自己分析について

就職や転職をする上で自己分析はとても重要です。就職活動はドラマです。不採用に凹む時もあれば、面接通過に喜ぶ時もあります。自分自身が今まで何をやってきたのか、悔やむことだってあるでしょう。「こんなに自分と向き合ったことは無かった」と思う人だっているはずです。人生を左右する就職活動はそれほど大事なのです。

だからこそしっかりと自己分析を行うことで、企業選びにおける判断基準の要素だけでなく、自己PRや志望動機を考える要素にも繋がるのです。

ここでは、その自己分析の方法やメリットについて解説します。

自己分析 やり方

自己分析のやり方

自己分析は、自分を客観的に分析し、強みや適性を調べることです。自己分析のやり方は人それぞれですが、基本的な流れとしては、過去を振り返り、将来を考えるというものです。生まれ持った才能をただ書くだけで採用されるほど甘くはありません。また、採用担当者は、その人が今までどういう人生を歩いてきたかを知ることで、その人間性を探ります。

その場で思いついたことや何となく思っていたことを適当並べようとせず、予めしっかりと自分と向き合い、以下の項目を洗い出してみてください

  • 自分の性格(他人には言えないが本音ではこういう性格)
  • 趣味、特技、今まで長年続けてきたことはあるか(主に私生活)
  • 今までの仕事業務を通して得た(知的)財産はなにか(ヒト、モノ、コト、カネ)
  • 今までの仕事業務を通して自分に向いているのは何か、または自分が好きなことは何か
  • 自分だったら自分と一緒に働きたいと思うか、そしてその理由は何か
  • 自分には指導統率力、協調性、仲間意識、当事者意識はあるか
  • これからの仕事人生をどう過ごしたいか

これまでの自分を振り返る

前述の箇条書きをもう少し砕いてご説明します。今までの仕事業務を通した結果、感じたことを考えます。

まずは、自分の過去を振り返り、経験したことや努力したこと、成功体験、やりがいを感じた瞬間などを書き出してみましょう。失敗体験や困難にぶつかった経験、そしてそれをどのように乗り越えたかといったエピソードも重要です。普段当たり前のように取り組んでいることの中にも、自分なりの努力が見えてくるかもしれません。

こうして書き出した情報から、自分が一体どんな人間なのか、長所や短所、好きなことや嫌いなことが客観的に見えてくるはずです。

これからの自分を考える

そして、自分にとっては一番大切な「これからの仕事人生をどう過ごしたいか」です。

書き出した内容を元に、将来の自分を考えます。これからやりたいことや、働くうえで大切にしたいこと、なりたい人物像などをイメージしてください。「○年後までに○○がしたい」など、具体的であるほど良いでしょう。浮かばないという場合は、もう一度別の角度や私生活から見た仕事という見地で自分の過去を振り返ってみてください。

自分自身がしっかり理解できれば、自ずととやりたいことや、向いている分野、自分に合った職場環境が見えてきます。

自己分析を行うメリット

自己分析には様々なメリットがあります。まず、自分自身の長所と短所を理解できます。そしてそのことで、希望する企業での戦力イメージがつきやすくなります。その結果、就職や転職でのミスマッチを未然に防ぐこともできるのです。また、自分の特徴や長所に対して、具体的なエピソードを元に裏付けすることができるため、自己PRや志望動機に説得力や一貫性を持たせることができます。だから面接の際にも、自信を持って臨めるようになるでしょう。

転職ガイド一覧

まずは相談してみよう!

ドライバー求人専任コンサルタント

専任コンサルタントから
非公開求人紹介させていただきます。

詳しくは
こちら

人気のエリアで求人を探してみよう!

気になることを調べてみよう!

「ドライバーズワーク」は、あなたの新しいキャリアのスタートを応援しています!

「ドライバーズワーク」は、タクシーに特化した専門の求人・転職サイトです。タクシードライバーや運転手について、現任者の方向けはもちろん、業界未経験の方向けの求人も多数取り扱っています。さらに、タクシードライバーにとって役立つコラムや業界ガイドなどもございます。気になる求人情報を保存したり、オススメの求人情報をメールで取得したりといった機能的なサービスも提供しています。是非、あなたの希望の条件で、最適な求人をお探しください。