タクシードライバーにノルマってあるの?

  • シェア
タクシードライバーにノルマってあるの?

タクシードライバーになろうと考えている方の中には「営業ノルマってあるの?」と疑問に感じている方もいらっしゃるでしょう。結論から申し上げますと、一般的にタクシー業界には営業ノルマがあります。しかし、このノルマについて過剰に不安になる必要はありません。ノルマの達成はさほど難しいことではないからです。ここでは、タクシー業界におけるノルマについて詳しく解説していきます。

タクシー業界にノルマはあるの?

会社によっても異なりますが、基本的にタクシー業界にもノルマは存在します。タクシー業界では、ノルマのことを「足切り」と呼んでいます。毎回の勤務で足切りのラインがあり、それを超えて売上を得た場合には、超えた分だけ歩合給を得ることができます。

どうしてノルマがあるの?

タクシーの営業は、出庫してから自由に行い、管理者の目の届く範囲からは離れてしまいます。極端なことを言うと、タクシードライバーはさぼることもできてしまいます。さぼらずに働いてもらうために、真面目に働いていれば達成すると推測できる基準値として足切りを設定しています。また、さぼっても同じ給料がもらえるようなら、真面目に働いている方にとっては不平等で、そのモチベーションが下がってしまいます。周りのタクシードライバーに悪影響を与えないためにもノルマが設けられているのです。

ノルマを達成できなかったらどうなるの?

ノルマを達成できなかったからといって「明日から出社しなくていい!」とはなりませんので、ひとまずご安心ください。ノルマを達成できなかった場合には、歩合給はもらえず、固定給のみとなります。会社によって異なりますが、月2回を上限として未達成1回で5,000円の罰金とするところもあります。

タクシー業界のノルマと給与体系について

タクシー業界のノルマには、給与体系がかかわっています。賃金の種類としてはA型とB型、AB型があります。

A型賃金 :固定給+歩合給+賞与
B型賃金 :完全歩合制
AB型賃金 :A型賃金とB型賃金の中間の形態

ノルマはあくまで保障されている給料の分を働いてもらうための基準の数字となるため、基本的には固定給のあるA型賃金とAB型賃金において足切りの制度があります。A型とAB型の月々の賃金は以下のような計算式で決定します。

賃金 = 固定給 + 歩合給

歩合給の算出方法は、【(月間営収額 - ノルマ) × 歩合率】です。月間の営収額からノルマを引いた数字に歩合率をかけて歩合給を決定します。それでは、実際に歩合給を算出してみましょう。ノルマ40万、歩合率60%と設定している会社において、月間営収額が50万だった場合を例に挙げます。

(50万 - 40万)× 60% = 6万

このように、目標であるノルマを超えた10万に歩合率をかけた金額が、歩合給として給与に加算されます。つまり、この歩合給に固定給を足した金額がタクシードライバーの賃金になります。今回のケースで考えると、固定給が15万であれば21万。20万であれば26万が給与になるという計算になります。お客さんを乗せた分だけ、お金を多くもらえるというわけです。さらに、この金額に皆勤手当や無事故手当などの手当が追加されます。もちろんノルマを達成できなかったとしても賃金がゼロになることはありません。

関連記事:タクシードライバーの給与体系

歩合率は売上によって変わる

歩合給の金額を決める歩合率は、営業売上によって変わります。例えば、とあるタクシー会社では1日の足切りが3万円となっており、売上が3万円~3万5,000円だと歩合率が45%、3万5,000円~3万8,000円で48%、4万円で50%、4万5,000円以上なら53%といったように、歩合率は段階的に変動します。売上が高くなるほど、歩合としてもらえる金額の割合は高くなるのです。

勤務時間は2日で21時間以内まで

タクシー会社の勤務形態としては、昼日勤と夜日勤、隔日勤務の3つがありますが、タクシー会社では1日仕事して1日休むといった隔日勤務が主流です。隔日勤務で働けるのは2日で21時間以内までとなっています。このうち3時間は休憩を取らなくてはならない決まりになっているので、実質19時間のうちに足切りを達成し、歩合給がもらえるように働くことになります。

関連記事:タクシードライバーの勤務形態

ノルマがない会社もある

ノルマの達成はさほど難しくありません。ですが、ノルマがあること自体が不安という方もいるかもしれません。そんな方にはノルマを設定していないタクシー会社がおすすめです。先ほどご給与体系のうち、B型賃金は完全歩合制とお伝えしました。売上によって給料が決まる完全歩合の場合には、さぼっていれば月々の給料がその分だけ少なくなってしまうため、わざわざ会社がノルマを設定する必要がないのです。ただ、B型賃金の多くは他の型と比べて歩合率が低い傾向があることについては注意してください。給与の金額や歩合率については求人ごとに異なりますので、よく調べてご自身に合ったものを見つけていきましょう。探す際にはタクシードライバー・運転手の求人を参考にしてみてください。

ここまでタクシー業界におけるノルマについて説明してきました。

タクシードライバーはどんどん収入を増やせる

タクシードライバーの給料には少なからず歩合給があります。ですから、月々の収入を増やしていくチャンスがあります。運転しながらお客さんを待つ「流し」をおこないつつ、駅前やタクシー乗り場などでお客さんを待ったり、無線での配車依頼に対応したり、このような基本的なことをしっかりこなしていけば、ノルマ以上の売上を達成することができるでしょう。タクシードライバーは経験を積むことでどんどんお客様を乗せることができるようになります。そうして、どんどん収入を増やしていける可能性があるのです。

関連記事:稼げるタクシードライバーになるには

タクシー会社によって、タクシー業界で足切りと呼ばれるノルマがあります。不安に感じるかもしれませんが、達成はそれほど難しいものではなく、経験を積み、ノウハウやコツを得ることによって売上を増やしていけます。ただ、ノルマがあること自体が耐えられないと感じる方もいます。就職や転職の際には数多くの求人を見て、ご自身にあった会社を選んでいきましょう。

タクシードライバー・運転手の求人から仕事を探してみてください。

他のコラム内カテゴリもチェック!

まずは相談してみよう!

ドライバー求人専任コンサルタント

専任コンサルタントから
非公開求人紹介させていただきます。

詳しくは
こちら

人気のエリアで求人を探してみよう!

気になることを調べてみよう!

「ドライバーズワーク」は、あなたの新しいキャリアのスタートを応援しています!

「ドライバーズワーク」は、タクシーに特化した専門の求人・転職サイトです。タクシードライバーや運転手について、現任者の方向けはもちろん、業界未経験の方向けの求人も多数取り扱っています。さらに、タクシードライバーにとって役立つコラムや業界ガイドなどもございます。気になる求人情報を保存したり、オススメの求人情報をメールで取得したりといった機能的なサービスも提供しています。是非、あなたの希望の条件で、最適な求人をお探しください。

採用ご担当者様へ