タクシードライバーの稼ぎ方

タクシードライバーの仕事で上手に稼ぐためには、歩合給を上げることが大切です。そのためには限られた勤務時間のなかで効率よく働くことと、お客様を乗せる回数・客単価を上げることがポイントになります。

歩合給を上げる

タクシードライバーの給与は、固定給と合わせて歩合給が加算されるのが一般的です。歩合給とは、個人の出来高や業績に応じて支給される報酬のことを指します。つまり、給与の額を増やすためには、1日の売り上げを増やして歩合給を多くすることがポイントになるのです。

限られた勤務時間内で時間を効率よく使う

タクシードライバーが多く稼ぐためには、限られた勤務時間のなかで効率よく売り上げを上げる必要があります。タクシードライバーの労働時間は法律によって決められており、法律の定める時間を超えて長時間働くことはできません。タクシードライバーの勤務形態は、日勤、夜勤、隔日勤務という3つがありますが、多くのタクシー会社が採用しているのが膈日勤務です。隔日勤務とは、勤務開始から夜中の12時をまたいで次の日の午前まで働くスタイルのことを言います。隔日勤務の勤務時間は目安として20時間程度で、仕事が終われば20時間は休みになります。1回あたり働ける時間が21時間以内で、勤務終了後は20時間の休息を持つことが法律で決められているからです。そのため、タクシードライバーが上手く稼ごうとすると、勤務時間を効率よく使う工夫が必要です。

お客様の乗せる回数と客単価を上げる

歩合給でもらえる額を上げる方法には、お客様を多く乗せることがあります。お客様を乗せる回数が多ければ多いほど、お客様から売上金を受け取る機会は多くなります。限られた勤務時間のなかでお客様をより多く乗せるためには、どの時間にどの場所にタクシー利用者が多く集まるのかを知っておく必要があります。また、お客様を多く乗せるだけではなく、1回の乗車の客単価を上げることも大切です。一般に長距離を乗せれば運賃は高くなり、客単価は上がります。この場合も長距離を乗るお客様がどの地域に多いのかを知っておくことが大事です。

コンテンツバナー01

まずは相談してみよう!

専任コンサルタントから
非公開求人紹介させていただきます。

詳しくは
こちら

「ドライバーズワーク タクシー」は、あなたの新しいキャリアのスタートを応援しています!

「ドライバーズワーク タクシー」は、タクシドライバー・タクシー運転手に特化した転職・求人サイトです。タクシーの現任者の方向け求人はもちろん、タクシー業界未経験の方への求人も多数そろえています。2種免許の取得支援や両希望の方、保証人のいない方へのタクシードライバー求人もたくさんあります。また、気になる求人情報を保存したり、オススメの求人情報をメールで取得したりすることができます。是非、あなたの希望の条件で、最適な求人をお探しください。