閉じる×

会員登録(無料) 採用担当者様へ 運送求人はこちら
コンテンツバナー0

知らなかったでは遅すぎる!タクシー現任者・業界の転職事情

知らなかったでは遅すぎる!タクシー現任者・業界の転職事情

タクシードライバー経験がある・二種免許保有はタクシー会社転職に有利?

今はどこのタクシー会社も人手不足に陥っており、タクシードライバーの需要は高まる一方です。しかしながら、よく皆さんが勘違いされやすい点に、「タクシードライバー経験がある」「二種免許を保有している」ということで、どのタクシー会社でも入れるかというと決してそうではないという事があります。実はタクシードライバー経験者(現任者)は場合によっては採用選考において、未経験(養成者)よりも厳しく見られる場合があります。今回は当社のキャリアアドバイザーが良く耳にする現任者にだけありがちな転職事情の一つをご紹介します!

無料会員登録

養成者には優しく現任者には厳しいタクシー業界

前述のとおりタクシー業界は慢性的な人手不足にあり平均年齢も58才と高齢化が進んでいる状態です。ドライバーの若返りと、他業種からの採用・養成が業界全体としての課題となっていますので、未経験者には少しでも多くの方にタクシー業界に興味関心をもってもらうべく、入社時の負担になりがちな二種免許取得費用をタクシー会社で負担したり、入社支度金や入社祝い金を支給したり、乗務時数か月から1年の間、給料保障を行うというような優遇を行っています。その一方で、タクシードライバー経験者(現任者)を採用する場合は、もちろんタクシー会社にもよりますが基本的には選考基準自体が未経験者とは異なります。

関連記事 タクシードライバーの平均年齢!高齢化と勤続年数についてのレポート
関連記事 未経験でもタクシードライバー(運転手)に就職・転職できる?

現任者が受ける確認事項

では、具体的に現任者はどういった観点で厳しく見られるのでしょうか。キャリアアドバイザーが採用担当者から求められる確認事項の代表例を紹介します。

  • タクシー業界での経験年数
  • タクシー会社の経験社数(転籍回数)
  • 退職理由(転職理由)
  • 過去の営業成績
  • 過去の違反内容

良く気にしているのは経験社数・在籍年数

その中でもタクシー会社の採用担当者が一番気にされるのは、経験社数と在籍年数です。この二点に加えた各退職理由は、面接の場でも具体的にズバズバと質問を受けることが多い箇所です。これはタクシー業界に限った話ではありませんが、特に1年未満での退職が複数ある場合などは良く確認を受けますし、正直かつ正当な理由を伝える必要があります。

どうしてもやむを得ない事情があるなら正直に伝えた方ががいいでしょう。

見送りになりやすい例

面接でよく見られる失敗例は、採用担当のストレートな質問や少し手厳しい聞かれ方に萎縮してしまって、返答に困ってしまったり、しっかりとした受け答えができなくなることです。例えば

  • 「株式会社◎◎は、せっかく入ったのになぜこんなにすぐに辞めてしまったのですか?」
  • 「この在職期間はとても短いですね、何かあったんですか?(辛かったですか?)」
  • 「ウチは厳しいですが大丈夫ですか?」

などです。正直、退職理由や転職に対する不安の促しをストレートかつやや高圧的な態度で急に聞かれたら、平常心を保つのは難しいかもしれません。

しかしながら、採用担当も候補者であるあなたを萎縮させようとして威圧的な態度を取っている訳ではありません。こういった方法でストレス体制を見ていたりします。タクシードライバーの業務は接客業であるうえ多種多様な年齢、性別、性格の乗客の対応が必要になるほか飲酒された方も中にはいます。そういった環境下で、高圧的な乗客が居た場合にどう対応するのかを面接で試しているのです。ここは冷静に質問内容を見極めて、毅然とした誠意のある対応を心がけると好印象を持たれます。

転職回数の多さよりも、それぞれの理由を重視している

転職回数が多いこと自体が悪いというよりは、退職理由が不明瞭な職歴が多いと見送りになりがちです。退職理由はなるべく好印象をもたれるような話し方を準備しておくことが望まれますが、いつもいつも正当な理由ばかりでは無いケースもあります。そういった場合はとにかく正直に話すことです。自分の至らなかった箇所があれば反省している旨を添えることと今後に向けた意欲をセットで話すことで相手への印象はアップさせることができます。

各タクシー会社の採用要件における現任者の取り扱い

現任者の転職において、未経験者に無いものがもう一つあります。それは「現任の方は面接お断り」と、書類選考に通過できず、面接自体を受けられない場合があることです。各タクシー会社ともドライバー不足がある中ではあるのですが、これが実情です。

タクシー業界はとても狭い

専門的な業界でもあるせいか、タクシー会社同士は意外と関係が深く、経営者同士や採用担当同士が知り合いというケースは多々あります。他の業界にもある話ですがタクシードライバーを引き抜きするような行為は業界内でもタブー視されており、起きてしまうと会社同士でのトラブルになったり悪い評判が業界内に広がる恐れもあります。これを気にして、現任者の採用は慎重になるタクシー会社もあるということです。タクシー会社の採用要件における現任者に関わる部分を抜粋してご紹介します。

  • ◎社以上、別のタクシー会社で実務経験がある方は採用しない
  • 特定の◎◎会社で実務経験がある方は採用しない(同じグループなど)
  • 採用は可能だが、別のタクシー会社に在籍している間は面接できない(退職後でないとできない)
  • ◎年以上、別のタクシー会社で実務経験がある方は採用しない
  • 現任者は一切採用しない

リファレンスチェック(前歴確認)がある

面接後にリファレンスチェック(前歴確認)を行う会社もあります。これは履歴書に記載された前職勤務先(場合によってはそれ以前の勤務先)に連絡をして、移籍で採用するかも知れないという挨拶を兼ねつつ、当時の勤務態度や成績を伺うものです。


タクシー業界は横の繋がりが大変深い業界です。これらを踏まえると、何があろうと退職の仕方は円満にしておくことに越したことは無いということがわかるかと思います。前の職場に迷惑を掛けて退職しては、転職先にもそれが知られる場合があるということです。ぜひ円満退職を心がけましょう。

関連記事 タクシー会社に就職・転職する場合の選び方

いかがでしたか?

タクシードライバー経験者(現任者)の転職にあたっては、直接タクシー会社に応募するのもいいですが、ドライバーズワークのような転職支援サービスに相談してみることをぜひお勧めします。転職支援サービスを利用すれば面接に行かずに詳細な募集情報を知れるほか、匿名応募ができるので無闇に複数のタクシー会社に面接に行く必要もなく、希望が叶う必要最低限の応募で済むため効率的な転職活動を行えます。気軽にご相談ください。

無料会員登録

未経験歓迎の求人

未経験歓迎の
求人一覧はこちら

この記事を書いた人

株式会社ミライユのロゴ

株式会社ミライユ
ドライバーズワーク編集部

株式会社ミライユは2014年に創業、少子高齢化・労働力不足といった社会問題を雇用創出や就職支援を通じて解決すべく、社会貢献性が高い業界・領域に特化して転職支援サービスを展開している企業です。中でもタクシー業界、運送・配送業界、警備業界、10代20代の転職市場に精通しています。

タクシードライバーへの転職で失敗しないために

タクシードライバーの転職で失敗しないためには、ぜひドライバーズワークご登録・ご相談ください。タクシードライバーは中高年になってからも末永く続けていける数少ない仕事のひとつであり、未経験からでも活躍のチャンスがたくさんある職種ですが、タクシー会社によって特徴はさまざま。どんな基準で選べば良いのか?未経験だが大丈夫か?などの心配も出てくることと思います。専任のキャリアアドバイザーが一人ひとりの担当に付き、転職にまつわるあなたのお悩みにお答えするだけでなく、転職をするべきなのかどうか、転職をする場合にどういった基準で会社選びをすれば良いか、などを一緒に考え丁寧にお伝えします。まだ転職するかどうかを迷っている段階の方も大歓迎ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

無料会員登録

関連記事

タクシー運転手になるにはどんな資格が必要?ドライバーの条件とは

タクシー運転手になるにはどんな資格が必要?ドライバーの条件とは

タクシードライバー(タクシー運転手)に必要な資格の概要 タクシードライバー(タクシー運転手)に必要な資格は二種免許です。 東京・神奈川・大阪の一部の都心エリアでタクシー運転手として働くには地理試験の合格が必要になります。 タクシー運転手と一括りにしましたが、法人に所属して乗務する運転手と個人で乗務する運転手の2種類があり、それぞれ法人と個人のタクシー運転手になる方法は少し異なります。 法人タクシーと個人タクシーで運転手に必要な資格は異なる? まずは、法人と個人でタクシー運転手になるまでの流れを確認しておきましょう。 これを見てお気づきのように、法人に所属してタクシー運転手になる場合であっても、個人としてタクシー運転手になる場合であっても、必要となる資格は同じです。 関連記事 個人タクシーの運転手になるには?法人タクシーとの違いとは タクシー運転手(タクシードライバー)に必要な資格 ・二種免許の取得(受験資格:満21歳以上、第一種免許を取得してから3年が経過している) ・地理試験の合格(東京都・神奈川県・大阪府のうち一部の地域でタクシー運転手になる場合) タクシー運転手として、お金をもらってお客様を乗せる場合には必ず二種免許を取得しなければなりません。二種免許の受験をするには、21歳以上かつ、第一種免許を取得し、免許停止期間を除いて3年以上経過している必要があります。 また、東京都・神奈川県・大阪府のうち一部の地域でタクシー運転手になる場合には、該当エリアの道や建物について詳しくなくてはならず、地理試験の合格が必要となります。 「二種免許」とは 自分の車を運転するのに必要な免許は「第一種運転免許」、タクシーやバスのように"事業としてお客様を乗せてその対価としてお金を頂く場合"に「第二種運転免許」が必要になります。 一般的な乗用車を運転する際に必要になるのが「普通自動車第一種運転免許」なので、タクシー運転手として働くには「普通自動車第二種運転免許」が必要、ということになります。「二種免許」が必要とされる車両には、一般のナンバープレートとは異なる商業ナンバーがつけられています。 二種免許については、道路交通法の第八十六条に次のように規定されています。 『旅客自動車であるものを旅客自動車運送事業に係る旅客を運送する目的で運転しようとする者は、当該自動車の種類に応じ、第二種免許を受けなければならない。』 あくまで旅客自動車としてお金をもらってお客様を運ぶために必要であり、家族や友達を乗せることは事業目的ではないので一種免許で問題ありません。お客様を乗せずにタクシーを運転するだけであれば二種免許は不要です。あくまで、お客様を乗せてお金を頂く場合に二種免許が必要となるのです。ちなみに、飲み会の帰りにお世話になる運転代行を行う場合も二種免許が必要になります。 関連記事 二種免許の取得について 関連記事 【地理試験の疑問】過去問・テキストの入手方法や受験場所・時期!タクシードライバーになるには必要? 「二種免許」の種類 通常の運転免許に中型や大型といった種類があるように、二種免許にも車両の大きさや種類に併せた分類がございます。タクシー運転手に必要な資格は「普通第二種免許」ですが、バスの運転手であれば「中型第二種免許」や「大型第二種免許」が必要になります。中型と大型は乗車人数や車両の重要によって区分されています。 さらに二種免許の中にはマイナーな資格ですが、「大型特殊第二種免許」と「牽引第二種免許」がございます。 「大型特殊種免許」はクレーン車やショベルカーなどが該当しますが、そういった特殊車両を旅客目的で使用されることは少ないので、あまり実用性のある免許ではないようです。「牽引第二種免許」はトレーラーバスのために必要ですが、現在は西東京バスの「青信号」が唯一のトレーラーバスなので、こちらも実用性のあまりない免許です。 大型免許を所有していれば、中型二種や普通二種も兼ねることができるので、バスの運転手がタクシー運転手になる場合、そのままでOK、ということになります。 二種免許の受験資格 二種免許の受験資格は満21歳以上であり、第一種免許を取得してから3年が経過している事が条件です。免許取り消しなどにあっていた場合は、その停止されていた期間は除いた期間の累積となります。大型免許、中型免許、準中型免許、普通免許、大型特殊免許の第一種免許のうちひとつでも3年以上あればOKです。 また、視力は両目0.8以上片目0.5以上と第一種免許の両目0.7以上、片目0.3以上と比べて若干厳しくなっています。さらに立体感を図るための視力検査も行われます。他人の命を預かることにもなるのでこうした適性検査が厳しくなるのも納得ですね。 二種免許の学科試験 問題形式はマークシート式で全部で95問。(文章問題90問、イラスト問題5問)。文章問題が1問1点、イラスト問題が1問2点の合計100点満点の試験です。90点以上で合格です。一種の試験に比べ応用問題が多く、難易度も高くなっています。 また普通第二種と大型第二種、大型特殊第二種、けん引第二種の試験問題が同じであるため、タクシー運転手になりたくても、バスに関しての問題なども解く必要があります。ちなみに、他の二種免許を取得している場合は学科試験免除になります。 二種免許の技能試験 一種免許取得の時と同様に教習所内での試験と路上試験があります。第一種免許に比べ採点内容の基準は厳しく90点以上(一種免許の技能試験は80点以上)で合格となります。教習所内ではV字型の鋭角コースの旋回や縦列駐車、方向転換が出題されます。 二種免許取得に苦労する人は意外にも運転技術に自信のある方のようです。普段の運転でついてしまった癖によって不合格になってしまうケースも多いようです。もう一度基本的な運転技術を改めて見直すようにすることが必要です。 二種免許取得に必要な講習 二種免許取得に必要な上記の学科試験と技能試験に合格した後、応急救護処置講習と旅客者講習という講習を受講する必要がございます。 講習名 主な内容 講習時間 料金 応急救護処置講習 ・応急救護処置の基礎知識・応急救護の実技(心肺蘇生法、止血法等) 6時間 8,400円 旅客者講習 ・運転に係る危険の予測・夜間や悪条件下での運転・子供、高齢者、身体の不自由な方への対応 6時間 18,600円 出典:一般社団法人東京指定自動車教習所協会 二種免許取得期間と金額について ①自分で教習所に通って取得するパターンと②二種免許取得制度があるタクシー会社に入社してから取得するパターンがございます。 ①の場合、通いと合宿で多少前後しますが、220,000円~250,000円で7~10日ほどで取得可能です。 ②の場合、費用を会社で全負担してくれるところがほとんどなので費用については心配することはありませんが、一定期間以上勤務しないと返済義務が発生するといった会社も多いです。多額の免許取得費用を負担してすぐに辞められては会社も利益が出せないので当然ですね。応募条件や面接などで確認しましょう。 「地理試験」について 東京・神奈川・大阪といった都市部でタクシー運転手になるためには地理試験に合格する必要があります。タクシー運転手はお客様を安全かつ迅速にお送りする必要があるため、営業区域内の地理について詳しくなければなりません。営業エリア内にある道路や交差点の名称などをはじめ、有名な建物の所在地などの知識が必要になります。このほか、目的地まで向かう際の最短ルートや、そのルートの運賃や所要時間なども正確に把握しておくことが必要です。 地理試験が必要な具体的なエリアについて以下のとおりです。 東京都・・・23区と武蔵野市、三鷹市(23区は、別名特別区とも言われています) 神奈川県・・・横浜市、川崎市、横須賀市、三浦市 大阪府・・・大阪市、池田市、箕面市、茨木市、高槻市、摂津市、島本町、豊中市、吹田市、東大阪市、八尾市、守口市、門真市、堺市、高石市、泉大津市、和泉市、忠岡町 地理試験の内容について 地理試験の正式名称は「輸送の安全及び利用者の利便の確保に関する試験」であり、「指定のエリアに関する地理に関する内容」と「タクシー事業に係る法令、安全及び接遇」の二科目がございます。両方とも合格して初めてその地域でタクシードライバーとして従事できるようになります。 「指定のエリアに関する地理に関する内容」としては、地図で示された主要幹線道路を答えるものと地図で示された主要施設を答えるものが出題されます。応用問題として、主要施設と市区町村、駅との関係を問うものや、乗車地から降車地までの最短経路を問うものなどがあります。 「タクシー事業に係る法令、安全及び接遇」については、下記のような内容が出題されます。 法令・・・道路運送法、タクシー業務適正化特別措置法、その他の関係法令に関すること 安全・・・当該指定地域における交通事故の発生状況、交通事故の防止及び事故発生時の措置に関すること 接遇・・・タクシーの運転者の基本的な心構え及び接遇に関する事項や高齢者・障害者等の乗車、降車等におけるタクシー運転者の対応に関すること 地理試験の試験会場について タクシーの地理試験の開催場所は、各県のタクシーセンターにて実施しています。以下に東京、神奈川、大阪の地理試験会場についての詳細を記載します。また、大阪の地理試験の概要が変更になりタクシーセンターでの講習(4日間)を受講するのが義務付けられており、講習の最終日に地理試験を受ける流れになります。 東京都の地理試験会場について 施設名 公益財団法人東京タクシーセンター 住所 東京都江東区南砂7-3-3 開催日 月・火・金曜日(但し、休日、祝日及び12月29日から12月31日までと1月2日、1月3日を除く) 受付時間 「地域に係る地理」を受験される場合は午前10時まで「法令、安全及び接遇」を受験される場合は午後1時まで 所要時間 各科目申請手続きから合格発表まで概ね2時間 受験料 各科目ごとに3,400円) 問題数 地域に関する地理の科目は40問中32問以上で合格法令、安全及び接遇の科目は45問中36問以上で合格 合格発表 所要時間内に発表します 持ち物 受験料、運転免許書、筆記用具(鉛筆、消しゴム、ボールペン) 参考URL 公益財団法人東京タクシーセンター 神奈川県の地理試験会場について 施設名 一般財団法人神奈川タクシーセンター 住所 神奈川県横浜市中区日ノ出町二丁目130番地 開催日 月・金曜日(※月曜日は法令、安全及び接遇の試験のみ) 受付時間 「地域に係る地理」を受験される場合は午前9時~9時20分まで「法令、安全及び接遇」を受験される場合は月曜日午後1時~1時20分、金曜日午後2時~2時20分 試験時間 各科目1時間 受験料 各科目3,400円 問題数 地域に関する地理の科目は40問中32問以上で合格法令、安全及び接遇の科目は45問中36問以上で合格 合格発表 所要時間内に発表します 持ち物 受験料、運転免許書、筆記用具(鉛筆、消しゴム、ボールペン) 参考URL 一般財団法人神奈川タクシーセンター 大阪府の地理試験会場について 施設名 一般財団法人大阪タクシーセンター 住所 大阪府大阪市鶴見区鶴見4丁目5番9号 開催日 事前に申込みが必要なので、タクシーセンターに要確認 受付時間 事前に申込みが必要なので、タクシーセンターに要確認 試験時間 各科目1時間 受験料 各科目3,400円 問題数 地域に関する地理の科目は文章問題40問(○×式:25問、選択肢式:5問、地図問題:10問)80点以上で合格法令、安全及び接遇の科目は文章問題15問(○×式:10問、選択肢式:5問)80点以上で合格 合格発表 所要時間内に発表します 持ち物 受験料、運転免許書、筆記用具(鉛筆、消しゴム、ボールペン) 参考URL 一般財団法人大阪タクシーセンター 地理試験のポイント 試験問題は、基本問題25問、応用問題25問という構成です。前半の基本問題をなるべく全問正解できるようにするのが合格への近道です。 基本問題は、東京であれば6パターンの主要幹線道路、交差点図と主要施設図が用意され、必ずその中から出題されることが決まっています。この6パターン×2の12パターンの幹線道路、交差点、主要施設を完全暗記してしまい25点確実に得点できるようになってしまえば、応用問題は25問中7問正解すればよいことになります。 地理試験の初回での合格率は一般的に4割くらいと言われ、難易度の高い試験といえます。何度でもチャレンジできる試験なので、繰り返しトライして合格する方もたくさんいらっしゃいます。1度失敗してもあきらめずにチャレンジしましょう。 勉強方法としてはやはり暗記がポイントです。各タクシーセンターでは過去問題集が販売されていますので、ひたすら暗記に取り組みましょう。タクシー会社によっては入社後の研修として地理試験の勉強ができる会社もあるのでそういった研修を利用するのも一つの手でしょう。 暗記することはとても大変なことですが、お客様の行き先に最短ルートで案内できたり、効率的に流し営業ができるようになったりと実務に直結することなので試験のために、というより実務でどう活かしていくか、を考えて勉強を進めるとよいでしょう。 関連記事 【地理試験の疑問】過去問・テキストの入手方法や受験場所・時期!タクシードライバーになるには必要? タクシー運転手に必要なスキルについて タクシー運転手になるためには以下のようなスキルも大切なので試験勉強と併せて日々磨いていきましょう。 安全運転のスキル 当然のことながら運転技術は必要です。タクシー運転手に求められる運転技術は、安全運転であること。また、丁寧な運転であることです。事故を起こさないことはもちろんですが、急ブレーキや急発進も避けてください。なるべく車の揺れが少ない運転ができるとお客様の満足度も高くなるでしょう。運転が荒くならないように気を配り、お客様を不快にさせないよう心がけてください。コップに水をいれて零さないような練習も効果的かもしれませんね(笑) 接客のスキル 忘れてしまいがちですが、タクシー運転手は接客業です。接客のスキルも大切です。人と接するのが好きでコミュニケーション能力のある方、どんな人に対しても笑顔で明るく接することのできる方は、接客スキルが高いケースが多いでしょう。また、気配りができることも大事なスキルの1つです。些細なことであっても、常にアンテナを張って、お客様に対して丁寧に接することが大事です。 地図を暗記するスキル タクシー運転手という仕事柄、地図を暗記できるスキルはあったほうがよいでしょう。タクシーにはカーナビが搭載されていることが多いですが、カーナビを入力している時間は意外とお客様のストレスになってしまうもの。やはり自分の走るエリアの地理には詳しいほうがよいでしょう。すぐに道を覚えられるスキルがある方はタクシーの仕事も難なくこなせるはずです。 いかがでしたでしょうか。ここまでタクシー運転手に必要な資格やスキルについて見てきました。タクシー運転手は努力次第で収入アップが見込める仕事です。ぜひタクシー業界で活躍してみてはいかがでしょうか。もし今、転職先を探しているのであればタクシードライバー・運転手の求人・転職ならドライバーズワークをご利用ください。 関連記事 タクシー運転手が知っておくべき接客やビジネスマナー 関連記事 タクシー運転手の研修ってどんなことをするの?教育体制は?

タクシー運転手(タクシードライバー)になるには?年収、待遇など実は隠れた良い仕事!

タクシー運転手(タクシードライバー)になるには?年収、待遇など実は隠れた良い仕事!

タクシー運転手(タクシードライバー)に対する誤ったイメージ タクシードライバーが足りません。タクシー業界は深刻な人出不足に陥っています。ドライバーズワークはなんとかタクシードライバーになりたいと考える方を増やしたいと思っています。もちろん、現在既にタクシードライバーで仕事をされている方の転職の相談をお受けする機会も多いのですが、タクシードライバー人口を増やすためには、タクシードライバー未経験の方をタクシー業界にお連れしなければなりません。ただ、そのためには世間一般に定着していると思われる、誤ったタクシー業界に対するイメージを払拭する必要があると考えました。ここではタクシー運転手という職業の魅力をドライバーズワークなりに考え発信します。 世間一般的なタクシードライバーのイメージ 周囲の人たちにタクシードライバーについてどのようなイメージを持っているか聞いてみました。 タクシードライバーのイメージ ・不景気の影響を一番先に受け、景気の恩恵を一番先に受ける ・リストラされてどこにも就職先がない人が行き着く業界 ・夜勤もあるのにかかわらず安月給 ・出稼ぎの労働者 ・歩合制の過酷な労働環境 などなど、散々な言われようでした。確かに、この業界への関わりがあまり無いと、似たイメージを持ちがちですよね。 日本人の平均収入はどのくらいなのか? 令和2年9月に発表された国税庁の民間給与実態統計調査によれば、日本人の平均年収は436万円ということです。年収レンジ別の人口としては、男性では年収300万円台の方々が一番人数が多く、女性では年収100万円台の方々が一番人数が多いという結果になっています。これが実態です。 タクシードライバーの平均収入はどのくらいなのか? 安月給というイメージがついてしまっているタクシードライバーですが、実際どうかというとまったくそんな事はありません。タクシードライバーの給料体系は、一般のサラリーマンと比べると歩合の比率が多いです。その比率は各タクシー会社によって変わりますが、おおよそ、売上高の50〜60%がタクシードライバーの給与なることが一般的です。ちなみに、タクシー業界は国土交通省 関東運輸局へ定期的な売上報告義務があり、売上実績なども公表されるため、そのデータをもとにある程度の概算をすることも可能です。タクシー1台当たり、1か月当たり売上高は平均で約54万円で、タクシードライバーの給与にあたる歩率を60%とすると、54万円×60%で想定月収324,000円、その12か月分とした想定年収は3,880,000円と換算できます。年収レンジ別の人口に照らし合わせると、男性の一番のボリュームゾーンが300万円台ですから、その上位にあたります。以上を踏まえると安月給ではないことがわかると思います。なお、歩合制につき、営業成績次第では月給50万円、60万円と稼ぐ方々も多数いらっしゃいます。 関連記事 タクシードライバーの給料・年収・手取りについて 関連記事 未経験でもタクシードライバー(運転手)に就職・転職できる? タクシードライバーの3種類の給与体系 タクシードライバーの給与体系は大きく「固定給与制度」「完全歩合制度」「固定給+歩合給」の3種類に分けられますが、ほとんどのタクシー会社は歩合制を導入しており歩合の比率は売上が高い程比率も高くなります。この固定給と歩合給のバランスや、賞与の有無や支給方法によりタクシー業界では「A型賃金」「B型賃金」「AB型賃金」などの給与方式の名称もありますが、近年この定義に対する解釈はタクシー会社によっても変わってきました。気になるタクシー会社や応募先に対しては、固定給と歩合の比率と賞与の支給方法をそれぞれ確認する方がわかりやすいです。なお、最低賃金が法令により定められていますので、いずれの給与体系であっても、支給が一切無い、もしくは支給額が最低賃金を割り込むことは基本的には無いと考えられます。 関連記事 タクシードライバーの給与体系・仕組み 新着タクシー求人を見る タクシードライバーは高齢でも稼げる!女性でも稼げる! タクシードライバーの年齢層についてですが、現在かなりの高齢化が進んでいます。業界に対するイメージからか、若年層がなかなか志望しないことが背景にあります。一方で、ご年配のタクシードライバーの方々が活躍している事実があります。高齢でも若い方と変わらずに働き、営業成績をあげられる環境がある一方で、営業時間中に誰かからとやかく言われることも無く、比較的自由度が高い点もタクシードライバーという仕事の魅力です。他業種の仕事で、60代や70代になって月給30万円以上を稼ぐことは簡単ではありませんが、タクシードライバーであればそれが普通に可能です。また、女性年収の一番のボリュームゾーンは100万円台ですが、300万円台、400万円台を普通に稼げます。こういった魅力は、意外と知られていないことです。 関連記事 タクシードライバーの平均年齢!高齢化と勤続年数についてのレポート タクシー業界に対する世間一般のイメージ 周囲の人たちに、タクシー業界についてどのようなイメージを持っているかも聞いてみました。 ・不景気の影響を一番先に受け、景気の恩恵を一番先に受ける為利益が出ない ・リストラされてどこにも就職先がない人がいくつく場所なので組織運営が大変 ・ブラック企業 などなど、これまた散々な言われようでした。 タクシー業界のイメージを悪化させたと思われる2002年の規制緩和 なぜここまでイメージが悪くなってしまったのでしょうか?それは、2002年の小泉内閣時代の規制緩和によるものが大きいと考えています。当時の規制緩和はこちらの通りです。 ■小泉内閣時代のタクシー業界規制緩和 ・許可制から事前届出制に ・最低保持台数を60台から10台に ・営業所および車庫を所有からリースでもOKに ・タクシー車両を新車から中古車でもOKに と大幅な規制緩和がなされ新規参入が促進されました。この取り組み自体は奏功し、これによりタクシー台数が劇的に増加していきました。しかしながら、タクシー乗客数にも限りはありますから供給過剰が状態が発生、その結果としてタクシー1台あたりの売上は減少していきました。タクシードライバーは、休憩を取らずに車を走らせたり、交通ルール違反をしたりと、乗客獲得のために無理が重なるようになりました。その結果、交通事故件数が増加してしまったのです。 2009年に実質的に新規参入、増車を規制、そして減車の促進 このような状況を経て、2009年にタクシー業界は再編のための規制がかかります。大きな流れとしてはとにかくタクシーの台数を減らすというものです。 新規参入が実質的にはできないように ・最低保持台数を東京の特別区では10台~40台に ・事前届出制から再度許可制とし、新規需要がない限り認めない と変更がなされました。既存の事業所の増車も新規参入と同様、許可制とし新規需要がない限り認めないとしたので実質的に増車もできないような形となりました。そしてさらに増えすぎてしまったタクシー台数を減らすために、業界全体の自主減車を促そうと、自主的に減車を行った場合は監査を免除するという事にしたため2008年のピークから現在に至るまでに毎年減車を続けています。 タクシー業界ほど安定した業界はない 現在なお、タクシー会社の新規参入は不可能な状況で、既存のタクシー会社も増車はできません。つまり、今走っているタクシーの台数以上に増えることは基本的にありません。これは市場としては非常に恵まれた環境であるということがいえます。どの業界もグローバル化、ICT化によるパラダイムシフトにさらされています。数年前までは大手で盤石だと思われた企業があっという間に凋落していく時代です。そのような中、日本語の修得、日本の二種免許取得、地理試験合格などのタクシードライバー専任要件を鑑みると外国人に取って代わられるリスクが小さいことや、例えばタクシーの無人化や自動運転化などのICT化の驚異も近年には無さそうだと考えられますし、超高齢社会を迎える日本でのタクシーへの需要は高まっていくことを踏まえると、業界としては恵まれているし、ある意味で将来性も見出だせる業界であることがわかります。 ロンドンタクシーを目指したい ロンドンのタクシードライバーは、日本でのタクシードライバーとは異なり、社会的地位自体が高いことで知られています。ロンドンのタクシードライバーになるためには、日本とは比較にならないレベルの難試験に合格する必要があり、ほんの一握りの合格者でもあるドライバーは自分たちの仕事に誇りをもって取り組んでいます。ドライバーズワークは、日本におけるタクシードライバー人口の増加に貢献し、タクシードライバーという職業を、皆がなりたいと思える職業にすることを目指しています。 新着タクシー求人を見る タクシードライバーの仕事内容 タクシードライバーの仕事は、お客様を安全に目的地まで運ぶことです。その他に関連する業務として車両の点検・清掃、乗車記録の記載、売上金の管理などがあります。 タクシードライバーの勤務形態は、主に日勤・夜勤・隔日勤務の3つのタイプがあります。 ・日勤 朝から夕方までの時間帯に勤務する形態です。一般的な生活リズムで働くことができるため身体的な負担が少なくなります。 ・夜勤 夕方から早朝までの時間帯に勤務する形態です。深夜料金などが発生するため日勤帯で同じ時間働くよりも給料が高くなります。 ・隔日勤務 タクシー業界ではもっとも一般的な働き方で早朝から翌日の明け方ごろまで勤務する形態です。1回の乗務につき20時間程度(内3時間程度の休憩あり)勤務し、翌日は必ず休みとなります。1か月の勤務日数は11日~13日となるため休みが多く、しっかり働きながら体を休ませてプライベートも充実させることができます。 【隔日勤務の一日のスケジュール例】 (1)出勤 点呼・健康チェックを行い、車両点検や清掃を実施します。 (2)出庫 営業所を出発し乗務開始です。電話やタクシー予約アプリ経由で予約を受けたお客様の送迎を行ったり、駅などのタクシー乗り場での待機、タクシーを走らせながら乗客を探す流し営業を行います。 (3)昼休憩 昼食と休憩をとります。 (4)乗務再開 時間帯によってタクシー需要が異なるため当日走行するエリアの人の流れやイベントの有無、天気など様々な情報を配慮して乗務します。 (5)夜休憩 深夜帯の忙しい時間帯の前に夕食と仮眠休憩をとります。 (6)乗務再開 深夜帯は割増し料金となる上、長距離のお客様も増えるため稼げる時間帯です。 (7)帰庫 営業所へ帰庫し車両点検と清掃、その日の売り上げを会社に収めて退勤します。 タクシードライバーの魅力 タクシードライバーの仕事には以下のような魅力があります。 ・自分に合った働き方ができる タクシードライバーの仕事は、自分の都合やライフスタイルに合わせて働くことができます。フルタイムやパートタイム制、日勤や夜勤など柔軟な働き方が可能であるため家庭や趣味などのプライベートとの両立がしやすいとされています。 ・努力が収入に反映される タクシードライバーの多くは、歩合制という自分の売上げによって給与が変動する給与制度となっているため努力次第で収入を上げることができます。乗客を積極的に見つけて効率的なルート選択やサービスの向上に取り組むことで収入を増やすことができますし、乗客からのチップや長距離やVIPの送迎など高額な料金が発生する特別な依頼もあるため頑張り次第で収入が大幅に増えることもあります。 ・時間の融通が利く タクシードライバーの休憩時間の取り方は自分で決められるため、勤務時間が細かく決められている会社員よりも時間に融通が利き、一定の自由な時間を確保できるという利点があります。また、シフト制の選択や自分でスケジュールを調整することで休みや休憩時間を自由に取ることができ自分の予定やプライベートな時間を大切にすることができます。 タクシードライバーの仕事のきついポイント タクシードライバーの魅力をご紹介しましたが反対にきついポイントもいくつかあります。 ・地理に詳しくなる必要がある タクシードライバーは、地域の道路や交通状況に詳しくなる必要があります。乗客を目的地までスムーズに案内するためには、効率的なルート選択や渋滞回避の知識が求められます。特に都市部では交通量が多く、複雑な道路網が存在するため地理に詳しくなることは重要なスキルとなります。 ・お客様との間でトラブルが起こることもある タクシードライバーはさまざまなお客様と接するため、時にはトラブルが起こることもあります。お客様との言葉の衝突や要望の食い違い、支払いのトラブルなどが発生することがあるため、忍耐力や冷静な対応力が求められます。しかし、適切な対処方法やコミュニケーションスキルを磨くことでトラブルを最小限に抑えることができます。 ・生活リズムが不規則になる可能性がある タクシードライバーの仕事は、長時間の勤務や夜間・早朝などの時間帯に働くこともあるため、生活リズムが不規則になる可能性があります。休憩時間や休日にしっかり体を休むことを心がけることで徐々に順応していくことができるでしょう。また、週末や祝日に働くことも多いため一般的な休日とは異なることも考慮しなければなりません。 タクシードライバーの仕事には一定のプレッシャーや困難が存在しますが、知識の習得やトラブルへの対応力を高めることでより充実したキャリアを築くことができます。 タクシードライバーに向いている人の特徴 タクシードライバーに向いている人には以下のような特徴があります。 ・運転が好きな人 タクシードライバーは長時間運転を行うため、運転が好きであることは重要です。道路交通に対する興味や関心があり、運転を通じて楽しみを感じることができる人が向いています。 ・ストレス耐性が高い人 交通渋滞や乗客の要望に応えるなどタクシードライバーはさまざまなストレス要因に直面します。そのため、ストレスに対して冷静に対処できる高い耐性が必要です。どんな状況でも柔軟に対応しプレッシャーを受けても落ち着いて対応することが求められます。 ・素直な人 タクシードライバーは乗客の要望に柔軟に対応する必要があります。素直な性格で、お客様の要求や指示に素早く対応できることが重要です。また、指示や規則を守ることも求められます。 ・コミュニケーション能力が高い人 タクシードライバーはさまざまな人と接する機会が多いため、コミュニケーション能力が求められます。乗客と円滑にコミュニケーションを図り、要望や質問に的確に応えることが重要です。また、聞き上手であり、適切なタイミングで話しかけることができるとより良いサービスが提供できます。 これらの特徴を持つ人は、タクシードライバーとしての能力を最大限に発揮し、お客様に安心感と快適さを提供することができるでしょう。ただし、それぞれの特徴は努力や継続的な学習によっても向上させることができます。 タクシードライバーになるには? 実際にタクシードライバーになるには何が必要になるのか、始めに何をしたらよいのでしょうか。 デビューまでの流れ まずは、タクシー業界でデビューするまでの流れをおおまかにお伝えしていきます。全体の流れとして頭に入れておくとよいでしょう。 1:興味のある求人を調べる。 興味のある求人があれば、給与体系がどうか、営業所がどこにあるのか、条件は合うかといったことを調べます。タクシードライバー・運転手の求人から探してみてください。職種や地域など、細かな条件をつけて検索もできます。そうして、いくつかご自身が納得した案件をピックアップしたら応募していきましょう。 2:面接をして、通過すれば採用となる。 応募すると面接になり、それに通れば採用となります。就職や面接についての不安や疑問は転職成功ガイドで解決できるでしょう。 3:研修を受ける。 採用が決まって、乗務が始まる前には研修があります。研修について詳しくはこちらの記事をご覧ください。 関連記事 タクシー運転手の研修ってどんなことをするの?教育体制は? 4:タクシードライバーとしてデビュー! 研修が終われば、ついにタクシードライバーとしてデビューです。 二種免許の取得と地理試験の合格 タクシーやバスのように“事業としてお客様を乗せてその対価としてお金を頂く場合”には「第二種運転免許」が必要です。これを取得するには第一種免許を取得してから3年以上経過していることが条件となっており、それに伴ってタクシードライバーの求人の条件としても、AT(オートマチック)限定でもよいので、第一種免許を取得してから3年間以上経過していることが必要となります。 また、東京都・神奈川県・大阪府といった都市部でタクシー運転手になるためには地理試験に合格することも必須。入社後の研修で受験できるので、必ずしも入社前に資格を持っていたり試験に合格していたりする必要はありませんが、タクシードライバーになるには必要となります。 二種免許や地理試験などについて詳しくはこちらの記事を参照してみてください。 関連記事 タクシー運転手になるにはどんな資格が必要?ドライバーの条件とは 年齢制限のクリア タクシードライバーになるには年齢制限もあります。というのも先ほど二種免許が必要とお伝えしましたが、その免許を取得する条件として21歳以上というものがあるのです。二種免許を取得できない、つまりタクシーを運転できない21歳未満の場合には残念ながらまだタクシードライバーにはなれません。その一方で、上の制限はありません。タクシードライバーには50~60代の方も多く、70歳を超える方もいます。 関連記事 タクシードライバーの平均年齢!高齢化と勤続年数についてのレポート スキル タクシードライバーとして働き始めたときには、いくつかのスキルが必要となります。 ■ドライビングのスキル お客様を乗せて街中を走るので、ドライビングのスキルが重要です。お客様の要望によっては、狭くて難しい道や、車通りや人通りが多くて難しい道といったところを通らなくてはならないこともあるでしょう。そうしたときに安全に運転するドライビングスキルは重要です。 ■地理把握のスキル 安全に早くお客様が希望する場所までお連れするのがタクシードライバーの仕事です。空いている道や近道などを知っていれば、安全かつ短時間で目的地に到着が可能となります。 ■コミュニケーションスキル お客様が乗車されたら、目的地をお聞きします。目的地を曖昧に伝えられることや、小声で聞き取れないこともあります。そうしたときにどのようにして聞き返したらよいかといったコミュニケーションの取り方も重要です。また、運転中はお客様から話しかけてもらうこともあります。そうしたときにお客様が満足するように話し相手になるためにコミュニケーションスキルが必要となります。 ■常に安全運転を意識するスキル 運転に慣れてくると、安全に対する意識が薄れてしまうこともあります。お客様をいち早く目的地にお連れすることは重要な任務ではありますが、最も大切なのは安全。常に安全運転を意識するスキルが長く勤めるうえで重要です。 ■英語のスキル 外国人の観光客も増えてきた昨今。英語のスキルも必要となることがあります。 関連記事 タクシードライバーに必要な英語のスキル【英会話フレーズ75選】 新着タクシー求人を見る 観光タクシードライバー(観光タクシー運転手)になるには? ここまでは、街中を走っている通常のタクシーについてお伝えしましたが、その他にも観光タクシーやハイヤータクシー、個人タクシーがあります。 バスツアーなどではバスガイドが観光地を案内しますが、観光タクシーの場合はタクシードライバーが観光案内をしていきます。先ほどご紹介したドライビングのスキルや地理把握のスキルなどがあるだけでなく、おすすめの飲食店や穴場の観光スポットなどの情報、観光名所の歴史や有名なエピソードなどに関する知識がなければなりません。 一定以上の水準で観光案内サービスを提供できるよう、観光タクシードライバー(観光タクシー運転手)向けに、認定試験が設けられています。東京都や京都府、北海道など、観光地として有名な都道府県にはそれぞれ認定試験が設けられています。観光タクシードライバー(観光タクシー運転手)になるには、タクシードライバーとして経験を積み、それと同時に観光名所について学んでいきましょう。 関連記事 観光案内・観光タクシー運転手の仕事内容とは? ハイヤードライバー(ハイヤー運転手)になるには? ハイヤーとは、完全予約制の貸し切り送迎車のこと。多くの場合はタクシー会社と企業の間で契約されており、企業の役員や海外VIPの送迎に利用されています。あらかじめ目的地や走るルートが決まっているため、街中を走るタクシードライバーのように抜け道のようなところまで知っておく必要はありません。ただし、地位が高い方をお客様とすることが多いために、事故や粗相のないよう、タクシードライバーの経歴を持つ方のみが求人の対象となることもあります。また、必要となるのはドライビングや安全運転のスキルだけでなく、接し方において正しい礼儀作法ができることが条件となります。 ハイヤードライバー(ハイヤー運転手)になるには、まずはタクシードライバーとして経験を積んでいくことが重要となります。そこで経験を積んでいきましょう。ある程度のスキルがついたらハイヤーの求人に申し込んでみてください。 関連記事 ハイヤードライバー・運転手の仕事内容とは 個人タクシードライバー(個人タクシー運転手)になるには? 個人タクシーとは、許可を受けた個人がお客様を乗せるタクシー事業のことです。1人で運転者と事業者の役割をしなくてはならない反面、営業売上がすべて自分の給料として入ることや通勤の必要がないことなどのメリットがあります。個人タクシードライバー(個人タクシー運転手)になるには年齢ごとにいくつかの条件がありますが、共通したものとして申請日に65歳未満であることという条件があります。こうした条件を満たし、新規に認可を受ける、あるいは既存の個人タクシー事業者から事業の譲渡・相続を受けることで、個人タクシードライバー(個人タクシー運転手)になることができます。 関連記事 個人タクシーの運転手になる条件とは?法人タクシーとの違いとは タクシードライバーが求人を探す際のポイント 給与体系や福利厚生など待遇面の具体的内容をしっかり確認する 前述のとおり、タクシー会社の給与体系は固定給、歩合給のバランスと、賞与有無または賞与支給方式がそれぞれ異なります。営業売上を大きく稼げる場合は歩合給(歩合の比率)が高い歩合制の方が稼ぎやすいと思いますが、歩合制の場合営業売上が期待どおりにならなかった月の支給は下がってしまいますので、良く考えて決める必要があります。また賞与について、固定給や歩合給とは別に会社から支給することが一般的であり、一部のタクシー会社ではその通りの支給方法ですが、歩合給の一部が積み立てられており賞与の時期にまとめて支給されるように決められているタクシー会社もあります。タクシー会社の給与体系は一般企業と比べて複雑になっているので、それぞれをしっかり確認しておく必要があります。 タクシー会社が得意とする集客手段を確認する タクシーの集客と考えるとタクシー乗客が多く居そうな時間帯や場所を職人技のように見定める流し営業のようなスキルを発想しがちですが、タクシー会社の集客手段はいわゆる流し営業だけではありません。専用タクシー乗り場、法人契約、配車アプリの連携などさまざまあります。特に未経験からタクシードライバーになろうと考えている方にとっては、専用タクシー乗り場や法人契約が多いタクシー会社や、配車アプリ経由の配車依頼が見込めるタクシー会社の方が安定した営業売上の確保を見込めます。 カーナビ、キャッシュレス決済などの車両設備を確認する 車両設備もしっかり確認しておきたいポイントのひとつです。ある程度地理に詳しくなればカーナビを使用する頻度は減るかと思いますが、カーナビは最近できたばかりの建物やランドマークなど知らない目的地を告げられた場合の備えになります。キャッシュレス決済は近年首都圏のタクシーに搭載されはじめていますが、キャッシュレス決済の方が精算が断然スムーズで稼働効率が高まります。感染対策については各社必要な対策は行っている印象がありますが、気になる方は詳細を含めてチェックしておくと良いでしょう。 タクシードライバーが収入を増やすコツ 多くのタクシー会社が歩合制を採用していることを考えると、やはり売上成績をあげることが収入アップに直接繋がりやすいです。まずは、所属するタクシー会社が得意とする稼ぎ方を抑えておくことですが、基本的には曜日や時間帯、場所ごとに、いつ、どこに行けば乗客の手挙げや配車依頼を受けられるかなど、稼げるエリア・パターン傾向を抑えることが重要です。そのためには社内の研修内容をしっかり習得する、同僚や先輩から教えてもらう、などが有効です。その他、大きなイベントはスケジュールを把握しておけると良いでしょう。 関連記事 タクシー運転手が高収入を得るコツや稼ぎ方とは?【徹底紹介】 関連記事 タクシー運転手が「付け待ち」で稼ぐコツやポイントとは? 関連記事 タクシーの流しとは?コツを掴んで給料UPへ【流しのコツ10選】 稼げるエリア・パターン傾向を抑える 稼げるパターンを知っておくことで、無駄を少なくし効率的にタクシーを走らせることが可能になります。そのためには、稼げるエリアや街の特徴を日々勉強し理解しながら仕事に取り組むことが大変重要です。「〜駅周辺は、〜曜日の〜時頃賑わっている」「〜エリアは平日の日中はビジネス客が多いが、土日祝日は閑散としている」「〜ビル周辺は、〜曜日の〜時頃に出張で空港に向かう乗客が多くなる」などの細やかな情報を先輩ドライバーから教えてもらったり、またはご自身で走って身につけたりしながら、知識を積み上げていくことが大切です。タクシードライバーの先輩にはお話し好きで面倒見の良い方も多いです。ぜひ色々と聞いてみましょう。また大きなイベント会場で行われる催事は定期的にチェックしておくと良いとされています。お祭りやスポーツの試合、フェス、ライブ・コンサートなどは遠方から観客が来場しますのでタクシー需要が急激に高まりますので稼げるポイントになってきます。 自分なりに稼げる会社を納得して選ぶ 稼げる会社といってもさまざまな観点が考えられます。 歩合の率(歩率) 歩率は営業売上に対する給与支給額の割合を示すものですが、タクシー会社ごとに少しずつ異なります。一律に〜%と決められている場合もあれば、一定の営業売上ごとに歩率が少しずつアップし階段のように設定されている会社もあります。ここだけの観点だと歩率は高いに越した事は無いのですが、タクシー会社によっては別途手当が支給されたり、別途天引きされる費用などがあったりと、算出方法がさまざまです。営業売上と最終的な給与額の関係性は良く確認しておくことが重要です。 集客手段・集客ツール タクシー会社は乗客を集めやすくする仕組みをもっている会社が数多くあります。ディスパッチャー付きの専用タクシー乗り場を保有している、法人契約(タクシーチケット契約)がある、迎車数が多い、配車アプリとの連携がある、配車アプリを自社開発しているなどです。また法人契約に関しては、長距離利用の乗客が多い法人などもあるはずです。タクシー会社によって集客方法もさまざまなので、集客手段や稼ぎ方が自分に合いそうか、このやり方で自分も稼げそうか、をチェックしておくことも大切なポイントです。 タクシードライバーの仕事はドライバーズワーク タクシードライバー・運転手の求人検索の検索機能を活用して、あなたに合った求人を探していきましょう。 新着タクシー求人を見る ドライバーズワークの公式ウェブサイトであるタクノート -タクnote- では、タクシーに関連する様々なコラムを豊富に取り揃え、タクシードライバーとしての知識やスキル、業界の最新トレンドなど貴重な情報を提供しています。ぜひタクノートを利用して、あなたのタクシードライバーとしてのスキルや知識を向上させましょう!

タクシードライバーの給与体系・仕組み

タクシードライバーの給与体系・仕組み

タクシー業界の給与(賃金)体系は、他の業界とは少し変わっており、基本的に歩合制が採用されています。固定給制はほとんどありません。実はひとことで歩合制といってもタクシー業界の歩合制にはいくつかのパターンがあり、それぞれ給与の支給体系が異なります。この記事ではそれぞれの特徴とメリット、デメリットをご紹介します。 ※注意※ 以下でご紹介する賃金体系の定義はあくまで一般的なものであり、企業によって解釈が異なる場合があります。具体的に転職をお考えの際には、固定給、歩合給、賞与それぞれの支給方法を具体的にチェックしておくことを推奨します! タクシードライバーの平均年収 タクシードライバーは、交通機関の一環として日常的に利用され、人々の移動をサポートする重要な役割を果たす職業です。その一方で年収は、地域や経験などの要因によって大きく影響されることがあります。 タクシードライバーの平均年収は、運転スキルや勤務地、勤務時間、乗客対応の質など、多くの要因に左右されますが300〜400万円といわれています。参考までに全産業労働者の平均年収は令和3年度賃金構造基本統計調査によると約489万円でフルタイムで働く現役世代のみの平均年収は一般的なサラリーマンより高い傾向にあります。大都市圏では需要が高く、深夜や早朝などの時間帯に活動するドライバーは、比較的高い収入を得ることができる場合があります。逆に、地方地域では需要が制限されているため、収入もそれに比例して低くなることがあります。 さらに、ドライバーの経験や配車会社も年収に影響を及ぼします。経験豊富なベテランドライバーは、交通ルートやお客様のニーズを理解し、効率的に運転するスキルを持っていることが多いため、高収入を得ることができることがあります。一方、初心者のドライバーは、経験を積む過程で収入が上昇することが一般的です。 タクシードライバーの給与体系は、通常、基本給と歩合給、ボーナス、手当などが含まれます。基本給は安定した収入を提供し、歩合給は運転した距離や売上に応じて報酬が決まるため、効率的な運転やお客様対応が重要です。ボーナスや手当は、会社や地域によって異なりますが、これらの要素も年収を支える一翼を担っています。 最近では、配車アプリやタクシー配車プラットフォームの普及により、ドライバーは自身の努力次第で収入を増やすチャンスが増えています。高評価を得ることで乗客からの評価が上昇し、さらなる仕事の機会が得られることもあります。 関連記事 タクシー運転手が高収入を得るコツや稼ぎ方とは?【徹底紹介】 タクシードライバーの勤務体系 タクシードライバーの勤務体系は、大きく分けて隔日勤務、日勤勤務(昼日勤)、夜勤勤務(夜日勤)の3種類があります。隔日勤務はタクシー業界で一番オーソドックスな働き方です。一回の勤務時間は20時間前後(休憩3時間)、勤務回数は1か月当たり11~13日で残りの日数は全て休日となります。隔日勤務は、いわば二日分を一度にまとめて働く形のため、安定した収入を得ながら休日も多く取得できるというメリットがあります。日勤勤務は一般企業のオフィスワークのように日中に働くもので一日の勤務時間が8時間程度(休憩1時間)、働く時間帯は概ね朝7時~夕方5時まで、勤務日数は1か月22~24日前後です。体に負担をかけたくない方や、昼間のみ働きたい子育て中の方などが多く働いている傾向にあります。夜勤勤務は一日の勤務時間は8時間程度(休憩1時間)働く時間帯は夕方5時~夜2時までで、勤務日数は1か月22~24日前後です。深夜帯には運賃が深夜割増になるため、昼日勤に比べ収入が多くなります。 関連記事 タクシードライバーの勤務体系・勤務時間を勤務スタイルの例で徹底解説!   タクシー運転手の年収や給料に関する様々な賃金体系 タクシー運転手の給与は、勤務体系や努力、地域などによって大きく異なり、A型賃金、B型賃金、C型賃金、AB型賃金などが広く採用されています。それぞれの賃金体系の特徴やメリット、デメリットについて紹介します。 A型賃金 A型賃金は、固定給制で一般企業のサラリーマンに近い賃金体系です。A型賃金のタクシードライバーは、売上や走行距離に関係なく、基本給、各種手当、賞与など、決められた給料をもらうことができます。(B型やAB型ほどでは無いですが一部歩合給がつく会社もあります。)安定した収入を得ることができますが、反面、高収入を得ることは難しいです。A型賃金のタクシードライバーは、主に正社員として働く人が多く、勤務時間や休日も決まっています。そのため、プライベートな時間を確保しやすいですが、自由度は低いです。また、A型賃金のタクシードライバーは、会社から車両や燃料代などの費用を負担してもらえることが多いですが、その分、給料から差し引かれることもあります。昔は主流であった形ですが、近年は燃料高騰の背景もあり、首都圏でこの体系で展開しているタクシー会社はほぼ無いのが現状です。 【A型賃金のメリット】 A型賃金のメリットは何といっても固定給の割合が高く収入の安定感を感じやすいことです。タクシードライバーに従事するにあたって、固定給と歩合給、どちらを重要視した賃金体系を選択するかは大きな岐路ですが、歩合給の割合(歩率)が高い体系や完全歩合給の場合と異なり、A型賃金の場合は営業売上が少なくても給料が例月と比べて変動しにくい特徴があります。また、タクシー会社によっては、一般企業のサラリーマンのように勤続年数やそれまでの評価に応じて固定給が上がる場合もありますので、着実に給料を伸ばしていくことが可能です。特に未経験者で初めてタクシードライバーにチャレンジされたい場合は、A型賃金からスタートするのは安心して入りやすいといえます。 【A型賃金のデメリット】 ほぼ固定給だと考えると、他の体系に比べて営業売上が収入に反映されにくい点が挙げられます。歩率が相対的に低い、または歩率を見ない設定のため、営業売上が高いタクシードライバーからすると、成績の低いドライバーの収入を見て不満を感じる場合があるかも知れません。 【 A型賃金のタクシードライバーの平均年収】 A型賃金のタクシードライバーの平均年収は約300万円~400万円です。これは他の賃金体系に比べて低い方ですが、安定性が高い分、リスクも少ないです。また、A型賃金のタクシードライバーはボーナスや昇給などの待遇も期待できます。 A型賃金のタクシードライバーの年収は以下のように計算されます。 - 基本給:約20万円~25万円 - 手当:約5万円~10万円(残業手当や深夜手当など) B型賃金 B型賃金は歩合給制です。B型賃金のタクシードライバーは、売上や走行距離に応じて給料が変動します。歩率が比較的高く、自身が稼いだ分が給料に反映されるわかりやすい賃金体系のため高収入を目指すことが可能ですが不安定である点が特徴です。B型賃金のタクシードライバーは、主にパートやアルバイトとして働く人が多く、勤務時間や休日も自由に決めることができます。そのため、自分の都合に合わせて働くことができますが、プライベートな時間を確保するのは難しいです。また、B型賃金のタクシードライバーは、会社から車両や燃料代などの費用を負担してもらえないことが多いですが、その分、給料から差し引かれることもありません。 【B型賃金のメリット】 経験が豊富で、常に高い水準の営業収入をあげることが可能なタクシードライバーにとっては、給料を一番稼ぎやすい賃金体系です。B型賃金の給料の計算式は(月間売上)×(歩率)になりますから、営業売上が大きければ大きいほど、自分の給料に直接跳ね返ってくる完全成功報酬型の賃金体系です。一方、タクシー会社にとっても売上に準じて給料を支払うことになるため、経営リスクの非常に小さい賃金体系ともいえます。 【B型賃金のデメリット】 営業収入が良くない場合に給料が著しく低くなる可能性がある点です。都道府県ごとに最低賃金が法令で定められていますので、月収が全く0になることはありませんが営業収入によっては他の賃金体系に比べて給与は少なくなる場合があります。 【B型賃金のタクシードライバーの平均年収】 B型賃金のタクシードライバーの平均年収は約400万円~700万円です。これは他の賃金体系に比べて高い方ですが、収入が不安定な分、リスクも大きいです。また、B型賃金のタクシードライバーはボーナスや昇給などの待遇は期待できません。 B型賃金のタクシードライバーの年収は以下のように計算されます。 - 基本給:約5万円~10万円 - 歩合:約40~55%(売上や走行距離による) AB型賃金 AB型賃金は、A型とB型の特徴を組み合わせた賃金体系です。AB型ドライバーは基本給や固定給に加えて歩合給やボーナスが含まれ、需要の変動に対するリスクを軽減しつつ、実績に応じて報酬を増やす仕組みを取り入れています。タクシー運転手自身の運転スキルやお客様対応が収入に直結するため、努力が報われる賃金体系と言えるでしょう。昨今のタクシー会社で一番採用されている賃金体系となります。 【AB型賃金のメリット】 AB型賃金のメリットとしては、A型賃金のメリットである月給の安定感と、B型賃金のメリットである頑張った分が給与に反映される成功報酬がバランス良く得られる点が挙げられます。賞与が歩合の一部にはなりますが、営業売上で頑張って稼いだ分は、歩合給と賞与に反映されます。仮に営業売上が思うように行かなくてもB型賃金のように給料が大きく変動することが無いので、続けやすいともいえます。また同じ年収だったとしても、B型賃金と比較すると社会保険料が安くなりやすいというメリットもあります。 【AB型賃金のデメリット】 冒頭の注意書きに記載した各社の解釈はこのAB型賃金で一番起きており、賃金体系の定義の解釈が不透明である点はデメリットのひとつといえます。タクシー会社によっては、A型賃金に近い形式、B型賃金に近い形式などさまざまで、少し複雑な体系です。固定給、歩率、賞与の支給方式それぞれがどう定められているのかをしっかり確認する必要があります。わかりにくい場合は、ドライバーズワークのような転職支援サービスに登録し、相談してみることをお勧めします。 【AB型賃金のタクシードライバーの平均年収】 AB型賃金のタクシードライバーの平均年収は約400万円~600万円です。これは他の賃金体系に比べて高い方と言えます。リスクを軽減しつつ能力に応じて収入が変わるので、やりがいがあると言えるでしょう。 AB型賃金のタクシードライバーの年収は以下のように計算されます。 - 基本給:約18万円〜 - 歩合:約30~50%(売上や走行距離による) - 賞与:年に数回 C型賃金 C型賃金は、歩合給制です。C型賃金のタクシードライバーは、B型賃金と給料の計算方法が異なり、月間売上と歩率での計算ではなく、月間売上から管理費や燃料代などの費用を差し引いた残額を基準に給料が計算される賃金体系です。リース方式とも呼ばれ、車両を自身で持ち込み個人タクシーに近い形式で行われます。非常に稀な給与体系で首都圏ではほとんど見かけませんが、地方では採用している企業もあるようです。 【C型賃金のメリット】 営業収入から必要経費を差し引いた金額が概ね自身の給料になることになりますので、その営業エリアに精通したベテランのタクシードライバーにとっては、一番給料が高い体系といえます。また、出勤や休みをある程度自由に決められる点が特徴です。 【C型賃金のデメリット】 B型賃金以上に給料が変動しやすい点です。業務委託や個人事業主と似た働き方になるため、営業収入が少なくてもタクシー会社に収める管理費などの費用は固定で発生し実質的な給料がマイナスになることも考えられます。また、自身で持ち込む車両や設備のメンテナンス、タクシー会社に収める以外の費用の管理も自身に求められます。安定して続けていくためには、ひとりの経営者のような感覚をもって、収支をしっかり管理していくスキルが求められます。   タクシードライバーとして給料を上げるコツ タクシードライバーは、効率的な運転やお客様対応の質向上など、さまざまな方法を通じて収入を増やすことができます。以下では、その具体的なポイントをご紹介します。 効率的な運転 効率的な運転スキルを身につけることで、燃費を改善し、運転距離に対する収入を最大化できます。急ブレーキや急発進を避け、スムーズな運転を心がけましょう。また、交通情報を把握して適切なルートを選択することも重要です。 高いサービス品質 お客様のニーズに敏感に対応し、丁寧な接客や安全運転を心がけることで、高評価を得ることができます。高評価を獲得することで、リピート利用が増える可能性があります。 深夜やピーク時の活用 22時以降は終電が無くなるなどによりタクシー利用者が激増します。また深夜帯は深夜割増料金になるため日中よりも売上を稼ぎやすくなります。そのため夜勤勤務(夜日勤)の働き方は一部のタクシードライバーには大変人気があります。 待機場所を工夫する 駅で待機しているタクシードライバーは多いですが、駅は駅でも、ターミナル駅などの乗降客数が多い駅や、オフィス街付近の駅などは、住宅地の駅よりも多くのタクシー利用者が見込めます。また病院、空港、商業施設、イベント会場等でもタクシー利用を期待できます。その日の天気・天候によってもタクシー需要は変動するため、自分が営業しようと考える地域の情報は常日頃から調べて頭に入れておくと売上アップにつながります! 道を覚える 同じ目的地へ乗客を乗せてお連れするにしても、次の乗客を探すために流すにしても、比較的空いている道を通るのと混雑した道を通るのとでは到着までに要する時間がもちろん変わります。さらに渋滞に巻き込まれてしまっては走行効率が下がってしまいますし、本来乗せられたかも知れない乗客を逃してしまう場合もあるかも知れません。各曜日や各時間帯での渋滞ポイントや空いている道を把握しておくことで売上アップにつなげることができます。 長距離の利用者を見つける タクシー料金はもちろん距離によりますので長距離利用の乗客を乗せられることはタクシードライバーの給料アップに繋がります。夜間や終電後の都心のオフィス街や繁華街などは、郊外に住んでいる方がタクシーを利用する傾向があるのでタクシーの長距離利用を見込める乗客が集まっている場所を把握し、そのエリアで効率よく乗客を見つけることで売上アップにつながります。 配車アプリの活用 配車アプリを上手に活用して効率的な仕事の受注や顧客の拡大を図ることで、乗客を乗せる機会を増やすことができます。 専門的な知識の習得 観光スポットや地域の特産物、歴史などについての知識を習得することで、乗客への案内やトークを充実させ、リピート率を向上させることができます。   タクシー運転手として働くメリット タクシー運転手として働く際のメリットは、多岐にわたります。この仕事には魅力的な側面が数多く存在し、個人の生活スタイルや価値観に合わせて選ばれることが多いです。 自由度の高い働き方 タクシー運転手は、一定のルートやスケジュールに縛られることなく、比較的自由な働き方ができます。フルタイムやパートタイム、自営業など、自身の生活スタイルやスケジュールに合わせて選べるため、柔軟な労働条件を享受できます。 即日での収入獲得 タクシー運転手として働くと、比較的迅速に収入を得ることができます。ドライバーとしての資格を取得すれば、即座に仕事を始め、収入を得ることが可能です。短期間で仕事を始めて安定した収入を得たい場合に適しています。 地域の知識と人間関係の構築 タクシードライバーは、地域の通りや道路に詳しくなり、地元のお店や観光スポットなどの情報も得ることができます。また、様々な乗客との会話を通じて、新たな人間関係を築くこともできます。 多様な出会いと交流 タクシードライバーは、さまざまなバックグラウンドや職業を持つ乗客と出会う機会があります。これによって、異なる人々との交流やコミュニケーションスキルの向上が期待されます。 需要の変動に対応 特に都市部では、需要の変動によって収入を最適化することができます。ピーク時には需要が高まり、収入が増える可能性があります。 自己成長とスキル磨き 運転技術やお客様対応のスキルを向上させることで、自己成長を図ることができます。また、地域の道路や交通情報に詳しくなることで、自己啓発の機会も広がります。   タクシー運転手へ転職のメリット 「タクシー運転手に転職して良かった」と感じる理由は数多くあります。タクシー運転手としての新たなキャリアに挑戦し、その経験から得られる充実感やメリットについて紹介します。 新しいチャレンジと成長の機会 タクシー運転手に転職することは、新たな職業に挑戦するチャンスです。運転技術やお客様対応のスキルを向上させる過程で、自己成長を実感することができます。日々の仕事において、さまざまな状況に対応し、問題解決力を養うことができるため、自己のスキルアップと成長を実感することができます。 自由な働き方と柔軟なスケジュール タクシー運転手としての仕事は、比較的自由な働き方ができるため、ライフワークバランスを確保しやすいとされています。自身の生活スタイルに合わせて、フルタイムやパートタイム、あるいは自営業として働くことができます。これにより、家庭や趣味、他の活動との両立がしやすく、充実感を感じながら働くことができます。 地域の知識と人間関係の構築 タクシー運転手として働くと、地域の通りや道路に詳しくなり、地元の情報や観光スポットに精通することができます。これによって、乗客との会話が豊かになり、地域の魅力を伝えることができます。また、さまざまな乗客との交流を通じて、新たな人間関係を築くこともできます。 即収入の獲得と需要の変動への対応 タクシー運転手としての仕事は、比較的迅速に収入を得ることができる点が魅力的です。また、需要の変動によって収入が変わるため、需要の高まる時間帯やイベント時に積極的に働くことで、収入を最適化できる可能性があります。 タクシー運転手に転職して良かったと感じる要因は、自己成長、自由な働き方、地域の情報獲得、即収入の獲得、多様な交流の機会など、多岐にわたります。これらのポジティブな経験から得られる充実感は、新たなキャリアに取り組む際の大きな魅力となることでしょう。   まとめ タクシー運転手やタクシードライバーの職業には、その年収や給料に多くの魅力的なメリットがあります。タクシー運転手の年収は、多くの要因に影響されますが、効率的な運転や高品質なサービスが大きな要素となります。 収入は基本給に加え、歩合制や特別手当なども含まれることが一般的です。特に需要のピーク時や特別なイベント時に積極的に勤務することで、収入を最大化するチャンスが広がります。 タクシー運転手の給料は、賃金体系によって異なります。A型、B型、AB型などの賃金体系が存在し、運転手自身の働き方や選択によって変化します。効果的な運転時間の選択や高品質なサービス提供、地域の知識や情報収集などが、給料の向上に寄与します。タクシー運転手としての年収や給料は、単なる運転技術だけでなく、顧客の満足度向上や効率的な運転スキル、需要の活用など、多くの要素によって左右されます。さまざまな努力や戦略を組み合わせることで、充実した収入を得ることができるでしょう。タクシー運転手の職業には、多くのポテンシャルが秘められており、収入の最大化を目指す個々の努力が重要となります。 自由な働き方や即収入、地域の知識獲得、人間関係の構築など、その魅力は多岐にわたります。また、稼げるタクシー運転手として成功するために、効率的な運転スキルを持つことで、同じ距離でも燃費を最適化し、収入を最大化することができます。高品質なカスタマーサービスも欠かせません。乗客の満足度を最優先に考える姿勢や、需要のピークを把握し効果的な運転時間を選ぶことが、収入向上につながります。 稼げるタクシー運転手は、これらの要素をバランスよく備えており、高収入を実現しています。その一方で、自由な働き方や交流の機会、成長の機会など、個人のライフスタイルや価値観に合わせた魅力も存在します。タクシー運転手としてのキャリアは、多くの可能性を秘めており、自身の目標や夢に向かって歩みを進める良き選択肢と言えるでしょう。 関連記事 タクシー運転手が高収入を得るコツや稼ぎ方とは?【徹底紹介】 関連記事 タクシー運転手が「付け待ち」で稼ぐコツやポイントとは?

タクシー会社の面接時の注意点とポイント!志望動機はどうやって書く?落ちないためのポイント

タクシー会社の面接時の注意点とポイント!志望動機はどうやって書く?落ちないためのポイント

タクシー会社の面接は一体どのようなものなのでしょうか?一般企業の採用面接とタクシー会社の面接との違いは?タクシー会社特有の面接内容とは?実際の面接で聞かれる内容や、タクシー会社の面接官がチェックしているポイントなど、実際に数多くタクシー会社の面接に立ち会っているキャリアアドバイザーがその裏側をお伝えします! 関連記事 タクシーの求人応募、就職、乗務開始までの流れ タクシー会社の面接に臨む際の注意点 タクシー会社であっても、面接時の注意点は大きく一般企業とは変わりません。当たり前のことも多いですがしっかりとポイントを押さえて面接官の印象を悪くしないように心がけましょう! タクシー会社の面接時の服装 タクシー会社の面接には、やはりスーツで行くのが一般的です。中には、スラックスにジャケットを羽織って面接に面接に来られてしまう方もいるようですが、タクシーのお仕事は接客業で、他のお仕事よりもお客様から見られる場面が多いため、タクシー会社の面接官もあなたの『見た目』を厳しくチェックしています。スーツを着用する場合は以下の点に注意しましょう。 タクシー会社によっては、スーツを着用せずに面接に来た場合に無条件で不合格にしてしまうという場合もありますので、最低限、面接に臨む姿勢として、スーツ着用は必須にしてください。 面接時の服装と身だしなみの注意点 服装はスーツが必須。色は黒が無難。どうしても黒が無い場合でも可能な限り暗めの色を選ぶ 靴はちゃんと磨かれていて、ズボンにはアイロンでしっかりと折り目がついているものを着る 男性の場合は、髪型は短く整えられていて、髭がきれいに剃られているか。 履歴書記入での注意点 履歴書は、タクシー会社の面接官があなたの経歴を確認するためだけのものではなく、あなたのタクシー会社への熱意を伝える場でもありますので、項目をしっかり埋めて、丁寧に記入するようにしましょう。 特に、今までの職務経歴と志望動機は面接官が必ずチェックするポイントですので、注意してください。 例え今までの経歴に就業期間が短い職場があったとしても、全てしっかりと記載してください。ここで記入が漏れていて、内定後の前歴確認で履歴書との相違が発覚した場合、最悪、内定が取り消しになってしまうこともあります。 履歴書記入時のチェックポイント 写真はスーツ姿で取られていて、履歴書にまっすぐに貼付されているか。 職務経歴は、漏れなく全て正確に記載されているか。 志望動機の欄は空白ではなく、記入欄に余白がない程度しっかりと記載されているか。 関連記事 タクシー会社の面接時の注意点とポイント!志望動機はどうやって書く? 面接時のマナーと注意点 身だしなみと履歴書の準備がしっかり出来たらいよいよ実際の面接です。面接はどうしても緊張してしまいますが、最低限のマナーはしっかりと押さえておきましょう。以下のチェックポイントは、遅刻をしない、挨拶を必ずするなど社会人として当たり前のことばかりですが、面接時には緊張してしまい、普段できると思っていることも忘れてしまうことがあります。自分がきちんと面接対応できるか不安がある方は、遠慮なくキャリアアドバイザーにご連絡ください。面接の前に丁寧なレクチャーを致しますのでご安心くださいね。 面接時のチェックポイント 面接をしてもらうタクシー会社には10分前には到着する。遅刻は厳禁。 面接の部屋に入室する際は、ドアを必ず3回ノックし、「失礼します。」と言い入室する。 入室したら、名前を名乗り、「本日はよろしくお願いいたします。」と挨拶をする。 席に通されたら、面接官が「どうぞ、お座りください。」というまでは着席はしない。 質問をされたら、はっきりとした口調で返答をする。 タクシー会社の面接の対策 ここからはより具体的に、タクシー会社の面接での聞かれることや、タクシー会社の面接官が見ているポイントなどをご紹介します。他業界ではあまり聞かれないようなタクシー会社特有の質問もありますので、初めてタクシー会社の面接を受ける方は、ぜひご確認ください。 《タクシー会社の面接でよく聞かれる質問》 過去に運転をしていて、事故暦は違反暦はないか。→タクシーはお客様の命を預かるお仕事ですので、面接官としては「この人は安全な運転ができるか。」というポイントを注意深くみています。また、もし違反暦があり、免許の違反点数が累積していた場合には、免停になってしまうリスクがあるため、マイナス要素となってしまうことがあります。免停になってしまうと、その期間は乗務できなくなってしまうため、そのリスクをタクシー会社としては、考慮するためです。 過去の職歴の転職理由などういったものか。→これは、一般企業の面接でも必ず聞かれることですが、タクシー会社の面接でもほぼ必ずこの質問をされます。もちろん全て正直に伝えることが大前提ですが、すこしネガティブな理由で退職に至ってしまい、面接官にどのように伝えたらよいのかわからない場合は、キャリアアドバイザーまでお気軽にご連絡ください。 今までの大きな病気をしたり、今飲んでいる薬はないか。体調に不安はないか。→タクシー会社では、面接の後に必ず健康診断を受けた後に内定という形になるのですが、面接時にも口頭や、アンケートなどで健康状態をチェックされる場合もあります。タクシーはお客様の乗せるお仕事なので、万が一急な体調不良などで事故を起こしてしまったときのリスクがあるため、健康状態に関しては、特に厳しくチェックされます。心臓病や心筋梗塞、の脳梗塞の経験や、糖尿病を患っているなどの場合には、内定が出ない場合も多くあります。既往歴があったとしても、完治している場合は内定となる場合も多くありますので、その旨を正しく伝えるようにしましょう。 関連記事 知らなかったでは遅すぎる!タクシー現任者・業界の転職事情 応募先が遠方の場合の企業側の対応 リモート面接 遠方の面接になる場合、電話面接やWeb面接などのリモート面接はほとんどのタクシー会社で対応してくれます。ただしリモート面接だけで内定を獲得できない場合もあり、一次面接はリモートで実施するが後日の二次面接で来社を求められることもあります。しかし、一次面接で企業担当者の方から会社の説明もしっかり受けることで入社時のイメージも湧きますのでリモート面接はぜひ積極的にお願いしてみることをおすすめします。 リモート面接の注意点 まず、リモートとはいえ面接であることに変わりないという認識を持ちましょう。ご自身の経歴やタクシードライバーに対する志望動機などは実際の面接同様に質問が来ますので、事前に企業のWebサイト等を見ておきその企業の特徴などは抑えておくことが重要です。またその企業に関する質問をいくつか準備しておくと、入社を本気で検討しているという姿勢も伝わります。また面接官から見える部分が顔と声だけになる点にも注意が必要です。見える部分が限られることで表情や声のトーンだけで印象が相手に伝わってしまいます。できる限りにこやかに、元気よく話すことを心がけることが重要です。自宅などで気軽に受けられるリモート面接だからと言って準備不足のまま臨まないように注意しましょう! 出張面接や合同説明会出展なども 全てのタクシー会社が実施している訳ではありませんが、大手タクシーグループを中心に不定期で会社説明会が各地で開催されています。または出張面接を実施してくださるタクシー会社もありますので、もしご興味があれば、直接タクシー会社に応募したうえで相談してみるか、担当キャリアアドバイザーに相談することをおすすめします!   面接で落ちる事もある!?タクシーで不採用になる可能性とは タクシー業界の求人は、他の職種に比べて比較的多いですが、不合格になることもある要注意の分野です。未経験者を歓迎する企業や高額給料の機会があるため、非常に魅力的な職業です。ただし、タクシー会社は一般的に採用基準を設定しており、人手不足の状況でも基準に適合しない人は採用されないことがあります。実際、東京の大手タクシー会社も基準を満たさない応募者は面接で不合格になることがあるという事例もあります。 タクシーの面接で不採用になる原因 事故や違反歴 タクシーの面接で不採用になる可能性の高い原因の一つは、過去の事故や交通違反歴があることです。タクシー運転手は、乗客の安全を確保しなければならないため、事故や違反歴があると不採用のリスクが高まります。 実際に、事故や違反歴がある人がタクシー運転手として働いた場合、営業中に再び事故を起こしてしまい、退職せざるを得ないケースもあります。過去に何度も事故や違反がある場合、ゴールド免許を取得してからタクシー運転手の試験を受けることも一つの方法です。 健康状態が悪い場合 タクシー運転手は、お客様を安全に送迎するため健康状態が悪いと不採用になる原因になります。 また、タクシー業務は原則シフト制で夜通し働く場合もあるため、健康状態は大事です。 タクシー会社では、内定を貰う前に健康診断で検査があります。 タクシー会社の受験をする前に健康診断を行い、健康状態が悪くないか確認してから受験することをオススメします。 コミュニケーションスキルに不足がある タクシー運転手は通常、単独で業務を遂行しますが、乗客に対する基本的なコミュニケーションや接遇のスキルは求められます。コミュニケーションスキルが明らかに不足していると見なされると不採用の要因となります。お話上手である必要はまったく無いものの、車内でのコミュニケーションにおいて乗客を不安や不快にさせないための最低限のコミュニケーションスキルが求められます。 年齢が高すぎる 年齢が高い場合、健康状態や資格取得が難しいことから、面接で不採用になることがあります。特に、8時間以上の隔日勤務や体調に関する問題など、通常の正社員とは異なる労働条件や時短勤務の制度を導入する企業もあります。したがって、年配の応募者に対する待遇配慮は企業によって異なりますので、適切な会社を見つけるために問い合わせを行い、状況を確認することが重要です。   タクシー会社が求める要件とは!? 安全な運転が最も必要な資質 タクシーは運賃を受け取り、お客様を目的地まで安全に運ぶ「運輸事業」です。お客様を乗せた状態での交通事故は極力避けなければならず、そのために「安全運転」は最も重要であり、絶対に必要な資質です。 もちろん、交通事故の発生は他のドライバーや歩行者の行動にも依存しますので、事故を完全にゼロにできるわけではありません。しかし、事故の発生率が高いドライバーと低いドライバーが存在し、安全運転を継続的に実践することが非常に重要です。したがって、過去の運転経験において、長期間にわたり事故や違反がないという経歴は、大きな強みとなります。 ただし、過去に大きな事故を経験したドライバーでも、それを教訓として安全運転に取り組んでいる人は多く存在します。現在の安全運転への取り組みを熱心に語り、応募先のタクシー会社に理解を得ることも重要です。 内面の平静を維持できることが大切 安全運転を持続的に実践するためには、以下のような適性が求められます。まず、心の穏やかさを保つことが非常に重要です。些細なことでイライラしやすい人は、荒っぽい運転をする可能性が高く、乗客に不快感を与える可能性があります。 逆に、問題に対処する際に冷静な心を保ち、解決に向けて努力する姿勢を持つ人は、タクシー運転手にふさわしい適性を持っていると言えます。ただし、性格の特徴は良い点と悪い点を兼ね備えています。心の穏やかさを保つことは大切ですが、のんびりしすぎて常に警戒心を欠いたり、適度な怒りや焦りの感情を持たないことも別の問題を引き起こす可能性があります。バランスを保ちつつ、適切な心の姿勢を持つことが必要です。 コミュニケーション能力が高い人 有利なアピールポイントとして、「コミュニケーションスキルが高い」という点が挙げられます。タクシーは本来運輸事業ですが、車内でお客様との時間を共有するため、顧客への接遇が非常に重要です。実際、「タクシーは究極のサービス業である」という意見もあります。 皆さんの中には、タクシーに乗車した際に、運転手が返事を小声でボソボソとするか、あるいは無言のまま出発する運転手に出くわした経験があるかもしれません。出発後も運転手から一言もコミュニケーションがなく、車内が気まずい沈黙に包まれることがあるでしょう。このような状況では、お客様は不快な思いをし、次回以降の利用をためらうかもしれません。そのため、気軽に会話を楽しめる運転手のほうが、お客様にとって好印象を与え、サービス体験が向上します。  

タクシードライバーの平均年齢!高齢化と勤続年数についてのレポート

タクシードライバーの平均年齢!高齢化と勤続年数についてのレポート

タクシードライバーの全国平均の年齢は60.1歳で、平均勤続年数は9.8年となっています。50代や60代からでも十分に転職が可能なタクシードライバー。詳細のデータや高齢タクシードライバーの注意点をお伝えしていきます。 タクシードライバーの平均年齢は60.1歳 タクシードライバーの平均年齢についての都道府県別データを見ると、全国平均でのタクシードライバーの平均年齢は60.1歳となっており、一番平均年齢が高い都道府県は福井県で67.1歳、一番平均年齢が若い都道府県でも、東京都の55.1歳となっています。タクシードライバーの全国の平均年齢も次第に高くなってきており、平成30年度には60歳を超えました。少子高齢化に伴って今後も平均年齢が高くなっていく可能性があります。 ■平成30年度 タクシードライバーの都道府県別平均年齢 都道府県名 平成27年 平成28年 平成29年 平成30年 北海道 60.6 60.3 62.4 64.3 青森 58.9 58.2 61.4 61.4 岩手 60.6 60.9 62.4 62.8 宮城 60.8 60.3 62.3 59.9 秋田 60.9 62.5 63.9 63.7 山形 59.8 55.2 57.9 55.7 福島 61.2 59.6 59.9 63.1 茨城 62.2 62.7 62.1 63.2 栃木 62.8 65.6 64.9 61.7 群馬 63.1 60 62.6 65.4 埼玉 60.5 56.4 62.4 57.2 千葉 57.3 59.9 61.4 61.5 東京 57.6 55.2 56.4 55.1 神奈川 56.2 58.6 59.6 61.3 山梨 58.1 61.6 61.2 61 新潟 58.4 60.6 60.2 59 富山 57.3 61.3 59.2 59.1 石川 57.2 59.8 62.8 61.3 長野 63.8 60 59.6 59.8 福井 60.7 60.7 59.6 67.1 岐阜 58.1 61.4 59.6 59.5 静岡 59.7 58.4 59.2 63.1 愛知 57.4 58.1 56.1 56 三重 64.6 60.6 59.7 58.8 滋賀 59.1 60.3 61.7 62.7 京都 57.3 59.3 59.9 60.2 大阪 57.8 57.8 60 60.7 兵庫 60.5 56.9 59.8 58.4 奈良 59.5 56.1 56.8 59.4 和歌山 62 60.9 58.2 61.7 鳥取 59.2 58.2 59.9 61 島根 60.6 58.8 60 61.6 岡山 57.1 60.9 58.4 59.5 広島 58.7 61.5 63.7 59.7 山口 60.3 64.2 60.1 64.4 徳島 63.8 62.5 59.5 58.4 香川 62.8 60.8 63.1 60.4 愛媛 58.5 59.1 60 62.2 高知 61 63.8 65.1 61 福岡 61.7 60.3 59 63.1 佐賀 63.5 63.7 62.2 63.4 長崎 59.1 57.5 59 62.9 熊本 60.8 59.2 60 61 大分 60.7 58 60.4 62.1 宮崎 64.7 62.1 62.3 63.3 鹿児島 65.6 63.3 63.5 63.8 沖縄 60.2 63.6 62.3 64.6 全国 59 58.9 59.4 60.1 対前年 0.3 -0.1 0.5 0.7 増減 0.50% -0.20% 0.80% 1.20% 出典:一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会による統計調査「第1表 タクシー運転者(男)の賃金・労働時間(平成30年~平成27年)」 タクシードライバーの勤続年数は9.8年 続いては勤続年数。タクシードライバーについての都道府県別データを見ると、全国平均で勤続年数は9.8年です。最も平均勤続年数の長い都道府県は長崎県で14.9年です。一番平均勤続年数の短い都道府県は滋賀県で5.2年となっています。 ■平成30年度 タクシードライバーの都道府県別平均勤続年数 都道府県名 平成27年 平成28年 平成29年 平成30年 北海道 12.2 12.3 12 11.5 青森 7.3 8.6 11.2 14.4 岩手 15.7 6.8 6.7 11.9 宮城 9.7 11.8 9.6 10.3 秋田 14.2 17.5 16.3 16.3 山形 14.6 12.5 8.8 8 福島 14.3 11.6 8.1 14 茨城 9.6 5.6 8.7 7.8 栃木 9.8 13.2 11.4 8.9 群馬 14 8.8 14.7 11.3 埼玉 13.1 8.6 11.6 8.3 千葉 10.7 9.8 10.6 14.2 東京 8.8 7.5 8.5 7.3 神奈川 8.4 10.1 10 8.5 山梨 12.2 10.9 7.9 14.2 新潟 11.7 12.6 10 11.1 富山 9.9 11.1 8 11.5 石川 8.5 9.1 15 12.3 長野 11.6 12.7 11.2 8.9 福井 16.1 15.1 8.6 15.3 岐阜 9.2 12 9.3 11.4 静岡 7.4 6.9 7.3 11.4 愛知 6.9 6.3 9 6.8 三重 6.3 5.8 9.9 11.1 滋賀 7.2 7.2 9.9 5.2 京都 7 10.6 6.9 9.4 大阪 9.7 8.1 11.3 8.4 兵庫 11.3 9.4 10.3 11.2 奈良 12.4 12.1 9.7 11.4 和歌山 8.1 8.5 9.7 8.8 鳥取 7.4 8.2 7.9 9 島根 8.5 10.1 9.8 7.4 岡山 8.8 9.5 9.8 7.5 広島 8.2 11.3 9.4 9.4 山口 7.5 8.6 7.9 10.7 徳島 10.6 11.2 7.7 6.9 香川 10.3 7.7 11.7 10.9 愛媛 6.9 10.4 16.9 9.3 高知 10.4 8.1 8.5 10.9 福岡 10.8 9 7.4 10.5 佐賀 9.6 15.8 12.8 11.9 長崎 11.9 6.6 10.6 14.9 熊本 10.3 8.9 10 12.2 大分 8 9.9 8.5 11.2 宮崎 12.3 11.6 11.9 12.3 鹿児島 9.7 11.5 9.7 11.8 沖縄 12 8.3 8.6 11.2 全国 9.9 9.3 9.6 9.8 対前年 0.7 -0.6 0.3 0.2 増減 7.60% -6.00% 3.20% 2.10% 出典:一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会による統計調査「第1表 タクシー運転者(男)の賃金・労働時間(平成30年~平成27年)」 高齢でもタクシードライバーを始められる 一般にタクシードライバーの勤務体系は隔日勤務です。60歳を超えると体に負担がかかることも懸念されますので、企業によっては働き方を柔軟に調整してくれるところもあります。多くの企業は65歳を迎えると嘱託職員としての雇用になり、一定期間ごとに勤務の継続をお互いに確認しながら契約更新する雇用形態になります。雇用の安定感を懸念されるかも知れませんが、逆にこの雇用形態をうまく活用して、ご自身に合った働き方を相談して決めることもできます。長くはたらくためにも、自分のペースにあった環境で働ける職場が一番良いと思いますので、その観点ではタクシードライバーは融通のきく職業といえる部分もあります。タクシードライバーは何歳から始めても遅くはない職業ですが、早いうちから勤めている方が、企業側が融通をしてくれたり、自分にとって良い働き方を見つけて叶えるという意味ではおすすめです。末長くご自分らしい労働環境を見つけていけると良いと思います。 タクシードライバーの定年 タクシードライバーの定年は企業によって異なりますが、一般的に満64歳(65歳の誕生日を迎える前日迄)としている企業が多いです。他業種ですと満59歳迄としている企業が多いことを考えると、60歳を超えても転職できるチャンスがあるといえますし、場合によっては定年を過ぎていても相談に乗ってくれる企業もあります。ただし、採用時の雇用形態は規定に準ずることにはなりますので詳細は応募後に良く確認することをおすすめします。未経験(養成)の場合、タクシードライバーとして乗務開始するまで二種免許の取得や、地理試験の受験などで、早くても1か月程度はかかります。もし、転職やご応募をご検討の場合は、お早めに行動されることを是非おすすめします。 50代や60代にもなると、「この年で転職はできないだろう」と考えているかもしれません。諦めるのはまだ早いです。先ほど見ていただいたデータを見ると分かるように、タクシードライバーの平均年齢が60.1歳で、平均勤続年数は9.8年ですので、40代後半~50代になってから転職してタクシードライバーを始める方が多いことが分かります。これはあくまで平均の数字となっています。これより若い年齢でタクシードライバーになる方もいれば、60歳を超えてからの方もいます。実際に弊社ドライバーズワークに相談に来られる方で、50代や60代、しかも未経験でタクシードライバーに転職する方も多くいらっしゃいます。ですから、高齢でも諦めることなく、転職を目指してみてください。 関連記事 未経験でもタクシードライバー(運転手)に就職・転職できる? タクシードライバーは稼ぎやすい タクシードライバーは固定給+歩合給、あるいは完全歩合制の給与体系を取っているタクシー会社がほとんどです。そのため、個人の努力によって給料が決まります。頑張れば頑張るだけ給料をもらえる職業ですので、稼ぎやすいと感じる方も多いでしょう。実際にどのくらい給料がもらえるのかと言うと、東京都の平均月給が37万9,200円となっており、これに賞与が加わるので年収にすると約470万円が平均となっています。50代~60代で未経験から初めても比較的すぐに年収400万円近く稼ぐことも可能ですし、稼ぐ方では年収800万円以上稼ぐ方もいらっしゃいます。この年齢から転職して稼げると考えると魅力的な職業と言えるでしょう。初心に立ち返り、稼ぐ方法を先輩からしっかりと学び年収800万円超えを目指してみてはいかがでしょうか。 関連記事 タクシードライバーの給料・年収・手取りについて 関連記事 タクシー運転手が高収入を得るコツや稼ぎ方とは?【徹底紹介】 タクシードライバーに必要な二種免許の取得はタダ!? タクシードライバーになるには二種免許が必要になります。この二種免許の取得にかかる費用はタクシー会社が負担してくれることがあります。会社によっては二種免許の費用が自己負担になることもありますので、転職前には良く確認しておきましょう。会社負担の場合、免許取得は入社後に行います。入社後に約1ヶ月の研修をして、免許を取得したり、乗務に必要な知識を得たりしていくことになるのです。いち早くタクシー乗務に慣れて、稼げるドライバーになるためにも、今すぐ行動に移していきましょう。タクシー業界に精通したキャリアアドバイザーが担当につき、無料で相談できるほか、あなたに合ったタクシー会社を一緒にお探しします。 関連記事 タクシー運転手になるにはどんな資格が必要?ドライバーの条件とは 無料会員登録 高齢のタクシードライバーの注意点 注意点1:体力は必要になる 通常、タクシードライバーの勤務体系は隔日勤務と言われております。簡単に言うと、1日中働いて、その次の日が1日中お休みになる勤務形態のことです。そのため、体力が必要になります。ただ、60歳を超えてくるとやはり体に負担がかかることが懸念されるため、企業によっては自分に合った働き方をさせてくれるところも多いです。多くの事業所は65歳を過ぎると嘱託雇用とよばれる、所定の期間ごとに勤務を継続するかどうかを確認するいわゆる契約社員のような雇用形態に切り替わります。雇用形態が変わりますので、このタイミングで働き方を日勤に変更することも可能です。長く働くためには、自分のペースにあった環境で働ける職場が一番良いと思いますので、その点で言えばタクシードライバーは融通のきく職業でしょう。長く楽しく働くために体力や自分のペースを考慮して、自分に合った勤務形態を選んでみてください。 関連記事 タクシードライバーの勤務形態・勤務時間を勤務スタイルの例で徹底解説! 関連記事 あまり健康に自信がないのですが、タクシードライバーになれますか? 注意点2:視力が必要になる タクシードライバーには二種免許が必要になるとお伝えしましたが、この免許を取得するとき、それから免許を更新する際には当然のことではありますが一定の視力が必要になります。具体的には片目0.5以上、両目0.8以上で、この視力に加えて深視力といって立体感の認識度を測定する検査への合格が必要です。メガネやコンタクトレンズは使用できますので、視力に自信がない場合には、メガネやコンタクトレンズに慣れておきましょう。 関連記事 タクシー運転手に必要な深視力とは?検査・練習・簡単トレーニング方法もご紹介 タクシードライバーは未経験の50代や60代からでも転職のチャンスがあります。また、一般の企業であれば満60歳で定年退職となるところが多いですが、タクシー会社の場合65歳を超えても平均以上に稼いでいる方も多くいますし、これまでの隔日勤務という日勤+夜勤を連続して1日中働く勤務形態から、65歳を超えてからは定時勤務に切り替えて決められた時間だけ働く勤務スタイルにする方もいます。このように、タクシードライバーには他の職種に比べると長く働けるという魅力があります。少し興味がお有りでしたらキャリアアドバイザーへ気軽にご相談ください! 無料会員登録

観光案内・観光タクシー運転手の仕事内容とは?

観光案内・観光タクシー運転手の仕事内容とは?

観光地を巡る観光タクシー。タクシー運転手になるとしたら、観光タクシーの運転手になりたいと感じている方もいるでしょう。そこで、観光タクシーの概要と、観光タクシーの運転手になる方法、求められる知識についてご紹介します。 観光タクシーとは? 観光タクシーとは、観光地を巡ることに特化した、旅行者向けのタクシーサービスのことです。観光タクシーの運転手は、お客様を目的地まで送り届けるだけでなく、観光名所を案内します。案内と言うのもタクシーを運転しながらではなく、実際にタクシーから降車して、ツアーガイドのように名所の説明をしていきます。 観光タクシーの料金制度 普段利用しているタクシーは距離と時間で運賃が計算されていますが、観光タクシーは1時間や30分ごとに一定の金額が決められている定額料金制であることも特徴的です。観光バスは一般的に乗車した人数ごとに料金がかかりますが、観光タクシーは乗車人数や移動距離によって金額が変わることがないので、お金の心配をせずに安心して利用できます。一般的なタクシーとは異なり、観光タクシーは事前の予約が必要です。 観光タクシーの1日の流れ 観光タクシーでお客様を乗せるときの1日の流れについて大まかにお伝えします。 お客様を迎える 1日のルート・案内する観光地をお客様の意向をもとに決める 観光地を案内する お客様を送り届ける 1日のルート・案内する観光地に関しては、お客様が予約時に申し出ることもあります。観光したい名所だけを言われることも多く、観光タクシー運転手は、経験をもとに最適なルートを提案します。また、ランチやディナーにおすすめのお店を聞かれることも多いため、観光地近くのお店についても調べて、実際に足を運んでおく必要があるでしょう。なお、お客様がランチやディナーの時間に、タクシー運転手も、さっと食事を済ませておきます。 どういう場面で観光タクシーが使われる? 修学旅行での観光 親孝行を兼ねた家族旅行 海外旅行で日本に訪れた外国人の観光 良くあるのが、修学旅行の観光の際にグループごとにタクシーを貸し切って使うものがあります。電車での移動が大変、団体で電車を使うのは周りの人に迷惑をかけてしまう、効率良く観光地を回れるといった理由から観光タクシーが用いられます。 観光タクシーの運転手に求められること 観光タクシーの運転手は一般的なタクシー運転手と異なり、お客様と一緒に観光名所を巡ります。そのため、通常のタクシー運転手以上に求められることがあります。 観光名所に関する知識 観光タクシーの運転手には、その地域の観光名所までの道を知っているのが前提条件として、他にも観光名所の知識が必要とされます。運転手の持っている知識次第でお客様の満足度も変わってくるのです。観光バスでは入れない穴場スポットやガイドブックには載っていないような隠れた名所、地元ならではの美味しい食事処など、観光タクシーでしか味わえない特別な体験を提供することが求められます。 お客様とのコミュニケーションを取る能力 観光タクシーは長時間同じお客様と時間を過ごすため、通常のタクシーに比べるとお客様とのコミュニケーションが多い業務です。観光名所ではお客様と一緒に下車し、案内や観光のお手伝いをする場合もあります。お客様自身が立てた観光プランに沿って案内する場合もありますが、お客様とコミュニケーションをとる中で、お客様のニーズを引き出し、ベストな旅を提案してあげるのも観光タクシー運転手に必要な能力の1つです。 外国語の能力 観光タクシーを利用するのは、日本人だけではありません。海外旅行で日本に訪れた外国人が、観光タクシーを利用することもあります。そのため、観光タクシーの運転手には、語学力も求められます。 関連記事 タクシードライバーに必要な英語のスキル【英会話フレーズ75選】 観光タクシー運転手になるには? 東京や京都、沖縄など、観光名所の多いエリアには観光タクシーが多くあります。タクシー運転手になりたい人の中には、ガイドを兼ねてお客様の移動をサポートする観光タクシーの運転手に憧れる人もいるでしょう。どうしたら観光タクシーの運転手になれるのでしょうか? 基本的には最初に法人タクシーの運転手として乗務に当たります。そして経験を積んだうえで、希望に応じて観光タクシーの運転手を目指していくことになるでしょう。ただし、観光タクシーの運転手として働くのなら、土地に関する知識、観光名所や歴史についての豊富で深い知識が必要になります。本格的に観光タクシーを目指す場合には、ガイドするための検定試験を受け、認定ドライバーを目指しましょう。その認定ドライバーの資格として、東京なら「東京観光タクシードライバー」があります。 東京観光タクシードライバーになるにはどうする? 東京観光タクシードライバーになるには、認定資格があります。それは、東京観光タクシー推進協議会の設ける「東京観光タクシードライバー認定制度」です。東京観光タクシードライバーとして認定されるためには、以下の検定を取得し、研修をすべて修了する必要があります。 東京シティガイド検定(運営:公益財団法人 東京観光財団) ユニバーサルドライバー研修(運営:一般財団法人 全国福祉輸送サービス協会) 東京観光タクシードライバー認定研修(運営:一般社団法人 東京ハイヤー・タクシー協会) 観光タクシーの運転手になるに当たって絶対に必要というわけではありませんが、認定ドライバーになるに越したことはありません。東京で観光タクシーの運転手を目指すのであれば、ぜひともこの認定資格の取得を目指していきましょう。 関連記事 【2021年版】東京観光タクシーのおすすめツアー6選! 今回は観光タクシーについてご紹介しました。東京や京都、沖縄などには観光タクシーが多いですが、山梨県にもワイナリー巡りをする観光タクシーがあったり、埼玉県にも小江戸川越巡りをする観光タクシーがあったりと、各自治体の観光名所で活躍しています。「旅行が好き」、「歴史が好き」そんな方は観光タクシーの運転手を目指してみてはいかがでしょうか。 タクシー運転手は40代、50代以上などの中高年の方でも未経験から活躍できるチャンスがありますので、ご転職をお考えの際はぜひタクシー業界も検討してみてください。これからタクシーの仕事をお探しならドライバーズワークでタクシー運転手の求人を検索していきましょう。タクシー業界に精通したキャリアアドバイザーが相談に乗ることも可能!お悩みの方はぜひ活用してみてください。 新着タクシー求人を見る

キャリアの人気記事

プロドライバーになるための定義・条件とは

プロドライバーになるための定義・条件とは

プロドライバーになる必要がある 前回の記事の中でも書かせていただいた通り、今後、日本のタクシードライバー(タクシー運転手)の需要は高まる一方です。しかしながらドライバー人口の減少には歯止めがかからず企業側としてはタクシードライバーの待遇改善・給与向上などを図り雇用を促進していくことが考えられます。タクシードライバーを積極採用したい企業側ではありますが、乗客に良いサービスを提供したいということを考えるとタクシードライバーをやりたい方であれば誰でもOKという訳にもいきません。優秀な人材といいますか、いわゆる「プロドライバー」を目指せる方、または素質がある方をなるべく採用したいと考えています。このページではプロドライバーとは一体何なのか?をご紹介していきます! 企業が「プロドライバー」を採用するメリット タクシー会社は採用に際してタクシードライバーに求めたい条件は複数ありますが、その中でも「プロドライバー」に求められる条件と、それが求められる背景を見ていきましょう! 事故を未然に防ぐ 単純に事故を起こさなければOK、危険運転をしていなければOKというだけではなく、事故を起こさないために何が必要か?を考えられる人材が求められています。事故はタクシー会社にとっては最大級のリスクの一つであり、企業一丸となって未然防止に取り組む必要があります。 関連記事 タクシードライバーが心配している事故後の運転手の対応は? 顧客満足度が高い 優秀なタクシードライバーは接客能力も高いです。良い接客を受けて満足度が高かった乗客は「また利用する時は、◯◯タクシーに乗りたい」と思うはずで後の売上向上につながります。このような能力の高いタクシードライバーは、各社から求められる傾向があります。 会社の信用力を担保できる タクシードライバーの運転スキルが高くマナーも良いことは好条件になります。タクシーは路上の歩行者にもよく見られています。危険な運転やバッドマナーのタクシーが目撃されると、「タクシーを利用する時は、◯◯タクシーは利用したくない」と思われますし、乗客でもなかった方からタクシー会社にクレームが入る場合もあります。こういった事が積み重なると、タクシー会社やタクシーブランドの社会的信用が失落し、後の売上ダウンに繋がっていきます。タクシードライバーの運転スキル、マナーは会社の信用力や後の売上にも繋がる大事なポイントです。 経費を削減する 昨今では帰庫時間が決められているのであまり無いですが、他のタクシードライバーよりも帰庫が遅く時間外手当が発生したり、運転スキルや車両設備の使用方法によって余計な燃費が掛かる場合などはタクシー会社から良い顔をされない場合があります。ここにまで気遣えるタクシードライバーはタクシー会社としては嬉しいものです。 成長意欲、達成意欲が高い 自分なりに高い売上目標を掲げたり、先輩や同僚に積極的に相談できる方は成長も早く活躍する傾向があります。タクシードライバー同士で互いに刺激し合って成長できるような職場環境は定着率も上がりますので、全社的な売上アップや顧客満足度アップにも直結します。 プロドライバーになるための重要な技術 タクシードライバーとしてはどのような技術を磨いていけば良いでしょうか。 運転スキルを磨く まずは基本的な運転スキルが重要です。運転技術だけではありません。道路交通法など関連法規に関わる基礎知識の理解、車の不具合の発見、点検・整備など事故を未然に防ぐ整備面の理解度も運転スキルに含まれます。 接客接遇スキルを磨く タクシードライバーは接客業の側面ももっていますから、乗客に対して良い印象を持ってもらえる方が顧客満足度は高いです。前述のとおり顧客満足度は後の売上アップに繋がります。 関連記事 タクシー運転手が知っておくべき接客やビジネスマナー いかがでしたか? 「プロドライバー」になるための条件、いかがでしたでしょうか。これから必ず来るドライバーの需要に応えられる人材に今からなっておくことが、将来のドライバーとして安定した収入、働きやすい環境を得るために必要になってくるのです。ぜひスキルを磨いていきましょう!

スタードライバーにインタビュー!Vol.1 【松本亮一さん(和親交通株式会社)】

スタードライバーにインタビュー!Vol.1 【松本亮一さん(和親交通株式会社)】

タクシードライバーインタビューのきっかけはネガティブキャンペーンを垂れ流すテレビに対抗 タクシードライバー(タクシー運転手)は不況業種で大変というネガティブな間違ったイメージがついてしまっているのを何とか払拭したいと考え、テレビなどが行うネガティブキャンペーンに対抗して、ポジティブキャンペーンとしてしっかり稼いでいる各社のナンバーワンの売上を誇る(つまりお給料も高い)タクシードライバーのインタビューを行っていこうと考えました。 今回のインタビュー記事を見て一人でも多くの方が、じゃあ自分もタクシードライバーやってみようかな?と思ってくださったら幸いです。 記念すべき第一回目のタクシースタードライバーのインタビューは和親交通株式会社の松本亮一さんです。 関連記事 タクシー運転手(タクシードライバー)になるには?年収、待遇など実は隠れた良い仕事! タクシードライバーになったきっかけ 「自分はずっと二十年以上トラックに乗っていました。大きい会社の配送路線に組み込まれた仕事であれば安定していますが、小さい会社ですとやれ問屋さんが潰れた、やれ取引先から来年からは5台じゃなくて2台でいいよと言われてしまえばあっという間に仕事がなくなってしまうような状態で非常に不安定なんです。それでも若いころは昼夜を問わずに働いていたけど、リーマンショックのあおりもあって、更に不安定さを増してきたのでこれはそろそろ見切りをつけなければいけないと考えました。 150人以上のタクシードライバーにインタビュー 同じ道路を使用して商売をしている仲間として、そこからタクシー運転手に片っ端からインタビュー試みたんです。その数150人は下らないと思います。そうするとみんな基本的には最初ネガティブな発言をするんです。でも最近は稼げないという事を言う人もよくよく聞くとバブルの異常な時と比べていたりで全然悪くない業界であるとわかってきました。そしてとある営業所でナンバーワンの売上を出しているタクシードライバーの話を聞いた時に、あなたがやったからと言って自分のように稼げるという訳ではないんだよと言われて逆に燃えたというか、いやあなたができるのに私にできない理由はないだろうと、よしやってやろうと思ったのが最終的なきっかけです。 関連記事 タクシー運転手が高収入を得るコツや稼ぎ方とは?【徹底紹介】 実際にタクシードライバー(タクシー運転手)になってみて思ったこと あれだけの人数をインタビューしてから入社したので入る前と入った後でイメージが違うという事はなかったのですが、和親交通を選んで正解だったなというのは後からより強く思いました。某大手の会社だと先輩の出庫を挨拶して見送ってからでないと後輩は出庫できないなどの体育会のような上下関係があったありするというのを実際に耳にするのですがそういう煩わしいことがうちの会社はないんで。 トラック運転手からタクシー運転手に変わる事への不安はなかったのか たしかにタクシー運転手に比べてトラック運転手の方が人と接触する機会は圧倒的に少ないです。人を乗せている訳ではないですから。ですから人と関わりを持ちたくないよというような人は確かに向かないでしょうし、それでもタクシー運転手になろうという人は不安も多いでしょうけど、私はそもそもおしゃべりですし、そして貪欲です。 どんな人でもそれこそホームレスの人でも自分の知らない何かを知っているに違いないと思うし何かを吸収したいと思っています。その時間を無駄にしたくないので。 タクシードライバーをやってうれしい瞬間というのはどのような時か そりゃやはり人間ですから、お客さんに褒められた時です。 お客さんの想定していたより早く到着したり、運賃が安く済んだり、話が弾んだりで褒めてもらえる時が嬉しいです。 先日もたまたま乗せたお客さんが、2日に1回はこの同じ場所で乗って同じ場所で降りているけど2,000円を切ったことは初めてですし、そもそもこんなに早く着いたことが無い!すごいプロですねと褒めて下さったのなんかは嬉しかったですねえ。 急いでくださいって人の要望にしっかり応えられるのはやはり運転のプロとしては一番嬉しいかなあ。 売上の高いドライバー≒事故も多いというようなイメージがあるがそれはあながち間違っていないと思います。どうしてもお客さんをたくさん乗せようと情熱を燃やしている人は、対向車線のお客さんさへ乗せてしまいたくなってUターン禁止のところでUターンしてしまったりとかがあるので。あくまで頭の中は冷静でいなければいけないと思います。 事故に関していえばこれはどれだけリスクを事前に回避できているかが一番大事だと思っています。私は周辺を走っている車のナンバーまで全部見ています。そして地方ナンバーの車の後ろにはつかないようにします。東京が不慣れで変な動きをする可能性が高いですから。 またこれは自分の経験則ですがファミレスから出てきた車の後ろにも入りません。満腹感からか漫然とした動きをして危なっかしいのです。このように事前にリスクを回避するようにしていけば事故は防げると考えています。 タクシードライバーやっていてキツイなと思う事 歩合制の部分が大きい仕事ですからやりがいもある反面、調子悪い日などには会社にも申し訳ないと思いますしそもそも自分のプライドが許せないです。こういうストレスは毎回ですのでこれがしんどいと言えばしんどいのですが、それはどの仕事でも一緒の話ですのでタクシードライバー特有のという事ではないと思います。 怠けようと思えばいくらでも怠けらえる仕事ですが、そうすれば自分の収入も減るのでどのように自分がなりたいか次第で大変さの種類も変わるのかなと思います。 自分が一番自慢できること 自分の売上が高いという事よりも、今その売上ナンバーワンをいつも競っている相手がいるんですけど、実は自分が連れてきた後輩なんです。最初半年くらいは本当にもう鬱陶しいと思われてるのはわかりながらも、細かくチェックして教えました。でもその彼に今はたまに負ける日も出てきていて、このことが私の一番の自慢です。 関連記事 タクシー運転手が「付け待ち」で稼ぐコツやポイントとは? 関連記事 タクシーの流しとは?コツを掴んで給料UPへ【流しのコツ10選】 後輩に教えた売上があがるコツ お客さんがどこにいるとか、このコースがいいとか、このイベントはねらい目だとかそんな事ではないんです。イベント情報を毎日チェックして例えば今日は東京ドームで野球の試合があるからその時間帯はいいのではなどと動く方がいますが、私はそのような動き方は一切しません。それは仕事ではなくて博打だと思うのです。 もしかしたらお客さんを乗せられるかもしれませんが乗せられないかもしれません。仕事は博打をする場ではないというのが私の考え方です。ですから私が後輩に教えたやり方は極めてシンプルでお客さんを降ろした場所で次のお客様を乗せるという事です。普段目指しているのは前のお客さんの体温がまだシートに残っている間に次のお客さんを乗せることです。 遠くまでお客さんを乗せた時に回送にしてまた一目散に銀座や新宿などに戻るタクシーを見かけますが私はそのような博打はうちません。結果取りこぼしが少なくなると考えているからです。私はイベント情報の収集などは一度もしたことがありません。 松本さんのタクシードライバーとしてのルーティン いつも14時出庫で休憩は決まった時間に取るわけではありません。眠くなったら休憩をするというようにしています。ただ割増料金になる夜の10時前までに食事休憩をとるようには心がけています。 あとはお客さんがあまり乗ってくださらない悪い流れの時はトイレに行くようにしています。そうすると不思議と流れが変わるので、まあ縁起担ぎですけどね。でも不思議と流れがかわるのでトイレは頻繁に行きますね。 さきほどの売上を上げるコツでもありますがやはりお客さんはどこにいるかわかりません。ですからとにかく目を広角レンズのようにしておくことが大事です。1点に焦点を合わせてしまっていてはお客さんを見過ごすことになってしまいますし、事故に回避にも結果的につながります。 体調管理について 私は山登りやバンド、スキーなど趣味が多いんです。でもそれらを楽しめるのも仕事があるからで、その器を用意してくれている会社のおかげです。ですから常に体調は万全で仕事に臨むことはプロとして当然の務めだと考えています。普段は会社に戻ってきてから1~2時間ほど軽く仮眠をとってから帰宅します。そしてその日は子供たちと一緒の早い時間に床につくようにしています。 タクシードライバーのここがオススメ! 私は特に不安定で不規則な職場にずっと勤めていましたので、それこそ妻や子供は自分の睡眠を邪魔する存在とまで思ってしまっていた時期があります。 それこそ帰宅して、シャワー浴びて4時間ねてまた仕事に出ていくというような生活もざらでしたので。 ところが今は、趣味のバンド、山登り、スキーにこれでもかと行くことができます。トラックの運転手をやっていた時も冬などもなんとか日にちをあけて月1ではスキーに行っていましたが今は週1回家族で行くことができます。 これもタクシードライバーの働き方の特徴だと思います。とにかく家族と一緒に過ごす時間が圧倒的に増えました。あの時と比べたら今は天国にいる気分です。 確かに楽な仕事ではないですが、大変なのはどの仕事でも一緒ですし普通のサラリーマンの方が週の大半を家族とゆったり夕飯を食べる事なんてできないでしょう? これからタクシードライバーを志す方々にアドバイス 良い意味でも悪い意味でも自分の裁量が大きい仕事です。 どのようなタクシードライバーになるのかのイメージをしっかり持つことが一番大事だと思います。いつお客さんが来るかわからない長蛇の列の駅につけてスポーツ新聞広げて待っているイメージを持てばその通りになるでしょうし、バリバリ稼いでそれでも無事故でというイメージを強く持てばその通りになることができるのがタクシーだと思います。 関連記事 タクシー運転手(タクシードライバー)になるには?年収、待遇など実は隠れた良い仕事! 新着タクシー求人を見る

タクシーの隔日勤務はきつい!?隔日勤務の働き方を詳しく解説

タクシーの隔日勤務はきつい!?隔日勤務の働き方を詳しく解説

多くの人がタクシー運転手の勤務時間が長いというイメージを持っていますが、それはタクシー業界独特の「隔日勤務」という労働形態に関連しているかもしれません。確かに、隔日勤務は長時間の勤務が必要で、最初は慣れないこともあるかもしれません。しかし、隔日勤務には知られざるメリットがたくさん存在します。今回は、タクシー運転手の特有の隔日勤務について、そのメリットやデメリット、さらには隔日勤務を快適にするためのアイデアについて詳しくご紹介します。   隔日勤務とは 隔日勤務とは、文字通り1日おきに勤務するスケジュールのことです。このスタイルでは、タクシー運転手は通常、朝から翌未明までまたは午後から翌朝までの長時間にわたって勤務し、休憩時間を挟みます。具体的な始業時間は会社や個々の勤務条件によって異なりますが、1回の勤務あたりの総拘束時間は通常約20時間で、実際の運転時間は18~19時間程度になります。この間には休憩時間が合計で3時間確保されます。 隔日勤務の特徴の一つは、勤務明けに必ず休みがあることです。そのため、月間の出勤日数は通常11~13日程度になります。この勤務スケジュールの利点として、休日が多く、長期休暇を取りやすいという点が挙げられます。従って、慣れてしまえば、多くのタクシー運転手にとって、隔日勤務は自分の時間を確保しやすく、働きやすいと感じることがあります。 タクシー会社は24時間営業しているため、タクシードライバーの出勤体制は多様です。全てのドライバーが同じ時間に出勤するのではなく、例えば朝7時からの勤務と13時からの勤務のように、複数の勤務パターンを同時に採用しています。出勤時間の組み合わせは、タクシー会社の営業エリアの地域特性によっても異なります。たとえば、歓楽街があるエリアでは夜間の需要が高まるため、ドライバーの出勤時間を午後からに設定することがあります。一方、大きな病院があるエリアでは、通院する高齢者をターゲットにするため、早朝の出勤が一般的です。このように、地域性に合わせてタクシードライバーの出勤時間が調整されています。   隔日勤務のメリット・デメリット 隔日勤務は拘束時間が長い一方で、一定のリズムを持つ働き方です。従って、慣れてしまえば、予測可能なペースで勤務することができます。このスケジュールはタクシー運転手の中でも一般的なスタイルであり、タクシー会社が専門的に隔日勤務のドライバーを採用する場合もあります。 メリット 隔日勤務のメリットは、まず休日が多いことです。長い勤務時間を1回に集中するため、その分だけ自分の時間を確保しやすくなります。さらに、通常の日勤勤務では難しい連続した休暇を取ることも、隔日勤務の場合は実現しやすくなります。工夫次第では、長期連休を取得することも可能です。 また、昼間と夜間の勤務リズムを交互に経験できるため、新人ドライバーにとっては営業のコツを学ぶのに適しています。このように、隔日勤務はタクシー運転手にとって多くのメリットを提供する勤務形態と言えます。 デメリット 隔日勤務のデメリットは、何よりもその拘束時間の長さです。通常、1回の勤務が20時間以上になることは他の職種では稀であり、初めての経験者にとっては身心が追いつかないことがあるかもしれません。休日が多い一方で、新人期間は休息を取るだけでも精一杯で、家庭を持つ人々にとっては出勤日と家庭生活の調和が難しく、ストレスを感じることも考えられます。   隔日勤務は法的にも問題なし 労働基準法において、通常の会社員の労働時間は1日8時間、週40時間までと規定されています。1日8時間を超える勤務は残業とされ、それに対する規制が適用されます。ただし、これは基本的なケースです。 一方、タクシードライバーのような隔日勤務の場合は、変形労働時間制が適用されることがあります。この制度では、労働時間を1日単位でではなく、月や年単位で評価します。このため、1日平均が8時間以下であれば、週40時間を超えていても残業扱いにはなりません。 さらに、会社員には、連続した勤務の前後に必要な休息時間が法律で規定されています。通常の勤務の場合、8時間以上の休息時間が必要ですが、隔日勤務の場合は20時間以上の休息時間が求められます。 このように、隔日勤務自体は法的には問題ありませんが、ドライバーの疲労が蓄積すると、安全性に関わる問題が発生する可能性が高まります。タクシー業界においても適切な休息時間が確保されているかどうかを確認することは重要です。そのため、しっかり休憩が取られているかタクシー会社は日頃から管理を行っています。   隔日勤務に向いている人 柔軟性がある人: 隔日勤務は、勤務日と休息日が交互に設定される特徴があります。この柔軟なスケジュールに適応できる人は、隔日勤務に向いています。長時間の勤務日と自由な休息日をバランスよく過ごす能力が必要です。 睡眠管理が得意な人: 隔日勤務には長時間の勤務や夜間の仕事が含まれることがあります。睡眠の質を管理でき、適切な休息を確保できる人が成功する傾向があります。睡眠不足は安全や健康に悪影響を及ぼす可能性があるため、睡眠管理は重要です。 孤独を楽しむ人: タクシードライバーは一人で運転し、自己管理が求められます。社交的な環境ではなく、孤独を楽しむことができる人が向いています。自分自身との時間を大切にすることができるでしょう。 長時間の運転に耐えられる人: タクシードライバーは長時間運転をすることが多いため、体力的に長時間の運転に耐えられる人が向いています。長距離運転に耐性があるか、運転中の集中力を維持できるかが重要です。 安全運転を重視する人: タクシードライバーはお客様を安全に目的地に運ぶ責任があります。安全運転を重視し、交通ルールや安全に対する高い意識を持つ人が向いています。安全性を最優先に考えることが必要です。   隔日勤務終了後は会社の設備を活用しよう 隔日勤務が終わって自宅に帰るタクシードライバーにとって、特に早朝は眠気が強く襲ってくる時間帯です。仕事が終了し、安心感からくる一種の緊張の解放や長時間の労働による疲労が、急に眠気を引き起こすことがよくあります。 幸いなことに、一部のタクシー会社では仮眠室や温泉などが提供されており、車で通勤するドライバーは仮眠をとってから帰宅することができます。勤務中は緊張感によって眠気を感じにくいこともありますが、勤務終了後に急に眠気が襲ってくることは珍しくありません。そのような場合、無理をせずに仮眠をとることが最善の選択です。眠気を抱えたままの運転は危険を伴いますので、安全運転のためにも休息をとることが大切です。   隔日勤務ドライバーの睡眠事情 隔日勤務ドライバーの場合、帰宅時間は朝にることが多々あります。多くのタクシードライバーは帰宅後、昼寝をとり、夜に再び睡眠を取ります。この働き方では、昼寝が3〜5時間程度で、夜間の睡眠が6〜8時間ほどとなります。 この勤務体系において、昼寝をすることで夜中に眠れないのではないかと心配する人もいますが、実際にはそうでもないと言われており、比較的安心して昼寝をとることができます。ただし、このスケジュールに慣れるまでには2〜4か月ほどかかることが一般的です。一度慣れてしまうと、隔日勤務の方が快適だと感じることが多いようです。 次に、日勤・夜勤の場合、1勤務あたりの拘束時間は約12時間で、出勤時間や仕事の準備なども含めると合計で約14時間かかります。残りの10時間は食事や家庭の用事に充てられ、睡眠に割り当てる時間は約6時間程度です。 ただし、個々の事情や生活スタイルによって異なるため、これは一般的な例です。タクシードライバーの勤務スケジュールは多様であり、個人の好みや体調に合わせて調整されることがあります。 隔日勤務をより快適に過ごすためには 確かに、初めての隔日勤務は適応に時間がかかることがありますが、仕事へのアプローチや考え方を変えることで、隔日勤務の利点がより明確に感じられることがあります。 労働条件を比較してみる タクシー業界の隔日勤務は初めて聞くと過酷に感じるかもしれません。しかし、これを他の職種と比較すると、意外なメリットも見えてくることがあります。IT関連の仕事に従事していた方々や、一般の職場で残業や人間関係に悩んでいた方々と比べると、タクシーの隔日勤務にはいくつか魅力的な要素があるのです。 まず、タクシーの隔日勤務では最低3時間の休憩が義務付けられており、残業がないため、仕事が終わったら仕事を忘れてリラックスすることができます。また、勤務明けには必ず休息日が設けられているため、身体や精神の回復に専念できます。さらに、タクシー運転手は一人で業務を行うため、職場の人間関係のストレスを気にせずに仕事に専念できます。休憩時間も自分の裁量で取ることができるため、自分のペースで仕事と休息を調整できるのも大きな利点です。 一度の勤務で2回分!? 隔日勤務は、一度の勤務で実質的に2回分の仕事をこなすことができる高効率な働き方と言えます。また、タクシーの隔日勤務と類似性があるのが、消防士の勤務形態です。消防士は勤務→非番→公休を繰り返す現場勤務が一般的で、1回の勤務時間は長いものの、その後の十分な休息が確保され、緊張を要する業務にも集中して対応できるように配慮されています。タクシー運転手もお客様の安全を確保する仕事であり、緊張感が伴うことはありますが、毎回の勤務が終了すれば確実に休息が待っており、集中して仕事に取り組むことができるという点で、共通の特徴があります。 休日が多いという利点 前述の内容を繰り返しますが、隔日勤務は1回の勤務で通常の2回分の仕事をこなすことができるという特徴があります。確かに大変な面もありますが、この特性から休日が多く、自分の時間をたっぷり確保できるのです。前職では日々の仕事が続き、急な休日出勤や長時間の残業が日常的に発生し、家族や趣味に時間を割けなかったと感じていた方々も、タクシー運転手に転職することで、プライベートの充実度が飛躍的に向上するかもしれません。   まとめ タクシー運転手の隔日勤務についてまとめると、この勤務形態は柔軟性があり、睡眠管理が得意で、孤独を楽しむことができる人に向いています。長時間の運転に耐えられ、安全運転を重視し、自己組織化能力が高い人も成功する傾向があります。地理的な知識が豊富な人も重要です。 タクシー運転手の労働時間は、長時間労働のイメージがあるものの、実際は他の一般的な職業と大きな差はなく、法的にも問題ありません。睡眠管理がしっかりされており、過労を防ぐための厚生労働省の指導が厳格に行われています。ただし、一部の会社では業務終了後に追加の作業が発生することがあります。 隔日勤務のタクシードライバーは、帰宅後に昼寝をし、夜に再び睡眠を取るスケジュールを持ちます。慣れるまで2〜4か月ほどかかることがありますが、慣れれば快適に働けると感じる人が多いようです。 最終的に、タクシー運転手の勤務スケジュールは個人の生活スタイルや好みに合わせて調整されることがあり、適性や状況に応じて柔軟な働き方を選ぶことができます。 関連記事 タクシードライバーの勤務形態・勤務時間を勤務スタイルの例で徹底解説!

【これからドライバーになる方向け】免許の種類

【これからドライバーになる方向け】免許の種類

知っておこう!免許の種類 ひとことに「ドライバー」や「運転手」といっても、たくさんの種類があるのはお分かりだと思います。 大型トラックの長距離ドライバー、小型トラックの配送ドライバー、高速バスの運転手、タクシードライバーなどなど、これらの仕事はそれぞれ必要な免許が変わってきます。自身のなりたいドライバーは一体どの免許が必要にるのでしょうか。今一度確認しておきましょう。 関連記事 二種免許の取得について 免許の種類と運転可能な車 道路交通法が平成19年6月1日に改正されたことで、新たに中型免許というカテゴリーが新設されました。下の表を見るとお分かりの通り、中型免許は「重量5~11トン、積載量3~6.5トン。定員11~29人」の範囲内で運転が可能な免許ですが、道路交通法改正前に普通免許を取得された人ならば、「重量8トン未満、積載量5トン未満、定員10人以下」の範囲内で運転することが可能となっています。 つまり、積載量4トンのトラック、通称「4トントラック」を運転する場合は、平成19年6月1日以前に普通免許を取得していれば、運転することができますが、それより後の方は中型免許を取得する必要があります。 免許の種類 重量 積載量 定員 大型免許 11トン以上 6.5トン以上 30人以上 中型免許 5~11トン 3~6.5トン 11~29人 普通免許 5トン未満 3トン未満 10人以下 また、タクシーやバスなどのお客様を乗せる場合には、それぞれ車の大きさによって、「大型第二種免許」や「中型第二種免許」「普通第二種免許」が必要となります。 免許の種類と取得費用 それでは免許の取得には一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか。先ほどもお伝えしたとおり、平成19年6月1日以前に普通免許を取った人(表の中では、「中型8t限定」)とそれ以降に免許を取った人(表の中では、「普通」)によって費用は変わってきます。 中型免許を取得するための費用 現在の免許の種類 費用 中型8t限定 7万円~12万円程度 普通免許 17万円~25万円程度 大型免許を取得するための費用 現在の免許の種類 費用 中型 20万円~30万円程度 普通免許 35万円~45万円程度 これらの免許以外にも、けん引免許や大型特殊免許が存在しますが、それぞれ8~12万円程度で免許を取得できます。

後悔しない!個人タクシーへの転職

後悔しない!個人タクシーへの転職

個人タクシーへの転職は、新たなキャリアへの一歩を踏み出す重要な決断です。この記事では、個人タクシードライバーへの転職について詳しく探り、後悔しないためのポイントをご紹介します。   新規取得は困難!?譲渡開業 タクシー業界において、新しいドライバーが個人タクシーとして独立することは難しい場合が多く、事業免許の譲渡を通じて営業を始めるケースが一般的です。 日本のタクシー業界は、大きく「法人タクシー」と「個人タクシー」の2つに分かれます。「法人タクシー」とは、タクシー事業を展開する会社に雇用され、通常は正社員またはパートタイムの契約で働き、その会社が所有するタクシー車両で運行するドライバーのことです。この場合、営業収入は通常、ドライバーとタクシー会社の間で折半されます(ただし、取り分の割合は事業者によって異なります)。一方、「個人タクシー」は、その名の通り、1台1台のタクシー車両と各ドライバーが独立した事業主として営業を行います。この場合、営業収入は100%ドライバーのものとなります。 新規の個人タクシー事業者として開業するには、「新規許可」と「譲渡譲受認可」という2つの方法があります。ただし、東京23区や武蔵野・三鷹地域など、特定地域(タクシー特定地域特措法特定地域)に指定されている場合、新規許可を取得することは非常に難しい状況があります。そのため、多くの場合、個人タクシー事業を開始するためには、既存の事業免許を持つ個人タクシー事業者から事業免許を譲り受ける、または事業を相続する方法を選択することになります。   個人タクシーになるには 「新規許可」または「譲渡譲受認可」う受けるためには、一定の厳しい資格要件が存在します。これらの要件は、年齢、運転経歴、違反や事故の歴史、必要な資金の確保などに関連しています。 基本的な要件は次の通りです。 年齢制限: 個人タクシードライバーになるためには、申請日時点で65歳未満である必要があります。 運転経歴: 普通第二種運転免許を持ち、かつタクシーなどの運転経歴が10年以上ある必要があります。 違反と事故の歴史: 年齢によって異なりますが、申請日までの一定期間内に道路交通法に違反したり事故を起こさないことが求められます。 資金確保: 申請日までに一定額の資金を用意しており、認可を受ける公示日まで確保できることが必要です。 さらに、運輸局が実施する法令試験と地理試験にも合格する必要があります。ただし、地理試験に関しては一定の条件を満たしている場合、免除されることもあります。 個人タクシードライバーとして独立開業するためには、法的な要件を満たすだけでなく、試験に合格する必要があります。上記で明らかなことですが、「個人タクシードライバーになりたい!」と思ってすぐにその道に進むことはできません。むしろ、経験を着実に積み上げる必要があることがわかります。   軽率な決断では後悔することがある 個人タクシードライバーになるには、通常、タクシー会社で運転手として10年間勤務する必要があります。例えば、人生の寿命が80年と仮定すると、そのうちの8分の1をタクシー会社で過ごすことになります。また、働ける期間が20歳から70歳までの50年間だと考えると、そのうちの5分の1をタクシー会社で過ごすことになります。さらに、事故や違反によってはこの10年間よりもさらに時間がかかる可能性もあるでしょう。 自分の人生において、多くの時間とキャリアをタクシー会社の従業員として費やすことになるため、個人タクシーを目指す際には真剣な覚悟が必要です。なぜなら、会社員としてのタクシー運転手経験だけでは、特別なスキルが身につくわけではなく、ただ時間だけが経過していくからです。20代で比較的転職しやすい状況でも、将来的に個人タクシーに転職したくなった場合、その時の年齢やスキルでは簡単には転職できないかもしれません。そのため、個人タクシーを目指すなら、生半可な覚悟では不十分です。   今後の個人タクシーの懸念事項 既存の権益や独占的地位の維持 海外では「Uber」など、特別な資格を持たない個人がタクシーサービスに参入し、タクシー業界を変えてしまう事例が増えています。日本も将来的に同様の状況に直面する可能性があるかもしれません。このような状況が懸念される理由の一つは、個人タクシーに転職するために長い年月をかけて取得した資格と、新たなプレイヤーが手軽にドライバーになれるサービス(例:Uber)との間で、収益や条件が大きく差がなくなる可能性があることです。 これが現実化すれば、長い努力を積み重ねたドライバーたちは、その価値が軽視される結果になり、不安を感じるでしょう。また、素人ドライバーと同じスタートラインに立たされることで、過去の努力が水の泡になることも心配されます。このような未来を避けるために、タクシー業界は変革と新しいアプローチを模索し、競争力を維持しなければならないでしょう。 個人タクシーの一部ドライバーの態度や振る舞い 一部の個人タクシーの運転手にはマナーに欠けるケースがあります。個人タクシーの魅力は、会社に縛られずに自由な働き方ができることですが、公共の道路を利用して商売を行う公共交通機関であることを忘れがちです。 一部のドライバーは、近場の客に対して乗車を拒否し、不適切な言動を繰り返すことがあります。しかしこうした態度は、結局はドライバー自身に返ってくる可能性があります。なぜなら、個人タクシーが長距離利用に適しているとの認識が固まれば、今以上に長距離利用者が減少し、将来的に個人タクシー業界に影響を及ぼす可能性があるからです。 不景気などの要因も考慮しながら、個人タクシー業界が将来にわたって生き残るためには、良いマナーとサービスを提供し、乗客に良い印象を与えることが不可欠です。 電子マネーや配車アプリなどの新しいことに対する適応力 個人タクシー業界において懸念される点は、電子マネーや配車アプリへの対応力です。大手タクシー会社は、迅速に新たな電子マネーサービスに対応し、スマートフォンアプリを開発するなど、組織力を発揮して現代の需要に追随しようとしています。しかし、個人タクシーにはこのような対応力が制約されています。 個人タクシー運転手は、自身の財源から車両や決済機器への投資を行うため、すぐに全ての電子マネーサービスに対応することが難しい場合があります。時代の要求に応えない商品やサービスは、競争が激化する現代ビジネスにおいて、迅速に廃れてしまう傾向があります。将来、個人タクシー業界が一般的に「電子マネー未対応で時代遅れのサービス」と見なされ、需要が低下する可能性についての不安が存在します。   個人タクシー開業の可能性を若いうちから探る 若い時期から個人タクシーの起業を考えることは賢明です。個人タクシーには、法人タクシーで働くドライバーにはない利点があります。通常の法人タクシーでは、売上の大部分がタクシー会社に取られ、ドライバーの収入はその一部に限られます。しかし、個人タクシーの場合は、売上のすべてが自分の収入となります。 もちろん、個人タクシー運転手は自分で車両を調達し、整備費用、燃料代、保険料などを負担しなければなりません。一方で、売上金額を総取りできるという点は大きな魅力です。さらに、高齢になると法人タクシーの隔日勤務は体力的に厳しい場合がありますが、個人タクシーの場合は勤務時間を自分で調整できるため、体力的な負担も軽減できます。 若い時期から個人タクシーの起業を考えることで、将来の開業に向けて準備を進めることができます。タクシー会社での経験を積むことは、将来の個人タクシー開業に向けた有力なステップとなります。 "今が始めるとき" という考え方で、タクシー業界でのキャリアを真剣に検討することは価値があります。   副業を通じて個人タクシーの開業を目指す 個人タクシーの開業には長いドライバー経験が必要です。若い時期から個人タクシーの開業を目指す場合、副業ができるタクシー会社に所属し、将来の個人タクシー開業だけでなく、自己雇用などの様々な選択肢を考慮に入れ、柔軟性を持たせることが良いでしょう。 収入の不安定な職業で副業をしながら、タクシードライバーとしても働く社員は少なくありません。週に1〜2回の乗務を行い、他の日に副業を行うケースもあります。この場合、タクシードライバーは副業として考え、他の仕事が本業です。 また、逆にタクシードライバーを本業にし、週に1回ほど自己雇用の仕事をすることで、将来的な個人タクシーの開業と他の自営業の選択肢を両立させることができます。特に若い世代にとっては、複数の選択肢を持つことで、どちらかがうまくいかない場合でもスムーズに移行できるでしょう。 副業や定時制などの勤務が運転経験の要件を満たすかどうか 一部のタクシー会社では、正社員以外の雇用形態(嘱託乗務員や定時制乗務員など)でも募集を行っています。ただし、タクシードライバーを副業として(週1〜2回など)考えている場合、個人タクシーの開業要件に合致しないことがあるため、慎重に注意が必要です。 運転経験の要件を満たすためには、提出する資料として「乗務員(運転者)台帳の写し」や「社会保険の加入期間がわかる書類」などが必要です。文書を確認すると、嘱託乗務員や定時制乗務員の場合、場合によっては「総合的に勘案し個別に判断する」と明記されています。したがって、社会保険の加入期間が、運転経験の要件を満たす際の一つの基準となります。ただし、嘱託乗務員や定時制乗務員として雇用された場合、勤務日数などによって社会保険の加入がされないこともあるため、個人タクシーの運転経験の要件を満たさない可能性があります。自分の働き方が運転経験として認められるかどうかを事前に確認し、注意深く検討することが重要です。   まとめ 個人タクシーへの転職や開業を検討する際には、いくつかの重要なポイントを考慮する必要があります。 まず、法人タクシーと個人タクシーの違いを理解しましょう。法人タクシーはタクシー会社に所属し、会社所有の車両を運転します。一方、個人タクシーは個人事業主として独立し、自身の車両で運行し、全ての収入が自身に入る点が異なります。 次に、個人タクシーの開業方法について考えます。新規許可や事業免許の譲渡、事業の相続などがありますが、特に一部の地域では新規許可が難しいため、既存の事業免許を譲り受けることが一般的です。資格要件も注意が必要です。個人タクシーの運転経験には厳しい要件があり、年齢制限や運転経歴、違反や事故の歴史、資金保有などが考慮されます。また、法令試験と地理試験に合格する必要もあります。 個人タクシーの開業には時間と覚悟が必要です。長い道のりが待っており、若い時期から準備を始めることが重要です。 さらに、電子マネーや配車アプリへの対応力も必要です。個人タクシーはこれらの変化に対応する必要があり、市場のニーズを読み取る能力も求められます。 最後に、個人タクシーには魅力がありますが、慎重に検討し、自身の適性と覚悟を持って臨むことが成功への近道です。

タクシー運転手に転職して後悔・失敗しないためのポイント

タクシー運転手に転職して後悔・失敗しないためのポイント

タクシー運転手に転職を真剣に検討している人は、後で後悔や失敗を心配することがあるかもしれません。後悔しないためには、実際にタクシードライバーとして働いている人がどのような問題に直面しているかを理解し、それを考慮することが重要です。その情報を踏まえて、自身がその仕事に適しているかどうかを検討しましょう。   タクシー運転手に転職して後悔したことは? 仕事の内容は毎日同じことの繰り返し タクシードライバーの職務は、仕事のバリエーションが限られています。タクシードライバーの仕事は乗客を目的地に運び、料金を頂くという基本的な業務です。例えば、介護タクシーや観光タクシーなど、多様な種類の業務が存在しますが、本質的には乗客を目的地に送り届けるという共通点があります。最初は新鮮でワクワクした気持ちで仕事を行えますが、2〜3年経つとタクシードライバーの仕事が同じことの繰り返しに感じられることがあります。 また、タクシードライバーの収入は歩合制が一般的で、工夫次第で収入を増やすことができるため、やりがいも感じます。しかし、長い間同じ仕事を続けると、収入に大きな変動がなくなり、仕事がマンネリ化することがあります。この点は安定性がある一方で、単調に感じられる側面でもあります。 【対策方法】 仕事がマンネリ化してきた際の対策は、仕事のポジティブな側面を考えることです。どの職業にも良い面と向き合いたくない面が存在します。確かに、タクシードライバーの仕事は単純に乗客を目的地に送り届けるという重要な業務に専念している一方で、逆にこれが責任であることを肝に銘じて取り組む限り、不満を言われることは少ないでしょう。 販売員などの営業経験がある方は分かるかもしれませんが、上司からの圧力やストレスに耐えなければいけない場面が多々あります。その中で、タクシードライバーとしての仕事は比較的気楽であると感じられるでしょう。タクシードライバーの仕事は自然な流れで乗客が乗車してくれるため、セールスのプレッシャーがなく働くことが可能です。視点を変えることで、タクシードライバーの仕事が充実していると感じることができます。 出勤しないと収入が減少 タクシードライバーの給与は、一般的な会社員のように固定給与制ではないため、欠勤すると収入が減少します。タクシーの給与制度は、売上に応じて給与が歩合制で計算されます。例えば、1日の売上が30,000円で、歩合率が50%の場合、その日の給与は15,000円になります。これらの日々の収入が月ごとに合算され、月給として支給されます。したがって、欠勤した場合、その日の売上分の給与が減少することになります。 タクシー会社によっては、歩合給に加えて固定給与を支給する場合もありますが、基本的には売上に応じて収入が変動する仕組みです。給与を維持するためには、体調管理や欠勤を最小限に抑える努力が必要です。新人ドライバーには、歩合制の仕組みを理解してもらうための指導も行っています。入社前にこの仕組みを理解し、後悔しないようにすることが重要です。 【対策方法】 給料について後悔しないためには、タクシードライバーの給与体系や各地域の平均年収について十分な情報を得ることが必要です。タクシードライバーの平均年収は、都道府県や所属するタクシー会社によって異なるため、事前に調査が重要です。例えば、全国的に見て、タクシードライバーの平均年収が最も高い地域は東京都です。特に、タクシー未経験者が考えるなら、大手タクシー会社での勤務が新人研修が充実しており、稼ぎやすいことが多いです。 タクシードライバーへの転職を検討している方は、転職前に希望する地域や会社の平均年収を調査し、自身の収入目標との整合性を確認することが大切です。 新型コロナの流行により、収入が40%減少 新型コロナの流行に伴う外出自粛期間中、全国のタクシードライバーの給与が大幅に減少しました。 前述の通り、タクシードライバーの給料は売上に依存しており、乗客の利用が減少すると給与も減少します。緊急事態宣言期間中、タクシードライバーの収入が新型コロナ前と比べて約40%も減少しました。 所属するタクシー会社によっては、ドライバーの生計を守るために緊急事態宣言が発令された月には補償休業が提供されました。これにより、月に2〜4日程度でも補償休業があることで、タクシーの競争が減少し、給与がいくらか回復する月もあったようです。現在、コロナの状況は安定し、乗客の利用も回復傾向にあるため、給与も以前の水準に戻りつつあります。 【対策方法】 タクシードライバーの仕事は、経済の動向に大きく左右されることがあります。特に新型コロナのような状況下では、タクシードライバーの売上が厳しい時期がありました。 タクシードライバーに転職を考えている方は、この事実を理解しておくことが重要です。そして、特に未経験者の方に向けて、次の2つの対策を紹介します。 「タクシードライバーの仕事は、経済の動向に大きく左右されることがあります。特に新型コロナのような状況下では、タクシードライバーの売上が厳しい時期がありました。 タクシードライバーに転職を考えている方は、この事実を理解しておくことが重要です。そして、特に未経験者の方に向けて、次の2つの対策を紹介します。 ●給与保障(保障給)があるタクシー会社を選ぶ 一部のタクシー会社は、未経験者に対して月給を保障する制度を提供しています。通常、この保障期間は入社後3〜6ヶ月で、平均的には30万円前後が支給されます。保障期間中に、適切な流し方を学べば、保障期間終了後も安心して稼げるでしょう。 ●給料のセーフティネットがあるか確認する タクシードライバーの給与には、売上が悪い日でも一定の収入を確保する仕組みがあります。具体的な方法は2つあります。一つ目は、固定給がある制度で、給料は固定給+歩合給から構成されます。もう一つは、最低賃金で時給換算する制度で、売上が悪い日には最低賃金相当の給与が支給されます。タクシー会社によって異なるため、事前に確認し、自身に合った選択をしましょう。 管理職に昇進しても、給与が増えない 「ドライバーから管理職に昇進しても給料が上がらない」という問題は、タクシー業界でよく言われています。ただし、個別の状況はタクシー会社によって異なり、また、元々ドライバーとしての収入がどれだけだったかにも依存します。 管理職候補としてタクシー業界に入り、この問題を知らずに入社した人で、この事実に気付き後悔の念を抱くことがあるようです。 なぜタクシー業界で管理職の給料がドライバーに比べて低いことが多いのか、その理由は「ドライバーは収益を生み出すが、管理職は生み出さない」という考え方に起因しています。ただし、一部のタクシー会社では、「優れた管理職は、ドライバーのモチベーションを向上させて収益を増加させる」という考え方を採用し、管理職にも適正な報酬を提供するところもあります。 管理職に昇進すると給与が減少することを知り、管理職のポジションを辞退し、ドライバーとして勤務する人も多いようです。 【対策方法】 後悔しないための対策として、もし管理職のポジションが提供される場合、具体的に給与条件を詳細に尋ねることが重要です。同時に、管理職の役割や責任を理解することも大切です。なぜなら、管理職の仕事は予想以上に忙しいことが多く、想像と異なることがあるからです。管理職はデスクワークで比較的楽な仕事だと考え、内勤の実際の業務を経験してみると、乗客への対応やドライバーのサポートなど、多くの業務が待っていることがあります。さらに、事故や苦情の対応など、精神的にも肉体的にも負担のかかる瞬間もあるようです。 当然、管理職の仕事には向き不向きが存在します。高収入を追求しなくてもよく、かつ管理職を志す方にとって、その仕事が向いているかどうかを検討することが大切です。 違反や事故があると仕事が危うくなることが タクシードライバーになる際に、免停や事故に対するリスクを深く考えないと後悔する可能性が高まります。 タクシードライバーは、二種免許が必要で、違反や事故によって免停やケガを負うと仕事を続けられなくなる可能性があります。一回の乗務で長時間運転するため、違反や事故のリスクも高まります。 タクシードライバーとして働く限り、事故や違反へのプレッシャーを感じることは避けられません。それに立ち向かいながら、仕事を続ける必要があります。 【対策方法】 事故や違反を防ぐための最も単純な対策は、安全運転を徹底することです。事故や違反は、高い安全意識を持ち、安全な運転を継続することで回避できます。なぜなら、自分が引き起こす事故や違反には必ず原因があるからです。 日常の運転中に危険な状況に遭遇した場合、その状況がなぜ起きたのか、自身の行動にどのような原因があったのかを考え抜きます。そして、同様の原因を避けるための行動を習慣づけることが大切です。 安全意識を常に高く保ち、運転中の注意を怠らないことが、事故や違反を防ぐために最も重要です。 将来的に自動運転技術によって取って代わられる可能性 自動運転技術によって、タクシー運転手の仕事が奪われる可能性については、以前からドライバーの間でも話題になっています。 内閣府のホームページには、AIなどの技術革新によって、従来の労働力がAIに代替される可能性が示されています。これは第四次産業革命として知られており、サービス業や工場勤務など、さまざまな職業に影響を及ぼすものといわれています。その中にはタクシー運転手も含まれています。 しかし、タクシー運転手の仕事が完全に自動運転に取って代わるまでには、多くの課題が存在します。これらの課題を解決するには時間がかかり、少なくとも10年以上はかかるでしょう。 たとえば、泥酔したり認知症の症状がある乗客に対処したり、複雑な住宅地の細い道路で車を運転する能力、急な交通変動に適応するスキル、身体的な制約を持つ乗客へのサポートなど、タクシードライバーの仕事は多岐にわたり、単純にAIで代替できるものではありません。 完全な自動運転技術がタクシードライバーの仕事を置き換えるには、まだ十分な時間が必要です。また、自動運転技術が普及しても、人間の運転手と共存する可能性も高いでしょう。例えば、自動運転できるエリアとできないエリアを区別し、それに応じてAIと人間の運転手が担当するという形です。 【対策方法】 結論として、タクシー会社を選ぶ際には、通常のタクシー業務に加えて、おもてなしや介護などの分野にも注力している会社を選ぶことが重要です。 将来、自動運転技術によってタクシードライバーの仕事が一部奪われたとしても、おもてなしや介護のような人間らしい対応が必要な業務は残る可能性が高いです。これらの業務では感情や思いやりが重要で、AIが十分に対応できない場面が多いからです。タクシーの仕事を広く捉え、新しい分野に積極的に取り組むことが、AIに仕事を奪われないための有効な対策となるでしょう。   タクシー運転手に転職すると後悔する可能性が高い人 接客スキルに自信がない人 社会には「他人に謝らない人」という人たちがいます。謝ることが苦手な人は、タクシーを含む接客業に向いていないかもしれません。タクシーは幅広い年齢層の乗客が利用します。こうしたお客様に丁寧な言葉遣いで接することができるか、一度考えてみることが大切です。 車の運転があまり好きではない人 隔日勤務の場合、1回の勤務で20時間程度を車の中で過ごすことになります。そのため、車の運転があまり好きでない人にとっては、生活の中で後悔することがあるかもしれません。もしもこの点に不安を感じるのであれば、休日にマイカーやレンタカーを利用して同じような時間を車の中で過ごし、その経験を通じて自分がどれだけ車の運転に耐えられるかを確かめてみることをおすすめします。 腰に体調の不調を抱えている人 乗客から、「タクシー運転手の方は腰痛になりにくいのですか?」と質問されることがありますが、実際には職場内で腰痛の話題を耳にすることは少ないです。ただし、腰痛を抱えている場合、仕事が原因で症状が悪化する可能性も無視できません。タクシー運転手になりたい場合は、腰痛の専門医や整体師などに相談し、適切なアドバイスを受けることが重要です。 方向音痴がひどい人 タクシー運転手の仕事において、卓越した方向感覚は必要ありません。なぜなら、一般的なルートや地理に関する基本的な知識を身につければ、ほとんどの場面で対応できるからです。ただし、非常に方向音痴な人は、仕事上の難易度が高くなることが考えられます。道を誤ってしまうと、乗客から指摘やクレームを受けることになり、安全性にも影響を及ぼす可能性があるため、極端な方向音痴の場合、タクシー運転手になることを検討する際には慎重に考えることが重要です。   まとめ タクシードライバーとしての仕事は、確かに毎日同じようなことの繰り返しと感じることもありますが、その仕事には独自の魅力や特徴があります。タクシードライバーの仕事は、乗客を目的地まで安全かつ迅速に運ぶことが主な役割です。しかし、その中にもさまざまな要素や挑戦が含まれています。 新人の頃は、毎日が新鮮でドキドキ、ワクワクの日々でした。乗客とのコミュニケーションや街の様々な場所に案内することは、楽しく充実感を感じさせてくれました。しかし、2~3年経つと、仕事がマンネリ化してきたと感じることもあります。タクシードライバーの給料は歩合制が基本なため、収入を上げるためには工夫が必要ですが、それでも大きな変動がないため、マンネリ感を覚えることもあるのです。 また、タクシードライバーは欠勤すると収入が減るため、体調管理や適切な休息が必要です。この仕事には安定感がありますが、同時にマンネリ化や収入の上下が少ないことも特徴です。 タクシードライバーに転職を考える際、地域やタクシー会社によって平均年収が異なること、さらには給与体系や福利厚生に差があることを考慮する必要があります。特に未経験者は、保障給があるタクシー会社を選ぶことや、給与のセーフティーネットがあるか確認することが大切です。 さらに、タクシードライバーの仕事が自動運転技術によって奪われる可能性についても考慮が必要です。しかし、自動運転技術が完全にタクシードライバーの仕事を代替するまでには時間がかかると予想されます。特に、乗客へのおもてなしや介護送迎など、人間の感性と思いやりが必要な業務は、AIに代替されにくいといえるでしょう。 最後に、事故や違反を起こさないことがタクシードライバーとしての仕事を続けるために最も重要な対策です。安全運転と高い安全意識を持ち続けることが、職を守るために不可欠です。 タクシードライバーの仕事には多くの挑戦や魅力が詰まっていますが、その中には様々なリスクや不確実性も存在します。したがって、この仕事に転職を考える際には、しっかりとリスクを理解し、適切な対策を講じることが大切です。

よく読まれている記事

注目の求人

コンテンツバナー0