(アンチロックブレーキシステム)が搭載されています。これは、ブレーキがロックしそうになったときに、人間よりも早い反応速度で自動的にロックを回避するという機能で、これを搭載している車でポンピングブレーキを行ってしまうと、逆に制動距離が長くなってしまいます。

ポンピングブレーキには、もう一つ役割があり、それは車が停止する際にブレーキランプを早めに点灯させ、後続の車に注意を促すというものです。この際のポンピングブレーキはあくまで、ブレーキランプを点灯させることが重要ですので、制動力が働くほど強くブレーキを踏む必要はないのです。

ブレーキは徐々に強く?徐々に緩める?

もう一つ教習所で習ったかもしれないブレーキに関する誤解があります。
それは、ブレーキをかける際の力のかけ方です。あなたは普段(A)、(B)どちらのブレーキのかけ方をしているでしょうか?

(A)停止する際に、まずはゆっくりブレーキをかけ始め、徐々に強く踏み込んでいく。
(B)停止する際に、まずは強めにブレーキをかけ始め、徐々に弱めていく。

正解は(B)です。強めにブレーキを踏み込むといっても、あくまにソフトにかける必要はありますが、(A)の始めにゆっくりで徐々に強めにブレーキを踏み込むという方法は、最初のお話したカックンカックンの原因となってしまうのです。

いかがでしたでしょうか。知ってそうで実は知らないブレーキに関する誤解。あなたもタクシーに乗るときに自身の運転について振り返ってみてください。

まずは相談してみよう!

専任コンサルタントから
非公開求人紹介させていただきます。

詳しくは
こちら

「ドライバーズワーク タクシー」は、あなたの新しいキャリアのスタートを応援しています!

「ドライバーズワーク タクシー」は、タクシドライバー・タクシー運転手に特化した転職・求人サイトです。タクシーの現任者の方向け求人はもちろん、タクシー業界未経験の方への求人も多数そろえています。2種免許の取得支援や両希望の方、保証人のいない方へのタクシードライバー求人もたくさんあります。また、気になる求人情報を保存したり、オススメの求人情報をメールで取得したりすることができます。是非、あなたの希望の条件で、最適な求人をお探しください。