AVM無線配車ってなに?

  • シェア

AVM無線配車ってなに?

タクシーに乗っていると、他のドライバーや配車センターとの会話が車内の無線から聞こえることがよくあります。あれはAVM無線配車といいます。オペレーターが音声によってリアルタイムで状況を確認しながら、GPSを使って車両位置を確認できるシステムです。ここでは、タクシーの無線配車の現状を紹介します。

AVM無線配車とは?

AVM無線配車は1970年代から導入されている「タクシーの位置情報をオペレーターがリアルタイムで把握する」仕組みです。タクシー会社においては、お客様からの配車依頼を受けるオペレーターが、その依頼があった場所の近くにいるタクシーを現場に向かわせる必要があります。その際にどのタクシーを向かわせるのが最も効率的なのか瞬時に判断するためにAVMのシステムは欠かせません。古くは無線の発信電波からタクシーの位置を把握するシステムでしたが、近年ではGPS で位置を把握できるようになりました。さらにカーナビを搭載するタクシーも増え、交通状況やタクシーの実数をより正確に把握しながら、配車をおこなうことが可能になっています。

会話ベースの無線配車だった時代

最近車内で無線通話をするタクシーが減っているように感じている方も多いかもしれません。これは配車にデジタルなテクノロジーが投入されたことが大きな要因となっています。従来であれば、無線を受信したタクシーの中で最も近いところにいる車両が、配車を割り振られました。しかし、位置情報の把握が無線での会話ベースだったため、正確さに欠けたり、やたら時間かかったりというお客様に迷惑となるデメリットがありました。また、無線を受信するためには電波のよい幹線道路や大通りの付近を流している必要があるという運転手サイドにとってのデメリットもあったのです。

デジタルデバイスを活用しスムーズな配車を実現

最近では無線に加えてカーナビなどのデジタルデバイスを使った配車場所への誘導がおこなわれています。タクシー運転手とオペレーターの会話ベースではなく、オペレーターが状況を把握し運転手に対してモニター上で指示を出すというようなかたちに変化しているのです。これによって従来よりも配車がスムーズになりました。お客様にとっては素早く配車がされるのはメリットでしょう。また、タクシー運転手にとってもモニター上の文字で確実な指示がもらえたり、現場までカーナビで誘導してくれたりするのは配車時間のロスを防ぎ、自らの収益を高めてくれるメリットがあります。AVM無線配車では、こういった最新の技術と、従来からある無線のシステムをうまく組み合わせています。ドライバーとの円滑なコミュニケーションと効率的な指示が実現することで、配車はより精度が高まりスムーズになるでしょう。

いかがでしたでしょうか。ここまでAVM無線配車について見てきました。近年、タクシー業界は働きやすい環境に変化しています。もし今、転職先を探しているのであれば、タクシー運転手のお仕事はいかがでしょうか。タクシードライバー・運転手の求人・転職ならドライバーズワークからぜひ探してみてください。

他のコラム内カテゴリもチェック!

まずは相談してみよう!

ドライバー求人専任コンサルタント

専任コンサルタントから
非公開求人紹介させていただきます。

詳しくは
こちら

人気のエリアで求人を探してみよう!

気になることを調べてみよう!

「ドライバーズワーク」は、あなたの新しいキャリアのスタートを応援しています!

「ドライバーズワーク」は、タクシーに特化した専門の求人・転職サイトです。タクシードライバーや運転手について、現任者の方向けはもちろん、業界未経験の方向けの求人も多数取り扱っています。さらに、タクシードライバーにとって役立つコラムや業界ガイドなどもございます。気になる求人情報を保存したり、オススメの求人情報をメールで取得したりといった機能的なサービスも提供しています。是非、あなたの希望の条件で、最適な求人をお探しください。

採用ご担当者様へ