東京都のタクシードライバー求人

268件中 1~10件表示

タクシー求人を再検索
|
|

東京都のタクシー運転手求人の特徴

東京都のタクシー運転手は、他の地域と比べて「給料が高い」ことが特徴!

都道府県別の平均給与が全国1位で、平均月収は39万3200円、平均年収は484万円となっています。(※)

給与の面も影響してか、東京都に勤めるタクシー運転手の中には地方から上京される方も少なくありません。地方出身の方のサポートとして、タクシー会社によっては社員寮(単身寮あるいは家族寮)を設けています。少しでも高い給与を…とお考えの方は「東京都」のタクシー求人を探してみてはいかがでしょうか。


ドライバーズワークでは、東京都のタクシー求人を検索できるほか、ご利用者様の転職・再就職を多方面からサポート!

無料で会員登録していただければ、タクシー業界を熟知したキャリアアドバイザーがあなたにピッタリの求人をご案内します。転職を迷っている段階の方も大歓迎ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。


※ (一社)全国ハイヤー・タクシー連合会の調査による


東京都のタクシードライバー向け情報


東京都の法人タクシー・個人タクシー

東京都のタクシーは、法人タクシーと個人タクシーの2種類に分けられます。法人タクシーは、会社に所属して乗務するタクシーのこと。一方、個人タクシーは、会社に所属せず個人事業主として乗務しています。個人タクシーの事業者になるためには、タクシードライバーとしての経験が10年以上など、年齢によって条件が異なるのが特徴です。年々全国のタクシー数は減ってきていますが、東京都では数を維持しており、タクシーニーズの高い地域といえるでしょう。


・法人タクシー会社:438社

・車両台数:30,771台

・個人タクシー数:12,272台

※全国ハイヤー・タクシー連合会の調査による


#東京都の有名タクシー会社について

東京都の有名タクシー会社と言えば、「日本交通」「大和自動車交通」「帝都自動車交通」「国際自動車」の大手4社です。この4社は戦後から続く老舗会社で、多くの車両を保有しています。中でも、業務提携が盛んな日本交通と国際自動車のシェアが伸びています。大手4社の次点は、準大手と呼ばれる「日の丸自動車」「東都自動車」「グリーンキャブ」などがあります。


大手と準大手の他に、「東京無線協同組合」「チェッカーキャブ無線協同組合」という二大協同組合もあります。主に東京23区・武蔵野市・三鷹市を営業区域としているタクシー無線グループです。両組合は業務提携しており、どちらのタクシーでも利用できる共通乗車券が発行されています。


東京都のタクシー利用の多いスポット

観光名所が多い東京都では、タクシー利用の多いスポットが数多く存在します。タクシー利用の多いエリアの一つは新宿です。新宿は観光客が集まる歓楽街の東口エリアと、ビジネスパーソンの利用が多い西口エリアがあります。東口エリアには観光地としても人気がある「歌舞伎町」、西口には「東京都庁」を中心としたオフィス街に人が集まります。JR山手線や東京メトロ丸の内といった東京の主要路線が集まる新宿駅には、1日を通してタクシーの乗り入れが多いのです。


池袋駅周辺は、時間帯関係なくタクシーの需要が高いエリアです。池袋は人口が多いエリアで、通勤や通学で利用する人がたくさん集まります。東口にも西口にも繁華街が広がっており、昼夜問わずタクシーを求める人がいるのです。観光客は、「サンシャイン水族館」などがある「サンシャインシティ」に訪れる人が多いでしょう。


また、人気観光地である上野や浅草も、タクシーの利用が多い傾向にあります。国内だけでなく、世界中から観光客が集まるエリアです。通常のタクシー利用だけでなく、観光タクシーを利用する数も多いと言われています。観光スポットとしては、「東京スカイツリー」や「浅草寺」、「浅草花やしき」、「上野恩賜公園」などは人気。観光スポット間を移動する際に、タクシーが利用されているようです。


東京都のタクシー業界事情

タクシー利用者が多い東京都は、他の地域と比べて平均年収が高い傾向にあります。ドライバーの頑張り次第では高収入を狙うことができるため、前職より収入が上がったという人も少なくありません。東京都民の足になるだけでなく、観光や高齢者向けのサービスといったタクシードライバーの役割が拡大していることも、タクシーの需要を高めている要因となっています。なお、タクシーの需要については、エリアによって大きく異なる特徴があります。


港区など高級住宅街やビジネス街が多いエリアには、日常的にタクシーを利用する富裕層やビジネスパーソンがたくさんいます。長距離移動でタクシーを利用することもあるので、単価が高くタクシードライバーには魅力的だと言えるでしょう。また東京都には各地に繁華街があり、お酒を飲んで終電過ぎに帰る人が多いです。深夜帯にはタクシーで帰宅する人が増加し、長距離移動する人も少なくありません。売上が大きくアップする夜間の営業は、東京都のタクシードライバーに人気があります。


東京都の交通情報

東京都は関東地方の南部、日本列島のほぼ中央に位置しています。そして東京都の地形は、大きく分けて台地と低地の2種類があります。東京湾に面した東部は東京低地と呼ばれています。海抜ゼロメートル地帯もあることから、集中豪雨や川の氾濫といった自然災害を受けやすいと言われるエリアです。一方、西側は武蔵野台地と言い、多摩川と荒川に挟まれたエリアのことを指します。主要な国道は、国道14号や国道20号、国道246号などです。国道14号は日本橋から千葉県まで続く道路で、千葉から都心に向かう人に使用されています。


国道20号は甲州街道とも呼ばれており、中央区から八王子市や山梨県などを経由して、長野県に至ります。千代田区から続く国道246号は、青山通りや玉川通りといった区間が有名です。東京都道311号は羽田空港から世田谷区や杉並区などを通る道路で、東京の中でも渋滞が起こりやすいと言われています。東京都は混みやすい道路が多いものの、時間帯によってはスムーズに運転できます。通勤時間の朝や夕方の時間帯を避けて、渋滞しにくい昼間の利用が推奨されています。


東京都の歴史や県民性

東京都の歴史と県民性について紹介します。


#東京都の歴史

東京都は鎌倉時代に江戸氏によって城が築かれ、「江戸」と呼ばれるようになりました。東京湾があったことから、漁村として栄えてきた江戸は、1603年、徳川家康によって江戸幕府が開かれ日本の中心地へと変貌を遂げます。江戸幕府が倒れた後も、明治天皇が京都から東京に皇居を移し、今でも日本の首都として栄えています。


現在では人口は1400万を超え、大企業も多くある為周りのエリアからも多くの人が集まります。東京タワーやスカイツリーといった日本の象徴ともいえる観光地には日本だけではなく海外からも多数の観光客が集まります。


#東京都の県民性

東京都は日本で一番人口の多い都市ですが、日本の中心地のため地方から上京してきた人も多く、実は純粋な東京出身者は多くありません。いわゆる下町といわれるエリアには人情深い・周りとの関わりを大切にする人々も多くいるようですが、一方、一人暮らしや上京者が多いエリアだと近所付き合いが希薄がちだったり、互いに干渉することが少なく淡白に映ることも。様々な出自をもった人が集まっているだけに、個人主義、競争心などの県民性が特徴的です。また、流行の先端を行くエリアでもあり、好奇心や社交性の高さも特徴です。


タクシードライバーの
求人転職


求人・転職のお悩みに

そのお悩み、もしかしたら『ドライバーズワーク』が解決の糸口をお伝えできるかもしれません。求人情報を探すのは疲れますよね…。


せっかく転職や再就職に向けて動き出したものの、この求人情報を見ている段階で心が折れてしまう方も少なくありません。


「将来をもっと良くしたい」、「今より人のためになる仕事をしたい」と前向きに考えて動き出したのに…。


無料会員登録で求人相談

そんな方の気持ちを第一に考え、ドライバーズワークに無料会員登録(簡単1分!)をするだけで、メールやLINE、お電話でご相談いただけます。あなたが抱えるお悩み、ご不安な点をお伝えください。


タクシー業界を熟知した専任のキャリアアドバイザーが、一緒に考え、最適なタクシー求人をご案内いたします。中には非公開求人もございます。 転職を迷っている段階の方も大歓迎ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。