閉じる×

会員登録(無料) 採用担当者様へ 運送求人はこちら
コンテンツバナー0

雨の日の運転は慎重に!危ない落とし穴

雨の日の運転は慎重に!危ない落とし穴

首都高速道路株式会社の調査によると雨の日の事故数は晴天時と比べて約5倍も高まるといわれています。また、深夜になると視界もさらに悪くなり、晴天時に比べ約7倍も事故が発生していまう。しかしながら、雨の日は足元も悪く乗客はタクシーを利用する機会が増えます。ベテランドライバーだからといって驕っていると事故に繋がりやすいので、雨の日における運転のコツをおさらいしておきましょう。

雨の日の主な事故とは

雨の日は、「停まりたくても、急には停まれない!」とよく言いますが、その現象が起きてしまうのが、路面が濡れているのでブレーキを踏んでから車が完全停止するまでの距離(制動距離)が長くなるからです。

さらに、視界も悪くなるためブレーキを踏む!と判断をしてから実際に踏むまでの間に車が走行する距離が出てきてしまうため、速度を抑え、車間距離を晴天時より空けて走ることが1つのポイントとなってきます。急ブレーキをかけてしまうと、スリップ事故の原因にもなりますので十分注意してください。

また、雨の日は通常でも視界が悪くなることが予想されます。例えば、斜め前方を走る大型・中型のトラックが跳ね上げる雨水など、跳ね上がる水量が多いとフロントガラスを直撃する恐れがあります。

そうなってしまうと視界が何も見えなくなり、玉突き事故や接触事故が起こりやすく危険ですので、車間を十分空けるなどして回避してください。

無料会員登録

タクシードライバーは特に注意の雨の日

雨の日の強敵は、なんと言っても人です!
他の車両だけではなく、歩行者も傘などをさす影響で視界が狭くなり、足元を見て歩いていることが多いので、車が近づいてきても気が付かないケースもあります。

むしろ、傘をさしている歩行者は、車をみていない!と思ったほうがいいかもしれません。

さらに自転車を利用する人に至っては、車両に乗っている自覚の足らない人が多いので、ぬれた路面や鉄板の上でブレーキをかけた際、制動距離や横滑りが起きてしまう想定していない場合が多々あるので、ここも気を付けなくてはなりません。

自転車の方からぶつかってきたとしても、車が完全に停まっている状況以外では、こちら(自動車側)の方に重い過失が科せられますので、これが大きな難関かもしれません。

無料会員登録

夜の危険な落とし穴

タクシードライバーの中で、夜日勤で勤務される方や隔日勤務の方は、夜ならではの現象、グレア(蒸発)現象が発生します。

グレア現象とは、センターラインや停止線など道路標示が見えなくなる現象のことを言います。路面にたまった雨水でヘッドライトの屈折率が変わるので、人の目の機能では見ることができないのが原因です。

道路標示が見えにくくなると、走行車線により多くの注意を払うようになるので、歩行者の発見が遅れる可能性も出てきます。特に右側から横断してくる歩行者を見落としやすくなりますので、深夜帯に勤務される際は、道路標示が消える事と右側の死角になる範囲が増える事も覚えておいてください。

また、この事象は雨が降っていなくても起こってしまう現象で対向車のライトとこちら(自分の車)のライトが重なると、光と光が反射してグレア現象が起こってしまいます。対向車がいる交差点では歩行者が見えなくなることもあるので大変危険です。

信号機のない交差点や横断歩道などを走行する際は、徐行運転を徹底することをオススメします。

また、雨の日の高速道路の運転も危険な罠が存在します。タクシードライバーにとって長距離(遠方)への運転は売上にも繋がる嬉しいことですが、雨の日の高速道路はスピードもかなり出すので、ハイドロプレーニング現象といった現象も起こりやすいので注意してください。

ハイドロプレーニング現象とは、車の水膜の上を走る状態で、タイヤの溝が水を排水できない状況のことを言います。この状態になってしまうと、ブレーキもハンドルも操作できなくなってしまうので、とても大きな事故を引き起こしてしまう可能性があります!

雨の日の運転の注意点

雨の日の走行には他にどんなところが危険なのかと言うと、まず1つは雨の降り始めや鉄板。これは、ほこりやスベスべのところを走行するので予想がつきやすいと思います。

次に水たまりや雨量の多い路面も制度距離が延びる主な原因になりますので気を付けましょう。荷物や乗車人数がMAXな場合もタイヤと路面の接地面積が大きくなるので同様かなり危険です。

また、事前チェックをすると避けられる事故もあります。

1つは、先ほども高速道路の件で少し触れましたがタイヤの溝が浅くなっている場合、排水能力が落ちるのでこちらは走行前に必ずチェックが必要です。

もう1つは、タイヤの空気圧です。これも、低いとタイヤと路面の接地面積が大きくなるので整備しておきましょう。
タクシードライバーにとっては、危険がいっぱいの雨の日運転!細心の注意を払い事故のない安全な運転を心掛けましょう。

無料会員登録

教育研修制度充実の求人

教育研修制度充実の
求人一覧はこちら

この記事を書いた人

株式会社ミライユのロゴ

株式会社ミライユ
ドライバーズワーク編集部

株式会社ミライユは2014年に創業、少子高齢化・労働力不足といった社会問題を雇用創出や就職支援を通じて解決すべく、社会貢献性が高い業界・領域に特化して転職支援サービスを展開している企業です。中でもタクシー業界、運送・配送業界、警備業界、10代20代の転職市場に精通しています。

タクシードライバーへの転職で失敗しないために

「タクシードライバーで稼ぎたい」「ワークライフバランスの良好な転職を実現したい」とお考えなら、ぜひドライバーズワークご登録・ご相談を!登録はかんたん1分無料!養成(未経験)の方はもちろん、現任の方のサポートも当サイトにお任せください。ご登録後は、タクシー業界の知識量が豊富なキャリアアドバイザーが一人ひとりの担当に付き、転職にまつわるあなたのお悩みにお答えするだけでなく、転職をするべきなのかどうか、転職をする場合にどういった基準で会社選びをすれば良いか、などを一緒に考え丁寧にお伝えします。まだ転職するかどうかを迷っている段階の方も大歓迎ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

無料会員登録

関連記事

料金をタクシーチケットで支払われたらどう対応する?

料金をタクシーチケットで支払われたらどう対応する?

タクシーの乗車料金のお支払い時にタクシーチケットが使われることがあります。そのため、タクシー運転手としては、このタクシーチケットについても知っておく必要があります。そもそもタクシーチケットとはどういうものなのでしょうか?今回はその概要と、渡されたときの対応の仕方、タクシーチケットにまつわる注意点を学んでいきましょう。 関連記事 タクシードライバーの1日の売上にノルマってあるの? 関連記事 タクシー運転手が「付け待ち」で稼ぐコツやポイントとは? 関連記事 タクシー運転手の研修ってどんなことをするの?教育体制は? タクシーチケットとは? タクシーチケットとは、タクシー乗車料金に充てることができるチケットのことです。タクシーチケットは言い換えれば「タクシー乗車券」です。それを略して「タク券」や「タッ券」と呼ばれることもあります。 タクシーチケットは、図書券やクオカードのように個人が購入するケースはあまり多くなく、企業がまとめて購入することが多い特徴があります。取引先のお客様やイベントの講師などに対し、交通費として渡すこともあれば、会社役員に渡し、移動手段として使ってもらうこともあります。また、会社の場所が駅やバス停から近くない場合には従業員にタクシーチケットを渡して、通勤・帰宅時に使ってもらうことも可能です。 なお、タクシーチケットの発行は、クレジットカード会社とタクシー会社が行っています。発行する会社によって、タクシーチケットの種類や手数料なども異なりますので、今すぐ発行したいという方は各社へお問い合わせください。 タクシーチケットの種類にはどんなものがある? タクシーチケットの種類に関しては、3つの軸に分けてご紹介します。 1:使用するチケットの形態 タクシーチケットには、紙タイプとカードタイプがあります。その中でも紙タイプのものが主流となっています。 カードタイプのタクシーチケットには2種類あり、1つはタクシー専用のクレジットカードで、もう1つはゲストカードです。タクシー専用のクレジットカードの場合には、普通のクレジットカードと同様にお支払い時に署名が必要になりますので、決められた人だけが使えるカードです。一方、ゲストカードはタクシー運転手に渡すだけで清算できる、つまり誰でも使えるようになっています。 2:お支払い方式 タクシーチケットで清算した場合に、どのように乗車料金をお支払いするのかにも違いがあります。大きく2種類に分けられ、「一括後払い方式」と「プリペイド方式」があります。一括後払い方式の場合には、お客様が使用した分の料金を、タクシー会社が後からチケット登録している企業に請求する方式です。一方で、プリペイド方式は先払いとなります。タクシーチケットを発行するタイミングで、乗車料金を先に支払っておくものです。 3:使用の制限 タクシーチケットには制限があるものと、無制限のものがあります。制限には「期間」、「金額」の2つがあります。有効期限が決まっていて、そこまでの期間内ならいくらでも乗車できるタクシーチケットもあれば、使える金額と有効期限のどちらも決まっているタクシーチケットもあります。なお、お支払い方法がプリペイド方式の場合には金額に制限がつきます。 タクシーチケットはどうやって発行される? タクシーチケットの発行は以下の手順で行われます。 問い合わせ・申込みをする サービスの説明を受ける 与信審査を受ける 契約を結ぶ チケットが発行される タクシーチケットの締め日はいつ? 締め日は各社で異なりますが、10日 / 15日 / 20日 / 末日の中から選べます。締め日についてはタクシーチケットを導入する企業側が、検討時に知るべき情報ですが、お客様からタクシーチケットについて質問される可能性もあるため、タクシー運転手の方も知っておきましょう。 紙タイプのチケットはどう発行される クレジットカードタイプの場合にはカードを発行するだけですが、紙タイプの場合には、数十枚のタクシーチケットがまとまった綴りを購入することになります。綴りの枚数としては1冊20~30枚ほどで、チケットの発行手数料は無料のものから、税込みで330円ほどとなっています。発行する会社によって異なりますので、詳細は各社にお問い合わせください。 お客様にタクシーチケットで支払われた場合はどう対応する? 乗車料金をタクシーチケットで支払われることもあるでしょう。その際には、いくつかの項目をお客様自身に記入してもらう必要があります。なぜなら、タクシー運転手が後で書く、あるいは書き直せる形式にしてしまうと、実際に走った距離以上の請求をするなど、不正が起こる可能性があるからです。タクシーチケットは複写式となっていることが多いです。複写式の場合、タクシー運転手の持つ紙と、お客様が控えとして持つ紙を見比べれば後から書き加えた内容を把握できます。そのため、後から書き直す不正を防ぐことができます。また、筆跡も証拠となって残りますので、不正の対策になります。なお、お客様には以下の項目を記入してもらいます。 乗車日 乗車区間 利用者の署名 メーター料金 高速料金等 料金合計 タクシーチケットの2つの注意事項とは? 1:酔客の対応には注意 夜になると、お酒に酔ったお客様も乗車されます。その際にタクシーチケットを渡されることがあります。場合によっては必要項目を書けないこともあるでしょう。こうした場合、後にトラブルとならないよう、よく注意する必要があります。お客様の了承を得るのはもちろんのこと、ドライブレコーダーなどを活用して記録に残しておくとトラブルを避けやすくなるでしょう。 2:タクシーチケットを忘れた方に注意 お客様から「タクシーチケットを忘れてしまった」と言われることもあるでしょう。タクシー運転手としては、それにどう対応しますか?タクシーチケットがないと、利用時に現金またはカードが必要になります。そのことをお伝えするのはもちろんですが、もし乗車料金を立て替えるなら、領収書を控えておくと良いとお伝えしましょう。領収書があれば、立て替えた費用が後から戻ってくることもあります。それを知らないお客様も多く、タクシー運転手が言わなかったという理由でトラブルになる可能性がありますのでご注意ください。 今回はタクシーチケットについてご紹介しました。タクシーチケットで支払うケースはそう多くはありませんが、タクシー運転手の方は知っておかなければならない知識です。これからタクシー運転手になりたい方も、こうした支払い方法があることは知っておきましょう。 なお、タクシードライバー(タクシー運転手)は40代、50代以上などの中高年の方でも、未経験から活躍しやすい仕事の一つですので、ご転職をお考えの際にはぜひタクシー業界を検討することをオススメします!具体的な求人を見てみたい場合は、ドライバーズワークでタクシードライバー・乗務員の求人を検索してみてください。無料会員登録を行えば、タクシー業界に精通したキャリアアドバイザーが相談に乗るだけでなく、希望に合ったタクシー会社をお探しします。お悩みの方はぜひ活用してみてください。 無料会員登録

タクシーの隔日勤務はきつい!?隔日勤務の働き方を詳しく解説

タクシーの隔日勤務はきつい!?隔日勤務の働き方を詳しく解説

多くの人がタクシー運転手の勤務時間が長いというイメージを持っていますが、それはタクシー業界独特の「隔日勤務」という労働形態に関連しているかもしれません。確かに、隔日勤務は長時間の勤務が必要で、最初は慣れないこともあるかもしれません。しかし、隔日勤務には知られざるメリットがたくさん存在します。今回は、タクシー運転手の特有の隔日勤務について、そのメリットやデメリット、さらには隔日勤務を快適にするためのアイデアについて詳しくご紹介します。   隔日勤務とは 隔日勤務とは、文字通り1日おきに勤務するスケジュールのことです。このスタイルでは、タクシー運転手は通常、朝から翌未明までまたは午後から翌朝までの長時間にわたって勤務し、休憩時間を挟みます。具体的な始業時間は会社や個々の勤務条件によって異なりますが、1回の勤務あたりの総拘束時間は通常約20時間で、実際の運転時間は18~19時間程度になります。この間には休憩時間が合計で3時間確保されます。 隔日勤務の特徴の一つは、勤務明けに必ず休みがあることです。そのため、月間の出勤日数は通常11~13日程度になります。この勤務スケジュールの利点として、休日が多く、長期休暇を取りやすいという点が挙げられます。従って、慣れてしまえば、多くのタクシー運転手にとって、隔日勤務は自分の時間を確保しやすく、働きやすいと感じることがあります。 タクシー会社は24時間営業しているため、タクシードライバーの出勤体制は多様です。全てのドライバーが同じ時間に出勤するのではなく、例えば朝7時からの勤務と13時からの勤務のように、複数の勤務パターンを同時に採用しています。出勤時間の組み合わせは、タクシー会社の営業エリアの地域特性によっても異なります。たとえば、歓楽街があるエリアでは夜間の需要が高まるため、ドライバーの出勤時間を午後からに設定することがあります。一方、大きな病院があるエリアでは、通院する高齢者をターゲットにするため、早朝の出勤が一般的です。このように、地域性に合わせてタクシードライバーの出勤時間が調整されています。   隔日勤務のメリット・デメリット 隔日勤務は拘束時間が長い一方で、一定のリズムを持つ働き方です。従って、慣れてしまえば、予測可能なペースで勤務することができます。このスケジュールはタクシー運転手の中でも一般的なスタイルであり、タクシー会社が専門的に隔日勤務のドライバーを採用する場合もあります。 メリット 隔日勤務のメリットは、まず休日が多いことです。長い勤務時間を1回に集中するため、その分だけ自分の時間を確保しやすくなります。さらに、通常の日勤勤務では難しい連続した休暇を取ることも、隔日勤務の場合は実現しやすくなります。工夫次第では、長期連休を取得することも可能です。 また、昼間と夜間の勤務リズムを交互に経験できるため、新人ドライバーにとっては営業のコツを学ぶのに適しています。このように、隔日勤務はタクシー運転手にとって多くのメリットを提供する勤務形態と言えます。 デメリット 隔日勤務のデメリットは、何よりもその拘束時間の長さです。通常、1回の勤務が20時間以上になることは他の職種では稀であり、初めての経験者にとっては身心が追いつかないことがあるかもしれません。休日が多い一方で、新人期間は休息を取るだけでも精一杯で、家庭を持つ人々にとっては出勤日と家庭生活の調和が難しく、ストレスを感じることも考えられます。   隔日勤務は法的にも問題なし 労働基準法において、通常の会社員の労働時間は1日8時間、週40時間までと規定されています。1日8時間を超える勤務は残業とされ、それに対する規制が適用されます。ただし、これは基本的なケースです。 一方、タクシードライバーのような隔日勤務の場合は、変形労働時間制が適用されることがあります。この制度では、労働時間を1日単位でではなく、月や年単位で評価します。このため、1日平均が8時間以下であれば、週40時間を超えていても残業扱いにはなりません。 さらに、会社員には、連続した勤務の前後に必要な休息時間が法律で規定されています。通常の勤務の場合、8時間以上の休息時間が必要ですが、隔日勤務の場合は20時間以上の休息時間が求められます。 このように、隔日勤務自体は法的には問題ありませんが、ドライバーの疲労が蓄積すると、安全性に関わる問題が発生する可能性が高まります。タクシー業界においても適切な休息時間が確保されているかどうかを確認することは重要です。そのため、しっかり休憩が取られているかタクシー会社は日頃から管理を行っています。   隔日勤務に向いている人 柔軟性がある人: 隔日勤務は、勤務日と休息日が交互に設定される特徴があります。この柔軟なスケジュールに適応できる人は、隔日勤務に向いています。長時間の勤務日と自由な休息日をバランスよく過ごす能力が必要です。 睡眠管理が得意な人: 隔日勤務には長時間の勤務や夜間の仕事が含まれることがあります。睡眠の質を管理でき、適切な休息を確保できる人が成功する傾向があります。睡眠不足は安全や健康に悪影響を及ぼす可能性があるため、睡眠管理は重要です。 孤独を楽しむ人: タクシードライバーは一人で運転し、自己管理が求められます。社交的な環境ではなく、孤独を楽しむことができる人が向いています。自分自身との時間を大切にすることができるでしょう。 長時間の運転に耐えられる人: タクシードライバーは長時間運転をすることが多いため、体力的に長時間の運転に耐えられる人が向いています。長距離運転に耐性があるか、運転中の集中力を維持できるかが重要です。 安全運転を重視する人: タクシードライバーはお客様を安全に目的地に運ぶ責任があります。安全運転を重視し、交通ルールや安全に対する高い意識を持つ人が向いています。安全性を最優先に考えることが必要です。   隔日勤務終了後は会社の設備を活用しよう 隔日勤務が終わって自宅に帰るタクシードライバーにとって、特に早朝は眠気が強く襲ってくる時間帯です。仕事が終了し、安心感からくる一種の緊張の解放や長時間の労働による疲労が、急に眠気を引き起こすことがよくあります。 幸いなことに、一部のタクシー会社では仮眠室や温泉などが提供されており、車で通勤するドライバーは仮眠をとってから帰宅することができます。勤務中は緊張感によって眠気を感じにくいこともありますが、勤務終了後に急に眠気が襲ってくることは珍しくありません。そのような場合、無理をせずに仮眠をとることが最善の選択です。眠気を抱えたままの運転は危険を伴いますので、安全運転のためにも休息をとることが大切です。   隔日勤務ドライバーの睡眠事情 隔日勤務ドライバーの場合、帰宅時間は朝にることが多々あります。多くのタクシードライバーは帰宅後、昼寝をとり、夜に再び睡眠を取ります。この働き方では、昼寝が3〜5時間程度で、夜間の睡眠が6〜8時間ほどとなります。 この勤務体系において、昼寝をすることで夜中に眠れないのではないかと心配する人もいますが、実際にはそうでもないと言われており、比較的安心して昼寝をとることができます。ただし、このスケジュールに慣れるまでには2〜4か月ほどかかることが一般的です。一度慣れてしまうと、隔日勤務の方が快適だと感じることが多いようです。 次に、日勤・夜勤の場合、1勤務あたりの拘束時間は約12時間で、出勤時間や仕事の準備なども含めると合計で約14時間かかります。残りの10時間は食事や家庭の用事に充てられ、睡眠に割り当てる時間は約6時間程度です。 ただし、個々の事情や生活スタイルによって異なるため、これは一般的な例です。タクシードライバーの勤務スケジュールは多様であり、個人の好みや体調に合わせて調整されることがあります。 隔日勤務をより快適に過ごすためには 確かに、初めての隔日勤務は適応に時間がかかることがありますが、仕事へのアプローチや考え方を変えることで、隔日勤務の利点がより明確に感じられることがあります。 労働条件を比較してみる タクシー業界の隔日勤務は初めて聞くと過酷に感じるかもしれません。しかし、これを他の職種と比較すると、意外なメリットも見えてくることがあります。IT関連の仕事に従事していた方々や、一般の職場で残業や人間関係に悩んでいた方々と比べると、タクシーの隔日勤務にはいくつか魅力的な要素があるのです。 まず、タクシーの隔日勤務では最低3時間の休憩が義務付けられており、残業がないため、仕事が終わったら仕事を忘れてリラックスすることができます。また、勤務明けには必ず休息日が設けられているため、身体や精神の回復に専念できます。さらに、タクシー運転手は一人で業務を行うため、職場の人間関係のストレスを気にせずに仕事に専念できます。休憩時間も自分の裁量で取ることができるため、自分のペースで仕事と休息を調整できるのも大きな利点です。 一度の勤務で2回分!? 隔日勤務は、一度の勤務で実質的に2回分の仕事をこなすことができる高効率な働き方と言えます。また、タクシーの隔日勤務と類似性があるのが、消防士の勤務形態です。消防士は勤務→非番→公休を繰り返す現場勤務が一般的で、1回の勤務時間は長いものの、その後の十分な休息が確保され、緊張を要する業務にも集中して対応できるように配慮されています。タクシー運転手もお客様の安全を確保する仕事であり、緊張感が伴うことはありますが、毎回の勤務が終了すれば確実に休息が待っており、集中して仕事に取り組むことができるという点で、共通の特徴があります。 休日が多いという利点 前述の内容を繰り返しますが、隔日勤務は1回の勤務で通常の2回分の仕事をこなすことができるという特徴があります。確かに大変な面もありますが、この特性から休日が多く、自分の時間をたっぷり確保できるのです。前職では日々の仕事が続き、急な休日出勤や長時間の残業が日常的に発生し、家族や趣味に時間を割けなかったと感じていた方々も、タクシー運転手に転職することで、プライベートの充実度が飛躍的に向上するかもしれません。   まとめ タクシー運転手の隔日勤務についてまとめると、この勤務形態は柔軟性があり、睡眠管理が得意で、孤独を楽しむことができる人に向いています。長時間の運転に耐えられ、安全運転を重視し、自己組織化能力が高い人も成功する傾向があります。地理的な知識が豊富な人も重要です。 タクシー運転手の労働時間は、長時間労働のイメージがあるものの、実際は他の一般的な職業と大きな差はなく、法的にも問題ありません。睡眠管理がしっかりされており、過労を防ぐための厚生労働省の指導が厳格に行われています。ただし、一部の会社では業務終了後に追加の作業が発生することがあります。 隔日勤務のタクシードライバーは、帰宅後に昼寝をし、夜に再び睡眠を取るスケジュールを持ちます。慣れるまで2〜4か月ほどかかることがありますが、慣れれば快適に働けると感じる人が多いようです。 最終的に、タクシー運転手の勤務スケジュールは個人の生活スタイルや好みに合わせて調整されることがあり、適性や状況に応じて柔軟な働き方を選ぶことができます。 関連記事 タクシードライバーの勤務形態・勤務時間を勤務スタイルの例で徹底解説!

稼げない・成功しにくいタクシー運転手の特徴とは

稼げない・成功しにくいタクシー運転手の特徴とは

タクシー運転手の収入は大きく変動する職業です。収益は乗客数や走行距離に依存し、これらの要因が給与に大きな影響を与えます。お客様を獲得するためのテクニックは非常に重要で、年齢や経験に関係なく、成功を収めることができます。一方で、長年の経験を持つタクシー運転手でも、なぜか収入が伸び悩む場合があります。では、経験豊富な人でも稼げないケースがあるのはなぜでしょうか?稼げないタクシー運転手の特徴を把握することは、その反面教師として役立つ可能性があります。   稼げない・成功しにくいタクシー運転手の特徴 売上に無関心 自分の収入に対する意識が薄い人は、稼げない傾向が高いことは言うまでもありません。たとえ歩合制であっても、月々の給料保障があるタクシー会社も多いため、頑張って稼ごうという意欲があまり高まらない傾向があります。しかし、このような姿勢では収入を増やすためのモチベーションが減退し、成果も伸びません。売上目標を具体的な数字で意識することは、行動に影響を与えます。たとえば、自分の給料を時給換算して計算することで、自身の労働価値を理解できます。具体的な数字を把握することで、他のタクシー運転手と比較し、自分の収入状況がわかります。また、お客様を乗せていない時間が多い場合、ガソリン代が会社のコストとなり、損失を招く可能性があります。売上に無頓着な姿勢では、このような視点を見落とすこともあります。 成長意欲が低い タクシー運転手は、運転技術や地理知識などの基本的なスキルを学び、向上心を持ち続けることが求められる職業です。運転免許を取得するための勉強だけでなく、実際の業務においても日々新たな情報を収集し、スキルを向上させる必要があります。ただし、他の業界からタクシー業界に転職する場合、未経験者はすべての知識や技術を自己学習で習得するのは難しいかもしれません。そのため、研修や教育制度が充実しているタクシー会社に入社し、スタートダッシュを切ることをお勧めします。 決まった営業方法に固執して工夫が不足する 営業場所が営業所の周りに限定されていると、潜在的な顧客層にアクセスできない可能性が高く、収入制約を招くことがあります。営業範囲を広げることで、新たな顧客を獲得し、売上を増やすチャンスを生み出せます。また、右車線での走行は、客の乗車機会を制限することがあります。需要の高いエリアや時間帯に集中することで、収益性の高い営業を行えます。 都市部での「待ち営業」は一つの営業手法ですが、競争が激しい場所では、売上を伸ばすのが難しいことがあります。需要の高い場所や時間帯を事前に調査し、積極的に移動することで、待ち営業以外のアプローチも活用できます。また、回送時間を短縮することは非常に重要です。空車状態を最小限に抑え、無駄な回送時間を減らすために、ナビゲーションアプリを活用し、最適なルートを選択しましょう。 これらの改善策を取り入れ、効果的な営業方法を確立することで、タクシードライバーとしての収入を増やすことができます。市場の変化に敏感で、顧客のニーズに適切に対応することが成功の鍵となります。 分析能力が不足している 目の前で起こっている出来事に深く考えを巡らせない、または意識しない人は、分析力が不足しているといえるでしょう。例えば、街中で同じデパートの紙袋を持っている人が多いのを見かけた場合、それはセール中や特別イベントの合図かもしれません。このような観察から、荷物を持つお客さんがタクシーを利用する可能性が高まることに気付くことができます。分析力があると、事前に情報を収集し、たとえばスポーツイベントやイベントが行われる日に、スタジアム周辺で客を捕まえるなど、戦略的な行動に繋げることができます。 さらに、タクシー運転手は常に業績を分析しなければ、次の売上目標を設定することが難しいです。目標を持つことは極めて重要で、時間ごとや日々の目標を達成することで、次のステップに進むための基盤を築くことができます。目標がないまま適当に営業をすると、何が売上に貢献し、何が影響を与えたかを把握することが難しく、業績向上も期待できません。タクシー業界では、実車率という指標が重要視されます。実車率が高ければ、効率的に収入を増やすことができます。そのため、乗車回数を増やすことが実車率向上の鍵となります。新人ドライバーは、どの場所や時間帯において需要が高まるかを徐々に学び、空車時間を減少させるためのデータを蓄積することが肝要です。分析力を駆使して戦略的に働くことで、成功するタクシー運転手への道が開かれるでしょう。 顧客対応が不十分 謙虚で思いやりのある接客態度を持たないドライバーは、売上を伸ばしにくいでしょう。無愛想な対応や高圧的な言動は乗客を不快にさせ、クレームの原因となる可能性があります。お客様を歓迎する気持ちが欠けるドライバーは、仕事に取り組む意欲にも疑問が生じるでしょう。例えば、道路脇で休憩中にタバコの吸い殻を路上に捨てる行為も、周囲の人々に目撃されることがあります。タクシー運転手は仕事のペースを自己管理できる環境にいますが、休憩に過度に時間を費やし、自己規律を欠いてしまうと、成功を収めるタクシー運転手から遠ざかっていく可能性があります。 接客経験が少ない人でも、人とのコミュニケーションに苦労しない限り、タクシー運転手として成功することはできます。接客スキルに関する研修を提供するタクシー会社やエージェントも存在し、同僚や先輩からアドバイスを受ける機会も得られます。 接客態度の不愛想さや適切でない対応は、自身だけでなく会社の評判にも悪影響を及ぼす可能性があります。また、お客様が後でSNSなどに投稿する可能性も考慮すべきです。 健康管理が不十分 健康状態はどの職業においても基本的な要素です。タクシー運転手も例外ではなく、特に健康へのケアが求められます。体調管理を怠ると、睡眠不足や体調不良が業務に響き、集中力が低下してしまうことがあります。また、運転は視力を酷使し、目の疲労が肩や腰にも影響を及ぼすことがあります。疲れた目ではお客様を見落とす可能性があるほか、集中力が低下し、最適なエリアやタイミングを見極める思考力も鈍ってしまいます。そのため、目の疲れを和らげる目薬を持ち歩くことも大切です。長時間の運転に耐えるためには、体力も欠かせません。適度な休憩やリラックス、ストレッチや軽い運動で体の負担を軽減することができます。タクシー運転手は、この切り替えがうまい人が成功することも多いです。 心身ともに健康を保つことが極めて重要で、特に高齢のタクシー運転手は健康であれば長く活躍することができます。逆に若い新人も、体力を活かしてタクシー業界で歓迎されます。健康をキープしながら、タクシー運転手としての成功に向けて努力することが大切です。   頑張っても稼げない場合、会社選びを失敗しているかも? 熱心に努力し、日々の営業を振り返りながら前進しようとするタクシードライバーが期待通りに収入を上げられない場合、その原因は所属するタクシー会社の選択にあるかもしれません。自身の希望や労働環境に合致しない会社では、働きづらく、実力を発揮できないことがあります。将来タクシー業界への転職を考えている方や、既存の会社から移籍を検討しているドライバーにとって、自身に合った職場を見つけることが重要です。   まとめ 稼げないタクシー運転手の特徴を理解することは、売上を向上させるために役立つ手がかりです。タクシー運転手としての経験が積み重なる中で、効果的な方法や気づきが生まれることでしょう。 真剣に仕事に取り組み、個々の出来事から学びながらスキルを向上させることは、タクシー運転手としての成長を実感する手助けとなります。この職業では、やる気や向上心、体調管理、謙虚な姿勢など、自己主導性が非常に重要です。業務中に多くの自由時間があるため、モチベーションを維持するためのセルフケアや効果的な方法を習得することも必要です。 しかし、稼げない場合、所属する会社に原因がある可能性も考えられます。タクシー業界は特殊であり、自己力だけで成功するのは難しいこともあります。タクシー運転手として新たなスタートを切りたい場合は、慎重に会社を選び、採用試験に臨むことをお勧めします。

歩率・歩合率が高い方が稼げる?タクシードライバーの給与体制

歩率・歩合率が高い方が稼げる?タクシードライバーの給与体制

タクシードライバーへの転職をご検討中であれば、多くの人が給料面・待遇は気になる点かと思います。特にタクシードライバーの職種においてドライバーの給料体系を理解することは非常に重要です。そこで、今回はタクシー運転手の給料について、主要な歩合に焦点を当ててご紹介します! 歩合・歩率とは 多くのタクシー会社においてタクシードライバーの給料(賃金)は固定給と歩合給で構成されます。このうち歩合給についてですが、タクシードライバーの給料の一部は、歩合や出来高に基づいてインセンティブのような形式で支給され、ドライバー個人の売上高に対して、所定の割合でタクシー会社とドライバー本人とで按分します。売上高に対するドライバー本人の取り分の割合のことを歩合率や歩率(以下、「歩合率」)と呼びます。タクシー会社の賃金体系には固定給と歩合給のバランスの違いにより、いくつかのパターンがあります。ここでは歩合の種類について詳しくご紹介します。   賃金体系の種類 賃金体系には3つの主要な種類が存在します。賃金体系は自身の労働スタイル、収入をどのように増やしていくか、そしてどのタクシー会社を選ぶかに大きな影響を与える要素です。したがって、求人に応募する前にこれらの種類を理解しておくことは非常に重要です。それぞれの賃金体系のメリットとデメリットは、ドライバーのキャリア、能力、個人の考え方によって異なることもあるため、詳しくご紹介します。 A型賃金【固定給重視】 A型賃金は、一般的な会社員のように固定給与が定められ、売上が一定以上の場合に歩合給が追加される制度です。以前はこのタイプの給与制度がいくつかの会社で見られましたが、近年ではほとんど採用されていない傾向があります。この制度では一定の給与が確保されるため、営業活動が苦手な社員にとっては魅力的な仕組みですが、一方で自分の努力を収入に反映させたい、やる気のあるドライバーには向いていないでしょう。 B型賃金【歩合重視】 B型賃金は、考え方としては固定給与がほぼなく、売上に応じて本人と会社が分配する給与制度です。例えば、月間売上が80万円で歩合率が50%の場合、単純計算で給与は40万円になります。売上に自信があるドライバーはこのタイプを採用している会社を選ぶことで収入が増える可能性が高まります。ただし、この場合期待した売上をあげられない場合に収入が非常に少なくなる恐れがあるため注意が必要です。とはいえ、雇用契約に基づいて正社員や定時制で勤務している場合は最低賃金が定められているため結局はAB型賃金に近い形式になるタクシー会社も多いのが実情です。 AB型賃金【混合型】 AB混合型賃金は、固定給与と歩合給を組み合わせた支給方式です。この方式では、一定の固定給与が保障されつつ、歩合給が主要な収入源となります。これは、自身の売上を伸ばすことで収入を増やす可能性があり、B型賃金(完全歩合制)に近い感覚を持つことができます。この給与方式は、まだ経験が浅い新人ドライバーにも安心感を提供できるため、大きな売上を上げる自信がない人にも適しています。ただし、一部の会社では固定給与部分が高額で、歩合給の割合が低い場合もありますので、注意が必要です。 関連記事 タクシードライバーの給与体系・仕組み   歩合率の高いタクシー会社 歩合率の高いタクシー会社とは、どの程度の歩合率を提供するかに焦点を当てたタクシー会社のことです。タクシードライバーの収入は基本的に賃金体系に準じますが、同じ賃金体系であっても歩合率はタクシー会社ごとに異なります。歩合率は、収入をどれだけ得られるかに大きな影響を与えるため、特に収入を増やしたいドライバーやベテランドライバーにとっては重要な要素となります。 歩合率の高いタクシー会社のメリット 歩合率の高いタクシー会社の主なメリットは、高い歩合率による高収入であり個人で稼げば稼ぐほど収入も増える構造です。通常、タクシー会社の平均歩合率は55〜60%(B型賃金基準)で、一部の会社では最大で65%近くまで歩合率が設定されています。これは、売上の半分以上がドライバーの収入になることを意味します。他の業種と比較しても、タクシードライバーは自身の収入を高く確保できる職種の一つです。通常、タクシー会社の求人情報には歩合率が明示されていることは少ないですが、面接や会社説明会、タクシー求人専門サイトの無料転職相談などを通じて、歩合率に関する情報を収集することができます。どんな些細なことでも気軽に相談して、自身に合った会社を見つける助けにしましょう。 歩合率の高いタクシー会社のデメリット 歩合率の高いタクシー会社のデメリットは、歩合率が高い代わりに、他の項目からの控除額が存在する可能性がある点です。タクシー会社では歩合率が異なることがあると前述しましたが、高い歩合率を提供する会社では、通常、乗務員手数料などの控除が多く発生することがあります。乗務員負担の手数料は撤廃されている傾向があるものの、依然として売上げから1%から3%の手数料が差し引かれることが一般的です。そのため、他社よりも歩合率が明らかに高いタクシー会社の場合、別途控除される金額に何があるか、最終的な収入がどうなるか、についてもしっかり確認しておくことが重要です。 歩合率の変動について タクシードライバーの歩合率は売上に応じて変動することが一般的ですが、「最大60%」などの表記が多いです。しかし、これは最大の歩合率であることを理解しておかなければなりません。また、賃金形態によっても歩合率に影響があります。したがって、タクシー会社を選ぶ際には歩合率の範囲や変動要因を確認し、最終的な収入を見積もる際に注意を払うことが重要です。 また、歩合制度には主に2つの種類が存在し、それぞれ異なる方法で歩合給を計算します。一つは積算歩合制度で、運賃収入などを区分化し、各区分ごとに歩合率をかけた金額を合計する方式です。もう一つは累進歩合制度で、売上などに応じて歩合給が段階的に増減する方式です。(ただし、累進歩合制度は、長時間運転による事故やスピード違反を誘発する可能性があるため、近年では廃止の動きが強まっており、この制度を採用しているタクシー会社は少なくなっています。)   歩合率の差が1%でも、年収では大きな額に・・・ 歩合率は微小な差でも、年単位の収入において大きな違いを生む要因です。したがって、できるだけ高い歩合率を提供するタクシー会社に就職することが理想的です。例えば、月間売上が90万円で歩合率が50%の場合、年間収入は約540万円となります。しかし、歩合率が51%だった場合、年間収入は約550万円となり、たった1%の違いが年間収入において10万円の差を生み出します。 ただし、歩合率を高めるためには条件が付くこともあるため、新人ドライバーは歩合率にこだわるだけでなく、売上が低い時期にも最低給与保障がどれくらい提供されているかを確認することが重要です。歩合率が高いだけでなく、安定した収入も考慮すべき要素です。   タクシー運転手が歩合給で収入を増やすためのスキル 流し営業をしない 「流し営業」とは、移動しながら顧客を探す営業方法のことです。流し営業を行っても顧客を獲得することはできますが、確実性に欠け、主要な収入源としては非効率的です。代わりに、無駄な流し営業を避け、お客を降ろしたら次の潜在的な顧客がいそうな場所に移動することをおすすめします。これにより、収入を確保する確率が高まります。 長距離狙いをしない 行き先や距離にこだわらず、柔軟にお客様を乗せる方が効果的です。なぜなら、行き先は乗客を乗せてみないとわからないことが多く、長距離の場合、戻るまでに多くの時間を要することがあり、逆に効率が悪くなることがあります。むしろ、距離を気にせず、継続的にお客様を乗せて回ることが、収入を増やす上で有効な方法です。 周囲の状況や情報を把握する タクシーで収入を増やすためには、積極的に収入を得られる場所を探し出すことがおすすめです。そのために、周辺の情報を把握しておくことが大切です。例えば、近くにスタジアムがある場合、試合の終了時間や試合日程を知っておくと良いですし、コンサート会場がある場合は演目や終了予定時刻を把握することが役立ちます。さらに、どの年齢層の人々がそのエリアに集まるかを知ることで、収入を増やすためのポイントを見つけやすくなります。 サービス品質を向上させる タクシードライバーの職業では、サービスの品質も非常に重要です。言葉遣いだけでなく、最適な経路を提案することも不可欠です。素晴らしい運転技術を持っていても、サービスの品質が低ければ、印象は悪くなります。このような心遣いを徹底することで、運転技術に自信がなくても、お客様に選ばれるタクシードライバーになることができるでしょう。   まとめ タクシードライバーとして成功するためには、いくつかの重要なポイントがあります。まず、タクシー運転手の給料は歩合制が一般的であり、歩合率によって収入が大きく左右されます。そのため、歩合率をよく理解し、最適な会社を選ぶことが大切です。賃金体系には固定給制、歩合のみ、混合型などさまざまな種類があります。それぞれにメリットとデメリットがあるため、自身のキャリアや目標に合わせて選ぶことが重要です。また、歩合率が収入に与える影響は大きいため、1%の差も年収においては重要です。 賃金体系の選択に加えて、タクシー運転手の収入を増やすためにはいくつかのスキルや戦略も考慮に入れるべきです。例えば、流し営業よりも周辺の情報を頭に入れ、効率的にお客様を乗せることが大切です。行き先や距離にこだわらず、柔軟にお客様を乗せ、積極的に稼ぎ場所を見つけることも収入増につながります。さらに、タクシードライバーはサービスの品質も求められます。言葉遣いや提案する経路など、お客様に対する心遣いが大切です。優れた運転技術だけでなく、サービスの質も高めることで、お客様から選ばれる存在となるでしょう。 最後に、タクシードライバーとして成功するためには、収入面だけでなく、お客様へのサービス提供や地道な努力も欠かせません。自分に合った賃金体系や歩合制度を選び、スキルを磨き、お客様に喜ばれるサービスを提供することで、タクシードライバーとしての成功が見込めます。

東京都におけるタクシードライバーの年収は?

東京都におけるタクシードライバーの年収は?

全国ハイヤー・タクシー連合会の調査によれば、令和4年における全国のタクシー運転手の平均年収は約361万円でした。月給換算すると、約29万円に相当します。特に東京都では、平均年収が425万円であることが示されました。 営業エリアによって異なる給与 タクシードライバーの給与は、実際には全国各地で一様な水準ではなく、大きな差異が存在します。この差異は、個人の努力や働き方によるものではなく、むしろ都道府県や地域ごとに収入が大きく異なることに起因しています。 高収入のエリアトップ5 全国のタクシードライバーの中で、最も高収入なのは、間違いなく三大都市圏を中心としたエリアです。特に中心部では、タクシーの需要が非常に高く、タクシー会社の運行台数も多いことが特徴です。では、具体的にどのエリアが高収入なのかを詳しく見てみましょう。 【1位】 大阪 約437万円 【2位】 東京 約425万円 【3位】 兵庫 約399円 【4位】 神奈川 約386円 【5位】 愛知 約385円 ※令和4年 全国ハイヤー・タクシー連合会調べ 人口の多い都道府県では、タクシー運転手の給料が高い傾向があることが理解できます。 低収入のエリアワースト5 全国でタクシードライバーの給与水準が低い地域をランキング形式で紹介します。このランキングは、給与水準が低い地域から順に示しています。 【1位】 茨城 約208万円 【2位】 岩手 約215万円 【3位】 沖縄 約232万円 【4位】 秋田 約237万円 【5位】 山形 約241万円 ※令和4年 全国ハイヤー・タクシー連合会調べ タクシードライバーの給料水準が低いのは、人口が少ないためにタクシー需要が限られているエリアであることが理解できます。 稼げるのは人口が多いエリア タクシー業界において、東京、大阪、兵庫などの大都市圏では、収入を増やす機会がより多く提供されています。これは、都市部が人口密度が高いだけでなく、多くの公的機関や商業施設が集中しており、観光客やビジネスパーソンなど外部からの人々が多く訪れるためです。その結果、タクシーの需要が高まり、運転手の収入も自然に増加します。   タクシー運転手として収入を増やしたいなら東京が最適な選択肢! タクシー運転手としての仕事には、どの地域でも同じやり甲斐がありますが、地域によって平均収入に差があるのは事実です。最近では、タクシー運転手の役割が単なる足としてだけでなく、外国人観光客へのおもてなしや少子高齢化社会への貢献など、多くの社会的側面で注目されています。このような社会の変化が最も感じられるのが首都東京です。 タクシー運転手の平均年収が全国トップレベル! 令和4年の全国平均タクシー運転手の年収は約361万円ですが、東京のタクシー運転手の平均年収は約425万円と、全国平均よりも高い水準にあります。この年収は、東京で様々な働き方をしているタクシー運転手を対象に算出されたもので、年金受給者から日中パートタイマーまで、幅広いドライバーの収入を含んでいます。実際に、東京を拠点にする一流のタクシー運転手の中には、年収800万円を稼ぐ人も多く存在します。大手タクシー会社で実力を持つドライバーであれば、年収が500万円を下回ることは稀です。 東京で営業を積めばスキルが向上 東京は、単に人口が多いだけでなく、ビジネスパーソンや観光客など外部からの訪問者が多い都市です。この都市では高層ビルや多彩な建物が密集し、交通環境も複雑です。その結果、さまざまなニーズを持つ顧客が存在し、タクシードライバーにとって実践の機会が多いため、実力が向上しやすい環境です。東京都心で一人前の運転手として営業できるようになるまでに、多くのノウハウが身につきます。交通渋滞を回避するための抜け道や、さまざまなお客様と接することで臨機応変な接客スキルが磨かれ、戦略的な営業計画を立てる能力が発展します。タクシードライバーとしてのスキル向上に最適な場所といえるでしょう。 東京には優良タクシー会社が数多く存在 東京には収益を上げるために適した環境を提供する多くの優れたタクシー運営会社が存在します。例えば、大和自動車、日本交通、帝都自動車、国際タクシーなど、これらは長い歴史を持ち、その頭文字を組み合わせて「大日本帝国」とも称され、東京の4大タクシー会社として非常に強力なブランドを築いています。さらに、知名度や信頼性の高いタクシー会社である日の丸交通、東都交通、グリーンキャブなども存在し、ドライバーはこれらの優れた会社での所属を活かして収入を効率的に増やすことができます。   東京都で稼ぐためには? 東京の中でもタクシーの需要が特に高く、運転手にとって非常に魅力的なエリアがたくさんあります。 効果的な営業が行えるよう、オススメの営業エリアをご紹介します。 新宿エリア 新宿は東京の中でも、タクシーの需要が非常に高く、タクシー運転手にとって非常に魅力的なエリアと言えます。新宿で効果的な営業を行えるようになると、東京のタクシー運転手として高い評価を得ることができるでしょう。 新宿は、日本でトップクラスの歓楽街である東口エリアと、オフィス街が広がる西口エリアに分かれています。東口エリアには全国的に知名度の高い「歌舞伎町」があり、一方、西口エリアは東京都庁や行政機関、多くのオフィスが集まるビジネス地区です。また、新宿駅は多くの鉄道路線が乗り入れる交通の要所で、JR山手線や埼京線、東京メトロ丸の内線、東京都営地下鉄新宿線、大江戸線、京王電鉄、小田急電鉄などの主要な路線が交差するターミナル駅として知られています。1日に約359万人もの利用客が訪れ、ギネス記録に登録されるほどの混雑が絶えません。そのため、新宿ではタクシーの需要も非常に豊富です。 新宿エリアで稼げるスポット 【歌舞伎町】 歌舞伎町は日本随一の歓楽街で、タクシーの利用者が非常に多いエリアです。飲食店、キャバクラ、クラブ、風俗店などが立ち並び、お店のお客さんだけでなく、従業員もタクシーを通勤や帰宅に利用します。夜の街としてのイメージが強いため、新人ドライバーの中には歌舞伎町に対する不安を感じる人もいるかもしれません。確かに、夜の歌舞伎町の治安は完璧ではありませんが、最近では新宿コマ劇場跡地にホテルが建設され、観光客が増えたことから、雰囲気が改善されつつあります。歌舞伎町において夜間のタクシー需要は高いですが、区役所通りなどでは日中でも需要が見込まれます。注意が必要なのは、夜間に酔っ払ったお客様を乗せる場合の接客です。酔っていても、礼儀正しい接客を心がけ、トラブルを回避するよう心掛けましょう。 【伊勢丹】 伊勢丹は、衣類やファッションアイテムの買い物の目的で全国から多くのお客様が訪れる百貨店です。また、多彩な飲食店があり、海外からの観光客も訪れるため、ショッピングスポットを超えてブランド力のある観光地としても知られています。そのため、タクシーの需要も自然と高まり、タクシードライバーにとって稼げるスポットとして人気があります。伊勢丹は曜日に関係なく、開店から閉店まで一日中多くのお客様が出入りする場所です。特に注目すべきは、ショッピングエリアが閉店後も賑わうことがあることです。多くの出入り口があるため、この需要に対応できるよう、明治通りや新宿通り沿いの出入り口近くでの待機が重要です。伊勢丹には国際自動車などの有力タクシー会社専用の乗り場があることもあり、基本的には流し営業で対応します。出入り口周辺では注意深く走行し、沿道のお客様に気を配ることが大切です。 東京駅エリア 東京駅周辺は、終日多くの人々が行き交う、活気あふれるエリアです。東京駅へ向かう人や、東京駅から都内各地へ向かう人など、タクシーの需要は絶えません。このエリアは高層ビルが立ち並び、「東京らしい」と感じる街並みが広がっています。多くのオフィスビルがあり、全国的に有名な大企業の本社ビルなどもあります。ビジネス街であると同時に、再開発が進んでおり、八重洲口にある「グラントウキョウ」や、東京駅丸の内口近くの複合商業施設も大いに賑わっています。 観光的な要素もあり、特に「行幸通り」のクリスマスイルミネーションは季節の楽しみとなり、冬になると観光客も増え、タクシーの需要も高まります。さらに、東京駅南口にある広大なバス乗り場は、都内だけでなく全国各地への発着地として終日賑わっています。 東京駅エリアで稼げるスポット 【八重洲仲通り】 八重洲周辺は大きなビジネス街であり、特に仲通りには多くの飲食店が並んでいます。このエリアの飲食店は、オフィス街で働くビジネスパーソンによく利用されるため、夜遅い時間帯には長距離利用を含む高単価のお客様に出会う可能性が高いです。また、帰宅時にタクシーを利用する方も多いため、遠方へのルートも考慮しておく必要がありますが、お客様単価を上げて効率的な営業を行いたい場合には非常に有用なスポットと言えます! 【各タクシー乗り場】 東京駅周辺には公式のタクシー乗り場が数多くあり、稼げるスポットが充実しています。たとえば、八重洲口中央口タクシー乗り場や丸の内北口・南口の優良タクシー乗り場などは、朝から夜までほぼいつでも需要があります。ただし、信号のタイミングや流れによってどの乗り場も順調とは言えないことがあります。また、一度乗り場に入ると出るのが難しいことがあるので、近くに行く際には待機車両の状況を確認してから進入することをおすすめします。 八重洲降車場には特有の留意点があります。ここでお客様を降ろした直後に、新幹線で東京駅に到着した方から乗車を希望されることがあるのですが、迅速に対応しないと規則違反と見なされることがあります。付け待ち行為は厳禁なので、スムーズに対応できるよう心掛けましょう。 新橋エリア 新橋と言えば、サラリーマンの街として全国的に知られています。新橋で飲み屋でのひとときを楽しむサラリーマンのイメージが強いため、その異名が広まったのかもしれませんね。しかし、新橋にはそれ以外にも魅力的な特徴が数多く存在します。新橋駅はJR山手線や東海道線など、合計で8つの路線が乗り入れ、多くの通勤・通学者で賑わっています。日中から夜間まで、ビジネスパーソンが多く利用するエリアですが、タクシーの需要には日中はビジネス利用が、夜間は飲み屋街への利用が特に顕著です。新橋駅近くのガード下には名物の飲み屋街が広がり、仕事帰りのサラリーマンたちに愛されています。しかし、あまり知られていないのは、駅から少し離れると静かな住宅街が広がっていることや、パーティー会場などが点在していることです。結婚式の2次会などに参加する人々からもタクシーの需要があり、劇場、美術館、庭園などの遊興や行楽スポットも意外に豊富なため、観光客も多く訪れます。 新橋エリアで稼げるスポット 【赤レンガ通り】 新橋の夜間のタクシー需要が高まるスポットとして、赤レンガ通りが挙げられます。レンガ通りは新橋2丁目交差点から環二通りまでのエリアで、多くの人気飲食店が軒を連ね、深夜まで賑わっています。特に平日の夜9時から翌1時くらいまでの時間帯に営業に向かうことをおすすめします。ただし、注意が必要なのは、赤レンガ通りに並行して延びる外堀通りの一部分です。ここは新橋2丁目交差点を中心に混雑が激しい場所であり、外堀通りでタクシーを拾うお客様は一般的に高単価となります。しかし、渋滞を回避するために工夫することで、効率的な営業が可能となります。 【汐留口タクシー乗り場】 新橋駅で安定してお客様を乗せられる場所として、代表的な公式の乗り場が「汐留口」乗り場です。ここはお客様が絶えず訪れるため、新人の運転手でも比較的安心して待機できます。ただし、主要な収益が朝のラッシュ時間から夕方のラッシュ時間までに集中しているため、夜間に待機するのはあまりおすすめできません。日中、この乗り場の近くを通る際は、必ず覗いてみて、タクシーが不足している場合は待機列に並ぶことをお勧めします。また、優良なタクシー会社と一般的なタクシー会社が隣接して待機していることも留意しておくべきです。 池袋エリア 池袋は新宿に次ぐ、24時間活気ある街として知られています。この巨大な繁華街では常に人が行き交い、タクシーの需要も絶えず存在します。池袋での営業方法を十分に理解していれば、新人ドライバーでも「まったく稼げない」ということはまずありません。池袋は豊島区の中心地で、東京23区の中でも最も人口の多い地域の一つです。池袋駅は、新宿駅に匹敵する規模を持ち、JR山手線や埼京線など合計8つの路線が交差する交通の要所です。池袋は以前は埼玉からの通勤・通学者が多い「埼玉からの東京の玄関口」として知られていましたが、2008年に東京メトロ副都心線が開通し、横浜からのアクセスも向上しました。そのため、池袋のイメージだけでなく、お客様の流れにも変化が見られるようになりました。 池袋駅周辺には東西に繁華街が広がっており、昼夜問わず賑わっています。深夜から明け方にかけてもタクシーの需要が絶えないエリアです。ただし、駅の東口エリアはオフィスビルが多いため、西口エリアに比べて需要が早く切れる傾向があります。 池袋エリアで稼げるスポット 【池袋西口乗り場】 西口乗り場も東口に匹敵する高いタクシー需要があり、安定しています。しかし、東口と異なるのは、終電前後の時間帯で需要が一層高まる点です。これは、東口乗り場が主に都心方向に向かうのに対し、西口乗り場は郊外に向かうのが容易であることが一因と考えられます。深夜まで飲んだり仕事をしたりした人々が、帰宅する手段として西口乗り場からタクシーを利用することが多いためです。西口乗り場は確かな需要がある場所ですが、入構規定には要注意が必要です。このエリアでは優良事業者のみが入構を許可されているため、規定を違反すると取り締まりの対象となる可能性があります。 【池袋東口乗り場】 池袋の東口タクシー乗り場は、曜日や時間帯にかかわらず非常に高いタクシー需要があります。特に、通勤時間帯からビジネスが活発になる午前中、帰宅ラッシュ時、そして飲み会が終わる終電前後など、人々が移動する時間帯にタクシーが必要とされます。最も稼げる時間帯は午前中と夕方、そして終電前後です。タクシープールで待機することを検討すると、回転が速く、通常は10分から15分待つだけでお客様を乗せる機会が増えるでしょう。   まとめ タクシー運転手として高収入を目指すなら、東京は他を圧倒する場所です。この都市はタクシー需要が非常に高く、人口密度も高いため、稼げる機会が多いです。初めは学ぶことがたくさんあり大変かもしれませんが、ぜひ稼げるタクシー運転手を目指してみてはいかがでしょうか?

日本交通

日本交通

日本交通グループとは 日本交通株式会社は、1945年に設立された歴史ある業界最大手のタクシー会社です。一般タクシーだけでなくエグゼクティブ層向けのハイヤー運行でも知られており、高品質なサービス提供が特徴です。タクシー業界大手4社の1つである日本交通株式会社。創業は、初代社長である川鍋秋蔵氏がハイヤーで個人営業を開始させた1928年にまで遡ります。歴史に裏打ちされた高品質なサービスで、日本国内のお客様はもちろんのこと、海外からの観光客やVIPにもよく利用されています。業界最大手として常にタクシー業界の先頭を走っている印象も強く、業界に先駆けて「タクシーレジスター(領収書発行機)」を導入したり、最近では配車依頼をスマートフォンで完結できるタクシー配車アプリ「GO」や、都内初となる陣痛タクシー、東京観光タクシー、タクシーデリバリーなど、新しいサービスの展開を次々と発表しています。 日本交通株式会社の基本情報 会社名 日本交通株式会社 設立 1945年(昭和20年)12月1日 資本金 100,000,000円 本社所在地 〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-12 紀尾井町ビル 営業所数 ・タクシー 7営業所 日本交通株式会社 板橋営業所 ー東京都板橋区板橋2-4-41 日本交通株式会社 赤羽営業所 ー東京都北区浮間5-4-51 日本交通株式会社 千住営業所 ー東京都足立区千住関屋町19-2 日本交通株式会社 品川営業所 ー東京都品川区東品川3-32-25 日本交通株式会社 新木場営業所 ー東京都江東区新木場1-17-6 日本交通株式会社 三鷹営業所 ー東京都三鷹市野崎1-10-2 日本交通株式会社 葛西営業所 ー東京都江戸川区臨海町6-3-10・ハイヤー 4営業所 日本交通株式会社 赤坂営業所 ー東京都千代田区永田町2-11-1 日本交通株式会社 中央第一営業所、中央第二営業所 ー東京都中央区日本橋兜町1-13先 日本交通株式会社 銀座営業所 ー東京都中央区銀座1-11-3 従業員数 10,807人(2020年5月時点 連結) 車両台数 ・ハイヤー:1,486台 ・タクシー:6,372台 (2020年1月時点 業務提携会社含む) 関連会社・業務提携会社 関連会社 ・関連会社:22社 東洋交通株式会社/蔦交通株式会社/日交美輝株式会社/大国自動車交通株式会社/日交練馬株式会社/東京ひかり交通株式会社/株式会社ワイエム交通/羽田交通株式会社/春駒交通株式会社/改進タクシー株式会社/恵豊自動車交通株式会社/日本交通立川株式会社/日本交通埼玉株式会社/日本交通横浜株式会社/東洋タクシー株式会社/東京・日本交通株式会社/さくらタクシーグループ/尼崎工都タクシー株式会社/株式会社川西オーシャン交通/株式会社日交サービス/株式会社Mobility Technologies/松崎交通株式会社 業務提携会社 ・業務提携会社:26社 三和交通株式会社 東京営業所/扇橋交通株式会社/日立自動車交通第二株式会社/日立自動車交通第三株式会社/陸王交通株式会社/すばる交通株式会社/キャピタルオート株式会社/キャピタルモータース株式会社/日生交通株式会社/東京ワールド交通株式会社/日立自動車交通株式会社/東京梅田交通株式会社/飛鳥交通株式会社/飛鳥交通第二株式会社/飛鳥交通第三株式会社/飛鳥交通第五株式会社/飛鳥交通第六株式会社/飛鳥交通第七株式会社/飛鳥自動車株式会社/昭栄自動車株式会社/日日交通株式会社/東京梅田交通第二株式会社/飛鳥交通多摩株式会社/京浜ハイヤー株式会社/スタジアム交通株式会社/ワールド交通株式会社 日本交通の歴史・沿革 日本交通株式会社のはじまりは1928年4月。初代社長の川鍋秋蔵氏がハイヤーの個人営業から始め、翌年には銀座木挽町で「川鍋自動車商会」を創設しました。1945年になると、川鍋自動車商会の流れを汲む「日東自動車」を主体に11社1個人が統合され、日本交通が設立されます。そこからは経営拡大を図りつつ揺るぎない信頼を勝ち取り、業界を率いるタクシーグループとなっています。 日本交通グループの歴史 1928年4月 初代社長の川鍋秋蔵氏がハイヤー1台で個人営業を開始 1929年6月 銀座木挽町で川鍋自動車商会を設立 1937年5月 東宝自動車株式会社を設立(川鍋自動車商会は事業を譲渡) 1938年4月 日東自動車株式会社に商号変更 1940年10月 タクシー営業を開始 1945年7月 日東自動車株式会社を中心とする12事業者による共同経営を開始 1945年12月 日本自動車交通株式会社を設立(12事業者は事業を譲渡) 1945年12月 日本交通株式会社に商号変更 日本交通で働くメリット 未経験者のタクシー運転手が多い 業界未経験での転職を考えている方も多いのではないでしょうか。「未経験の自分がタクシー運転手として活躍できるのかどうか」、「そもそも未経験でも転職できるものなのか」こうした疑問が浮かぶかもしれません。 タクシー業界では未経験の方も多数活躍していますのでご安心ください。特に日本交通では積極的な新人採用を行っています。新入社員の90%以上が未経験者ということもあり、研修制度やマニュアルがきちんと整備されています。二種免許の取得にかかる費用も日本交通が全額負担してくれるため、未経験者でも就職や転職しやすい環境が整っています。 月間平均60万件以上の無線配車実績 タクシーを利用する際には、電話やインターネットでタクシー会社に連絡して配車依頼する方法があります。近くにタクシーが通らない、自分のいる場所まで来てほしい時などには配車依頼が役立ちます。こうして配車依頼を受けた場合は、タクシー会社が近くのタクシーに無線で指示を出し、利用者の希望場所にタクシーを向かわせます。この配車依頼の情報は、月間平均60万件以上にも及びます。 タクシー運転手の給与は、基本給と歩合給で決まります。そのため、高収入を得るには営業で数字を上げることがポイントです。ただ、初心者にとってお客様を見つけるのは難しいものです。そんな時に無線配車で乗務を案内してもらうことができるので、安定した収入を得やすいでしょう。 法人チケット契約数が多い 法人チケットの契約社数(ハイヤー等)は1万6000社にも及びます。タクシーチケットとは、「タク券」などとも呼ばれ、タクシー代を後払いにするチケットのことです。利用料金は契約会社に請求されるもので、ビジネスシーンでの接待時に交通費としてお渡しする時などに使われます。 契約社数が多いほど、タクシー利用者も増えるため、営業数字を上げやすくなるでしょう。 都内に専用のタクシー乗り場が多数ある 日本交通の場合には、都内に専用のタクシー乗り場が40ヶ所あります。利用者の多い施設にタクシーの専用乗り場があるため、付け待ち営業で安定してお客様を乗せることができます。 専用乗り場 ・専用乗り場:40ヶ所 ディスパッチャー有 六本木ヒルズ/グランドハイアット東京/東京ミッドタウン(ザ・リッツカールトン東京)/泉ガーデンタワー/紀尾井町ビル/ザ・キャピトルホテル東急/虎の門病院/アークヒルズ仙石山森タワー/虎ノ門ヒルズ/六本木グランドタワー/東京ガーデンテラス紀尾井町/赤坂インターシティAIR/愛宕グリーンヒルズ/汐留住友ビル/東京汐留ビルディング/汐留ビルディング日本テレビタワー/霞が関ビルディング/東京ミッドタウン日比谷/東京慈恵会医科大付属病院/シャングリ・ラ ホテル東京/東京日本橋タワー/大手門タワー・JXビル/大手門フィナンシャルシティグランキューブ/大手町パークビルディング/品川インターシティ/住友不動産三田ツインビル西館/国際医療福祉大学三田病院/東京都済生会中央病院/インターコンチネンタル東京ベイ/慶應義塾大学病院/代官山T-SITE/東京女子医大病院/新宿三井ビルディング/新宿住友ビルディング/順天堂大学医学部付属順天堂医院/東京大学医学部附属病院/日本医科大学付属病院/トレードピアお台場/昭和大学江東豊洲病院 細かなニーズに応える幅広いサービス展開 日本交通は、長年培われた経験とクオリティを生かした、新しいサービス展開も印象的です。日本交通はこれまでも業界最大手として様々な取り組みを行ってきました。タクシーレジスター(領収書発行機)も、業界で最初に導入したのが日本交通でした。最近では、妊婦さんが陣痛の際に深夜でも駆けつけて病院まで送る「陣痛タクシー」や、高齢者向けの「ケアタクシー」、主に子供を塾まで安全に送迎する「キッズタクシー」、そして地方や海外から東京を訪れる観光客向けに設置されている「観光タクシー」など、細かなニーズにも応えるサービス展開を行っています。その他にも大きめの車両の「ワゴンハイヤー・ワゴンタクシー」、空港の送迎などで使われる「定額タクシー」、高齢者の移動手段などに使われる「サポートタクシー」、飲食のテイクアウトや買い物の代行として使われる「タクシーデリバリー」があります。 日本交通の給与と賞与 基本給18万2000円 + 歩合給となっています。 二種免許取得の準備などで約1ヶ月は研修となりますが、この研修中にも日給1万円と交通費が支給されます。 なお、未経験1年目の平均給与として年収458万円となっています(2018年4月~2019年3月実績)。 日本交通の勤務 勤務は月間11~12回乗務で、1乗務は15.5~18時間です。 事前に決められたシフト制のため、プライベートの時間も調整しやすい魅力があります。 日本交通の待遇・福利厚生 日本交通は次のような福利厚生があります。 二種免許取得費用は全額日本負担 交通費支給(社内規定あり) 65歳選択定年制(定年後も定時制雇用として68才まで雇用可) 社会保険完備 年次有給、特別休暇制度有 保養所(伊東)等諸施設完備 財形、慶弔見舞い、無事故表彰他諸制度有 食堂、仮眠室、大浴場有 自社工場によるマイカー車検修理割引制度 制服貸与 全車AT車 日本交通の応募資格 応募資格としては下記の2つのみです。 年齢が21歳以上であること 普通一種免許取得後3年以上であること(AT限定も可) なお、ヘルパー2級資格を持っている方は優遇されます。 日本交通の先輩タクシー乗務員の声 タクシー運転手になるまでは、未経験入社ですぐに乗務できるのかと不安を覚えていました。当時生活にも余裕がなかったので給料面で不安だったのです。そんな中、研修中も日当と交通費が支給されると知り、迷わず応募していました。それに日本交通が未経験者の入社に慣れているためか、フローがマニュアル化されていて現場で実際に乗務を始めるまでに約1ヶ月。思ったよりも早かったのが印象的です。また、営業所に配属されて乗務を始めてからも先輩乗務員の方々がサポートしてくれ、アフターサポート体制がしっかりしている安心感がありました。先輩乗務員からは営業のコツやテクニックを教えてもらうこともでき、今では生活に余裕も出てきました。ドライバー経験がないからという理由でタクシー運転手になることを躊躇っている方もいるかと思います。当時の自分もそうでしたが、あの時一歩踏み出していたからこそ笑顔で毎日を過ごせています。 もし迷い・悩みがあるならドライバーズワークなどの転職エージェントに詳しく聞いてみるといいと思います。ぜひ一歩を踏み出してみてください。 30代 / 男性ドライバー ドライバーズワークから一言 創業90年以上の実績と揺るぎない信頼のある日本交通株式会社。日本交通グループの代表ともなっており、業界のリーディングカンパニーとしても名を馳せています。 入社された方に対しての研修・アフターフォロー体制が整っていることも強みの1つ。ドライバー経験のない方は未経験者採用の実績が多い日本交通グループを検討してみてはいかがでしょうか。

テクニックの人気記事

道を覚えるコツ・効率的な道順の覚え方とは

道を覚えるコツ・効率的な道順の覚え方とは

タクシードライバーには必須だが難しい!『道を覚える』 乗客の皆さんは、タクシーに乗る際タクシードライバーはみんな道を知っているものだ!と思っていませんか?タクシードライバーには新人からベテラン、このエリアは得意だがこのエリアは苦手など、さまざまなキャリアの方が当然いらっしゃいます。しかし、皆さんが乗客としてタクシーに乗車する際に期待するようにプロフェッショナルのドライバーとして、タクシードライバーは道を知り尽くしていることが当たり前であり、道を知らないタクシードライバーには乗車したくないという声も少なくありません。 このように、タクシードライバーになると必ず必要になるスキルが、道を覚えることです。 近年は、ほとんどの車両にカーナビが搭載されており、どうしてもわからない場合はカーナビに目的地を入力すれば案内を受けることができます。しかしカーナビの機種に寄っては、新しくできた道が反映されておらず結果的に遠回りをしてしまったりするケースもあります。今回は、お客様を目的地により早く運び、またこのタクシーを使いたい!と思わせるためにも道路の覚え方のコツをいくつか検証していきたいと思います。道路を覚える方法に正解や間違いはありませんが、より効率的な方法を自分なりに見つけてほしいと思います。 実際のタクシードライバーの方に聞いてみました 東京都内の某タクシー会社で5年勤務している方に実際お話をお聞きしみました。 まず、大事なことは道路地図をもとに、基本的な道路と、専用乗り場やランドマークを覚えることです。覚え方は、流し営業をしながらとにかく繰り返し行き来する!!!東京駅、羽田空港、六本木ヒルズ、霞が関ビル、帝国ホテル、ホテルニューオオタニ、新宿副都心、東京タワー、スカイツリーなどなど。タクシー会社によって若干専用乗り場は異なりますが、まずはこの道を行き帰り何度も慣れるまで流します。やはり人間は、繰り返して行動することで、簡単に忘れられないという特徴があるため、このように繰り返し乗り場を行き来することで、流し営業もでき、かつ道順も体で覚えられ正に一石二鳥の方法と言えます。さらに、地図で復習すれことで、より頭の中にインプットされます! また、ナビを使って新しい道順を教えてもらい自分で地図で復習する。という方法を取っているタクシードライバーもいます。さらに別の方は、休みの日に自転車で前日走った道を再度走ってみるという方法を行っておりました。 ここで共通するのは、 ・まず実際に何度も走ってみる ・1度走った道を復習する の2点を行っていることがわかります。 新人のタクシードライバーの多くは、明け番の日に復習を実践されていました。また、お客様から教えてもらった地図に乗っていない細いルートも日報に記載したりして覚えているタクシードライバーもいらっしゃいました。 自分の記憶力に自信を持とう! 道を体で覚えると言っても、中にはご自信の記憶力にイマイチ自信の持てない方もいるかと思います。 そんな時、必要なのが記憶力を高めることです。一般的に記憶力を高めるのに必要なもの、それは自分の心を強くもつことだと言われています。 記憶力に自信があるかどうかで記憶できる量が全然違ってことが科学的に証明されているのです。 例えば、よく年齢が高くなるにつれて記憶力が悪くなると言いますが、実際は加齢による記憶力の低下より、そう思い込むせいで低下してしまう影響の方が大きいことが心理学の実験で明らかになっています。(2013年6月30日放送NTV系スクール革命でも放映) 記憶力に自信を持つ方法とは では、一体どのようにしたら記憶力に自信を持つことができるのでしょうか。その方法は主に4つあります。 成功した体験を思い出すこと。 今までで一番調子のよかった感覚を思い出すこと。 自分のネガティブ口癖に注意すること。 なにか目標を立てて、成功したら自分にご褒美を与えること。 以上の4つです。 1つ目の「成功した体験を思い出す」とは、自分が過去テストや試験などで正解を出した答案や試験結果などを、紙に貼りだすことなどが効果的です。 そうすると、この時は合ってた!褒められた!など、おのずと自信につながります。 2つ目の「調子のよかった感覚を思い出す」と言うのも、先程の体験と類似しますが、今回の場合は「感覚」、例えば、お客様の目的地へ、最短のルートを選ぶことができて、お客様から感謝された!というような最高の感覚を思い出すことで自分はできるんだという思いが湧いてきます。 3つ目、実は記憶力というのは自分の発言によって左右されることがあるのです。 中でもネガティブな発言をするのが癖になってしまっていると、おのずと自分で自身が持てなくなりマイナスに働いてしまう傾向があります。 ですので、なるべく普段からネガティブな発言はしないように心掛けてください。 ラストの4つ目ですが、例えば「今日はこの場所ルートを間違えずに行く」と1つ目標を立てます。 それが成功したら自分にご褒美を与え成功したことを素直に喜びましょう。それが自然と記憶力の自信に結びつくのです。 もっと記憶力を向上させよう 記憶力に自信を持たせることができれば、後必要なのは記憶力をよくすることです! 記憶力は実は集中力と密接な関係があるのです。集中力を高めることで、自然に記憶力は高まっていきます。 そこで最も必要なのは、集中力を妨げる余計なイライラするようなストレスを失くすことです。 このストレスは、普段の生活スタイルを少し工夫したり、シンプルにすることによって未然に防ぐことが可能です。 例えば、 「物をしまう時」必ずしまう場所を決めておき、わざわざ探すことがないようにする。 「予定を立てる時」予定表を作って予定をあらかじめ管理しておく というようなことをすると、忘れてしまったり、思い出せなくて不安になったりする必要がなくなります。 このように、あらかじめルーティンとしてやることを決めていけば、余計なエネルギーを使うことなく重要な物事だけに集中することができます。 また、慢性的なストレスは脳に多大なダメージを与えるので脳機能にあまりよくありません。 ストレスゼロの生活は難しいかもしれませんが、リラックスして疲れを取ることや、定期的に体を動かしたり、音楽を聴いたり、趣味を楽しんだり、友人と会話をしたりして普段から極力ストレスを溜めない生活を心掛けるようにしましょう。 先程も少し触れましたが、友人と会話することでストレスを解消する効果だけでなく「会話」することで脳に刺激をもたらすので、記憶力の向上にもつながります。積極的に普段から会話をするようにしましょう。 記憶力の向上は「食」にあり!? 記憶力をよくするには大事なことは、なんと言っても食事です。 1日3食必ず食事をすることはもちろん、よく噛んで食事するようにしましょう。 食べるものも、脳のエネルギー源であるブドウ糖を多く含む下記の食べ物を積極的にとるようにしましょう。 また、脳を活性化させるDHA(ドコサヘキサエン酸)EPA(イコサペンタエン酸)を多く含む食事も効果的です。 ただし、DHAやEPAは酸化しやすいので、抗酸化作用のある緑黄色野菜や柑橘類を併せて取るとより効果的です。 さらに、記憶力・集中力の向上に一役買ってくれるレシチン(脳の神経伝達物質)は大豆に多く含まれており豆腐や納豆など大豆製品を毎朝取り入れるようにしましょう。 [ブドウ糖を多く含む食べ物] 米・パン、小麦製品、麺類、イモ類、砂糖、果物、ハチミツ等 [DHAやEPAを多く含む食べも物] マグロ、うなぎ、イワシ、アジ、ブリ、サンマなど [レシチンを多く含む食べ物] 大豆、大豆製品、枝豆、卵黄、チーズ、イモ類、ゴマ油、レバー、ナッツ類 これらの食べ物を組み合わせて「料理」することによって、脳の活性化にとても効果的なのです。ようするに、生活する中で「食」という役割は「料理」をして、「3食よく噛んで食べる」ことで脳に刺激を与え、活発的にし記憶力をUPさせるのにとても有効的だと言えるでしょう。 道順を覚えるには、体を使って覚えるが効率的ですが「覚える」という行為は「記憶力」と密接的な関係があるので、食べ物と普段の過ごし方などよく見直すことが大切です。 これから改善することも十分可能ですので、再度自分の食の見直しやライフフタイルについて改めて見直してみてはいかがでしょうか。

タクシーの流しとは?コツを掴んで給料UPへ【流しのコツ10選】

タクシーの流しとは?コツを掴んで給料UPへ【流しのコツ10選】

タクシーの営業方法には大きく3種類あり、そのうちの1つに流し営業があります。流し営業では何も考えずにタクシーを走らせていませんか?それはもったいないです!戦略的に流しをしていくことで売上UPさせていくことができるはずです。現に、バリバリ稼ぐ「スタードライバー」はこの流し営業が抜群に上手い……。今回は流しのコツを10個お伝えしますので、今日から実践し、売上UP・給料UPを目指していきましょう。 タクシーの流し営業とは タクシーの流し営業とは、タクシーを走らせながらお客様を探す営業方法のことです。 道の傍らで手を挙げてタクシーを止めたことはありませんか?ちょっと手を挙げただけで合図に気づくタクシー運転手が多いのに内心驚きを感じますが、すぐに気づくのには理由があります。それは流し営業をしているからです。もちろん理由はそれだけでなく、ベテランドライバーが経験的に無意識でお客様の合図が目に入るからなどありますが、タクシー運転手もお客様のことを探しながら走っているというのが、すぐにこちらを見つけてくれる主な理由です。タクシー運転手の営業方法は流し以外にもあります。 流しの他にどんな営業方法がある? タクシーの営業スタイルには大きく分けて3種類あり、流しの他に「付け待ち営業」と「配車営業」があります。 駅やホテル、イベント会場の前などでタクシーがズラーっと並んでいるのが、付け待ちと呼ばれる営業方法で、乗客からの電話予約や配車アプリ経由での予約が入った際に、お客様を迎えにいくのが配車営業です。配車営業の場合には、営業所から無線で配車の指示が来ることもあり、これを無線配車と言います。付け待ちと配車については、受け身でお客様が現れるまで待つ営業方法ですが、その一方で流しにはお客様を見つけにいく積極的な営業方法という特徴があります。 営業スタイル 概要 付け待ち営業 駅や乗り場にタクシーを停めてお客様を待つ 流し営業 道を走りながらお客様を探す 配車営業 お客様の要請でお迎えにいく 流しと付け待ちを要領良く行うことが大切 稼いでいるタクシードライバーは、流し営業と付け待ち営業を要領良く行っていることに注目しておきたいところです。 先ほどもお伝えしたように、付け待ちと配車はお客様を待つしかありません。ネガティブに聞こえるかもしれませんが、付け待ちや配車にもメリットはあります。それは休憩になるということ。付け待ちで上手く休んで、元気が出たら流しをするなどと、営業方法を組み合わせることによって効率良く売上UPを狙うことができるでしょう。配車に関しては運の要素が強いですが、ニーズのある場所の近くにいることで、無線でお客様の要望が入りやすくなるでしょう。流し営業で無駄に走ることもなく、付け待ちで休みすぎない、難しいことではあるのですが、稼ぐタクシードライバーは流し・付け待ち・配車を要領良く行っています。 関連記事 タクシー運転手が「付け待ち」で稼ぐコツやポイントとは? 流し営業の10のコツ コツ1:とにかく人の多い場所で車を走らせる スキルや経験を積んでいくと、どの時間にどの場所に行けばお客様をキャッチできるかなんとなく見当がついてきます。しかし、未経験のタクシードライバーの場合にはまだノウハウがないために、どこに行けば良いか分からないこともあるでしょう。それならとにかく人の多い場所で車を走らせてみてください。人を乗せて走るうちに、いつ・どこでタクシーの需要があるか次第に分かってくるはずです。 ■人が多くお客様を見つけやすい場所 ・ お金持ちの多い場所(港区など) ・ 会社が多い場所(大手町周辺) ・ 歩くのがつらい坂がたくさんある場所(杉並区、目黒区、世田谷区など) ・ 飲み屋街が多い場所(新宿区、渋谷区、新橋など) これに季節要因や時間を合わせて考えながら試行錯誤していくと、どの場所で流し営業をするのがベストか自分なりに導くことができます。もし売上が全く上がらない日があったとしても、そこに行けば必ず売上が立つというところ把握しておくことで精神的にも安心して乗務できるようになってくるはずです。慣れるまで時間はかかると思いますが、日々同じところをゆっくり走り建物やお客様の傾向・流れを覚えていきましょう。 コツ2:急な天候不良があったら人の集まる施設に向かう 午前は晴れていたのに急に雨が降ってきた……こんなときはチャンスです。駅やショッピングモールで立ち往生している方も多く、タクシーの需要が増えるでしょう。また、急に雨に降り込められて、道端で困っている方もいます。なるべく大きな道路を通って、人の集まる施設に向かうと良いでしょう。毎日天気予報をチェックするとともに、たまには空を見て雲の様子を確認してみるクセを付けておくと良いかもしれません。 コツ3:電車が止まったときは駅に向かう 電車が止まったときはチャンスです。大事な用事があってタクシーを使ってでも目的地に行かなければならない方もいますし、2時間も3時間も待つのは嫌だとタクシーを使って移動しようと考える方もいます。普段はタクシーを使わない方でもこのときばかりはタクシーを使おうと思うことも多いはずです。しかし、電車が止まったことを知らずに駅以外の施設で付け待ちしていたり流しをしていたりしてはもったいないです。流しの最中はラジオなどを使って常に交通情報を確かめておくのがポイントです。 コツ4:イベント情報は欠かさずチェックしておく 駅やショッピングセンターでは日常的にタクシー需要があるかと思いますが、それ以外にイベントなどで一時的に人が集まる場所を把握しておくことが重要です。ライブやスポーツの試合、演劇など、様々なイベントの情報をチェックしてください。そのイベント前後の時間帯で、人通りの多い道路を流し営業を行っていきましょう。 コツ5:車をゆっくりと走らせる 流し営業でタクシーを走らせる際には、お客様を探しながら移動していくことになると思いますが、タクシー運転手になりたての方の中には「どうしてもお客様が見えない」と悩んでいる方もいます。もしかしたらお客様を見つけられないのは、運転するスピードが速いのが原因かもしれません。スピードを出して速く走っていたら、運転手がお客様を見つけるのも大変ですし、タクシーに乗りたいと考えているお客様からしても、タクシーをつかまえにくいでしょう。ですから、お客様を乗せていないときには、ゆっくりと走ることを意識してみてはいかがでしょうか。あまりにも遅く走っていては他の自動車に迷惑をかけてしまいますので注意が必要で、道路にもよりますが法定速度より時速10~20kmほど遅い速度が目安としてみてください。 コツ6:車間距離を取る 車間距離を取るのも、流しのテクニックの1つです。もちろん事故を起こしにくくする目的もありますが、それだけではなくお客様をつかまえやすくするという目的もあります。というのも、お客様がタクシーに乗りたいと考えたときには、タクシーの左前に書かれている「空車」という文字を探しています。お客様から「空車」の表示を見つけやすくするために、ゆっくりと走ることも大切ですが、それに加えて車間距離を開けるというテクニックがあるのです。信号などで車が止まり、再び発車する際には特に前の車との間に距離を取り、ゆっくりと発車させるようにすると良いでしょう。 コツ7:交差点で先頭になる 車間距離を取るのにも似ていますが、交差点では先頭に止まることで「空車」の表示を見えやすくすることができます。それに交差点ではタクシーを探しているお客様も多いため、できることなら交差点の先頭で止まると良いでしょう。ただし、あくまで安全な走行が大前提です。例えば、黄色信号などでは交差点に突っ込む車もあり、下手に減速してしまうと事故にもつながりかねません。これにはこだわりすぎないようにしてください。「信号が変わりそうで進むか止まるか迷うような状況なら止まる」という意識がベターです。 コツ8:流しでは左に曲がろう 流しで車を運転しているときに、何も考えずに運転してはいけません。日本では車は左側通行ですから歩道に一番近いのは左車線です。複数車線の場合は特に、必ず左車線を走りましょう。それだけでもお客様をつかまえやすくなるはずです。もう1段階レベルを上げると、複数車線の道路でお客様を乗せずに流しをしているのなら右に曲がってはいけません。ご想像の通り、右折する場合には道路の真ん中付近で車を走らせることになるため、歩道との距離が遠く、タクシーに乗りたい方がいても乗せることができません。曲がりたい交差点を直進して、そこから左に3回曲がったら、自分の向かいたい方向に進めるはずです。「右に曲がりたいときには左に3回曲がる」ぜひこれを覚えて、左車線をキープしていきましょう。 コツ9:時間帯を意識する 流しをする際には時間帯を意識することも大切です。どんなときにタクシーを使いたいか考えてみるのが1番です。例えば、夜には「仕事が終わってクタクタで……」、「お酒を飲んだら歩くのが嫌になってしまって……」、「終電がなくなってしまって……」などの理由でタクシーを利用したいと考える方がいるでしょう。次にどこでそう思うか考えてみてください。会社の近くや繁華街、駅などが思い浮かぶはずです。夜にはこうした需要がありますから、繁華街やオフィス街、駅を狙って流しをしてみてください。特に終電が終わってしまった後には家まで帰りたいとの思いから長距離になるお客様も少なくありません。人通りはそう多くはないですが、長距離のお客様を見つけられる可能性も高くなりますし、深夜料金が発生するため、売上を得るにはチャンスとも言える時間帯です。ただし、これは一般論です。先輩ドライバーやお客様から情報を得て、人気の場所と時間帯を把握し、エリアの特性に合った流しを行っていきましょう。 コツ10:お客様の目的地に到着した後を考える 先に稼ぐドライバーは、流しと付け待ちを要領良く行うとお伝えしました。とにかく時間のロスが少ないのです。時間のロスを減らすための方法は様々ありますが、そのうちの1つとして、お客様を乗せて目的地に着いた後の行動を決めておくという方法があります。まずお客様を乗せると、目的地を聞きます。その際、あるいは信号で止まっているときなどに目的地に着いたら次にどこに向かうのか考えておくのです。その近くの人通りの多いところで流しを行うのか、あるいは人の集まる場所で付け待ちを行うのか、こうしたことを考えておくだけで目的地に着いた後の時間ロスがなくなります。細かいことですが、こうした少しの時間の積み重ねが給料UPにつなげる要素となるでしょう。 東京でたくさん売り上げている、当サイトで「スタードライバー」と呼んでいる方たちは、この流しが圧倒的に上手に行っています。 イベント情報を事前に収集する、今までの経験から得られた情報から予測して人が集まりそうなエリアで流しを行う、道を走りながらお客様になりそうな方を見極めるスキルを上げるなどなど、様々な方法で流しからの顧客獲得に繋げています。要領良く流し営業・付け待ち営業・配車営業を行い、給料UPを目指していきましょう。 関連記事 スタードライバーにインタビュー!【松本亮一さん(和親交通株式会社)】

稼げない・成功しにくいタクシー運転手の特徴とは

稼げない・成功しにくいタクシー運転手の特徴とは

タクシー運転手の収入は大きく変動する職業です。収益は乗客数や走行距離に依存し、これらの要因が給与に大きな影響を与えます。お客様を獲得するためのテクニックは非常に重要で、年齢や経験に関係なく、成功を収めることができます。一方で、長年の経験を持つタクシー運転手でも、なぜか収入が伸び悩む場合があります。では、経験豊富な人でも稼げないケースがあるのはなぜでしょうか?稼げないタクシー運転手の特徴を把握することは、その反面教師として役立つ可能性があります。   稼げない・成功しにくいタクシー運転手の特徴 売上に無関心 自分の収入に対する意識が薄い人は、稼げない傾向が高いことは言うまでもありません。たとえ歩合制であっても、月々の給料保障があるタクシー会社も多いため、頑張って稼ごうという意欲があまり高まらない傾向があります。しかし、このような姿勢では収入を増やすためのモチベーションが減退し、成果も伸びません。売上目標を具体的な数字で意識することは、行動に影響を与えます。たとえば、自分の給料を時給換算して計算することで、自身の労働価値を理解できます。具体的な数字を把握することで、他のタクシー運転手と比較し、自分の収入状況がわかります。また、お客様を乗せていない時間が多い場合、ガソリン代が会社のコストとなり、損失を招く可能性があります。売上に無頓着な姿勢では、このような視点を見落とすこともあります。 成長意欲が低い タクシー運転手は、運転技術や地理知識などの基本的なスキルを学び、向上心を持ち続けることが求められる職業です。運転免許を取得するための勉強だけでなく、実際の業務においても日々新たな情報を収集し、スキルを向上させる必要があります。ただし、他の業界からタクシー業界に転職する場合、未経験者はすべての知識や技術を自己学習で習得するのは難しいかもしれません。そのため、研修や教育制度が充実しているタクシー会社に入社し、スタートダッシュを切ることをお勧めします。 決まった営業方法に固執して工夫が不足する 営業場所が営業所の周りに限定されていると、潜在的な顧客層にアクセスできない可能性が高く、収入制約を招くことがあります。営業範囲を広げることで、新たな顧客を獲得し、売上を増やすチャンスを生み出せます。また、右車線での走行は、客の乗車機会を制限することがあります。需要の高いエリアや時間帯に集中することで、収益性の高い営業を行えます。 都市部での「待ち営業」は一つの営業手法ですが、競争が激しい場所では、売上を伸ばすのが難しいことがあります。需要の高い場所や時間帯を事前に調査し、積極的に移動することで、待ち営業以外のアプローチも活用できます。また、回送時間を短縮することは非常に重要です。空車状態を最小限に抑え、無駄な回送時間を減らすために、ナビゲーションアプリを活用し、最適なルートを選択しましょう。 これらの改善策を取り入れ、効果的な営業方法を確立することで、タクシードライバーとしての収入を増やすことができます。市場の変化に敏感で、顧客のニーズに適切に対応することが成功の鍵となります。 分析能力が不足している 目の前で起こっている出来事に深く考えを巡らせない、または意識しない人は、分析力が不足しているといえるでしょう。例えば、街中で同じデパートの紙袋を持っている人が多いのを見かけた場合、それはセール中や特別イベントの合図かもしれません。このような観察から、荷物を持つお客さんがタクシーを利用する可能性が高まることに気付くことができます。分析力があると、事前に情報を収集し、たとえばスポーツイベントやイベントが行われる日に、スタジアム周辺で客を捕まえるなど、戦略的な行動に繋げることができます。 さらに、タクシー運転手は常に業績を分析しなければ、次の売上目標を設定することが難しいです。目標を持つことは極めて重要で、時間ごとや日々の目標を達成することで、次のステップに進むための基盤を築くことができます。目標がないまま適当に営業をすると、何が売上に貢献し、何が影響を与えたかを把握することが難しく、業績向上も期待できません。タクシー業界では、実車率という指標が重要視されます。実車率が高ければ、効率的に収入を増やすことができます。そのため、乗車回数を増やすことが実車率向上の鍵となります。新人ドライバーは、どの場所や時間帯において需要が高まるかを徐々に学び、空車時間を減少させるためのデータを蓄積することが肝要です。分析力を駆使して戦略的に働くことで、成功するタクシー運転手への道が開かれるでしょう。 顧客対応が不十分 謙虚で思いやりのある接客態度を持たないドライバーは、売上を伸ばしにくいでしょう。無愛想な対応や高圧的な言動は乗客を不快にさせ、クレームの原因となる可能性があります。お客様を歓迎する気持ちが欠けるドライバーは、仕事に取り組む意欲にも疑問が生じるでしょう。例えば、道路脇で休憩中にタバコの吸い殻を路上に捨てる行為も、周囲の人々に目撃されることがあります。タクシー運転手は仕事のペースを自己管理できる環境にいますが、休憩に過度に時間を費やし、自己規律を欠いてしまうと、成功を収めるタクシー運転手から遠ざかっていく可能性があります。 接客経験が少ない人でも、人とのコミュニケーションに苦労しない限り、タクシー運転手として成功することはできます。接客スキルに関する研修を提供するタクシー会社やエージェントも存在し、同僚や先輩からアドバイスを受ける機会も得られます。 接客態度の不愛想さや適切でない対応は、自身だけでなく会社の評判にも悪影響を及ぼす可能性があります。また、お客様が後でSNSなどに投稿する可能性も考慮すべきです。 健康管理が不十分 健康状態はどの職業においても基本的な要素です。タクシー運転手も例外ではなく、特に健康へのケアが求められます。体調管理を怠ると、睡眠不足や体調不良が業務に響き、集中力が低下してしまうことがあります。また、運転は視力を酷使し、目の疲労が肩や腰にも影響を及ぼすことがあります。疲れた目ではお客様を見落とす可能性があるほか、集中力が低下し、最適なエリアやタイミングを見極める思考力も鈍ってしまいます。そのため、目の疲れを和らげる目薬を持ち歩くことも大切です。長時間の運転に耐えるためには、体力も欠かせません。適度な休憩やリラックス、ストレッチや軽い運動で体の負担を軽減することができます。タクシー運転手は、この切り替えがうまい人が成功することも多いです。 心身ともに健康を保つことが極めて重要で、特に高齢のタクシー運転手は健康であれば長く活躍することができます。逆に若い新人も、体力を活かしてタクシー業界で歓迎されます。健康をキープしながら、タクシー運転手としての成功に向けて努力することが大切です。   頑張っても稼げない場合、会社選びを失敗しているかも? 熱心に努力し、日々の営業を振り返りながら前進しようとするタクシードライバーが期待通りに収入を上げられない場合、その原因は所属するタクシー会社の選択にあるかもしれません。自身の希望や労働環境に合致しない会社では、働きづらく、実力を発揮できないことがあります。将来タクシー業界への転職を考えている方や、既存の会社から移籍を検討しているドライバーにとって、自身に合った職場を見つけることが重要です。   まとめ 稼げないタクシー運転手の特徴を理解することは、売上を向上させるために役立つ手がかりです。タクシー運転手としての経験が積み重なる中で、効果的な方法や気づきが生まれることでしょう。 真剣に仕事に取り組み、個々の出来事から学びながらスキルを向上させることは、タクシー運転手としての成長を実感する手助けとなります。この職業では、やる気や向上心、体調管理、謙虚な姿勢など、自己主導性が非常に重要です。業務中に多くの自由時間があるため、モチベーションを維持するためのセルフケアや効果的な方法を習得することも必要です。 しかし、稼げない場合、所属する会社に原因がある可能性も考えられます。タクシー業界は特殊であり、自己力だけで成功するのは難しいこともあります。タクシー運転手として新たなスタートを切りたい場合は、慎重に会社を選び、採用試験に臨むことをお勧めします。

タクシーで居眠り運転を避ける方法!隔日勤務の睡眠のとり方とは

タクシーで居眠り運転を避ける方法!隔日勤務の睡眠のとり方とは

隔日勤務は眠気との戦い タクシードライバーの多くは隔日勤務という、夜中の間も運転する勤務体系のため、その勤務スタイルに慣れるまではどうしてもタクシーの運転中に眠くなってしまうことがあります。タクシードライバーという仕事は、お客様の命を預かる大事な仕事ですので、眠気を抱えたまま運転することは、大変危険ですし、絶対にやってはいけません。しかしながら、売上も上げる必要があるため、休憩をたくさんとることも難しいのが現状です。そんなとき一体タクシードライバーはどのような方法で眠気に勝てばよいのでしょうか? 一番の基本は「十分な睡眠」 当たり前のことですが、タクシードライバーが勤務中に眠気に襲われないためには、乗務開始までに十分な睡眠をとっておくことが最低限必要です。明け番と呼ばれる、乗務終わり早朝から次の出番までの間には時間がありますので、その時間に必ず十分な睡眠をとりましょう。 この時間に十分な睡眠を取らず、コンディションが整わないまま勤務してしまうと、居眠り運転のリスクが高くなってしまいます。 ガムや昆布は眠気に効果的 ガムや昆布のような長時間咀嚼を続けるような食べ物は、眠気をなくすのに効果的だといわれています。それは、噛むという行為が脳の血管を拡張させ、血流を良くするためだといわれています。 糖分を摂取すると眠気が改善 眠気を引き起こす原因の一つとして、血糖値の低下というものがあります。脳は、血糖値が低くなると、疲労を感じるため眠気に繋がることが原因で、それらを回避するために休憩中や、タクシーに乗客を乗車させていない際にアメやチョコレート、ジュースなどで糖分を補給することも大切です。 確実に効果が期待できるカフェイン剤!? ベテランのタクシードライバーが眠気を感じたときに利用するのが、コンビニなどでよく見かけるドリンクタイプです。また、ドラッグストアなどでは、錠剤タイプのカフェイン剤も購入することが可能です。錠剤タイプの場合、1錠で、コーヒー1杯程度のカフェインを含んでいるものが一般的なようです。 これらのカフェイン剤は効果的ですが、服用してから効果がでるまで30分程度かかることがあるので、少しでも眠気を感じる、もしくはその直前に服用するのが効果的です。 その他にもある眠気対策 実際のタクシードライバーは他にもいろいろな方法で眠気とたたかっています。例えば車を止めて体操をする、とても辛いお菓子やすっぱいお菓子を常備して眠くなったら食べる、大きな音で音楽をかけるなどなど様々な工夫をしているようです。 しかしながら、一番大事なのは眠くならないようにコンディションを整えることです!プロのタクシードライバーとして、まずは十分な睡眠、休憩を取ることを最優先し、それでも眠くなったときにこれらの方法を試してみてはいかがでしょうか。

タクシー運転手が「付け待ち」で稼ぐコツやポイントとは?

タクシー運転手が「付け待ち」で稼ぐコツやポイントとは?

付け待ちとは、駅やホテル、公共施設などに設置されたタクシー乗り場で乗客を待つ営業方法です。この付け待ちを上手くおこなうことはタクシードライバーにとって収入が増えるための大きなポイントになります。そこで、ここでは付け待ちを上手くおこなって効率よく稼ぐコツについて紹介していきます。 付け待ちは「場所」が決め手! 付け待ちにおいて重要なのが「場所」です。当然のことながら、タクシーの乗客はどこにでもいるわけではありません。乗客のいない場所で付け待ちをしても、ただ時間だけが無駄に過ぎていってしまいます。タクシーの付け待ちに適した代表的な場所は以下が挙げられます。 ■駅 ■ホテル ■商業施設 ■オフィスビル街 ■病院 ■空港 基本的に大勢の人が行き交う場所は付け待ちに適しているでしょう。ちなみに駅などはたくさんの人がいますが、すでに付け待ちをしているタクシードライバーも多いので周囲の状況はチェックしたうえで選ぶべきです。もちろん時間帯も意識してください。例えば、オフィスビル街であれば帰宅時間帯にあたる18~22時頃が狙い目でしょう。 タクシーの台数よりも「回転率」を確認! 「駅に行ったらすでにタクシーの台数がたくさん……」という場合があるかもしれません。しかし、付け待ちで重要なのは他のタクシーの台数よりも「回転率」です。付け待ちをしている場所では乗客がどれぐらいのペースで現れるかという点に注目しましょう。乗客が集まる場所であれば、いくら他のタクシーがたくさん付け待ちをしていても、順番が回ってくる可能性が高いというわけです。 付け待ちではタクシーの「向き」も意識したい! 場所と回転率の他に大事なのが、タクシーの「向き」です。道路の左右進行方向のどちら側に向けるかは非常に重要なポイントになります。例えば、出勤の時間帯であれば都心の方向に向けて付け待ちしたほうがよいでしょうし、帰宅の時間帯であれば郊外の方向に向けて付け待ちしたほうがよいでしょう。場所によって「どちらの方向に向けるべきか?」というのは常に考えてみてください。日頃から付け待ちする場所のリサーチはおこなっておくとよいでしょう。 付け待ちはタクシードライバーにとって休憩になる! 付け待ちは、タクシーを停車させて乗客を待つということです。つまり、付け待ちをしている時間はタクシードライバーにとって休憩の時間にもなります。ただ、乗客の少ない場所で付け待ちをしていると、乗客を乗せる回数が少なくなり、待ち時間も長く感じてしまって焦りが出てしまうかもしれません。タクシー需要のある場所で付け待ちをすれば精神的にも体力的にも負担が軽くなるはずです。付け待ちを上手に活用して、乗客を待つ時間に精神的・体力的な面で体を休め、効率よく稼いでください。 以上がタクシーの付け待ちで稼ぐコツとなります。付け待ちはタクシードライバーの収入を左右するものです。ここで紹介したポイントを意識し、上手に付け待ちをして賢く稼いでいきましょう。

タクシーでチップをもらったらどうするべきか?

タクシーでチップをもらったらどうするべきか?

日本ではあまり馴染みのないチップの文化。実はタクシードライバーの仕事はチップをもらえる機会がある数少ない職業の1つです。しかし、チップ事情について知らなければ、もらったときにどのようにすればよいのか迷ってしまうことでしょう。そこで、ここでは日本のタクシーにおけるチップ事情について詳しく見ていきます。 日本におけるタクシードライバーのチップ事情 世界の多くの国では、料金の10%程度のチップがタクシードライバーに支払われています。それでは、日本の場合にはどうでしょうか。基本的には、日本ではチップの習慣はなく、それはタクシードライバーにおいても例外ではありません。しかし、ほかの職業と比べるとチップをもらえる機会は多い傾向にあります。実際にチップをもらった経験のあるタクシードライバーは多くいます。タクシードライバーとして働くメリットの1つにチップを挙げる人もいるほどです。 ちなみに、日本におけるチップは、小さな紙袋に包んで渡されることがマナーとされていますが、タクシードライバーについては紙袋なしでそのまま現金を渡すことが多くなっています。それは、お釣りをチップとして渡すお客様が多いためです。 どんなときにチップが支払われるか? それではどのような場面でチップが支払われるのでしょうか。タクシードライバーがチップを受け取ることの多いシチュエーションは、お釣りの小銭が多くなるときです。例えば、タクシーの料金が1,700円でお客様が2,000円を渡したとき、300円のお釣りをチップとするケースです。 また、お客様の荷物をトランクルームに出し入れしたときなどにもチップが支払われることがあります。ちなみに、バブル時代では1万円ほどのチップがもらえたこともあったようです。 チップは受け取ってもいいの? チップを渡された場合には基本的に受け取っても問題ありません。断るのではなく、笑顔でありがたく頂戴することによってお客様も嬉しい気分になることでしょう。タクシードライバーに渡されるチップは、タクシー会社による決まりがなければ全額ドライバーのものとなります。そのため、チップはタクシードライバーにとって嬉しい副収入になるのです。 いかがでしたでしょうか。ここまでタクシー業界におけるチップ事情について見てきました。忘れてはいけないのは、チップはあくまでもサービスの対価ということ。心をこめたサービスあってのものだということは忘れないようにしましょう。運転技術を向上させたり、地理に詳しくなったり、日々の努力を惜しまないことが大事です。 さらに、コミュニケーションの技術も磨くとよいでしょう。チップをもらえるようなタクシードライバーを目指してみてはいかがでしょうか。

よく読まれている記事

注目の求人

コンテンツバナー0