タクシーでチップをもらったらどうするべきか?

  • シェア

タクシー チップ

日本ではあまり馴染みのないチップの文化。実はタクシードライバーの仕事はチップをもらえる機会がある数少ない職業の1つです。しかし、チップ事情について知らなければ、もらったときにどのようにすればよいのか迷ってしまうことでしょう。そこで、ここでは日本のタクシーにおけるチップ事情について詳しく見ていきます。

日本におけるタクシードライバーのチップ事情

世界の多くの国では、料金の10%程度のチップがタクシードライバーに支払われています。それでは、日本の場合にはどうでしょうか。基本的には、日本ではチップの習慣はなく、それはタクシードライバーにおいても例外ではありません。しかし、ほかの職業と比べるとチップをもらえる機会は多い傾向にあります。実際にチップをもらった経験のあるタクシードライバーは多くいます。タクシードライバーとして働くメリットの1つにチップを挙げる人もいるほどです。

ちなみに、日本におけるチップは、小さな紙袋に包んで渡されることがマナーとされていますが、タクシードライバーについては紙袋なしでそのまま現金を渡すことが多くなっています。それは、お釣りをチップとして渡すお客様が多いためです。

どんなときにチップが支払われるか?

それではどのような場面でチップが支払われるのでしょうか。タクシードライバーがチップを受け取ることの多いシチュエーションは、お釣りの小銭が多くなるときです。例えば、タクシーの料金が1,700円でお客様が2,000円を渡したとき、300円のお釣りをチップとするケースです。

また、お客様の荷物をトランクルームに出し入れしたときなどにもチップが支払われることがあります。ちなみに、バブル時代では1万円ほどのチップがもらえたこともあったようです。

チップは受け取ってもいいの?

チップを渡された場合には基本的に受け取っても問題ありません。断るのではなく、笑顔でありがたく頂戴することによってお客様も嬉しい気分になることでしょう。タクシードライバーに渡されるチップは、タクシー会社による決まりがなければ全額ドライバーのものとなります。そのため、チップはタクシードライバーにとって嬉しい副収入になるのです。


いかがでしたでしょうか。ここまでタクシー業界におけるチップ事情について見てきました。忘れてはいけないのは、チップはあくまでもサービスの対価ということ。心をこめたサービスあってのものだということは忘れないようにしましょう。運転技術を向上させたり、地理に詳しくなったり、日々の努力を惜しまないことが大事です。

さらに、コミュニケーションの技術も磨くとよいでしょう。チップをもらえるようなタクシードライバーを目指してみてはいかがでしょうか。

他のコラム内カテゴリもチェック!

まずは相談してみよう!

ドライバー求人専任コンサルタント

専任コンサルタントから
非公開求人紹介させていただきます。

詳しくは
こちら

人気のエリアで求人を探してみよう!

気になることを調べてみよう!

「ドライバーズワーク」は、あなたの新しいキャリアのスタートを応援しています!

「ドライバーズワーク」は、タクシーに特化した専門の求人・転職サイトです。タクシードライバーや運転手について、現任者の方向けはもちろん、業界未経験の方向けの求人も多数取り扱っています。さらに、タクシードライバーにとって役立つコラムや業界ガイドなどもございます。気になる求人情報を保存したり、オススメの求人情報をメールで取得したりといった機能的なサービスも提供しています。是非、あなたの希望の条件で、最適な求人をお探しください。

採用ご担当者様へ