昭島市のタクシードライバー求人

1件中 1~1件表示

条件を変更して検索
|
|

タクシー乗務員の求人

昭島交通株式会社(ハローワーク提供)

    住所東京都昭島市

    給与182,340円-182,340円

    雇用形態正社員

    仕事内容タクシー乗務員

    昭島交通株式会社(ハローワーク提供)
    タクシー求人詳細へ

    タクシードライバーの
    求人転職


    求人・転職のお悩みに

    そのお悩み、もしかしたら『ドライバーズワーク』が解決の糸口をお伝えできるかもしれません。求人情報を探すのは疲れますよね…。


    せっかく転職や再就職に向けて動き出したものの、この求人情報を見ている段階で心が折れてしまう方も少なくありません。


    「将来をもっと良くしたい」、「今より人のためになる仕事をしたい」と前向きに考えて動き出したのに…。


    無料会員登録で求人相談

    そんな方の気持ちを第一に考え、ドライバーズワークに無料会員登録(簡単1分!)をするだけで、メールやLINE、お電話でご相談いただけます。あなたが抱えるお悩み、ご不安な点をお伝えください。


    タクシー業界を熟知した専任のキャリアアドバイザーが、一緒に考え、最適なタクシー求人をご案内いたします。中には非公開求人もございます。 転職を迷っている段階の方も大歓迎ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。


    昭島市のタクシードライバー
    (タクシー運転手)向け情報


    昭島市の法人タクシー・個人タクシー

    法令で定められたタクシーの営業区域によれば、昭島市は、東京運輸支局内の北多摩交通圏に該当します。北多摩交通圏は、昭島市以外に、立川市、府中市、国立市、調布市、狛江市、小金井市など、合計15市で構成されています。営業区域は、域内のタクシー受給量を調整することが目的で定められているため、利用客を乗せる場所と降ろす場所に注意が必要です。例えば、北多摩交通圏のタクシーが、昭島市内から新宿まで乗せることはできますが、帰り道に新宿から八王子まで利用客を乗せることはできません。しかし、新宿から北多摩交通圏内(立川市など)までの利用客を乗せることは可能です。

    一般社団法人 東京ハイヤー・タクシー協会の調べによれば、令和3年3月31日現在における一般型タクシーのみの北多摩交通圏法人タクシーが保有する車両数は1708両、個人タクシーが147両でした。昭島市内に本社のある法人タクシー会社として、拝島交通(株)と昭島交通(株)が挙げられます。どちらの会社も設立が昭和41年と30年で、創業50年以上の歴史を持ち、地元利用客を中心とした営業が特徴です。一方で、昭島市内に営業所のある京王自動車(株)は、京王電鉄が株主になっている大手タクシー会社です。18の営業所や整備工場を持つ京王自動車グループ全体の車両保有台数は、2019年3月現在で843台でした。京王自動車は、「個人会員」制度等を設けるなど、大手ならではの独自のサービスが充実しています。

    昭島市のタクシー利用の多いスポット

    昭島市内には、JR五日市線、八高線、青梅線と西武拝島線が乗り入れる拝島駅、JR青梅線の停車駅である昭島駅、中神駅、東中神駅の4つがあります。拝島駅から車で10分ほどのところにある拝島公園は、東京都の天然記念物「千歳のフジ」と呼ばれる「拝島のフジ」という藤棚が有名です。樹齢800年以上といわれる藤は、5月上旬が見ごろで、そのころになると、多くの観光客が訪れます。

    昭島駅北側周辺には、「豊かな自然環境との調和」と「地域にやさしい快適な街づくり」をテーマに開発された複合エリアが広がります。この周辺には、武蔵野の自然が残る「昭和の森(モリタウン)」と、その広大な敷地内にある都市型リゾートホテルや、映画館、ショッピングなどが楽しめる娯楽施設がある人気のスポットです。「昭和の森」の北側には、全長414mのいちょう並木があり、お天気のいい日には、お散歩やデートが楽しめます。

    昭島市のタクシー業界事情

    東京都のほぼ中央にある昭島市の面積は、約17平方キロメートルほどです。都心から35kmほど西へ向かったところに位置し、周辺は、立川市、福生市、八王子市、日野市の4市に接しています。昭島市の統計によると、令和3年8月1日現在の男女総数は、113,881人でした。2020年の1日平均あたりの駅の乗車人員は、4路線が乗り入れるJR拝島駅で22,874人、西武鉄道で27,526人でした。西武鉄道全駅の比較では、92駅中26位です。拝島駅は、JR五日市線では起点、西武拝島線では終点になるため、拝島駅での安定した収入が期待できます。

    昭島市では、無線配車の固定客が多く、流し営業の必要がありません。しかも、北多摩交通圏の営業エリアでは、地理試験が不要なため、二種免許さえあればすぐにタクシードライバーとして働けます。市の北側は、団地、工業地、ゴルフ場が多く、例えば、団地に住む高齢者の通院や遠距離移動などにタクシーが利用されたり、平日は工業地へ向かうビジネスパーソン、週末はゴルフを楽しむゴルフ客からのタクシー需要が発生したりします。

    昭島市のある北多摩交通圏には、競馬場などの公営ギャンブル場もあるため、周辺の駅を含め、大勢の利用客が見込める地域です。立川駅は、JR中央線の乗降客数ランキングで常に上位にランクインする北多摩交通圏最大の駅ですので、駅付け営業としても最適と言えるでしょう。

    昭島市のタクシー会社で働く際に確認すべきこと

    昭島市エリアのタクシー会社への転職を希望するならば、労働時間、勤務体系や給与体系、二種免許取得支援制度の有無、社会保険などの確認をしましょう。昭島市エリアを中心に営業を行うタクシー会社と、昭島市以外の北多摩交通圏内を中心に営業するタクシー会社とで、それぞれの比較・検討を行い、自分に合った働き方、タクシー会社を選択するのが良いかもしれません。この地域は、無線営業が多いため、無線配車の1日の本数を確認することも大切です。

    昭島市の特徴

    昭島市の東西を走るJR青梅線を中心に、その北側では立川市と昭島市にまたがる国営昭和記念公園やゴルフ場、工業地や団地が多く、南側には住宅地の占める割合が大きくなっています。昭島市の中心市街地は昭島駅や拝島駅周辺で、どちらの駅周辺にも、大型商業施設が建設されているため大勢の人で賑わいます。昭島市には豊富な地下水があり、深層地下水のみを水道源として利用しているのは、都内でも昭島市だけです。また、都心部へのアクセスがしやすく、東京のベッドタウンとしても機能しています。1961年、昭島市内にある多摩川河川敷から、約200万円前のクジラの化石が発見されました。「アキシマクジラ」と名付けられ、このクジラをモチーフにしたグッズが誕生し、イベントも数多く開催されています。