タクシーにわざと遠回りされた場合は・・・

タクシーにわざと遠回りされた場合は・・・

乗客としてタクシー乗っていると、東京のような入り組んだ街では起こりがちな「あれ?わざと遠回りされてない?」という疑念。残念ながら、実際に歩合制のタクシードライバーの中にはわざと遠回りする人もいます。1円でも多く稼ぎたいのでしょう。

では乗客として、実際に遠回りされたと確信した場合、どんな対処ができるのでしょうか。

旅客運送契約

実際にタクシーに乗る際には、タクシー運転手(会社)と乗客の間で、商法590条となる「旅客運送契約」というものが発生します。タクシー側は乗客が告げた目的地に向かって、安全且つより合理的な道筋で条約を運び届ける義務が生じるわけです。

従って、わざと遠回りした証拠を用意できれば、それは契約違反として充分な損害賠償を請求できます。もしくはその場で増額分を支払う必要はありません。

また、わざとかどうかはタクシー運転手の心理に依存してしまうため、それがたとえわざとでなくても、タクシー運転手が遠回りしたと判断されるのであれば、同じように乗客の支払い義務は無くなります。最近では、GPSを実装しているタクシー会社も多いので、タクシー会社に合わせてすぐに問い合わせてすれば、遠回りしたかどうかも判断してもらえるはずです。

例外もある

しかし、例えば、走行スピードが時速10km以下になった場合は「時間距離併用制運賃」が適用されたりしますので、渋滞等が予測される場合、タクシー運転手によっては時間短縮を優先し、敢えて遠回りするケースだってあります。それは、渋滞による運賃の増額や運送時間超過を避けるための合理的な理由があるわけですので、例外になります。

もちろん、事前にタクシー運転手側から遠回りする意図を教えてもらいたいところですが。いずれにしても100%最短距離を選択できるタクシー運転手も多くはないはずですので、経路選択に合理性があったかが論点になるわけです。

充分なコミュニケーションを

タクシー運転手も乗客も人間ですから、どちらにもミスや失敗はあるわけです。乗客が最短距離だと思い込んでいるだけで、実際にはタクシー運転手の選択する経路の方が最短距離だったりするわけで、それでも乗客から「不当な道筋だ!」と指摘されるのは本望ではないでしょう。

こういった問題に陥らないよう、乗客側は出来る限りルートを指定すること。タクシー運転手側は乗客の希望経路を確認した上で、通る道筋を明言しておくこと。何よりお互いの気遣いが大事ですよね。何かあれば、まずはタクシー運転手と話し合い、埒が明かないようであればタクシー会社や各種タクシー協会等に申し出るようにしましょう。

よく読まれている記事

コンテンツバナー01