トラックの種類について

トラック関連

一口にトラックといっても様々な種類があります。運ぶものや用途に合わせて、利用されるトラックは異なります。ここでは、どのような現場でどういったトラックが使われているのか説明します。

サイズ別のトラックの分類

トラックは、車両サイズや最大積載量、車両総重量などによる分類がされています。そして小型・中型・大型の3つに分けることができます。

小型トラック

小型トラックは、「2トントラック」とも呼ばれ、最大積載量が2~3トンのトラックを指します。主に小型の荷物を輸送する際に用いられています。小型トラックの場合、大型トラックのチャーター便よりも、コストが少なくて済むことが特徴です。

中型トラック

中型トラックは小型トラックよりも大きく、「4トントラック」とも呼ばれています。5トン未満の荷物を輸送することが可能です。美術品や楽器など、比較的壊れやすい荷物を輸送する場合に適しています。運転の際は、旧型普通免許か中型自動車免許が必要です。

大型トラック

大型トラックは「10トントラック」とも呼ばれます。全長12m、全幅2.5m、高さ3.8m、最大積載量が5トン以上と、トラックの中では最大の大きさを誇っています。大型トラックを運転する場合は大型免許が必要です。

特別車両

ダンプカーやクレーン車などは特殊車両として分類されます。特殊車両を運転する場合は、運転するトラックや、運ぶものによって特殊免許を要する場合があります。

用途や業種別のトラックの分類

用途や業種に合わせて作られたトラックを紹介します。主に荷台の特徴によって分けられており、荷物の量や積み下ろしのしやすさで選ばれます。

平ボディ車

平ボディ車は、最も普及しているトラックの形状です。運転席より後ろは平坦な台が最後部まで続くつくりとなっています。ある程度、大型の荷物でも乗せやすいという特徴があります。

バンボディ(箱車)

アルミ製の箱型荷台が搭載されたタイプです。街中での配送によく用いられています。四方がアルミで覆われるため、荷物が雨風にさらされる心配が少ないという特徴があります。

ウイング車

通常時はバンボディと変わらない見た目ですが、後部ドアのほか、鳥が翼を開くような開閉式の側面扉がついています。後部ドアから乗せられないような大きな荷物でも、容易に積み下ろしが可能です。ほかにも、荷物を奥まで詰めたり、奥から引っ張りだしたりといった作業を簡単に行うことができます。

冷凍車・冷蔵車

荷台部分に冷蔵庫、冷凍庫の機能を搭載したトラックです。主に生鮮食品や冷凍食品、魚介類といった食品関連の荷物を運搬する際に使用されます。

まずは相談してみよう!

専任コンサルタントから
非公開求人紹介させていただきます。

詳しくは
こちら

「ドライバーズワーク タクシー」は、あなたの新しいキャリアのスタートを応援しています!

「ドライバーズワーク タクシー」は、タクシドライバー・タクシー運転手に特化した転職・求人サイトです。タクシーの現任者の方向け求人はもちろん、タクシー業界未経験の方への求人も多数そろえています。2種免許の取得支援や両希望の方、保証人のいない方へのタクシードライバー求人もたくさんあります。また、気になる求人情報を保存したり、オススメの求人情報をメールで取得したりすることができます。是非、あなたの希望の条件で、最適な求人をお探しください。