入れ食いでたくさん稼ごう

タクシー 入れ食い

タクシー業界には「入れ食い」というものがあります。これは主にタクシー会社やタクシードライバーが使用する用語です。急な大雨や電車のトラブルなどによる理由で、お客様を降ろした途端に次のお客様がつかまるような状態のことを指します。

お客様を次々に乗せることができるので無駄なく稼ぐことができるというわけです。ここではそんな入れ食いについて解説していきます。

「入れ食いで稼ぐ」ってどういうこと?

入れ食いとは、急な大雨や電車のトラブルなどがあった際に、タクシーのお客様を降ろした途端にまた次のお客様を乗せることができるといったような状態のことです。つまり、お客様が絶えない状態を指します。タクシー営業において、このような入れ食い状態になることは珍しいでしょう。

しかし、無駄なく稼ぐことができるので是非ものにしたいチャンスです。毎日の業務をコツコツと地道に続けていれば、このような入れ食いの状態に直面することはあるでしょう。

ちなみに入れ食いという言葉の由来は「釣り」からきています。釣りで、仕掛けを入れるとすぐに魚が食いつき、次々と釣れることを指します。タクシーでお客様を降ろしてから、すぐに乗客を見つけるという様子が「釣りで仕掛けを入れるたびに魚が釣れる」様子と似ていることからタクシー業界で入れ食いという言葉が使われるようになりました。

どんなときに入れ食いは起きるのか?

前述のとおり、入れ食いは大雨や電車のトラブルなどがあった場合に起きます。また、猛暑が続く夏場に「朝の通勤時間から汗だくになりたくない」というサラリーマンが次々と乗車して、入れ食い状態になったケースもあるようです。

このほかにも初乗り運賃の値下げが影響したケースもあります。東京都では2017年に初乗り運賃が値下げしました。その値下げ直後には短距離利用者が増加し、入れ食い状態になったタクシードライバーもいます。

入れ食い以外にも稼げる方法はたくさんある

入れ食いに関しては、どうしても運任せになってしまいがち。しかし、入れ食い以外にもタクシードライバーが稼げる方法は様々あります。例えば、流し営業の場合にはタクシーを走らせる場所を工夫してみましょう。まずは繁華街の近くなど、人の多い道です。これは言うまでもなく最も確率の高い方法でしょう。

ホテルの近くや、商業施設の近く、オフィスビルの近くなどもおすすめです。こういった人の多い場所を走る際には時間にも注目するとよいでしょう。例えば、オフィスビルの近くの場合には帰宅時間にあたる夕方以降が狙い目です。

以上、タクシー業界における入れ食いについて紹介してきました。入れ食い状態になれば無駄なく稼ぐことができるということがわかりましたね。ただし、入れ食いは運任せになってしまう要素も強いので、地道にコツコツと営業することを心がけていきましょう。

よく読まれている記事

コンテンツバナー01