Uberが考える日本での戦略

uber
引用: Uber Japan

Uberが日本で営業を始めたのは2013年9月のことです。日本法人「Uber Japan株式会社」を設立し、翌年8月より東京都内にて本格的にタクシーの配車サービスを開始しました。その後、2015年2月から福岡市にて自家用車をタクシーとして利用できる「みんなのUber」というサービスを開始しましたが、国土交通省から「みんなのUberは白タク行為にあたる」という行政指導が入り、2015年3月に同サービスを中止しました。

関連記事:白タクシー(白タク)とは

その後、Uberはハイヤー会社と提携し、高級車を利用した配車サービスを提供し続けておりました。米国のUberでは「ライドシェアサービス」といって、一台のタクシーに行き先が同じ方向の複数の人が乗るサービスが人気を呼んでいますが、「ライドシェアサービス」も日本では規制されているため、展開することができませんでした。

タクシー会社と手を組み息を吹き返すUber

Uber Japanは2018年2月、各地のタクシー事業者と提携していく方針を発表しました。
2018年7月に兵庫県淡路島での実証実験を皮切りに、9月には愛知県名古屋市、2019年1月からは大阪府大阪市でサービスが始まっております。
2019年2月からは宮城県仙台市にて「仙台中央タクシー」と提携しサービスを展開することが決定しており、続いて青森県青森市の「成長(なりちょう)タクシー」と、福島県郡山市の「西条タクシー」とパートナーシップを締結しサービス拡大の準備を進めています。

Ubserが広まることで起こり得る未来

前述の通り、日本では自家用車を使った配車サービスは「白タク」として違法に当たります。Uberはサービス自体は革新的でしたが、日本では法律の壁にぶつかり、なかなかサービスの拡大ができませんでした。しかし、タクシー会社とパートナシップを締結したことで、配車サービスとして新たな局面を迎えています。

さらに、ライドシェアについても、政府では規制を緩和する動きがあるため、通常のタクシーでもライドシェアを行える日が来るかもしれません。
海外からの旅行者が増える中、海外で利用できるサービスがそのまま日本でも利用できることによって、安心で安全な移動手段として広まっていく可能性も高いです。

よく読まれている記事

コンテンツバナー01