【これからドライバーになる方向け】免許の種類

キャリア関連
【これからドライバーになる方向け】免許の種類

知っておこう!免許の種類

ひとことに「ドライバー」や「運転手」といっても、たくさんの種類があるのはお分かりだと思います。
大型トラックの長距離ドライバー、小型トラックの配送ドライバー、高速バスの運転手、タクシードライバーなどなど、これらの仕事はそれぞれ必要な免許が変わってきます。自身のなりたいドライバーは一体どの免許が必要にるのでしょうか。今一度確認しておきましょう。

免許の種類と運転可能な車

道路交通法が平成19年6月1日に改正されたことで、新たに中型免許というカテゴリーが新設されました。下の表を見るとお分かりの通り、中型免許は「重量5~11トン、積載量3~6.5トン。定員11~29人」の範囲内で運転が可能な免許ですが、道路交通法改正前に普通免許を取得された人ならば、「重量8トン未満、積載量5トン未満、定員10人以下」の範囲内で運転することが可能となっています。

つまり、積載量4トンのトラック、通称「4トントラック」を運転する場合は、平成19年6月1日以前に普通免許を取得していれば、運転することができますが、それより後の方は中型免許を取得する必要があります。

免許の種類 重量 積載量 定員
大型免許 11トン以上 6.5トン以上 30人以上
中型免許 5~11トン 3~6.5トン 11~29人
普通免許 5トン未満 3トン未満 10人以下

また、タクシーやバスなどのお客様を乗せる場合には、それぞれ車の大きさによって、「大型第二種免許」や「中型第二種免許」「普通第二種免許」が必要となります。

免許の種類と取得費用

それでは免許の取得には一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか。先ほどもお伝えしたとおり、平成19年6月1日以前に普通免許を取った人(表の中では、「中型8t限定」)とそれ以降に免許を取った人(表の中では、「普通」)によって費用は変わってきます。

 

中型免許を取得するための費用

現在の免許の種類 費用
中型8t限定 7万円~12万円程度
普通免許 17万円~25万円程度

中型免許を取得するための費用

現在の免許の種類 費用
中型8t限定 7万円~12万円程度
普通免許 17万円~25万円程度

大型免許を取得するための費用

現在の免許の種類 費用
中型 20万円~30万円程度
普通免許 35万円~45万円程度

 

これらの免許以外にも、けん引免許や大型特殊免許が存在しますが、それぞれ8~12万円程度で免許を取得できます。

まずは相談してみよう!

専任コンサルタントから
非公開求人紹介させていただきます。

詳しくは
こちら

「ドライバーズワーク タクシー」は、あなたの新しいキャリアのスタートを応援しています!

「ドライバーズワーク タクシー」は、タクシドライバー・タクシー運転手に特化した転職・求人サイトです。タクシーの現任者の方向け求人はもちろん、タクシー業界未経験の方への求人も多数そろえています。2種免許の取得支援や両希望の方、保証人のいない方へのタクシードライバー求人もたくさんあります。また、気になる求人情報を保存したり、オススメの求人情報をメールで取得したりすることができます。是非、あなたの希望の条件で、最適な求人をお探しください。