日野市のタクシードライバー求人

1件中 1~1件表示

条件を変更して検索
|
|

タクシー乗務員の求人

日野交通株式会社(ハローワーク提供)

    正社員のタクシー求人情報

    勤務地東京都日野市新町1-18-7

    給与186,875円-192,375円

    応募資格

    企業紹介タクシー乗務員

    日野交通株式会社(ハローワーク提供)
    タクシー求人詳細へ

    タクシードライバーの
    求人転職


    求人・転職のお悩みに

    そのお悩み、もしかしたら『ドライバーズワーク』が解決の糸口をお伝えできるかもしれません。求人情報を探すのは疲れますよね…。


    せっかく転職や再就職に向けて動き出したものの、この求人情報を見ている段階で心が折れてしまう方も少なくありません。


    「将来をもっと良くしたい」、「今より人のためになる仕事をしたい」と前向きに考えて動き出したのに…。


    無料会員登録で求人相談

    そんな方の気持ちを第一に考え、ドライバーズワークに無料会員登録(簡単1分!)をするだけで、メールやLINE、お電話でご相談いただけます。あなたが抱えるお悩み、ご不安な点をお伝えください。


    タクシー業界を熟知した専任のキャリアアドバイザーが、一緒に考え、最適なタクシー求人をご案内いたします。中には非公開求人もございます。 転職を迷っている段階の方も大歓迎ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。


    日野市のタクシードライバー
    (タクシー運転手)向け情報


    日野市の法人タクシー・個人タクシー

    日野市が所属する南多摩交通圏は、日野市のほかに、八王子市、多摩市、稲城市、町田市の5つの市から構成されています。南多摩交通圏全体のデータですが、一般社団法人 東京ハイヤー・タクシー協会によると、平成30年3月現在の法人タクシー会社数は25社、タクシー台数が1227台になっています。同じデータによれば、個人タクシーは260でした。ちなみに、ほかの多摩地区(北多摩交通圏と西多摩交通圏)の同時期のデータでは、北多摩交通圏の法人タクシー会社数は39社、タクシー台数が1737台、個人タクシー数は157でした。西多摩交通圏の法人タクシー会社数は8社、タクシー台数が209台、そして、この時期の個人タクシーに関する情報はありませんでした。

    日野市に本社のある日野交通(株)は、創業が昭和29年の地域密着型のタクシー会社です。現在の車両数は福祉タクシー1台を含む合計41台、従業員105人の会社で、主なタクシー待機所は、日野駅、豊田駅、高幡不動駅、八王子駅、多摩センター前などとなっています。南多摩交通圏を営業エリアとしているタクシー会社では、業界最大手の一つ、飛鳥交通グループがあります。南多摩交通圏に3つの営業所を持ち、3社合計の保有台数は260台となっています。

    日野市のタクシー利用の多いスポット

    日野市で有名な場所として多摩動物公園があります。週末には、子ども連れの家族や、デート、ウォーキングに最適な場所で、多くの人々で賑わいます。第二の上野動物園構想により、1958年に開園した多摩動物公園は、オーストラリアから来園したコアラを日本で初めて公開したり、世界初のライオンバスや日本初の柵のない展示場を設けたりなど、日本の動物園のパイオニアとしてさまざまな工夫を重ねてきました。

    日野市は、「新選組のふるさと」としても有名です。「新選組のふるさと歴史館」、日野宿、土方歳三や井上源三郎の資料館、高畑不動尊など、近藤勇、土方歳三、沖田総司、井上源三郎といった新選組の中心人物ゆかりの地が多く、新選組関連の幕末の歴史が学べる名所・旧跡が市内に散在しています。新選組史跡を巡る観光タクシーツアーも企画されていて、新選組ゆかりの名所・旧跡をタクシーで巡りながら、新選組に詳しい乗務員が車内でエピソードを語るなど、新選組初心者でも楽しめるようなさまざまな工夫がなされています。

    日野市のタクシー業界事情

    南多摩交通圏の営業エリアには、東京都の市区町村で2番目に広い面積を持つ八王子市が含まれます。この市の場合、八王子駅から離れると大学の広大なキャンパスや霊園、山に囲まれた観光地などになるため、道を覚えるのに苦労することはほとんどないでしょう。

    このエリアの特徴としては、地域密着型の中小企業が多い点で、特に八王子駅周辺は競争率が激しくなっています。JR東日本の調べによれば、2020年の八王子駅の1日平均あたりの乗車人員は58,760人で、JR東日本全体でも第55位に入っています。日野市内には、JR中央線、京王線、多摩都市モノレール線が走っていますが、日野市の代表駅は市役所最寄り駅である日野駅、利用者最多駅は高幡不動駅になっています。

    このエリアでの営業は、都心エリアと比較し、高い売上は望めませんが、無線配車や付け待ちが中心の営業スタイルになっているため、比較的に安定した売上が期待できます。ただ、無線配車が基本の場合、接客力を磨き、固定客を獲得する必要があるため、接客力が売上を伸ばす重要な鍵となるでしょう。

    日野市のタクシー会社で働く際に確認すべきこと

    令和3年9月1日現在の日野市の人口は187,240人です。日野市を含む南多摩交通圏では、通院などに利用する高齢者の需要も期待できます。この営業エリアの高齢者人口を見ると、2015年の南多摩地区の高齢者人口は350,977 人で、高齢化率は24.5%でした。この人口は、2040年には46万人以上、約34%の高齢化率になるとの見込みですので、高齢者のタクシー利用数は、今後増加する傾向にあると言えるでしょう。

    日野市エリアのタクシー会社への転職を考えるならば、勤務体系、給与体系、社会保険などを確認しましょう。また日野市は、東京のベッドタウンでもあるため、住む場所に困ることはありませんが、もし上京し、日野市のタクシー会社に転職や就職を考える場合には、寮が完備されているかどうかも調べると良いかもしれません。日野市周辺のタクシードライバーとして働くために、地理試験に合格する必要はありませんが、「日野市周辺の地図に詳しい」、あるいは「土地勘がある」といった点は、このエリアでタクシードライバーとして働く際の大きな利点になるでしょう。

    日野市の特徴

    東京都のほぼ中央に位置する日野市は、緑豊かで、自然に恵まれた街です。現在は、大規模団地や東京のベッドタウンとして発展していますが、以前は、農業中心の宿場町でした。その後、大企業が誘致されるようになり、工業都市としても発展するようになりました。日野市は、昔から交通の要衝でもあり、市内には、甲州街道と川崎街道が走っています。また、日野市には、市内に流れる多摩川と浅川に沿って走る総延長170kmもの用水路と、崖線に沿って点在する約180地点の湧水があり、平成6年に、国土交通省が日野市を「水の郷百選」に認定しています。

    日野市のタクシーの仕事Q&A

    Q.「日野市」の求人の職種を教えてください。

    A.ドライバーズワークの「日野市」に掲載されている求人の職種は、タクシードライバーが 1 件、ハイヤー・役員運転手が 0 件となっています。

    Q.「日野市」の求人の雇用形態を教えてください。

    A.ドライバーズワークの「日野市」に掲載されている求人の雇用形態は、正社員が 1 件、定時制(非常勤)が 0 件、契約社員・準社員が 0 件となっています。

    Q.「日野市」で「 未経験歓迎 」の求人は何件ありますか?

    A.ドライバーズワークの「日野市」に掲載されている求人では、0 件あります。

    Q.「日野市」で「 給与保障制度あり 」の求人は何件ありますか?

    A.ドライバーズワークの「日野市」に掲載されている求人では、0 件あります。

    Q.「日野市」で「 教育研修制度充実 」の求人は何件ありますか?

    A.ドライバーズワークの「日野市」に掲載されている求人では、0 件あります。