タクシーよくあるご質問専任のキャリアコンサルタントがタクシーに関するおご質問を分かりやすくご説明します。

タクシードライバーへの転職をご希望のみなさまから、よくいただく質問にお答えします。ここに載っているご質問以外にもご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。タクシー専門の転職コンサルタントがご回答いたします。

タクシードライバーになる・二種免許取得について

未経験でもタクシードライバーになれますか?
基本的には、誰でもなることは可能です。ですが、「普通二種免許」と「地理試験」が必要になります。どちらも、2種免許取得支援制度のあるタクシー会社へ入社すれば、個人負担しなくても取得可能です。地理試験の方は、必要ある地域と不要な地域とあります。東京・神奈川・大阪の中心部で勤務を検討していましたら、地理試験が必要なエリアになります。
二種免許って就職前に取った方がいいんですか?
タクシードライバーになる方の大半は未経験の方ですので、就職前から二種免許をとる必要はありません。もちろん、ご自身にお任せしますがタクシー会社には2種免許取得制度を設けている会社が多数存在しますので、就職してから2種免許の教習所に通って取得するケースがほどんどです。費用も会社負担のところが多いですので、 費用面も心配する必要はございません。タクシー会社によって費用の規程があるところがございますので、 そこだけ注意が必要かもしれません。ちなみに、ご自身で取得する場合費用の方が合宿で20万円ほどかかります。
保証人がいないんですが、タクシードライバーになれますか?
結論から申し上げますと、保証人が必要なタクシー会社が多いのが現状です。  しかしながら、保証人を立てられないからと言って全てのタクシー会社がダメということではございませんので、ご安心ください。 タクシー会社によっては、採用・面接で判断するケースもございます。しかし、大手をご希望の場合は難しいのが現状です。大手を希望する場合、保証人を必ず2名立てるというとことがほとんどです。 では、何故保証人を立てなければならないのかですが、もし万が一会社に不利益を与えた場合、本人以外の社会的責任を緒に担える人を会社側が把握しておく必要があるからです。
新卒でタクシードライバーになるのは大変ですか?
タクシードライバーという職業は、見方によっては比較的若者向きな仕事だと思います。  現在、タクシー業界では大手を中心に新卒採用に力をいれて動いています。その背景には、タクシー業界の高年齢化という課題があります。現状、タクシードライバーの全国平均年齢が57.6歳となっており、他の業種と比べて就業者の年齢が高くなっています。そのため、どこのタクシー会社でも若年層のタクシードライバーの採用を積極的に行っています。タクシーの給与形態は歩合制を取り入れており、頑張れば頑張った分だけ給与は増えて行き、頑張っているドライバーさんの中には年収800万円を超える人もいます。そう言った観点から考えると、より若い方の方が向いているのではないかなと思います。

地理試験について

地理試験の過去問題はどこで手に入りますか?
ご自身で勉強するのであれば、各都道府県のタクシーセンターで購入できます。過去問題集の他に地図も購入しておくといいでしょう。タクシーセンターによっては、インターネットで過去問題を閲覧できるところもあるようです。また、タクシー会社に入社してから受験する方は、タクシー会社によっては専用の研修があったり専門学校に通って対策をとってたりしているので、心配な方はそちらを利用することをオススメします。

タクシードライバーの給料や福利厚生について

東京のタクシードライバーの給与ってどれぐらいですか?
京の給与は、タクシー業界において最も稼げる地域となります。近隣の県である千葉県と比較しますと、1乗務あたり売上が千葉県が28,977円に対して東京都は45,173円となっています。1か月だと千葉県347,724円に対して東京都は542,076円です。このうち歩率6割と計算すると、 千葉県のタクシードライバー月収は208,634円に対して東京都のタクシードライバー月収は325,245円となり、その差は約11万円もあります。 年収で計算すると、その差100万円以上の差になります。
寮や社宅のあるタクシー会社はありますか?
全部のタクシー会社が該当する訳ではありませんが、寮を保有しているタクシー会社は割りと多いです。会社によって寮のタイプは違うのですが、単身寮とファミリー寮があります。基本的には、単身タイプの寮がほとんどでファミリー寮はかなり少ないので、ご希望の会社があった際は、お問合せしてみるといいと思います。また、寮費なのですが部屋のタイプによっても異なりますが大体3万~6万位かかる会社が多いようです。
タクシーの仕事って残業が多くないですか?
タクシードライバーとして働く際、「昼日勤」「夜日勤」「隔日勤務」の3つの働き方が存在します。これらの働き方は、いずれも厚生労働省より厳しい勤務時間に関するルールを設けられており、「昼日勤」「夜日勤」の場合は月間で299時間、「隔日勤務」の場合は月間で262時間の拘束しか認めらておらず、どこのタクシー会社であっても原則この規則を超えて勤務させることは禁止されております。また、「隔日勤務」の場合は1乗務あたり拘束時間は21時間以内と決められており、1回の乗務を終えて20時間以上の休息をとることが義務付けられています。

タクシー業界の専門用語について

タクシーの『流し』って何ですか?
「流し」とは、タクシードライバーの営業方法の一つの言い方なんですが、分かりやすく説明しますと、タクシーを走らせながら、お客さんを探すことを言います。タクシーを利用する時、タクシーのりばを利用することもありますが、道でタクシーをつかまえることもあると思います。後者の方法をタクシー業界では「流し」または「流し営業」とも言っております。ちなみに、タクシーのりばでお客様を待つ営業方法は「付け待ち」と言います。タクシードライバーは、この2種類の営業方法と予約(配車)によって売上を伸ばしています。
タクシーの無線グループって何ですか?
無線と言うのは、簡単に言いますとタクシー会社が加盟している共同の組合になります。その名の通り、各タクシー会社が協力して所属するグループのようなイメージになります。無線の一波を作るのにタクシーの台数が400台あることが最低基準になっており、東京のタクシー会社の多くが1社で400台も保有していないことから、色々なタクシー会社が複数集まり、無線の許可をもらいました。東京で大きな無線グループと言えば「東京無線」「チェッカー無線」「中央無線」が有名かと思います。無線グループのメリットは、やはりお客様からの知名度が高いので配車を依頼するケースが多いです。

コンテンツバナー01

まずは相談してみよう!

専任コンサルタントから
非公開求人紹介させていただきます。

詳しくは
こちら

「ドライバーズワーク タクシー」は、あなたの新しいキャリアのスタートを応援しています!

「ドライバーズワーク タクシー」は、タクシドライバー・タクシー運転手に特化した転職・求人サイトです。タクシーの現任者の方向け求人はもちろん、タクシー業界未経験の方への求人も多数そろえています。2種免許の取得支援や両希望の方、保証人のいない方へのタクシードライバー求人もたくさんあります。また、気になる求人情報を保存したり、オススメの求人情報をメールで取得したりすることができます。是非、あなたの希望の条件で、最適な求人をお探しください。