勤務形態と労働時間!隔日勤務ってなに?

タクシードライバーがどういう働き方をしているかをお伝えするため、勤務形態と労働時間をご紹介します。これを参考に、あなたがタクシードライバーとして働くとしたらどのくらいの時間働くことになるのかをイメージし、日勤と隔日勤務のどちらが適しているのかなど、考えてみてはいかがでしょうか。

タクシードライバーの勤務形態

タクシードライバーの勤務形態としては主に「昼日勤」、「夜日勤」、「隔日勤務」、「定時制」の4種類があります。

昼日勤とは

昼日勤は日中だけ働く勤務形態で、勤務時間は8時間で休憩が1時間あるのが主流です。 昼日勤の多くは朝6時~夕方15時まで、もしくは朝7時~夕方16時までが勤務時間となります。(※タクシー会社によっては多少前後する場合もあります。)

オフィスで働く、いわゆるサラリーマンの場合には朝9時~夕方17時までの勤務となりますので、それに比べると朝は少し早くなりますが、その分だけ終わるのも早いのが特徴です。

ただ、1点注意しておきたいのが、給料についてです。昼日勤の場合には深夜割増料金が入らないため、夜日勤や隔日勤務の場合と比較して、給料が少なくなりやすい傾向にあります。

日勤のタクシードライバーの勤務スタイル例
勤務時間 AM6:00~PM15:00、AM7:00~PM16:00など
休憩時間 1時間 / 1乗務
勤務日数 22~24乗務 / 月

昼日勤の場合、客層としては早朝に通勤でタクシーを利用するビジネスマンや、住宅街から病院などに向かう高齢者などがメインとなります。 特に早朝の時間帯での売上が多いため、この時間帯でいかに効率的に営業できるかが売上アップのポイントだと言われています。

昼日勤の1ヶ月の勤務スタイルのイメージを下の図にまとめてありますのでご覧ください。 下記例では日曜日が公休となっていますが、タクシー会社は基本的にシフト制のため、休みの曜日はシフトに合わせて変動する場合がほとんどです。

タクシー昼日勤カレンダー

夜日勤とは

夜日勤は、先ほどの昼日勤とは逆に毎日夜間のみ勤務するという働き方です。勤務時間や休憩時間に関しては昼日勤と同じように、勤務8時間で休憩1時間が主流です。 夜日勤の多くは夜の18時~朝2時まで、もしくは夜の19時~朝3時までが勤務時間となります。(※タクシー会社によっては多少前後する場合もあります。) 深夜帯のタクシー運賃には割増料金が入りますので、売上は上がりやすくなります。

タクシードライバーの給料では完全歩合制、もしくは一部歩合制となっていますので、売上によって給料が変わってきます。そのため、同じお客様で同じ距離を走ったとしても昼日勤よりも夜日勤のほうが、売上が高くなり、それに伴って給料が高くなります。

また、客層も昼日勤とは異なり、夜ならではの繁華街に向かう方、お酒を飲み終わったって帰宅される方、終電を逃してしまった方などになります。 終電を逃してタクシーで家に帰るなどのように、普段タクシーを使わないようなお客様や、長距離になるお客様を乗せることになります。深夜割増料金や客層の違いなどが理由となり、夜日勤は昼日勤と比較すると給料が高くなりやすい傾向にあります。

日勤のタクシードライバーの勤務スタイル例
勤務時間 PM6:00~AM2:00、PM7:00~AM3:00など
休憩時間 1時間 / 1乗務
勤務日数 22~24乗務 / 月

隔日勤務とは

タクシードライバーの勤務形態として最も多いのがこの「隔日勤務」です。 勤務時間は、昼日勤と夜日勤の2つをくっつけて2日分を一気に働くような勤務形態です。 隔日勤務の場合、出勤した日の仕事終わり、つまり出勤の翌日は「明番」というお休みになります。

勤務時間は、だいたい20時間程度の勤務で、 その間に3時間休憩が入るのが一般的な隔日勤務のスタイルです。 隔日勤務では下のカレンダーのように、出勤日である「出番」、仕事が終わった後が休みになる「明番」を2回繰り返した後に、一日丸々お休みになる「公休」があります。こうしたサイクルを繰り返していくのが隔日勤務の働き方になります。

タクシー隔日勤務カレンダー

隔日勤務の勤務時間帯はタクシー会社によって大きく異なる場合があります。 基本的にタクシー会社は24時間営業をしており、その間タクシーが常に稼動できるようにしています。どの時間帯でもドライバーが不足しないようにシフトが組まれていて、タクシー会社1社の中で、以下のA勤務~I勤務の中から最低2つの時間帯の勤務パターンを持っていることが多いです。 タクシー会社で比較的多く使われているのが、B勤務とE勤務の組み合わせや、A勤務とF勤務の組み合わせなど、A・B・E・Fの組み合わせが多くなっています。

隔日勤務のタクシードライバーの勤務スタイル例
勤務時間
  • A勤務:7:00~15:00(3時間の休憩を含む)
  • B勤務:8:00~16:00(3時間の休憩を含む)
  • C勤務:9:00~17:00(3時間の休憩を含む)
  • D勤務:10:00~18:00(3時間の休憩を含む)
  • E勤務:12:00~20:00(3時間の休憩を含む)
  • F勤務:13:00~21:00(3時間の休憩を含む)
  • G勤務:14:00~22:00(3時間の休憩を含む)
  • H勤務:15:00~23:00(3時間の休憩を含む)
  • I勤務:16:00~0:00(3時間の休憩を含む)
休憩時間 3時間 / 1乗務
勤務日数 11~13乗務 / 月

定時制とは

定時制とは、勤務時間が正社員よりも短い勤務形態のことです。時短勤務をする社員や、アルバイト・パートなど非正規雇用の方が定時制の勤務形態で働いています。そのため、先に紹介した昼日勤・夜日勤・隔日勤務のいずれかと同じ勤務スタイルで、通常よりも短い時間での勤務をします。つまり、一口に定時制と言っても、昼日勤のこともあれば隔日勤務をすることもあるということです。 昼日勤あるいは夜日勤の場合には1回で勤務できるのは最大12時間、1ヶ月で16乗務となっています。 また、隔日勤務の場合には通常1ヶ月12乗務ですが、定時制の場合には8乗務までです。

定時制タクシードライバーの勤務日数の上限
昼日勤の勤務日数 12時間 / 1乗務
16乗務 / 月
夜日勤の勤務日数 12時間 / 1乗務
16乗務 / 月
隔日勤務の勤務日数 8乗務以内 / 月

タクシードライバーの労働時間の決まり

先にもお伝えしたように、タクシードライバーには様々な勤務形態がありますが、このうち日勤勤務者と隔日勤務者では、拘束時間や労働時間の決まりが変わってきます。決まりについてお伝えしていきますが、読み進めて混乱することのないよう、まずは拘束時間や労働時間などの用語についてご説明します。

拘束時間や労働時間とは?

タクシードライバーの勤務に関して、「拘束時間」というものがあります。拘束時間は、労働時間(作業時間+手待ち時間)と休憩時間を合わせた時間となります。 もう1つ紛らわしい言葉として、休息期間と休憩時間があります。休憩時間は会社が拘束している時間に含まれ、休息期間はタクシードライバーが上司の指示を受けることなく、自由に過ごせる時間のことです。

拘束時間は労働時間(作業時間+手待ち時間)と休憩時間を合わせた時間のこと

日勤勤務者の労働時間の決まり

日勤勤務者の労働時間の決まり
  • 1ヶ月の拘束時間は299時間が上限です。
  • 1日の拘束時間は13時間以内が基本で、延長する場合には16時間が限度となります。
  • 1日の休息時間(自由な時間)は継続して8時間以上必要です。
  • ただし車庫待ちのドライバーに関しては労使協定を結ぶことで1ヶ月322時間まで働くことが可能です。
  • 車庫待ちの場合には1日の拘束時間が18時間超の場合には夜間に4時間以上の仮眠時間、勤務終了後に継続して20時間以上の休息期間が必要となります。また、16時間を超える勤務は1ヶ月7回までとなっています。

隔日勤務者の労働時間の決まり

隔日勤務者の労働時間の決まり
  • 1ヶ月の拘束時間は262時間が限度。ただし労使協定があるときには、1年のうち6ヶ月までは270時間まで延長することが可能。
  • 2暦日(隔日勤務のこと)の拘束時間は21時間以内が基本で、夜間に仮眠4時間以上与えることが条件で最大24時間まで延長できます。ただし、延長は1ヶ月に7回以内まで。
  • 1日の休息時間(自由な時間)は継続して20時間以上必要です。

1回の出番が終わったら、最低20時間以上の休みを取ることが必須ですので、例えば出番が終わった時間が朝5時だった場合に、その日の内に次の勤務が始まることは決してありませんし、1出番が21時間拘束の場合、「270時間 ÷ 21 = 12日+18時間」となり、最大でも12出番+18時間しか勤務することはできません。1ヶ月のうち最大でも13出番で残りは明け番のお休み、もしくは公休で1日お休みとなるため、比較的自由な時間が多いというのが、タクシードライバーの働き方の特徴です。

タクシードライバーの労働時間

決まりについてはお伝えした通りですが、「実際はどうなの?」と思いますよね。これからタクシードライバーに転職するなら気になるのは理屈ではなく、実情でしょう。都道府県別のデータによると、 タクシードライバーの労働時間は全国平均で、1ヶ月194時間となっています。最も労働時間が長い都道府県は三重県で239時間となっています。その一方で、最も短いのは千葉県の142時間です。

都道府県名 平成27年 平成28年 平成29年 平成30年
北海道 174 174 182 172
青森 190 190 181 197
岩手 209 174 194 171
宮城 170 174 188 192
秋田 177 191 182 175
山形 189 200 220 213
福島 166 188 198 181
茨城 165 164 190 190
栃木 194 174 208 184
群馬 191 213 196 204
埼玉 209 186 184 184
千葉 183 216 175 142
東京 195 200 186 201
神奈川 207 202 200 211
山梨 204 196 194 179
新潟 192 195 186 196
富山 179 179 204 187
石川 181 206 185 195
長野 169 180 191 199
福井 209 255 189 164
岐阜 214 205 203 222
静岡 211 200 203 198
愛知 210 211 200 210
三重 192 198 230 239
滋賀 203 192 182 206
京都 219 218 191 219
大阪 187 204 187 190
兵庫 200 204 195 190
奈良 188 197 183 180
和歌山 183 177 171 181
鳥取 195 185 200 200
島根 219 211 199 181
岡山 237 175 211 184
広島 185 174 177 179
山口 200 179 172 176
徳島 204 185 202 187
香川 208 220 197 214
愛媛 192 168 190 183
高知 187 200 193 205
福岡 207 183 192 198
佐賀 176 187 205 186
長崎 204 198 193 197
熊本 195 188 190 183
大分 215 167 199 173
宮崎 189 177 171 191
鹿児島 193 187 194 191
沖縄 200 165 177 182
全国 194 193 189 194
対前年 2 -1 -4 5
増減 -0.30% -2.10% 2.70%

出典:一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会による統計調査
第1表 タクシー運転者(男)の賃金・労働時間(平成30年~平成27年)

タクシードライバーについて勤務形態と労働時間の決まり、そして実際の労働時間を知り、タクシードライバーの働き方がイメージできるようになったのではないでしょうか。タクシードライバーが1日1日をどう過ごしているかについては「タクシードライバーの1日」でご紹介していますので、ぜひこちらも合わせてご覧ください。

コンテンツバナー01

まずは相談してみよう!

ドライバー求人専任コンサルタント

専任コンサルタントから
非公開求人紹介させていただきます。

詳しくは
こちら

人気のエリアで求人を探してみよう!

気になることを調べてみよう!

「ドライバーズワーク」は、あなたの新しいキャリアのスタートを応援しています!

「ドライバーズワーク」は、タクシーに特化した専門の求人・転職サイトです。タクシードライバーや運転手について、現任者の方向けはもちろん、業界未経験の方向けの求人も多数取り扱っています。さらに、タクシードライバーにとって役立つコラムや業界ガイドなどもございます。気になる求人情報を保存したり、オススメの求人情報をメールで取得したりといった機能的なサービスも提供しています。是非、あなたの希望の条件で、最適な求人をお探しください。