小金井市のタクシードライバー求人

1件中 1~1件表示

条件を変更して検索
|
|

業界異例の定着率90%!!アットホーム・安定給与な職場で一緒に働きませんか?

つくば観光交通株式会社

住所東京都小金井市

給与平均月給270,000円

雇用形態正社員

仕事内容小金井市で地域密着のタクシー営業を行っております。 東小金井駅周辺エリアにおいて、運行されているタクシーの約8割が当社車両! 地域NO.1企業です。 常連のお客様が非常に多く、お電話での送迎による営業も約半分と多数。 流し営業中心の会社とは違い、常に安定して仕事があるので、未経験者の方でもすぐに稼ぎ方を身に着けることができます♪ 【選べる希望職種】 タクシー・福祉タクシーからご希望する方をお任せします!! ※兼任することも可能です。 また、資格や状況によりグループ会社の観光バス・コミュニティバスへの職種変更も可能です! 【スキルアップの機会があります】 ホームヘルパーなどの資格取得制度があるので入社後のスキルアップが可能! 【駅チカの好立地】 最寄り駅(新小金井)から徒歩4分で通勤も便利! 交通費も支給されるので電車通勤の方も多いです♪

つくば観光交通株式会社
タクシー求人詳細へ

タクシードライバーの
求人転職


求人・転職のお悩みに

そのお悩み、もしかしたら『ドライバーズワーク』が解決の糸口をお伝えできるかもしれません。求人情報を探すのは疲れますよね…。


せっかく転職や再就職に向けて動き出したものの、この求人情報を見ている段階で心が折れてしまう方も少なくありません。


「将来をもっと良くしたい」、「今より人のためになる仕事をしたい」と前向きに考えて動き出したのに…。


無料会員登録で求人相談

そんな方の気持ちを第一に考え、ドライバーズワークに無料会員登録(簡単1分!)をするだけで、メールやLINE、お電話でご相談いただけます。あなたが抱えるお悩み、ご不安な点をお伝えください。


タクシー業界を熟知した専任のキャリアアドバイザーが、一緒に考え、最適なタクシー求人をご案内いたします。中には非公開求人もございます。 転職を迷っている段階の方も大歓迎ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。


小金井市のタクシードライバー
(タクシー運転手)向け情報


小金井市の法人タクシー・個人タクシー

北多摩交通圏は、小金井市のほか、立川市、府中市、国立市などを含む全15市から構成されています。一般社団法人 東京ハイヤー・タクシー協会によれば、平成30年3月31日現在の北多摩交通圏における法人タクシー会社数は39社、車両数は1737台、個人タクシー数においては、157となっています。同時期における南多摩交通圏と西多摩交通圏の法人タクシー会社数と車両数は、25社および1227台、8社および209台になっていて、多摩地域全体における法人タクシーの規模は、北多摩交通圏が最大になっています。一方、個人タクシーにおいては、南多摩交通圏が260、西多摩交通圏は、同時期における情報が不明であるため、北多摩と南多摩の比較においては、南多摩交通圏の個人タクシーの方が多いということになります。

小金井市内に本社のある1963年創業の(有)小金井交通は、流し営業もなく、駅で待つか、無線配車が主流の地域密着型のタクシー会社です。規模の小さい会社ですが、気疲れせず、働きやすさが特徴と言えるでしょう。その他では、業界最大手の飛鳥交通(株)や接客に定評のある(株)グリーンキャブなどがあります。埼玉、神奈川、千葉にも営業所を持つ飛鳥交通は、北多摩交通圏では、国立市に営業所があります。国立営業所の車両台数は26台と少なめですが、特別区・武三交通圏で664台、南多摩交通圏で260台あります。1951年創業のグリーンキャブは、会社全体での保有台数が1355台あり、北多摩交通圏では、狛江市と国分寺市に営業所があります。

小金井市のタクシー利用の多いスポット

小金井市内の鉄道は、JR東日本(中央線)と西武鉄道(多摩川線)で、市内の駅は、武蔵小金井駅と東小金井駅(どちらも中央線)、新小金井駅と3つの駅が存在します。市の中心駅は武蔵小金井駅で、JR東日本の調べによれば、2020年の武蔵小金井駅の乗車人員は、1日平均47,371人、JR東日本全体のランキングでは第66位にランクインしています。北多摩交通圏は、東京のベッドタウンでもありますが、このエリアを走るJR中央線沿いの駅は、乗車人員ランキングでも上位に入る駅が多数あります。先に挙げたJR東日本のデータによれば、このエリアの立川駅は第13位にランクインするほどの乗車人員があります。

駅周辺には大型商業施設が多く、駅から少し離れた場所には、都立小金井公園があります。玉川上水沿いにあるこの公園は、小平市にもまたがっており、その規模は面積約80haで、日比谷公園の4.9倍、上野公園の1.5倍という広さを誇ります。また、日本の桜名所100選にも選定されていて、春には、多くのお花見客で賑わいます。また、小金井市には、「東京の名湧水」として選定された場所が3か所あります(滄浪泉園、貫井神社、美術の森緑地)。それぞれの湧水では、水量、水質、由来、景観なども優れているため、訪れてみたい場所と言えるでしょう。

小金井市のタクシー業界事情

特別区・武三交通圏に比べると、北多摩交通圏では高額営収は難しいものの、地域密着型の営業により安定した売上が期待できます。この地域の営業は、流し営業よりも、無線でお迎えに行く営業や駅・病院などの待ち営業が基本であるうえ、営業がごく限られたエリア内であるため、長い乗務の接客が少なく、日中でも地域内を無線配車で利用する人が頻繁にみられます。タクシーセンターによる地理試験が不要で、しかも比較的に簡単に地理が覚えられることから、乗務後の地理的な理由による緊張感や恐怖感はほとんどありません。

北多摩交通圏には、鉄道路線網が密でないエリアが存在します。そうしたエリアには、大学が多く立地していて、例えば、小金井市には、東京農工大や東京学芸大、法政大の3つの大学があります。このように、脆弱な交通網が見られるエリアでは、通学需要への対応やコミュニティタクシーの運行、別の鉄道路線との駅間をつなぐタクシー利用などが見込まれます。またこのエリアでは、急速な高齢化により、高齢者の病院への送迎などを含む総合生活移動産業としてのタクシーの役割も重要視されています。

小金井市のタクシー会社で働く際に確認すべきこと

令和3年10月1日現在の小金井市の人口総数は121,937人となっています。2015年の北多摩エリアの高齢者人口は、西部で148,616人、南部で214,757人、北部で178,061人、合計で541,434人になっています。多摩地域全体では999,043人でしたので、北多摩エリアが全体の約54%を占めていたことになります。この数字は、今後も増加傾向にあるため、高齢者のタクシー利用数は、さらに増えることが予想されます。

北多摩交通圏でタクシードライバーとして働く場合、二種免許さえあればすぐに勤務できます。入社後に二種免許を取得する必要がある場合、支援制度の有無を確認すると良いでしょう。さらに、勤務体系、給与体系、社会保険なども併せて確認しておきましょう。小金井市内に本社のあるタクシー会社は多くありませんが、仮に上京し、小金井市を中心としたタクシー営業を行うのであれば、寮が完備されている会社を選ぶ方がいいかもしれません。小金井市は、都心のベッドタウンでもあるため、住居探しに苦労することはありませんが、寮があれば安心して勤務に集中できます。

北多摩交通圏を営業エリアとするタクシー会社の中には、大手タクシー会社またはその系列グループが複数あります。この仕事で高収入を得たいと考える人は、このような優良な大手や系列グループに転職する必要があるでしょう。

小金井市の特徴

東京のほぼ中央に位置する小金井市は、武蔵野台地の南西部に位置し、都心より約25km西にあります。市の東に武蔵野市と三鷹市、西に国分寺市、南に調布市と府中市、北に小平市と西東京市が接しています。小金井市の総面積は11.3平方キロメートルで、東京都区部を含む2015年の統計によれば、小金井市の総面積は全国791中778番目になっています。市内には、小金井街道が中央部を南北に走り、五日市街道が北部を東西に通っています。また、市内のほとんどが住宅地で、企業誘致が少なく、公園や霊園など緑が多く存在します。市の南部には、東西に走る国分寺崖線があり、この崖線下からは豊かな地下水が湧出しています。