タクシーの地理試験とは東京特別区や横浜方面でタクシードライバーとして働かれたい方は必見です!

タクシードライバーになるには、二種免許の他に地理試験が必要となるエリアが存在します。ここでは、タクシーの地理試験とは一体なんなのか、 地理試験の内容や、合格のためのポイント、エリアごとの地理試験の有無などタクシー乗務員になるために必要な地理試験について詳しく解説します。

タクシーの地理試験とは

タクシードライバーになるために必要なものとして、普通二種免許が必須であることは有名ですが、実はある特定の地域だけ『地理試験』というものが必要になります。タクシードライバー(タクシー運転手)はお客様を安全、確実かつ迅速に輸送することが責務とされており、そのため、営業区域内の地理が詳しくないといけません。

地理試験は、タクシードライバー(タクシー運転手)になろうとする方全て対象という訳ではありませんが、ある3つの 特定の地域でタクシードライバー(タクシー運転手)をする場合のみ必要となります。

地理試験が必要なエリアとは
  • 東京都・・・23区と武蔵野市、三鷹市(23区は、別名特別区とも言われています)
  • 神奈川県・・・横浜市、川崎市、横須賀市、三浦市
  • 大阪府・・・大阪市、池田市、箕面市、茨木市、高槻市、摂津市、島本町、豊中市、吹田市、東大阪市、八尾市、守口市、門真市、堺市、高石市、泉大津市、和泉市、忠岡町

このように、東京・神奈川・大阪の中心部で働くには地理試験があり、さらにはその試験を必ず合格しないとなりません。

地理試験の概要と試験会場について

タクシーの地理試験の開催場所は、各県のタクシーセンターと呼ばれるところで実施しています。以下に東京、神奈川、大阪の地理試験会場についての詳細を記載します。

東京都の地理試験会場について

  • 場所・・・公益財団法人東京タクシーセンター
  • 住所・・・東京都江東区南砂7-3-3
  • 開催日・・・月・火・金曜日(但し、休日、祝日及び12月29日から12月31日までと1月2日、1月3日を除く)
  • 受付時間・・・13:00までに受付をすませてください
  • 試験時間・・・2時間
  • 受験料・・・2,800円
  • 問題数・・・40問中32問以上で合格
  • 合格発表・・・所要時間内に発表します
  • 持ち物・・・受験料、運転免許書、筆記用具(鉛筆、消しゴム、ボールペン)
  • 参考URL・・・公益財団法人東京タクシーセンター

神奈川県の地理試験会場について

  • 場所・・・一般財団法人神奈川タクシーセンター
  • 住所・・・神奈川県横浜市中区日ノ出町二丁目130番地
  • 開催日・・・事前に申込みが必要なので、タクシーセンターに要確認
  • 受付時間・・・事前に申込みが必要なので、タクシーセンターに要確認
  • 試験時間・・・2時間
  • 受験料・・・2,800円
  • 問題数・・・40問中32問以上で合格
  • 合格発表・・・所要時間内に発表します
  • 持ち物・・・受験料、運転免許書、筆記用具(鉛筆、消しゴム、ボールペン)
  • 参考URL・・・公益財団法人神奈川タクシーセンター

大阪府の地理試験会場について

  • 場所・・・一般財団法人大阪タクシーセンター
  • 住所・・・大阪府大阪市鶴見区鶴見4丁目5番9号
  • 開催日・・・事前に申込みが必要なので、タクシーセンターに要確認
  • 受付時間・・・実施日が月~金曜日の場合、13:00~13:30受付(実施日が土曜日の場合、9:00~9:30受付)
  • 試験時間・・・2時間
  • 受験料・・・2,800円
  • 問題数・・・文章問題30問(○×式:25問、選択肢式:5問)、地図問題10問(選択肢式:5問)80点以上で合格
  • 合格発表・・・所要時間内に発表します
  • 持ち物・・・受験料、運転免許書、筆記用具(鉛筆、消しゴム、ボールペン)
  • 参考URL・・・公益財団法人東京タクシーセンター

タクシーの地理試験の内容とは

地理試験では、地図で示された主要幹線道路を答えるもの、地図で示された主要施設を答えるのもが出題されます。それ以外が応用問題とされ、主要施設と市区町村の関係や、駅との関係を問うもの、乗車地から降車地までの最短経路を問うものなどがあります。

東京都のタクシーの場合は、東京23区と武蔵野市、三鷹市のタクシー事業所は流しでお客様をお乗せするのが基本ですので該当エリアの地理を勉強することは、お客様の行き先に最短ルートで行くという意味合いだけではなく、効率的に流し営業をするという意味でも地理を知っておくことは大事です。

神奈川になると流しではなく、駅などでの付け待ちや無線配車の比率が東京に比べて多くなるものの、流しの割合も多く、東京と同様に地理の勉強は不可欠です。

大阪府の地理試験は北ブロック、中ブロック、南ブロックとエリアを分けて問題を出題しています(共通ブロック問題はあり)。皆さん最初は受かるかどうか不安になりますが、数学的な問題ではなく全て暗記問題であること、また週に複数回試験が実施されている事から不合格でも、すぐさま次のチャレンジを行い合格されています。

地理試験の勉強方法とは

簡単に言えば、全てを暗記をすることに尽きると思います。
各タクシーセンターでは過去問題集が販売されていますので、そちらでとにかく暗記する方法もあります。

そのほかには、各タクシー会社に入社が決まるとそこで独自の研修を行っているところもあります。

試験問題は、基本問題25問、応用問題25問という構成ですので、前半の基本問題をなるべく全問正解できるようにするのが合格の一番の近道です。
前半の基本問題の25問は、東京であれば6パターンの主要幹線道路、交差点図と主要施設図が用意されていますが必ずその中から出題されることが決まっています。

ですのでこの6パターン×2の12パターンの幹線道路、交差点、主要施設を完全暗記してしまい25点確実に得点できるようになってしまえば、応用問題は25問中7問正解すればよいことになります。

また週に複数回の試験が実施されますので、極端な話をすればある程度山を張って勉強をし、一度外れたとしても何回か受験する間に山を張った個所が出題され合格できるという事もあります。

地理試験のまとめ

地理試験の初回での合格率は、一般的に4割くらいと言われています。
あくまでも初回受けての合格率ですので、複数回チャレンジして合格する方もたくさんいらっしゃいます。

地理試験は、道の名前や施設を暗記して答える問題なので、1度失敗してもあきらめずにチャレンジすることが大切だと考えます。

コンテンツバナー01

まずは相談してみよう!

専任コンサルタントから
非公開求人紹介させていただきます。

詳しくは
こちら

「ドライバーズワーク タクシー」は、あなたの新しいキャリアのスタートを応援しています!

「ドライバーズワーク タクシー」は、タクシドライバー・タクシー運転手に特化した転職・求人サイトです。タクシーの現任者の方向け求人はもちろん、タクシー業界未経験の方への求人も多数そろえています。2種免許の取得支援や両希望の方、保証人のいない方へのタクシードライバー求人もたくさんあります。また、気になる求人情報を保存したり、オススメの求人情報をメールで取得したりすることができます。是非、あなたの希望の条件で、最適な求人をお探しください。