閉じる×

会員登録(無料) 採用担当者様へ 運送求人はこちら
コンテンツバナー0

タクシーの売上の「足切り」とは?足切りの基準はどれくらい?

タクシーの売上の「足切り」とは?足切りの基準はどれくらい?
タクシードライバーへの転職を検討しており求人を調べていますが、「足切り」って何ですか?タクシードライバーの給料や待遇とどういう関係があるのでしょうか?

足切りとは?

今回は足切りについて詳しくご紹介します。「足切り」はタクシー業界ならではの専門用語の一つで、他業種でいう売上目標やノルマと似た意味と考えてくださって結構です。一般的にタクシー会社の多くで足切り基準が存在します。

足切りはいわゆる営業目標

足切り基準(ノルマ)を達成すると歩合給(インセンティブ)が支給される、という意味では一般企業の営業目標などとほぼ類似しています。タクシードライバーも頑張った分だけ稼げるといわれる所以は、営業売上の達成率が高ければ高いほど、その月の報酬も高くなるためです。ただし達成の難易度は一般企業の営業目標などのように高くは無いということが特徴にあります。めちゃくちゃ頑張ってトップ1割や2割に入る成績が達成基準、というイメージを持たれる方もいるかも知れませんが、タクシードライバーに定められる目標基準は、決められた時間を真面目に営業稼働している方であれば、足切り基準に達成しない方は滅多にいないと考えて差し支えなく、とにかく効率良く走って乗客をたくさん捕まえないととか、メチャクチャに頑張らないと達成できないような基準には設定されていないので、あまり不安になる必要はありません。

関連記事 タクシードライバーの1日の売上にノルマってあるの?

新着タクシー求人を見る

足切り基準に達成しなくても報酬がゼロになる訳ではない

また、足切り基準に達成しなかった場合でも報酬がゼロになる訳ではないのでその点はご安心ください。ただし賃金形態に寄りますがB型賃金で基本が歩合給の体系の場合は足切り基準に達成しなかった場合の報酬は最低賃金相当になるので、その点は注意が必要です。

足切り制度の無いタクシー会社もある

タクシー会社によっては「足切り」の無い会社もあります。賃金形態がA型賃金やAB型賃金の場合です。あまりに不安な方は足切り無しのタクシー会社や求人を調べてみるのも良いでしょう。ただし足切りの無いタクシー会社の特徴は固定給の割合が多いため、営業売上の達成率に対する報酬の変動が小さい特徴があります。達成率が低くても報酬は減りにくいですが、逆に達成率が高くても報酬がアップしにくいということになりますので、この点は良く考える必要があります。

関連記事 タクシードライバーの給与体系・仕組み
関連記事 タクシードライバーの給料・年収・手取りについて

達成するための営業方法とは

足切りを達成するためにタクシードライバーが日々やっている営業方法とはどのようなものかといえば、それは大きく分けて3つあります。

1. タクシー乗り場や駅前などで待つ方法 ⇒付け待ち
2. 運転しながら乗客を見つける方法 ⇒流し
3. タクシー会社から無線で配車依頼がくる方法 ⇒配車

以上の3つになります。1と2は自分の頑張り次第で売上が変わってくると思うので、足切りを達成するには、この方法をオススメします。3は、各タクシー会社によって無線数なども変わってきますので、ここは会社次第になってしまうかもしれませんね。どのタクシー会社に入社する場合も同じですが、「足切り」=「ノルマ」はあるので、そんなに構える必要はなく「あぁ~売上ノルマのことなのね」と軽い気持ちで考えていただければと思います。

関連記事 タクシードライバーの1日の売上にノルマってあるの?

新着タクシー求人を見る

高給与の求人

高給与の
求人一覧はこちら

タクシードライバーへの転職で失敗しないために

タクシー業界やタクシードライバー(運転手・乗務員)に関してさらに気になる点がありましたら、ぜひドライバーズワークご登録・ご相談ください!ドライバーズワークは東京・神奈川・愛知・大阪などの関東・東海・関西エリアを中心としたタクシードライバー求人サイトおよび転職支援サービスです。タクシー業界に特化した詳しい求人情報が満載!ご登録はかんたん1分無料!タクシー業界の知識量も豊富な、専任のキャリアアドバイザーが一人ひとりの担当に付き、転職にまつわるあなたのお悩みにお答えするだけでなく、転職をするべきなのかどうか、転職をする場合にどういった基準で会社選びをすれば良いか、などを一緒に考え丁寧にお伝えします。まだ転職するかどうかを迷っている段階の方も大歓迎ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

無料会員登録

関連記事

タクシーにわざと遠回りされた・・・?

タクシーにわざと遠回りされた・・・?

乗客としてタクシーを利用していると、「あれ?遠回りされている?わざと?」と時々発生する疑念。大変残念ながら、歩合制で生活しているタクシードライバーの中には出来心で遠回りする方も若干いるようです。乗客として、実際に遠回りされたと確信できた場合、どんな対処ができるのでしょうか? 関連記事 タクシーで起きるトラブルとは?また対処方法は? 旅客運送契約 タクシーに乗車する際、タクシー運転手(タクシー会社)と乗客の間では、法務省が定める商法第590条となる「旅客運送契約」が発生することになります。タクシー運転手側には、乗客が告げる目的地に向かって、安全であることは前提ですが、合理的な道筋で乗客を送り届ける義務が発生します。したがってタクシー運転手が故意に遠回りをしたということであれば契約違反として損害賠償を請求できる場合があります。または、その時合理的な道筋を通っていた時に想定される料金との差分(増額分)を支払う必要はありません。 故意かどうかの最終的な判断はタクシー運転手との合意を取れるかどうかに依存してしまいますが、実際にタクシー運転手が通ったルートと、もともと乗客が想定していたルートの違いから、遠回りであることが客観的に判断できるものであれば、同じように乗客の支払い義務は無くなります。近年ではGPSが搭載されているタクシーも多いので、タクシー会社に問い合わせれば対応してくれる場合が多いと思われます。どうしても納得できない場合はタクシー協会に相談してみるのも手です。 例外もある タクシー運転手が予め「最短ルートはAだが、この時間帯だとAは渋滞気味で返って時間を要してしまう。この時間帯はBの方がスムーズに目的地に到達できる」と考えた場合はどうでしょうか。走行スピードが時速10km以下になった場合は「時間距離併用制運賃」が適用される場合もありますので、渋滞等が予測される場合、タクシー運転手によっては時間短縮を優先し、敢えて遠回りするケースもありえます。それは、渋滞による運賃の増額や運送時間超過を避けるための合理的な理由があるため例外になります。 関連記事 タクシー料金について 充分なコミュニケーションを 前述のような場合、タクシー運転手側が状況と、道順の変更を説明できれば大きなトラブルやクレームにはならないかとは思います。タクシー運転手も乗客も人間ですから、どちらにもミスや失敗は0ではありません。こういった問題が出発後に発生してしまわないためには、出発前にある程度のルートを確認しておくことが重要だと思います。最近ではタクシー運転手側から希望経路を聞かれたり、経路の確認が入ったりすることも増えてきました。お互いの気遣いが大事だと思います。陥らないよう、乗客側は出来る限りルートを指定すること。タクシー運転手側は乗客の希望経路を確認した上で、通る道筋を明言しておくこと。何よりお互いの気遣いが大事ですね。 関連記事 タクシードライバーのクレーム対策・対応について 関連記事 タクシーで起きるトラブルとは?また対処方法は? 新着タクシー求人を見る

タクシーでチップをもらったらどうするべきか?

タクシーでチップをもらったらどうするべきか?

日本ではあまり馴染みのないチップの文化。実はタクシードライバーの仕事はチップをもらえる機会がある数少ない職業の1つです。しかし、チップ事情について知らなければ、もらったときにどのようにすればよいのか迷ってしまうことでしょう。そこで、ここでは日本のタクシーにおけるチップ事情について詳しく見ていきます。 日本におけるタクシードライバーのチップ事情 世界の多くの国では、料金の10%程度のチップがタクシードライバーに支払われています。それでは、日本の場合にはどうでしょうか。基本的には、日本ではチップの習慣はなく、それはタクシードライバーにおいても例外ではありません。しかし、ほかの職業と比べるとチップをもらえる機会は多い傾向にあります。実際にチップをもらった経験のあるタクシードライバーは多くいます。タクシードライバーとして働くメリットの1つにチップを挙げる人もいるほどです。 ちなみに、日本におけるチップは、小さな紙袋に包んで渡されることがマナーとされていますが、タクシードライバーについては紙袋なしでそのまま現金を渡すことが多くなっています。それは、お釣りをチップとして渡すお客様が多いためです。 どんなときにチップが支払われるか? それではどのような場面でチップが支払われるのでしょうか。タクシードライバーがチップを受け取ることの多いシチュエーションは、お釣りの小銭が多くなるときです。例えば、タクシーの料金が1,700円でお客様が2,000円を渡したとき、300円のお釣りをチップとするケースです。 また、お客様の荷物をトランクルームに出し入れしたときなどにもチップが支払われることがあります。ちなみに、バブル時代では1万円ほどのチップがもらえたこともあったようです。 チップは受け取ってもいいの? チップを渡された場合には基本的に受け取っても問題ありません。断るのではなく、笑顔でありがたく頂戴することによってお客様も嬉しい気分になることでしょう。タクシードライバーに渡されるチップは、タクシー会社による決まりがなければ全額ドライバーのものとなります。そのため、チップはタクシードライバーにとって嬉しい副収入になるのです。 いかがでしたでしょうか。ここまでタクシー業界におけるチップ事情について見てきました。忘れてはいけないのは、チップはあくまでもサービスの対価ということ。心をこめたサービスあってのものだということは忘れないようにしましょう。運転技術を向上させたり、地理に詳しくなったり、日々の努力を惜しまないことが大事です。 さらに、コミュニケーションの技術も磨くとよいでしょう。チップをもらえるようなタクシードライバーを目指してみてはいかがでしょうか。

タクシーの事前確定運賃とは?利用者と運転手のメリット・デメリット

タクシーの事前確定運賃とは?利用者と運転手のメリット・デメリット

タクシーの事前確定運賃が利用できるサービスが導入されました。この事前確定運賃という仕組みは、タクシー利用者にとって、そしてタクシー運転手にとってどのような影響があるのでしょうか。 関連記事 タクシー配車アプリ「JapanTaxi」について 関連記事 羽田空港の国内線に定額タクシー乗り場を設置 事前確定運賃とは? 事前確定運賃とは、通常タクシーを降車する際に料金が確定するのに対し、乗車前に確定させる料金のことを指します。これは事前確定運賃に対応しているスマートフォンのタクシー配車アプリを活用して、乗車地点と降車地点を事前に入力すると、ルートや運賃が提示されます。その中からルートを確定させることで事前に運賃を確定させることができるものです。乗車前に運賃を確定するためには、アプリ内の自動計算の機能を利用します。スマートフォンの配車アプリを利用して乗車位置と降車位置を指定することで、運賃を確定させます。確定された運賃を画面に表示することで、ユーザーはタクシーの運賃を乗車前に知ることができます。 事前確定運賃でタクシーに乗車する方法 スマートフォン等でタクシー配車アプリを起動する 乗車希望地点と降車希望地点を入力する 決済方法としてキャッシュレス決済を指定する 注意事項を確認して問題がなければ「同意」する 複数のルートから経路を選択する 入力事項に問題がなければ「確定」して配車依頼をする タクシーの運賃計算の仕組み タクシーの運賃は、走行距離や時間によって決まります。そのため、移動距離だけではなく、渋滞などに巻き込まれた場合の時間も運賃に含まれていきます。今回の事前に運賃が確定するサービスを導入するにあたって、距離だけでの計算だけではなく、交通事情などもあらかじめ踏まえて補正を行うことで、事前の料金を実際の料金に近づけて表示させることができるようになりました。2017年に行った実証実験の結果では、事前の確定運賃と実際の運賃の間で0.6%の誤差が出た程度ですんだという結果が出ております。今回の事前運賃確定サービスでは、渋滞に巻き込まれたとしても、運賃は変わらずメーターを気にしなくてもよくなります。今回のサービス導入については、タクシー会社があらかじめ国土交通省に届出を出す必要があります。 事前確定運賃の乗客側のメリット タクシーはとても便利な移動手段ですが、その料金が乗車前に予測しにくい場合もあり「いくらかかるのか不安」「メーターが上がる前に降りたい」「遠回りされて料金が高くなっていないか」など料金に関する不安や不満を抱えているユーザーも多いです。事前確定運賃はその名のとおり乗車前に運賃がわかるためそのような不安や不満が解消されタクシーの利便性を高めることができると考えられます。また、事前確定運賃の場合には、渋滞に合った場合も、赤信号に何度も当たって時間がかかった場合も事前に決まった運賃から変更はありません。ただし、利用にあたり配車料金が別途発生します。東京都のタクシー会社の場合ですと電話や配車アプリ経由にかかわらず配車料として300~400円程度の料金が発生します。 事前確定運賃のタクシードライバー側のメリット まず一番に期待されるのはタクシー利用者の増加だといえます。今までは支払う料金がいくらになるか分からず、タクシーの利用を避けて電車やバスを利用してきたユーザー層の一部が新たにタクシーを利用しはじめる可能性があり新たな顧客の獲得につながります。また、東京都内の場合、タクシーの乗客を獲得する方法の多くは「流し営業」と呼ばれるタクシードライバーが運転しながら目視で乗客を探すというもので、流し営業には長年の経験やスキルなどが必要となるため、稼げるタクシードライバーとそうでないタクシードライバーには差が出てしまうというのが大きな課題でした。しかし、今後タクシー配車アプリが普及することで、タクシー運転手は「流し営業」をする必要性が今よりも減少し、経験が浅くても安定した売上を稼ぐことができるようになることが想定されます。そして最後に、事前確定運賃の場合には、迎車料金が含まれています。お客様の乗車希望地点に向かうまでの料金も得られるということです。そのため、流し営業でお客様を獲得するよりも効率良く、稼げるようになるのではないでしょうか。 関連記事 タクシーの流しとは?コツを掴んで給料UPへ【流しのコツ10選】 関連記事 タクシー運転手は稼げるの?高収入を得るコツとは?【徹底紹介】 いかがでしたか? タクシーの事前確定運賃についてご紹介しました。選択肢が広がるという意味でタクシーの乗客にとっても、引いてはタクシードライバーにとってもメリットのある仕組みといえます。こうした便利なサービスが広がることでタクシー利用者も増えていくことが期待されます。タクシードライバーになりたいと考えている方は、事前確定運賃があること、アプリ配車の仕組みについては事前に良く確認しておくと良いでしょう。なお、タクシードライバーは40代や50代以上の方も活躍できる職種です。転職の際はぜひタクシー業界も選択肢の一つとして視野に入れられることをおすすめします。 新着タクシー求人を見る

タクシー料金について

タクシー料金について

一般タクシー料金は、それぞれの都道府県内の各エリアによって料金形態が異なります。 但し、いずれのエリアであっても全体を通して言えることは、一定の距離までの初乗り運賃と、その距離を越えて追加距離が増すごとに加算運賃が発生する「距離制」であるということです。しかし、信号待ちや渋滞等によって、走行スピードが時速10km以下になった場合や、乗客都合でタクシーを待機させる場合等においては「時間距離併用制運賃」が適用され、90秒ごとに80円加算されたりします。 ※ 各エリアの運賃表については、各都道府県のタクシー協会等がホームページで紹介してくれていますので、一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会のサイトからお探しください。 たまに、「信号で止まっているだけなのに運賃が上がったのはなぜ?」という人もいますが、こうした「時間距離併用制運賃」が適用されたからというわけです。また、タクシー料金は法令で定められておりますので、乗客と運転手の個人交渉で決定することもできません。他にも以下のようなことは知っておいて損はないでしょう。 タクシー料金に関わる豆知識 流しているタクシーを止めたのではなく、電話をして手配したが、乗車する段階で運賃が上がっていたのは迎車料金が発生していたから。 高速道路の走行時は距離制運賃のみを適用させる「高速」という扱いになるため、同じ距離を一般道で走行し渋滞に巻き込まれるよりも安上がりになるケースもある。但し、別途高速料金は発生する。 深夜割増は、22時(または23時)~朝5時までの乗車時に運賃が2割増になること。 クレジットカードは使えるタクシーと使えないタクシーがあり、クレジットカードの種類によっても異なるため、乗車時にあらかじめタクシードライバーに訊くこと。 番外編:一般的なタクシーに乗車できる乗客定員は大人4名まで。ちなみに12歳未満の子どもは3名で大人2名の計算になる。 いかがでしたでしょうか。料金設定に関してはドライバーと乗客で揉めることも少なくありませんので、お互い充分な認識をして利用したいものですね。

タクシードライバーがなりやすい高血圧の実態

タクシードライバーがなりやすい高血圧の実態

タクシードライバーの平均年齢は、57.6歳と年々その平均年齢は上がってきています。 この年齢にさしかかると注意しなくてはならないのが、自身が『健康』であることです。『健康』を損なうと、職場やプライベートなど色々なところに支障をきたします。 人は皆、歳をとるにつれて、今まで健康体であった人も以前のようにいかず、体になんらかの爆弾を抱えてしまうものです。その中でも、よく聞く爆弾の1つが『高血圧』です。 高血圧自体は、症状として体には出にくいものなので、普通に生活していると気づきにくく、気が付いた時には動脈硬化や脳卒中といった命の危険を招く原因になってしまう恐ろしい爆弾です。 『高血圧』という名前は聞いたことがあるが、実際なるとどうなってしまうのか!など、知っているようで、あまり知らない『高血圧』の実態について、ご紹介したいと思います。ここで正しい知識を身につけて、予防や対策を考えていきましょう。 関連記事 あまり健康に自信がないのですが、タクシードライバーになれますか? 新着タクシー求人を見る 血圧について知っておこう! そもそも『血圧』って、体にどんな働きをするものなのでしょうか。『血圧』は、血管の中を流れる血液が血管壁に与える圧力のことを言います。血液は心臓の働きによって全身の血管に押し出されます。心臓が収縮して血液を送り出すときに血圧が最も大きくなり、これが高血圧だった人の場合、さらに血圧が上昇してしまうため、心臓に負担がかかってしまいます。 高血圧の症状とは!?  『高血圧』と言っても、少しくらいの血圧の上昇ではほとんど症状はありません。しかし、高い血圧状態が長期間続き、それを放置すると、動脈硬化をまねき、脳卒中などの脳になんらかの障害が出るだけでなく、心臓病や腎疾患など、さまざまな疾患を併発させてしまいます。 日本高血圧学会では、『高血圧』の基準を140/90mmHg(診察時)としています。もし、ご家庭で測定する場合は、135/85mmHgを目安にしてください。これ以上の血圧が出てしまった場合、高血圧の対象となりますので病院で必ず治療するようにしましょう。 新着タクシー求人を見る 放置しておくと大変危険な高血圧 高血圧の状態をずっと放置しておくと、下記のような病気につながります。この病気は最悪の場合『死』に至り、助かった場合でも普段通りの生活が送れなくなってしまう可能性もある恐ろしい病気です。 脳卒中 最高血圧が10mmHg上昇すると男性で約20%、女性で15%リスクが高くなります。脳卒中の危険なところは、命を落とすことはなくても、脳に障害が残ってしまい、運動障害や言語障害が残りやすく日常生活に大きな影響を与えてしまいます。 心疾患 こちらも高血圧が大きな原因でなる方が多いです。特に男性の場合、最高血圧が10mmHg高くなると、15%も危険性が増すというデータが最近の研究で証明されています。 慢性腎臓病 高血圧が続くと、腎臓にも大きな影響を与えます。腎臓病を放置しておくと、心筋梗塞や脳卒中で死亡するリスクが高まります。 以上のような病気を避けるためにも、高血圧に気が付いたらなるべく早いうちに対処しておくことが大切です。 無料会員登録 高血圧になる原因は? 『高血圧』になる大きな原因として、遺伝や環境などでなってしまう『遺伝的要素』と『環境因子』があります。 【遺伝的要素】 生まれつき高血圧になりやすい体質の人がもつ要因です。これに該当してしまう方は、日頃から食べ物や運動に細心の注意をはらい、普通の人よりも気をつけなければなりません。 【環境因子】 日々の食事や、運動といった生活の積み重ねにより『高血圧』になってしまう人です。 これは、自分の努力によって改善が見込めますので、普段から規則正しい生活をすることが大切です。 以上の要因を『本能性高血圧』と言い、血圧を上げるいくつかの要因が複雑に絡み合っています。中でも最も多い原因は、『環境因子』だと言われており、ここでいくつかその原因の詳細をご紹介していきます。 食塩の取り過ぎ 食塩=塩化ナトリウムを取り過ぎると、尿内へナトリウムを排出するという腎臓の能力を上回ってしまうため、血液中にナトリウムが溜まってしまいます。ナトリウムが溜まってしまうと、ナトリウム濃度を調整しようという働きが起きます。よって循環血流量が増加し、血圧が上がってしまいます。 肥満 肥満は、高血圧の最大の危険因子になります。特に、内臓肥満は血圧上昇と深い関係があるため、減量すると血圧が下がる傾向にあると言われています。心臓から送られてくる血液の量は体重に比例して増加するので、心臓に最も負荷がかかります。 ちなみに、メタボリックシンドローム(代謝異常症候群)は、内臓脂肪型肥満に高血圧、高血糖、脂質異常のうちいずれか2つ以上を併せもった状態で、過剰な内臓脂肪の蓄積(激太り)は高血圧症、糖尿病などの生活習慣病を併発する危険性がありますので、くれぐれも注意しましょう! 精神的ストレス 精神的ストレスは血圧を一時的に上昇させます。これが常に続くと、交換神経の緊張状態が続き、血管が収縮され血圧が高い状態を持続させてしまいます。 喫煙 タバコに含まれるニコチンには、血圧をあげる作用があります。続けて吸っていると心筋梗塞や動脈硬化のリスクが非常に高くなります。 関連記事 あまり健康に自信がないのですが、タクシードライバーになれますか? 関連記事 タクシードライバーの業務に差し支えないアルコール飲酒量とは 高血圧は簡単に調べられる!?予防と改善方法 高血圧は自覚症状がほぼなく、放置すると危険ですが、自宅で簡単に知ることができるのです。それによって、予防もできるし、早めの改善にも繋がります。 タクシー会社で働いている人はタクシー会社で健康診断が受けられます。もちろん、一般企業でお勤めの方も、健康診断を行っていれば、ほとんどのとことで『血圧測定』という項目があると思います。その結果、『血圧高め』と診断された場合、高血圧を疑い早めに病院で受診してみましょう。治療が必要なレベルなのかどうか判断を仰いでください。 また、最近では家庭でも簡単に測れる『血圧計』が売っています。それで、自分が今どれくらいあるのか確認してみましょう。 血圧が高めで気をつけなければならない人は、改善の第一歩『食事の取り方』や『規則正しい生活を送る』ようにしていきましょう。 高血圧を防ぐ食事のポイント 食塩を減らしましょう 加工食品に含まれる食塩も併せて1日6g未満を目標にしてください。食塩の代わりに、酢やレモンなど酸味の効いたものを利用すると減塩できます。 加工食品などで『ナトリウム』という表示がでてきた場合の食塩の算出方法は、こちらになります。 ナトリウム(g)× 2.54 = 食塩量(g) 食塩が多く含まれる加工食品 即席のラーメン 1袋(6.4g) レトルトのビーフカレー 1袋(2.8g) いかの塩辛 大さじ1杯(1.4g) 梅干し 1個(1.3g) たくあん 20g(0.9g) 食パン 6枚切1枚(0.8g) 茹でうどん 1玉(0.7g) ロースハム 1枚(0.5g) 普段何気なく食べている食品ですが、意外にも食塩が多く含まれているので献立にも気をつけて食事をとるようにしましょう。 エネルギーは控えめに 肥満は、血圧の上昇を引き起こします。穀類や菓子など糖分を多く含む食品はなるべく控えましょう。 栄養のバランスを考え正しく献立を 毎食「主食・主菜・副菜」を揃えましょう。 ・主食(炭水化物を多く含む食品) ご飯、パン、めん類など。こちらの食品は、多く摂りすぎると危険なものなので注意しましょう。 ・主菜(良質タンパク質を多く含む食品) 魚、脂肪分が少ない肉など。これらは、たんぱく質が多く、血管を丈夫にする働きがあります。 ・副菜(ビタミン、ミネラルを多く含む食品) 新鮮な野菜、果物。こちらの食品には、ビタミン、ミネラル、食物繊維などを多く含み、余分なナトリウムを尿中に排出し、血圧を下げる効果があります。食物繊維は、便秘解消にも効果を発揮しますので、一石二鳥の食品です。 アルコール飲料は医師と相談しましょう アルコールは、血管を広げる働きがあり、飲酒後は血圧を下げますが、飲み過ぎると逆に血圧を上昇させてしまう働きがあります。また、エネルギーの取り過ぎにも繋がるため肥満の原因になってしまいます。飲酒は、医師と相談し、ほどほどにしましょう。 高血圧予防に最適の生活のポイント 休養と睡眠はしっかり取る 生活のリズムを崩さず、1時間でも多く睡眠をとるようにしましょう。睡眠不足が高血圧の原因に繋がるデータが某研究で証明されています。 適正な体重を維持する -標準体重を目標にしてください。肥満は、高血圧の最大の敵です。 標準体重(Kg) =身長 (m) ×身長 (m) ×22 便秘に注意 便秘時のいきみは、血圧を上昇させてしまいます。食事や薬などで、予防することが大切です。 ストレスをためない生活を心掛ける 継続的なストレスは、高血圧になりえる大きなリスクです。たまには、ストレスを発散させ気分転換をして生活するようにしましょう。 禁煙する 喫煙は、周囲の人だけでなく自分にも大きな害を及ぼします。極力、禁煙するようにしてください。 適度な運動 適度な運動は、心臓や肺の機能を高め、血液の循環を促進します。体を動かすことで、肥満のリスクも軽減され、高血圧だけでなく糖尿病などのリスクを少なくなります。 急激な温度差に注意する 真夏や真冬は、冷房や暖房を使うので、外との気温差がかなりあるため血管に負担をかけてしまいます。特に真冬の場合、寒いと血管が縮小し、急に温かくなると血圧が上昇してしまいます。なるべく、気温差のない環境を保ちましょう。 無料会員登録 高血圧にならないためにタクシードライバーが目指すこと! 高血圧は、それ自体大きな病気ではありませんが、放置しておくと命の危険を伴う重大な病気になるリスクがあります。自覚症状がなくても、自分で調べることができるので、予防や対策がとりやすいと思います。タクシー会社の場合、必ず入社前にも健康診断がありますので、いち早く自分の血圧を知ることができるでしょう。 早期発見が、健康への第一歩です。もし、血圧が高いかな?と感じたら「ただの血圧が高いだけ」と放置せず、必ず病院で適切なアドバイスを受けてくださいね。 現在、血圧が正常値の人も高齢になるにつれて高血圧になりやすくなります。タクシードライバーの皆さんには、勤務シフトの関係上なかなか生活のリズムを構築するのが困難かもしれませんが、食事の見直しをするだけでも大きく改善されるはずです。自分のできることから実践して、健康な体を維持できるよう気を付けて生活するように心掛けましょう。 関連記事 タクシードライバーの平均年齢!高齢化と勤続年数についてのレポート

スマホのタクシー配車アプリの知られざる真実

スマホのタクシー配車アプリの知られざる真実

Uberがタクシー配車アプリの先駆者?いえ、実は日本では後発です 最近、ニュースなどでも話題になっているスマホ向けのタクシー配車アプリですが、Uberが日本で始めてのタクシー配車アプリだと思っている方も多いかと思いますが、実はUber(ウーバー)より先に日本のタクシー会社もスマホ向け配車アプリをリリースしているのです。 関連記事 タクシー配車アプリ「JapanTaxi」について 何かと話題にのぼるタクシーのスマホ向け配車アプリのUberですが、タクシーに普段乗りなれている方、タクシー業界に詳しい方からすると正直若干何をいまさら感があります。なぜなら日本ではとっくにスマホ向け配車アプリがあったからです。Uberは2013年4月に日本でのサービスをスタートさせています。ところが日本では最大手の日本交通は2011年1月にリリース、同年12月にはサービスの全国展開をしております。東京無線グループは2012年4月からとUberが始める2014年8月以前にすでに日本にはスマホでタクシー配車を依頼するという流れはできていました。 LINEタクシーも日本交通のスマホ配車アプリを使用 最近ではリリースされて話題になったLINEがタクシーの配車を行うというLINEタクシーはLINEと日本交通が提携して行うサービスですので後ろで動いているサービスは日本交通のスマホ配車アプリです。 関連記事 タクシー配車アプリ「JapanTaxi」について 東京での極めつけは共同配車アプリの完成 さらに東京では、東京ハイヤー・タクシー協会が東京のタクシー会社の共同配車アプリ、「スマホdeタッくん」を2014年1月にリリースしています。 これは東京大手四社である大和自動車グループ、帝都自動車グループ、日本交通グループ、kmグループだけでなく都内最大級の無線グループであるチェッカーグループや共同無線やイーエム無線などの無線グループ、準大手の日の丸交通やグリーンキャブが参画し東京で約11,000台の中から最寄りのタクシーが配車される仕組みとなっております。 これは東京23区と三鷹市、武蔵野市を合わせた特別区内の法人タクシーの55%のシェアを占めており、もしここに現在は単独のスマホ向け配車アプリで運営している東京無線グループの4,451台が加わると一気に15,000台を超えてそのシェアは80%弱というものすごいアプリになります。 英語版アプリも2015年1月にリリース また2020年の東京オリンピック開催を見据え、「スマホdeタッくん」の英語版のスマホアプリも今年2015年1月に東京ハイヤー・タクシー協会からリリースがされました。 大手各社が独自のスマホ向け配車アプリを持ち、東京ハイヤー・タクシー協会主導でこのような強力なスマホ向け配車アプリができている中、鳴り物入りのUberが今後どのように日本市場を攻略していくのか、注目して見ていきたいと思います。 関連記事 タクシー運転手の研修ってどんなことをするの?教育体制は? 関連記事 中国発のAIを活用したタクシー配車アプリ「DiDi」 新着タクシー求人を見る

Q&Aの人気記事

保証人がいなくてもタクシードライバーに就職、転職できますか?

保証人がいなくてもタクシードライバーに就職、転職できますか?

タクシードライバーになるためには保証人は必須? 現在転職を考えています。タクシードライバーの求人に興味があるのですが、高齢で身寄りがおりません。タクシー会社に就職するには連帯保証人や身元保証人を立てる必要があると聞いたのですが、保証人は必須でしょうか? 関連記事 未経験でもタクシードライバー(運転手)に就職・転職できる? タクシー会社がいう保証人とは まずタクシー会社が求める保証人について説明しますが、大きく2つあります。 ■身元保証人 身元保証人は、万が一タクシードライバーが病気や事故などで就業困難になった場合の連絡先、いわゆる緊急連絡先としてのものです。これは一般企業の雇用契約においてもあるものです。 ■連帯保証人 タクシードライバーは、タクシー会社が所有するタクシー車両の貸与を受けて行う業務です。また、入社当初の二種免許取得時の費用はタクシー会社が負担もしくは立て替えを行います。仮に二種免許を取得した途端に退職してしまった場合や、万が一ですがタクシードライバー自身の重大な過失によって事故が発生してしまい保険適用外となった場合は、タクシー会社がタクシードライバー個人に対して賠償請求を行う場合があります。真面目に勤務していればこの請求が発生することは基本的にはありませんが、タクシー会社もドライバーに対して高額な会社の資産を預けているということですね。 保証人は必須?どんな人なら保証人になれる? まず身元保証人は必須としている会社がほとんどです。身元保証人はご自身のことを知っている方ならば大丈夫ですので親族や知人に頼んでみましょう。 連帯保証人は、いわゆる大手企業では必須のタクシー会社がほとんどで、1名または2名を求めるケースが多いです。中小企業の中には連帯保証人は不要、身元保証人だけでOKとしている会社もありますので、詳細はキャリアアドバイザーに相談することをお勧めします。なお、連帯保証人になれる人には条件があり、定職があり一定以上の収入がある必要があります。一般的には親族を保証人に立てるケースがほとんどですが、知人や友人を立てることも可能です。 どうしても保証人を立てられない場合は? 中小規模のタクシー会社であれば、身元保証人だけでOKだったり、中には保証人自体一切不要のタクシー会社もあります。また、保証人代行サービス(保証会社)を利用することでクリアできる場合もありますし、事情を説明して交渉できる場合もあります。詳細は担当のキャリアアドバイザーに相談することをお勧めします。 お悩みの点があればぜひドライバーズワークへご相談ください! 関連記事 タクシーの求人応募、就職、乗務開始までの流れ

東京のタクシードライバー(タクシー運転手)での勤務は稼げる?稼げない?地方との月収の違いはどのくらい?

東京のタクシードライバー(タクシー運転手)での勤務は稼げる?稼げない?地方との月収の違いはどのくらい?

広島でのタクシー経験者です。今は別の仕事をしています。東京のタクシーはだいぶ稼げると聞いたんですけど、本当でしょうか?実は広島よりも稼げないというようなことが実際はあったりしないんでしょうか? 関連記事 タクシー運転手(タクシードライバー)になるには?年収、待遇など実は隠れた良い仕事! 新着タクシー求人を見る 東京のタクシーは稼げるか? 東京のタクシーは稼げるかどうかという点について、これは間違いなく稼げるといえます。 全国ハイヤー・タクシー連合会の調査によると、広島県のタクシードライバー平均年収は295万円ですが、一方東京都の平均年収は484万円と、広島県の約1.6倍にのぼり、200万円近い差があります。 利用者の人数と営業手法に違いがある 広島県での営業手法は、駅やランドマークに付け待ちする方法と無線配車が主になるかと思います。一方東京都、特に23区内は駅での付け待ちもありますが、流し営業でもかなり乗客を乗せることができますし何より乗車人数が圧倒的に多いです。安定して高い営業売上を出せるタクシードライバーは駅での付け待ちや無線待ちに頼り過ぎることなくしっかり流し営業で稼ぐ傾向があります。この営業スタイルを身に付けられれば東京ではしっかり稼げるようになるといえます。 地方のタクシードライバーの場合、営業売上は個人差がつきにくいといわれますが、東京都の場合は営業手法がいくつかあるほか、やり方によって営業売上が変動しやすい市場ですので、トップドライバーは月間営業売上が100万円を超える方も少なくありませんし、逆に休憩が多かったり、サボりがちなタクシードライバーは月間営業売上で30万円程度という方もおり、多種多様です。 関連記事 タクシードライバーの給与体系・仕組み 関連記事 知らなかったでは遅すぎる!タクシー現任者・業界の転職事情 頑張ったら頑張った分だけ報酬に反映される環境としては色濃い東京といえますが、別の見方をすれば、休憩が多い、サボりがちでも月間営業売上で30万円程度はできるともいえますので、あまり過剰に不安になることも無いかとは思います。ぜひご検討ください!他に気になる点がありましたらキャリアアドバイザーまで気軽にご相談ください! 新着タクシー求人を見る

タクシードライバーはダブルワーク(副業)は可能ですか?

タクシードライバーはダブルワーク(副業)は可能ですか?

タクシードライバーのダブルワーク(副業)を正社員として行うことは原則禁止のタクシー会社がほとんどです。しかし、転職活動期間中で実質的に正社員としての勤務や乗務が可能だと場合に限っては、例外的または一時的に許可される場合もあります。ここでは実際の相談内容を紹介しながらタクシードライバーのダブルワークについて解説します。 現在夜勤中心で働いていて、日中の時間帯が空いているのでその時間帯でタクシードライバーとして副業したい 今、期間限定の短期アルバイトをしているのですが、長期で働ける仕事を探しており、その中でタクシードライバーの仕事の興味があります。現在の契約期間は残っていますが、夜勤中心なので日中の時間帯がほとんど空いており、できれば日中も働けないかと考えています。タクシー会社ではダブルワーク(副業)は可能でしょうか? 正社員としてのダブルワークは基本的にできない 希望する雇用形態が正社員であれば、ほとんどのタクシー会社でダブルワークとして勤務することは許可されないでしょう。タクシードライバーは乗客の命を預かって行う業務ですから、例えば夜勤ではたらいて、その後十分な休息を取らずにそのままタクシーに乗務するというのは、リスクも高いですし難しいと考えられます。 副業を希望したい場合は、考えられるとしたら定時制と呼ばれるいわゆる非常勤の勤務形態になるかと思われます。そのため、短期アルバイトの契約が満了するまでの期間限定で定時制で勤務を開始し、満了後に雇用形態を正社員に切り替えて勤続できる可能性はあります。ただしこれもタクシー会社との相談次第ではありますので、希望に合いそうなタクシー会社があれば直接相談してみることをお勧めします。 内にはタクシー会社に隠してダブルワーク(副業)をしている方もいるようですが、大変危険な行為です。雇用契約上禁止されているだけでなく、乗客の命に関わるリスクも高い場合があるため、発覚した場合は厳重な処罰対象になるだけでなく二度とタクシードライバーとして勤務できなくなる可能性も考えられますので控えましょう。タクシードライバーは一人で気楽に働けるイメージもあるのですが、あくまでも会社組織の一員として、サービスブランドとその責任を背負って行う仕事ですから、それを忘れないことが大切です。 関連記事 タクシードライバーの勤務形態・勤務時間を勤務スタイルの例で徹底解説! 新着タクシー求人を見る 仕事しながら転職活動をするのはダブルワーク? 現在別の仕事があり、人も少ない状況なので今すぐにその仕事を辞めて転職することが状況的に難しいのですが、ゆくゆくは今の仕事を辞めて転職したいと考えています。転職活動をはじめるタイミングとしてはどれくらい時期から行うのが良いのでしょうか?また、今の仕事を続けながら転職活動をしても良いものなのでしょうか? 転職活動自体は在職中からでも可能。ただし時期は明確にしておかないとズルズルしがち 在職中・就業中であっても転職活動自体は可能です。また転職活動は労働ではありませんので、ダブルワークには当たりません。仕事が終わってから面接に行く、休暇を取得して面接に行くことなどはできると思います。ただしこの点は転職活動を行ううえでのアドバイスですが、いまの仕事を退職する時期は明確にしておいた方が進めやすいです。例えば「良い求人が見つかったらいまの仕事を辞めるか検討しよう」というスタンスで転職活動をしようとするケースが時々あります。この状態だと自分にとって良い求人とはどういう求人なのかがハッキリとしなかったり、面接に行ってはみたが退職理由や志望動機をうまく話すことができなかったりと、いろいろなことが中途半端になりがちです。面接先の採用担当も、入社時期は重要視していますから急募の場合だと「今すぐ入社できるなら採用したいが、入社時期がハッキリしないのなら見送りたい」というケースも多いです。そのため転職活動を行うと決めたら、後で変更しても構わないので一度は現在の会社を退職する時期は自分の中で明確にしておきましょう。そしてそのスケジュールに基づいて求人応募、面接を本気で行っていくことが重要です。もしいまの仕事を退職するスケジュールの目処がまったく立っていなければ、その段階ではなぜいま転職したいのかを考えたり、どういった求人に応募するのが良いかを検討しておきましょう。 転職活動を開始する時期は退職日の1〜2か月前頃からスタートするのが一般的 転職活動(求人応募や面接)は、現在の会社の退職予定日から数えて1か月〜2か月前頃から開始するとスムーズです。タクシー会社の場合、説明会、面接、健康診断を経て内定となりますが、タクシー会社により最短1週間〜1か月程かかります。タクシー会社によっては面接が2回行われる会社もあります。タクシー会社の選考で一般企業と異なる点の一つに、内定前または入社前に健康診断の受診が必要な点があります。タクシー乗務に健康上の支障が無いかを確認するステップです。 関連記事 タクシーの求人応募、就職、乗務開始までの流れ 転職活動に欠かせないのがさまざまな求人情報です。求人情報は時期によっても変わりますが、同じ求人がずっとあるとは限りません。転職の決断をされた際は、当社のようなサービスを提供しているところに登録して、早めに情報収集をしましょう。 新着タクシー求人を見る

タクシードライバーってカーナビを使ってもいい?使わないほうがいい?

タクシードライバーってカーナビを使ってもいい?使わないほうがいい?

タクシードライバーとしての転職を検討していますが、道に詳しくありません。タクシーにカーナビはついているのでしょうか?また、タクシードライバーは道が分からない時にカーナビの目的地案内機能を使っていいのでしょうか? 新着タクシー求人を見る カーナビの装着状況 近年のタクシーにはほぼすべてのタクシー車両に装着されていると考えて良いです。その他車両設備に関しても、各求人情報の車両に関する部分に詳細は記載されていることが多いので確認してみると良いかと思います。 カーナビを使ってもいい? タクシードライバー(タクシー乗務員)になって間もない方や、慣れないエリアでの乗車になった場合、乗客が言う目的地に心当たりが無い場合など、スムーズな移動のためにカーナビで目的地を入力してナビゲーション機能を利用することは全く問題ありません。近年は、乗務員がカーナビを利用する機会も増えてきたようにも思いますし、乗客からすればごく自然な行為にも映ります。逆に、道がよく分かっていないにも関わらず、意地を張ってカーナビを使わずに走行し、道を間違えたり、遠回りしたりしてしまう方が問題で乗客からクレームを受けることにも繋がります。タクシードライバーの使命は、乗客を、乗客が指定する目的地にすみやかに、かつ安全に送り届けることですので、必要であればカーナビを使えば良いし、カーナビを使ったからといって不満を持つ乗客も少ない、というのが通例かと思います。 関連記事 プロドライバーになるための定義・条件とは 関連記事 タクシー運転手が知っておくべき接客やビジネスマナー 関連記事 タクシードライバーの素敵な接客事例 忘れ物編!クレームゼロを目指そう 地理を身につけるにあたって タクシー会社によっては、地理に関する研修があったり、東京23区などだと乗務員になるために地理試験もありそのための勉強をします。また毎日運転を続ける中で身についていきますので、あまり大きな心配はする必要は無いかと思います。 関連記事 【地理試験の疑問】過去問・テキストの入手方法や受験場所・時期!タクシードライバーになるには必要? いかがでしたか? タクシー車両のカーナビ事情についてご紹介させていただきました。その他にも、何かご不安やご心配があれば、担当キャリアアドバイザーまで気軽にご相談ください! 関連記事 タクシードライバーが気になる防犯対策について!運転席との仕切りは効果的? 新着タクシー求人を見る

未経験でもタクシードライバー(運転手)に就職・転職できる?

未経験でもタクシードライバー(運転手)に就職・転職できる?

タクシードライバー(タクシー運転手)になりたいと考えた際にまず気になることは、「未経験でも大丈夫か?」ということではないでしょうか。結論、未経験でも大丈夫です。タクシー業界は未経験採用に大変積極的で、充実した研修制度やサポートををしているので、未経験で就職・転職しやすい職業の一つといえます。 関連記事 タクシー運転手になるにはどんな資格が必要?ドライバーの条件とは 未経験者でもチャレンジしやすいタクシードライバー 街を走っているタクシードライバーを想像すると、ベテランが多いイメージを持たれるかも知れませんが、そういった方々も最初は未経験でした。前述のとおり未経験であってもタクシー会社は積極的に採用をしていますから未経験でもタクシードライバーになることはできるうえに、充実した研修やサポートを受けることができます。そのため他職種から転職して来た方が大半というタクシー会社も多いです。 具体的なサポート内容とは それでは具体的な研修やサポートはどのようになっているのでしょうか。簡単にいえば未経験でも働きやすい環境が整っています。転職したばかりの頃は覚えることや慣れることも多く忙しいですし、新しい環境に対して不安に感じることも多いでしょう。身体的にも精神的にも負担の多い、入社したての頃に手厚いサポートがいくつもあります。その中から代表的なものをご紹介します。 ・資格費用の会社負担 ・手厚い社員研修 ・入社後の給与保障 サポート1:資格費用の会社負担 タクシー運転手になるために最低限必要となるのが、以下の2点です。 二種免許の取得(受験資格:満21歳以上、第一種免許を取得してから3年が経過している) 地理試験の合格(東京都・神奈川県・大阪府のうち一部の地域でタクシー運転手になる場合) ■二種免許の取得 タクシー運転手として、お客様を乗せて目的地まで運ぶには、二種免許が必要になります。普通の免許取得と同じように自動車教習所に通うなどして取得していくことになります。入社後すぐに行われる研修は、まずこの二種免許の取得から始まります。 ■地理試験の合格 東京都・神奈川県・大阪府のうち一部の地域では、タクシーセンターが実施する地理試験に合格する必要があります。当たり前ではありますが、タクシー運転手はお客様の目的地までお連れする仕事なので地理について詳しく知っていなくてはなりません。そこで、地理試験の合格が必要になるのです。 問題の内容は簡単に言うと、道路の名前と場所などが問われます。出題された道路名に該当する場所を、地図上でどこにあるのかを答えるといったものです。タクシー会社によっては地理試験の対策講習を行っているところもありますので、心配しなくても良いでしょう。 最近ではこのタクシー運転手として働く際に必要となる、二種免許の取得と地理試験の合格にかかる費用を会社で負担してくれるところが多くなりました。本来なら就職・転職する前に、こうした資格の取得費用がかかるのですが、会社負担してくれることによって、未経験でもタクシー運転手になりやすくなっていますね。 関連記事 タクシー運転手になるにはどんな資格が必要?ドライバーの条件とは 関連記事 【地理試験の疑問】過去問・テキストの入手方法や受験場所・時期!タクシードライバーになるには必要? 手厚い社員研修 社員研修の手厚さは働くうえで気になるポイントの1つ。ほとんどのタクシー会社は入社後に手厚い社員研修を設けています。その研修の一環として二種免許と地理試験の講習・受験が行われることが多いです。タクシー会社の一般的な社員研修は以下の流れで行われます。 1:普通自動車第二種免許の取得 2:地理試験の合格(東京都、神奈川県、大阪府の場合) 3:運転者適性診断 4:接客・法令等の研修(社外研修) 5:接客・法令等の研修(社内研修) 6:教習車を使った実地研修 7:営業所に配属後の研修 タクシー会社に入ると、タクシー車載器の使い方、お客様への接し方など、様々な研修を受けることになります。これだけの研修がありますので、未経験で初めて接客する方でも安心することができるのではないでしょうか。研修では実業務で困らないように指導をしてくれますから、気を抜かずしっかりと研修を受け、気になるところは積極的に質問していきましょう。なお、研修中には乗務開始後の給与形態とは異なるものの、日当1万円前後の給料がもらえます。 関連記事 タクシー運転手の研修ってどんなことをするの?教育体制は? 入社後の給与保障 タクシードライバーの給与体系はご存知の通り、歩合制となっているため、お客様を乗せられないと給料が増えないという仕組みになっています。お客様をより多く乗せるには、少なからず経験やノウハウも必要になってくるのは事実です。そのため、未経験でタクシー運転手になってからの最初の数ヶ月はベテランのタクシードライバーよりも稼げないのは仕方のないことなのです。 そこで、多くのタクシー会社では、いわゆる「試用期間」のような制度が取られています。これは入社から3ヶ月~6ヶ月ほどの間、月に25万円~35万円ほどの給与保障がつく制度です。この期間中に、道に慣れたりお客様を探すコツを覚えたりするなど、タクシー運転手に必要なスキルを身につけていきましょう。 給与保障期間が終わった後の稼ぎが心配な方へ 最初のうちは給与が保障されていますが、それも長くて6ヶ月程度。給料が歩合制になった後の稼ぎが心配という声もよく聞きます。 実際にタクシーの事業の方から聞いた話ですが、「多くのタクシー運転手は3ヶ月程度で保障されている給与よりも多く売り上げられるようになる」とお話されていました。もちろん、歩合なので真面目に働かなければ給与保障よりも下がってしまうケースはありますが、給与保障期間の後についてはそこまで心配しなくても大丈夫そうですね。 タクシー運転手(タクシードライバー)として働く方の年齢 未経験でタクシー運転手をしたいと考える方の中には、年齢的にはどうなのか気になる方もいるかもしれません。たしかにスキルや経験がない限り、年を取っていくに連れて転職が難しくなっていくでしょう。しかし、タクシー運転手の場合には年齢もほとんど関係ないと言っても過言ではないでしょう。 一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会の統計調査によると、平均年齢が60歳近く、勤続年数は10年弱ほどとなっています。つまり、40代・50代でタクシー運転手に転職した方が非常に多いのです。タクシー運転手になるに当たって年齢に関してはそこまで気にする必要はないでしょう。 出典:一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会「第1表 タクシ-運転者(男)の賃金・労働時間(平成30年~平成28年)」 関連記事 タクシードライバーの平均年齢!高齢化と勤続年数についてのレポート 未経験の方のタクシー会社の選び方 タクシー業界のことを知らない方は、どうやってタクシー会社を選んだら良いかも知りたいところでしょう。選ぶ際には、自分で求人情報を見て徹底的に調べる方法と、転職サイトを活用して求人のおすすめを受けるなどして選ぶ方法があります。自分で調べる場合には、手探りなしで手当たり次第に見ていくのはあまりおすすめできません。求人の中でも自分が重視する注目すべきポイントを決めて調べ、タクシー会社を比較していきましょう。しかし、働きながらそれをするのは非常に大変ですので、転職支援サービスのキャリアアドバイザーをうまく活用することも手です。キャリアアドバイザーの支援を得ながら、自分でも検討していくことがベストではないでしょうか。求人を見るときの基準についても教えてもらえますし希望に合う求人を一緒に探してくれます。 関連記事 タクシー会社に就職・転職するときの選び方 未経験の方に対してのサポート体制が整っていることもあり、タクシー業界では未経験の方が大活躍しています。最後におさらいをしておきましょう。 ・未経験者に対しての魅力的なサポート ・事前に資格取得の必要なし ・研修中も給与がある ・入社から一定期間の給与保障あり ・年齢の心配はいらない こうした魅力があるからこそ、未経験者もタクシー運転手として活躍しやすいです!タクシー業界、運送業界、未経験の方でも大丈夫。あなたの応募、タクシー運転手としてのデビュー、心よりお待ちしております! 関連記事 タクシードライバーの給与体系・仕組み 関連記事 タクシー運転手が高収入を得るコツや稼ぎ方とは?【徹底紹介】

タクシー会社の職場環境や人間関係ってどんな感じですか?

タクシー会社の職場環境や人間関係ってどんな感じですか?

今の職場で人間関係に悩んでおり、転職を考えています。ただ、年齢的にも次回の転職を最後としたいと思っており失敗したく無いと考え、タクシードライバーの仕事が気になっています。まったく知らない業界なのですが、職場環境はどのような感じでしょうか? 新着タクシー求人を見る タクシードライバーの職場環境の特徴 ■男女比 9割以上は男性です。女性はまだまだ少ないですが、女性向けの社内設備を充実させて、積極的に募集している会社も多いです。 ■コミュニケーション 営業時間中は一人で営業をすることになります。乗客とお話するかどうかはタクシードライバーによっても千差万別です。業務特性上、基本的には自分のペースで進められます。 同僚とのコミュニケーションは、出庫前、休憩中、帰庫後に営業所内でコミュニケーションを取ったり、娯楽を楽しんだりしています。 ■残業 乗客の命を預かる仕事でもあり事故があってはならないため、ドライバーの健康と安全のために残業は原則禁止されています。 ■社内設備 休憩スペース、ロッカールーム、仮眠室、シャワーは完備されているところが多いです。大浴場が設置されている会社もあります。 ■福利厚生 各社とも、スポーツや娯楽のクラブ活動やサークル活動に力を入れています。明け番(隔日勤務の業務終了後の日)の時や公休の時に集まって楽しみます。社員旅行を毎年企画するタクシー会社もあります。タクシードライバーの仕事は基本的に外出しており孤独を感じやすい場面もあると思いますが、タクシー会社はドライバー一人ひとりが楽しく、長く勤めていけるための取り組みに力を入れています。 新着タクシー求人を見る タクシードライバーの1日の流れ 【1日の流れ】 7:30 出勤・点呼  運行管理者と、その日に出勤している社員が集合します。その日の営業エリアなどを話し合ったりもします。乗務員同士でグループ(班)が組織され、情報交換やコミュニケーションを活性化させるために注力しているタクシー会社も多いです。 8:00 出庫 ↓ 営業 12:00 休憩  営業先で外食ももちろん可能ですが、営業所に戻って同僚と昼食を取る方も多いようです。営業所のお昼時は一般の企業と似たような雰囲気ともいえます。 13:00 業務再開 ↓ 営業 18:00 休憩 19:00 業務再開 ↓ 営業 21:00 休憩  仮眠を取ったり、入浴したりする方が多いようです。同僚と大浴場に入るという日常は、一般の企業では味わえないことかも知れません。 22:00 業務再開 ↓ 営業 翌3:00 帰庫・洗車・売上の納金  ここでも帰庫したドライバー同士で情報交換やコミュニケーションがあります。 翌3:30 退勤 ☆明けに当たるこの日はお休みです。 ※タクシー会社によっては、日勤のみ・夜勤のみのような勤務形態もあるほか、定時制と呼ばれるアルバイトのような雇用形態もあります。 関連記事 タクシードライバーの勤務形態・勤務時間を勤務スタイルの例で徹底解説! 関連記事 タクシードライバーの点呼から終業までの1日の流れ 一概に歩合制と聞くと、個人主義的で殺伐としている印象を持つかも知れないタクシー業界ですが、どのタクシー会社に行ってもそういったイメージはあまり感じられないかと思います。40代、50代の方にとっては、世代が近い方々が多く在籍している会社が多いので、話しやすい同僚が多く居心地がいいと感じる方も多いですし、若い方や未経験の方にとっては、ベテランの先輩が明るく気さくに色々教えてくれるという声を良く聞きます。全体的にはアットホームな職場環境が目立ちます。 いかがでしたか?もしもっと詳しく聞きたい、この会社ってどうなの?といった質問があれば担当のキャリアアドバイザーに相談してみてください! 関連記事 未経験でもタクシードライバー(運転手)に就職・転職できる? 新着タクシー求人を見る

よく読まれている記事

注目の求人

コンテンツバナー0