2t・4t・6tトラックの種類について

トラック関連
2t・4t・6tトラックの種類について

たくさんあるトラックの種類

運送業界と一口に言っても、様々な業種があり、働くトラックドライバーさんが扱う車輌にもいろいろな種類があります。

市街地近郊で見かける頻度が多いのが、トラックとしては小柄な2t(2トン)トラックでしょう。ちなみに、2トンや2トンというのは通称で、車両重量や積載量が2tや4tというわけではありませんので誤解のないようにご注意ください。

個人宅への宅配の荷物や、会社・商店・施設などへの小荷物、コンビニへの納品の車などは総じてこのタイプが多いでしょう。運送会社によっては4t系のトラックで代用しているところも少なくはありませんが、都市部では小回りの利くトラックである2tを運用するのが主流です。

一番重宝されるのは4tトラック

それと比較して、4tトラックは用途が幅広いです。今は中型免許が新設されたので、新しい免許制度で運転免許を取得した方は対象外ですが、旧制度で普通免許を取っている(平成19年6月1日までに普通免許を取っている)方は、この4tタイプを駆ることが可能です。運送会社のドライバー募集の求人がある場合、最近は「要中型免許」の記載があるケースも増えました。この要件があるということは、4tトラックのドライバーを募集していることに他なりません。

運転は意外としやすい4tトラック

4tトラックと聞くと、大きくて運転が難しそうに感じますが、実際は車幅が普通乗用車と大きな差がなく、座席位置も高いので見通しが良く、仕事で一日乗っていると普通乗用車に乗った時に逆に違和感を覚えて乗りづらく感じてしまうほどです。ただ、車体はそれなりに大きいので、内輪差などによる巻き込み事故には最大限の注意を払ってください。

やはり技術が必要な6tと10tトラック

これらより大きい、6tや10tともなるとかなり用途が限定されてきます。車体も長く、重量も増えるので運転にはそれ相応の技術が必要となってきますね。積載量が6.5tを超える車輌であれば、必要な免許も大型一種となりますので、間違って無免許でハンドルを握ることのないようご注意ください。ちなみに、大型一種免許は取得に際して3年以上の運転経験が必要です。必然的に21歳以上でなければ取得できない免許、ということですね。

10tなどの大型トラックは積載量が多いので、陸路による都市間の貨物の運送などに使用されるケースが多いのですが、他にも4tなどでは積載できない長尺物などの特殊な荷姿の荷物を運ぶ場合などにも利用されます。

ドライバーとして運送業界で働くことを希望される方は、トラックごとの特性を良く理解し、どの車輌に乗るのにどの免許が必要なのかも予め把握しておくべきでしょう。

まずは相談してみよう!

専任コンサルタントから
非公開求人紹介させていただきます。

詳しくは
こちら

「ドライバーズワーク タクシー」は、あなたの新しいキャリアのスタートを応援しています!

「ドライバーズワーク タクシー」は、タクシドライバー・タクシー運転手に特化した転職・求人サイトです。タクシーの現任者の方向け求人はもちろん、タクシー業界未経験の方への求人も多数そろえています。2種免許の取得支援や両希望の方、保証人のいない方へのタクシードライバー求人もたくさんあります。また、気になる求人情報を保存したり、オススメの求人情報をメールで取得したりすることができます。是非、あなたの希望の条件で、最適な求人をお探しください。