バスドライバーの仕事内容

トラック関連
バスドライバーの仕事内容

バスドライバーの仕事は、ただバスを運転するだけではありません。バスドライバーという職種でありながらも、サービス業のような接客技術も必要となります。お客さんに気持ちよくバスを利用してもらうためには、日々の取り組みが重要なのです。

バスドライバーの仕事内容

ここでは、バスドライバーの出社から退勤まで、1日の仕事の流れを紹介します。

アルコール検査

出勤したら、まずアルコール検査を行います。このアルコール検査は法律で義務化されているため、必ず行わなければなりません。アルコール検査をクリアしたら、次は免許証の確認、健康状態の報告を経て、すべてクリアしたうえで鍵を受け取ります。

車両チェック

次に、乗務するバスの車体チェックを行います。タイヤの空気圧や計器類、エンジンオイルや冷却水のチェックなど、チェック項目は50カ所以上にものぼります。車両チェックは、アルコール検査と同様に法令で定められています。お客さんの安全はもちろん、自身の身の安全にも関係しますので、丁寧に行いましょう。

出発点呼

出発時刻が近づくと、出発点呼を取ります。ここではドライバーの健康状態や、運行上の注意点などの最終確認を行います。この出発点呼を終えると、バスの運行を開始することができます。

バス運行

安全運転でバスを運行します。乗務中はお客さんと触れ合うため、笑顔やコミュニケーションスキルも必要です。お客さんの乗降時や車内アナウンスでは、笑顔でのあいさつを心がけましょう。

終了報告

すべての運行を終えると、朝と同様、車両チェックを行います。この時、車内に忘れ物がないか、車体に傷がないかなどを確認します。そしてアルコール検査も再度行います。1日の乗務記録を作成し、翌日の運行へ向けた準備などが終わると、終業の点呼を取り、業務終了となります。

バスドライバーとして働くためには、ドライバー業以上に接客業であることを意識し、お客さん第一に考えて臨むことが大切です。

まずは相談してみよう!

専任コンサルタントから
非公開求人紹介させていただきます。

詳しくは
こちら

「ドライバーズワーク タクシー」は、あなたの新しいキャリアのスタートを応援しています!

「ドライバーズワーク タクシー」は、タクシドライバー・タクシー運転手に特化した転職・求人サイトです。タクシーの現任者の方向け求人はもちろん、タクシー業界未経験の方への求人も多数そろえています。2種免許の取得支援や両希望の方、保証人のいない方へのタクシードライバー求人もたくさんあります。また、気になる求人情報を保存したり、オススメの求人情報をメールで取得したりすることができます。是非、あなたの希望の条件で、最適な求人をお探しください。