コンビニルート配送の待ち時間の過ごし方

コンビニルート配送の待ち時間の過ごし方

コンビニルート配送の「納品の時間」までの待ち時間の過ごし方

トラックドライバーの業種には色々なものがあります。長距離を走る長距離ドライバーもいれば、近場だけを走るルートドライバーもいます。ルートドライバーの多くはコンビニエンスストアへの配送と言っても過言ではないはずです。

それだけコンビニエンスストアの数が多いという事ですよね。ところでコンビニエンスストアのルートドライバーは、色々と気をつけなくてはならない事があるってご存知でしたか?経験した事があってもどうしてなのか理由はわかりませんが、コンビニエンスストアは配送できる時間が決まっています。

もちろん全てのコンビニエンスストアが同じだと思うのですが、夜の10時以降でないと配送してはいけないなど時間の指定があるものなのです。これはルートドライバーでなくてはわからない事実かもしれませんね。

ドライバーにとって危険な納品時間

配送の納品時間が決まっているから何?と思われるでしょうが、トラックドライバーにとってはかなり危険な事なのです。例えば著者は書籍を運ぶ仕事をしていたのですが、書籍の場合は書店も同時に配送をしなくてはなりません。

コンビニエンスストアだけではありませんから、配送時間が午後6時とか時間が決まってはいないのです。するとコンビニエンスストアの配送時間がくるまで、どこかで待機をしなくてはならないという事になってしまいます。

実はこの時が魔の時間でもあります。駐停車できる場所があるのなら良いのですが、それほど簡単な事ではありません。都心であれば都心であるほど駐停車できる場所がありません。するとどうなるのか?そうです、道路交通法違反者になります。

仕事なのに点数を引かれては困りますよね。だったらコンビニエンスストアの駐車場に停めればいいと思うかもしれませんが、そう簡単にはいきません。なのである程度グルグルと周囲を回ったりしなくてはならないのです。

短時間でしかもドライバーが運転席にいれば、注意されたら動けば良いかもしれません。なのでできるだけ車を離れないように、配送先のコンビニエンスストアと付かず離れずの距離で待機する事になります。

最近はスマホでゲームなんてものもありますが、時間が過ぎてしまう可能性もあるので、あまり集中しすぎない過ごし方を探してみると良いでしょう。

コンテンツバナー01