タクシードライバーにノルマはある?

  • シェア
タクシードライバーにノルマはある?

タクシードライバーになろうと考えている方の中には「営業ノルマってあるの?」と疑問に感じている方もいらっしゃるでしょう。結論から申し上げますと、一般的にタクシー業界には営業ノルマがあります。しかし、このノルマについて過剰に不安になる必要はありません。ノルマの達成はさほど難しいことではないからです。ここでは、タクシー業界におけるノルマについて詳しく解説していきます。

タクシー業界におけるノルマについて

基本的にタクシー業界にもノルマは存在します。ちなみにタクシー業界では、ノルマのことを「足切り」と呼んでいます。タクシードライバーの賃金は以下のような計算式で決定するケースがほとんどです。

賃金 = 固定給 + 歩合給

歩合給の算出方法は、【(月間営収額 - ノルマ) × 歩合率】です。月間の営収額からノルマを引いた数字に歩合率をかけて歩合給を決定します。それでは、実際に歩合給を算出してみましょう。ノルマ40万、歩合率60%と設定している会社において、月間営収額が50万だった場合を例に挙げます。

(50万 - 40万)× 60% = 6万

このように、目標であるノルマを超えた10万に歩合率をかけた金額が、歩合給として給与に加算されます。つまり、この歩合給に固定給を足した金額がタクシードライバーの賃金になります。今回のケースで考えると、固定給が15万であれば21万。20万であれば26万が給与になるという計算になります。お客さんを乗せた分だけ、お金を多くもらえるというわけです。さらに、この金額に皆勤手当や無事故手当などの手当が追加されます。もちろんノルマを達成できなかったとしても賃金がゼロになることはありません。

関連記事:タクシードライバーの給与体系

タクシードライバーはどんどん収入を増やせる

「ノルマが達成できるか不安……」と考えている方もいるかもしれません。ただし、ノルマの達成はさほど難しくありません。運転しながらお客さんを待つ「流し」をおこないつつ、駅前やタクシー乗り場などでお客さんを待ったり、無線での配車依頼に対応したり、このような基本的なことをしっかりこなしていけば問題なく達成できるでしょう。また、タクシードライバーは経験を積むことでどんどんお客様を乗せることができるようになります。さらに、定年後も嘱託社員(※1)という雇用形態で働き続けることができるケースがほとんどです。中には個人タクシーとして開業する方もいます。

※1. 定年後に同じ会社に再雇用される社員

ノルマがない会社もある

ここまでタクシー業界におけるノルマについて説明してきました。「達成が難しくないことはわかったけれどノルマがあること自体が不安」という方もいるかもしれません。そんな方にはノルマを設定していないタクシー会社がおすすめです。タクシー会社の中にはノルマを設定していない会社も存在します。ノルマがない場合には収入を増やしていくことはあまり期待できなくなってしまいますが、毎月安定した収入を手に入れることができます。

いかがでしたでしょうか。ノルマ以外にも固定給や各種手当など、さまざまな要素によって月々の賃金は決定します。この割合はタクシー会社によって異なるので、入社する前に給与体系の情報をしっかり確認し、自分の求めている条件に合うか考えてみましょう。

他のコラム内カテゴリもチェック!

まずは相談してみよう!

ドライバー求人専任コンサルタント

専任コンサルタントから
非公開求人紹介させていただきます。

詳しくは
こちら

人気のエリアで求人を探してみよう!

気になることを調べてみよう!

「ドライバーズワーク」は、あなたの新しいキャリアのスタートを応援しています!

「ドライバーズワーク」は、タクシーに特化した専門の求人・転職サイトです。タクシードライバーや運転手について、現任者の方向けはもちろん、業界未経験の方向けの求人も多数取り扱っています。さらに、タクシードライバーにとって役立つコラムや業界ガイドなどもございます。気になる求人情報を保存したり、オススメの求人情報をメールで取得したりといった機能的なサービスも提供しています。是非、あなたの希望の条件で、最適な求人をお探しください。

採用ご担当者様へ