違反にもなる!タクシーの駐停車禁止場所とは?

違反にもなる!タクシーの駐停車禁止場所とは?

タクシー運転手になるに当たって知っておくべきことはいくつもありますが、そのうちの1つに駐停車禁止場所が挙げられます。道端で人が手を挙げてタクシーに乗車したい意思表示をする場合がありますが、その場所が駐停車禁止の場合には、お客様を乗せることはできません。もし禁止場所で停車したら、たとえお客様を乗せるためであっても違反となってしまいます。

タクシー駐停車禁止のエリアはどこ?

駐停車が禁止されている場所に関しては、道路交通法第44条に記載があります。

車両は、道路標識等により停車及び駐車が禁止されている道路の部分及び次に掲げるその他の道路の部分においては、法令の規定若しくは警察官の命令により、又は危険を防止するため一時停止する場合のほか、停車し、又は駐車してはならない。ただし、乗合自動車又はトロリーバスが、その属する運行系統に係る停留所又は停留場において、乗客の乗降のため停車するとき、又は運行時間を調整するため駐車するときは、この限りでない。
一 交差点、横断歩道、自転車横断帯、踏切、軌道敷内、坂の頂上付近、勾配の急な坂又はトンネル
二 交差点の側端又は道路のまがりかどから五メートル以内の部分
三 横断歩道又は自転車横断帯の前後の側端からそれぞれ前後に五メートル以内の部分
四 安全地帯が設けられている道路の当該安全地帯の左側の部分及び当該部分の前後の側端からそれぞれ前後に十メートル以内の部分
五 乗合自動車の停留所又はトロリーバス若しくは路面電車の停留場を表示する標示柱又は標示板が設けられている位置から十メートル以内の部分(当該停留所又は停留場に係る運行系統に属する乗合自動車、トロリーバス又は路面電車の運行時間中に限る。)
六 踏切の前後の側端からそれぞれ前後に十メートル以内の部分

出典:道路交通法第44条

違反点数や反則金はある?

禁止場所で駐停車すると、当然違反となります。そうなれば違反点数がつき、反則金の支払いが必要となります。タクシーの場合も例外ではありません。さて、違反点数と反則金について見ていきますが、停車の場合と駐車の場合で異なります。

違反行為の種別 違反点数 反則金(普通車)
駐停車違反 駐停車禁止場所等 2点 12,000円
駐車禁止場所等 1点 10,000円
横断歩行者等妨害等 2点 9,000円

交差点には人が多く、タクシーを求めるお客様もいます。しかし、交差点でタクシーに乗せるのは違反行為となりますので注意が必要です。上記のように、駐停車違反(駐停車禁止場所)で違反点数は2点、反則金は12,000円です。さらに、横断歩道を渡っている方の進行を妨害した場合には違反点数2点と反則金9,000円が加算されます。

流しと付け待ちの際には違反をしないように注意が必要!

タクシー営業のテクニックとして、流しや付け待ちという方法があります。流しは街中を走りながらお客様を探す方法のことで、付け待ちは駅前や人の出入りのする場所でタクシーを停車させてお客様を待つ方法のことです。

流しでお客様を見つけたときにはタクシーを停車させてお客様を乗せることになりますが、このときにタクシーを停車させる位置には注意が必要です。先ほどもお伝えした通り、交差点には人が多くいて、タクシーを求める方も少なくありません。ただ、交差点でタクシーを止めてしまっては駐停車違反となってしまいます。たしかに売り上げのためにはお客様を乗せたい、その気持ちは良く分かります。しかし、違反を繰り返し、免許停止になれば営業すらできなくなってしまいますし、事故になってしまったら、そのお客様を乗せることすらできません。それに、そもそも駐停車禁止場所は、その場所で駐停車すると危険になってしまう等の理由から禁止されています。運転を生業とする者として、安全には細心の注意を払いましょう。

付け待ちをする場合にも駐停車する場所には注意が必要です。基本的には駅前のタクシープールなど、決められたところにタクシーを止めてお客様を待つかと思います。しかし、場合によっては街中で人の出入りが多いホテルや商業施設の近くに付け待ちすることもあるでしょう。その際には駐停車しても大丈夫な場所なのかどうか入念に確認しておきましょう。

流しと付け待ちについての詳細を知りたい方は以下をご参照ください。
タクシーの流しとは?コツを掴んで給料UPへ【流しのコツ10選】
タクシー運転手が「付け待ち」で稼ぐコツとは?

お客様をおろす場所にも注意が必要

駐停車が禁止されている場所では、タクシーを止めてお客様を乗せるのも違反となりますが、お客様をおろすのも違反となってしまいます。お客様が急に「ここでおろしてください」といって場合にも、タクシー運転手は瞬時に、そこが停車可能な場所なのか判断する必要があります。その他、お客様が用事のために一時的に降車し、お店の前で待つこともあるでしょう。もし駐停車できない場所であれば、その旨をお客様に告げ、駐停車できる一番近い場所を探してください。

駐停車禁止場所はタクシーの運転免許の試験でもポイントになる

タクシーを運転するには、二種免許を取得しなければなりません。免許取得のための試験は路上でも行いますが、その際には駐停車禁止場所を知っておく必要があります。技能検定員から、タクシーを停車させるように指示を受けることがあり、そこで駐停車禁止場所に停車させてしまうと不合格になっています。二種免許の試験前には、駐停車禁止場所についても確認しておきましょう。

今回は駐停車禁止場所についてご紹介しました。タクシー運転手になりたい方にとって、駐停車禁止場所を知っておくことは非常に重要なことです。これを機に、駐停車禁止場所の条件を念頭に置き、それを基に路上で車を走らせ、実践で活かせるスキルを身につけていきましょう。

なお、タクシー運転手は40代50代など中高年で未経験でも活躍しやすい特徴がありますので、転職の際にはぜひタクシー業界も検討してみてください。これからタクシーの仕事をお探しならドライバーズワークでタクシードライバーの求人を検索していきましょう。タクシー業界知識に詳しい専門家が無料で相談にも乗りますので、お悩みの方はぜひ活用してみてください。

無料でタクシー業界の専門家に相談する

よく読まれている記事

コンテンツバナー01