用語集

タクシー業界には、業界ならではの専門用語が数多く存在します。タクシードライバーとして働くためには、こういった専門用語を理解しておくと便利です。

相番(あいばん)

相番とは同じタクシーを一緒に利用する同僚のことです。タクシー会社によって異なる場合もありますが、1台のタクシーを2人の乗務員で使うのが一般的です。乗車後は、使ったドライバーが責任をもって洗車や整備をし、きれいな状態で同僚に引継ぎを行います。

青タン(あおたん)

青タンとは、主に関東のタクシーに備え付けられている深夜割増料金メーターのことです。22時から5時までの間は割増料金になり、メーターの割増という表示が青くなることからそう呼ばれるようになりました。

足切り(あしきり)

足切りとは、1日の売り上げの目標のことです。タクシードライバーの場合、売り上げ目標以上の売り上げ分が歩合給として数えられます。足切りを達成していないからといって、給料がゼロになるということはありませんが、歩合給が支給されないためその分給料が低くなってしまいます。

お化け(おばけ)

お化けとは、通常あまりお客様がいない場所や時間帯に長距離乗車するお客様のことを言います。思いがけず売り上げを上げることのできる上客を乗せた時に、ドライバーの仲間内で使われる言葉です。

カマす

タクシードライバーが、他のタクシーを追い抜き、割り込んでお客様を乗車させることを指します。カマす行為は、業界においてマナー違反であり、同業者に嫌われることになります。

ネギ

ネギとはお客様からの苦情のことです。京都の九条ネギ(九条と苦情)にかけてこのように言われるようになりました。

へたる

タクシー乗り場などでお客様を拾うために車を止めて待つことをいいます。この反対の言葉に、「流し」があります。「流し」はお客様を拾うためにタクシーを走らせることです。

このようにタクシー業界には、業界特有の専門用語があります。ドライバー同士での会話では、この専門用語が頻繁に出てくるので覚えておきましょう。

コンテンツバナー01

まずは相談してみよう!

専任コンサルタントから
非公開求人紹介させていただきます。

詳しくは
こちら

「ドライバーズワーク タクシー」は、あなたの新しいキャリアのスタートを応援しています!

「ドライバーズワーク タクシー」は、タクシドライバー・タクシー運転手に特化した転職・求人サイトです。タクシーの現任者の方向け求人はもちろん、タクシー業界未経験の方への求人も多数そろえています。2種免許の取得支援や両希望の方、保証人のいない方へのタクシードライバー求人もたくさんあります。また、気になる求人情報を保存したり、オススメの求人情報をメールで取得したりすることができます。是非、あなたの希望の条件で、最適な求人をお探しください。