鳥取県のタクシードライバー求人

7件中 1~7件表示

条件を変更して検索
|
|

タクシードライバー(日勤)の求人

有限会社サービスタクシー(ハローワーク提供)

    住所鳥取県鳥取市

    給与135,432円-350,000円

    雇用形態正社員

    仕事内容タクシードライバー(日勤)

    有限会社サービスタクシー(ハローワーク提供)
    タクシー求人詳細へ

    タクシー運転手の求人

    大山タクシー有限会社(ハローワーク提供)

      住所鳥取県米子市

      給与140,184円-140,184円

      雇用形態正社員

      仕事内容タクシー運転手

      大山タクシー有限会社(ハローワーク提供)
      タクシー求人詳細へ

      タクシー乗務員の求人

      日ノ丸ハイヤー株式会社 倉吉営業所(ハローワーク提供)

        住所鳥取県倉吉市

        給与137,460円-270,000円

        雇用形態正社員

        仕事内容タクシー乗務員

        日ノ丸ハイヤー株式会社 倉吉営業所(ハローワーク提供)
        タクシー求人詳細へ

        タクシー乗務員の求人

        株式会社鳥取代行(ハローワーク提供)

          住所鳥取県鳥取市

          給与180,000円-180,000円

          雇用形態正社員

          仕事内容タクシー乗務員

          株式会社鳥取代行(ハローワーク提供)
          タクシー求人詳細へ

          タクシー乗務員の求人

          青空交通有限会社(ハローワーク提供)

            住所鳥取県米子市

            給与165,000円-245,000円

            雇用形態正社員

            仕事内容タクシー乗務員

            青空交通有限会社(ハローワーク提供)
            タクシー求人詳細へ

            タクシー乗務員の求人

            米子第一交通株式会社(ハローワーク提供)

              住所鳥取県米子市

              給与165,000円-200,000円

              雇用形態正社員

              仕事内容タクシー乗務員

              米子第一交通株式会社(ハローワーク提供)
              タクシー求人詳細へ

              運転手の求人

              日南交通有限会社(ハローワーク提供)

                住所鳥取県日野郡日南町

                給与170,300円~180,500円

                雇用形態正社員

                仕事内容運転手

                タクシー求人詳細へ

                タクシードライバーの
                求人転職


                求人・転職のお悩みに

                そのお悩み、もしかしたら『ドライバーズワーク』が解決の糸口をお伝えできるかもしれません。求人情報を探すのは疲れますよね…。


                せっかく転職や再就職に向けて動き出したものの、この求人情報を見ている段階で心が折れてしまう方も少なくありません。


                「将来をもっと良くしたい」、「今より人のためになる仕事をしたい」と前向きに考えて動き出したのに…。


                無料会員登録で求人相談

                そんな方の気持ちを第一に考え、ドライバーズワークに無料会員登録(簡単1分!)をするだけで、メールやLINE、お電話でご相談いただけます。あなたが抱えるお悩み、ご不安な点をお伝えください。


                タクシー業界を熟知した専任のキャリアアドバイザーが、一緒に考え、最適なタクシー求人をご案内いたします。中には非公開求人もございます。 転職を迷っている段階の方も大歓迎ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。


                鳥取県のタクシードライバー
                (タクシー運転手)向け情報


                鳥取県の法人タクシー・個人タクシー

                鳥取県で運行している法人タクシーの台数671台、事業所数は29社と都市部に当たる東京、大阪と比べると格段に少ないのが特徴です。また個人タクシーの稼働台数は0件となっています。一方で福祉輸送限定タクシーの事業者数が多く、一般の法人タクシーに遜色ない数です。法人タクシーが運営している車両も、車椅子ごと乗り込めるユニバーサルデザインのタクシー車両(UDタクシー)が多いことが特徴です。平成28年以降から150台の普及を目指して導入されたことによります。UDタクシーはワゴンタイプの車両を用いており、高齢者など足腰の弱った方の利用にも適したメリットがあります。社内も広く、どんな人にでも快適に乗車できるのが魅力です。

                鳥取県のタクシー利用の多いスポット

                公共交通機関の衰微が激しい鳥取県では、観光客によるタクシーの利用が多くなっています。鳥取駅、鳥取砂丘コナン空港、米子駅、境港駅から目的地に行く場合にタクシーが必須になります。そのため、こうした交通機関のターミナルスポットで乗客をピックアップするのがおすすめです。

                鉄道を利用して県内に入る観光客やビジネスマンも多いことから、鳥取駅裏手のロータリーにはタクシー専用の駐車スペースが設けられています。旅行の目的、出張、スポーツの遠征で鳥取県にやってくる人が県内のタクシーの顧客として主だった層になっています。

                駅裏手だけでなく、駅前にもタクシー専用の駐車場があって常に客待ちの車両が待機している状態です。乗りたい人としても、初めて来た土地ですぐにタクシーを捕まえられるメリットがありますし、ドライバーとしても自分で走り回らなくてもお客さんを得られる利便性があります。このように県外者とドライバーにとって、駅や空港は互いにそれぞれに重要なスポットなのです。

                また、中心市街地である鳥取駅前商店街にはアルコールを提供する店が多いことも見逃せません。アルコールを伴う夜の飲食のあと、帰宅のためにタクシーを求める人が多いからです。場合によっては飲食店とタクシー会社が提携し、お酒を飲んだ人を優先的に紹介するというケースもあります。特に末広商店街付近やサンロード、民藝館通りの周辺は、県庁で働く人などの利用が盛んで、歓送迎会などの帰りにタクシーの需要が高まる場所といえます。

                鳥取駅に限らず、駅周辺の企業に勤務している人の多くがマイカー出勤を日常としています。お酒が入る席のあと車を運転して自宅に帰ることはできないので、飲食店街におけるタクシーの存在は必要不可欠なのです。

                鳥取県のタクシー業界事情

                鳥取県は個人タクシーが0件で法人タクシーの事業者数も少ないことから、競合の少ない地域であるといえます。もっとも大きな原因は人口が少ないことです。2021年現在の県内人口は58万人程度で、人口あたりのタクシー台数は0.1%となっています。鳥取県のタクシードライバー(運転手)の平均月間給与は189,600円、賞与を含めた平均年収は2,388,800円となっています。
                ※ (一社)全国ハイヤー・タクシー連合会の調査による

                給料こそ少ないですが、競合も少ないので顧客の奪い合いが成立せず、ドライバー単位の売上が安定していて業界全体で見ると働きやすい業種です。

                また鳥取県は左右に長い地形をしており、県庁所在地である鳥取市と観光地として人気の高い米子市でタクシー利用者の需要がはっきり別れています。そのため、各地域で集客の方法が異なりお客さんを拾いやすいというメリットがあります。地形の面でいうなら、山間部の集落に住んでいる高齢者世帯も多いことが見逃せません。こうした方々は定期的に福祉施設や病院を利用しなくてはいけないのですが、安全のため自分で車を運転しようとしないことも多いのです。

                そのため、自宅にタクシー会社の電話番号を控えておき、月に1〜2回という頻度で特定のタクシーを使って旧市街の病院に出かける人が増えています。鳥取県でタクシー事業を展開する会社にとって、高齢者世代の乗客は重要な収入源なのです。いかに顧客に信頼され、長期に渡って愛用してもらうかが課題といえるでしょう。

                鳥取県の交通情報

                鳥取県は多くの家庭で自家用車を2台〜3台所有しています。バス、ディーゼル機関車といった公共交通機関が衰退し、1時間〜2時間程度に1本のダイヤであるため、移動手段としての自家用車が欠かせないからです。

                県内で働く人の多くは高校卒業、大学卒業のタイミングで運転免許を取得します。そして生産年齢人口のほとんどが職場にマイカーで出勤しています。こうした事情から、地元民によるタクシーの利用はあまり盛んではない側面があるのです。
                人口が少ないこともあり、朝と夕方の通勤ラッシュは深刻なものではありません。時間にゆとりを持って出かければ遅刻の心配が無い程度です。同じく交通渋滞の頻度も都市部と比較してかなり少なくなっています。

                しかし、中心市街地である鳥取駅前には車を止める場所が整備されておらず、買い物の自由度が低いのが問題です。コインパーキングを利用するしかなく、大型ショッピングセンターも限られるので日用品の買い物などは郊外にある大手のショッピングモールが人気です。

                とはいえ旧市街地では高齢化が進み、歩いて買い物にいくことが困難、バス停でバスを待つにも体力を消耗するというお年寄りが多く見かけられます。市街地でのタクシーの利用は、こうした後期高齢者世代によるものが多いのが実情です。

                鳥取県の歴史や県民性

                中国山地から流れる千代川によって多くの水源や沼地が育まれた鳥取県は、古くは奈良時代水鳥を狩猟し朝廷に献上した職業「鳥取部」が置かれたことが県名の由来となっています。

                観光砂丘として日本最大の大きさを誇る鳥取砂丘や、伯耆富士とも呼ばれる大山など雄大な自然に恵まれる一方、日照時間が少なく冬は豪雪となることから生活が困難な時代もありました。

                それによって、真面目さや謙虚さ、近隣との協力関係、使えるものは工夫して使い切るといった、古来からの日本人の人間性が保全された地域です。

                2021年には、人口減少に歯止めが効かない現実を受けて、行政や若手のベンチャー企業などによって鳥取県の魅力を発信する事業が多く展開されています。県外の企業の誘致が行われたり、若者向けの起業ワークショップが民間で開催されるなど、IターンUターンしてくる若年世代に向けた取り組みが活発化しています。

                一方で高齢化の進行とともに、福祉タクシーや乗り合いバスの需要も高まっており、今後タクシードライバーとして転職するメリットも決して小さくはありません。