中型トラックの免許について

トラック関連

中型トラックドライバーになるためには、中型自動車免許が必要となります。中型自動車免許は、近年新しく登場した免許区分でもあるため、取得する際は注意が必要です。ここでは中型自動車免許について詳しく説明します。

中型自動車免許

中型トラックを運転するためには中型自動車免許が必要です。この免許では、車両総重量が5トン以上11トン未満、最大積載量が3トン以上6.5トン未満、乗車定員が11人以上29人以下の車両を運転することができます。中型自動車免許は、2007年の道路交通法の改正によって新設された免許区分です。中型自動車免許の導入には、貨物自動車における事故を未然に防ぐという狙いがあります。

中型車8トン限定免許

中型車の免許を取得する際に覚えておきたいのが、中型車8トン限定免許の存在です。この免許は2007年の道路交通法の改正以前、普通免許を取得した人に自動的に付与されていた運転資格です。2007年以前に普通免許を取得した方は、免許証に記載されているので、自分の免許証を確認してみてください。一見、中型自動車免許と同じものだと思いがちですが、限定免許になります。現行の中型自動車免許では、乗車人数が29人以下なのに対し、8トン車限定免許では11人未満までという条件があります。8トン車限定免許を持っている人が中型トラックドライバーとして働く場合、8トン車限定免許を解除する必要があります。限定解除するには、限定解除審査に合格するか、上位資格を取得するかのいずれかの方法があります。

準中型自動車免許の新設

平成29年3月12日より、自動車免許に「準中型自動車免許」という新たな区分が新設されました。こちらの免許では、車両総重量が3.5トン以上7.5トン未満の車両を運転することが可能です。この運転免許の新設は、貨物自動車による交通事故の大幅削減が目的とされています。準中型自動車免許を所持していれば、企業や個人宅への配送業、重機輸送が必要な土建業など、幅広い分野で活躍することができます。また、取得条件が18歳以上となっているため、若年層の雇用促進にもつながると期待されています。

まずは相談してみよう!

専任コンサルタントから
非公開求人紹介させていただきます。

詳しくは
こちら

「ドライバーズワーク タクシー」は、あなたの新しいキャリアのスタートを応援しています!

「ドライバーズワーク タクシー」は、タクシドライバー・タクシー運転手に特化した転職・求人サイトです。タクシーの現任者の方向け求人はもちろん、タクシー業界未経験の方への求人も多数そろえています。2種免許の取得支援や両希望の方、保証人のいない方へのタクシードライバー求人もたくさんあります。また、気になる求人情報を保存したり、オススメの求人情報をメールで取得したりすることができます。是非、あなたの希望の条件で、最適な求人をお探しください。