タクシードライバーの勤務形態あまり知られていないタクシードライバーさんの1日に完全密着!?

みなさんが普段見かけるタクシーは朝も夕方も夜中も走っており、いつ休んでいるのかと思うほどどの時間帯で見かけることがあると思います。今回はそんなタクシードライバー(タクシー運転手)がどんな働き方をしているのかをご紹介します。タクシードライバー(タクシー運転手)は主に「昼日勤」「夜日勤」「隔日勤務」という3つの働き方がありますのでそれぞれ詳しく説明していきます。

昼日勤とは

こちらは普通のビジネスマンと同じ昼間だけ働く勤務形態です。 勤務時間は、8時間勤務で休憩が1時間あるのが主流です。一般的なのは昼日勤朝7時~夕方16時まで、もしくは朝8時~夕方17時までという勤務時間になります。(※タクシー会社によっては多少前後する場合もあります。)

普通のビジネスマンと比べて朝が早いですが終わるのも早いです。その他の、夜日勤、隔日勤務とは異なり、夜勤の無い勤務体系なので女性や高齢の方に特に人気があります。

日勤のタクシードライバーの勤務スタイル例
勤務時間 AM7:00~PM16:00、AM8:00~PM17:00など
休憩時間 1時間/1乗務
勤務日数 22~24乗務/月

昼日勤の場合、メインのお客様は、早朝に通勤でタクシーを利用するビジネスマンや、住宅街から病院などに向かう高齢者などがメインとなり、特に早朝の時間帯での売上が 多いため、早朝の時間帯をいかに効率的に利用するかが売上アップのポイントだと言われています。

この昼日勤という働き方は、タクシードライバーになりたい方には人気がある一方で、タクシー会社にとっては、昼だけ働ける人ばかり採用してしまうと、夜間帯のタクシードライバーが不足し、その結果 夜間のタクシーの稼働率が下がり、その分夜間の売り上げが低下してしまうという理由から、昼日勤を採用しているタクシー会社は非常に稀です。

昼日勤の一ヶ月の勤務スタイルのイメージを下の図にまとめてありますのでご覧ください。
下記例では、日曜日が公休となっていますが、タクシー会社は基本的にシフト制のため、シフトによっては休みの曜日は変動する場合がほとんどです。

タクシー昼日勤カレンダー


夜日勤とは

夜日勤は先ほどの昼日勤とは逆に毎日夜間のみ勤務するという働き方です。

夜間勤務のため、タクシーには深夜割増料金が発生するため昼日勤に比べて給料は上がりやすくなる傾向があります。

また、お客様も昼間とは異なり、夜ならではの繁華街に向かう方、お酒を飲み終わったって帰宅される方、終電を逃してしまった方などになります。

運転距離も昼間に比べて長距離のお客様も比較的多くなりますし、深夜割増料金もつきますので売上が上げやすい時間帯と言えますがこれも「昼日勤」 と同じくこのシフトだけを採用しているタクシー会社はかなり少ないのが現状です。

日勤のタクシードライバーの勤務スタイル例
勤務時間 PM6:00~AM2:00、PM7:00~AM3:00など
休憩時間 1時間/1乗務
勤務日数 22~24乗務/月

隔日勤務とは

タクシー会社では主流の勤務形態になるのが、この「隔日勤務」になります。

勤務時間は、昼日勤と夜日勤の2つをくっつけて2日分を一気に働くような勤務形態です。
隔日勤務の場合、出勤した日の仕事終わり、つまり出勤の翌日は「明番」というお休みになります。勤務時間は、だいたい20時間程度の勤務で、 その間に3時間休憩休憩が入るのが一般的な隔日勤務のスタイルです。

 隔日勤務では、下のカレンダーのように、出勤日である「出番」、仕事が終わった後が休みになる「明番」を2回繰り返した後に、一日丸々お休みになる「公休」を 繰り返していくような働き方になります。

タクシー隔日勤務カレンダー

隔日勤務の勤務時間帯はタクシー会社によって大きく異なる場合があります。
基本的にタクシー会社は24時間営業をしており、その間タクシーが常に稼動できるように、どの時間帯でもドライバーが不足しないように スケジュールが組まれており、タクシー会社1社の中で、以下のA勤務~I勤務の中から最低2つの時間帯の勤務パターンを持っていることが多いです。

タクシー会社で比較的多く使われているのが、B勤務とE勤務の組み合わせや、A勤務とF勤務の組み合わせなど、A・B・E・Fの組み合わせが多くなっています。

隔日勤務のタクシードライバーの勤務スタイル例
勤務時間
  • A勤務:7:00~3:00(3時間の休憩を含む)
  • B勤務:8:00~4:00(3時間の休憩を含む)
  • C勤務:9:00~5:00(3時間の休憩を含む)
  • D勤務:10:00~6:00(3時間の休憩を含む)
  • E勤務:12:00~8:00(3時間の休憩を含む)
  • F勤務:13:00~9:00(3時間の休憩を含む)
  • G勤務:14:00~10:00(3時間の休憩を含む)
  • H勤務:15:00~11:00(3時間の休憩を含む)
  • I勤務:16:00~12:00(3時間の休憩を含む)
休憩時間 3時間/1乗務
勤務日数 11~13乗務/月

おまけ タクシー会社は残業が多いブラック企業という勘違い

タクシードライバー未経験の方とお話をしていると、よく「タクシーって残業が多そうだから嫌だ!!」「ブラック企業で過酷そうだから転職に二の足を踏んでいる。」 というようなお話を耳にすることがよくあります。

実際はどうかというと『まったくもって、そんなことはありません!!』

タクシー会社の労働時間は、厚生労働省によって厳しく管理されており、それを違反したときには厳しい罰則があるため、 どこのタクシー会社であっても、その法律の範囲内で労働条件が決められているのが当たり前なのです。
そういった意味ではいわゆる「ブラック企業」というものに当てはまるタクシー会社は存在しないのかもしれません。

以下に隔日勤務のおけるタクシー会社の労働条件のルールを記載します。

タクシー会社の労働時間の法定規則
  • 1ヶ月の拘束時間は262時間が限度。ただし労使協定があるときには、1年のうち6ヶ月までは270時間まで延長することが出来る。
  •   
  • 2暦日(隔日勤務のこと)の拘束時間は21時間以内とする。また、勤務終了後20時間の休息時間が必要である。
  •     


つまり、隔日勤務の場合一回の出番あたりの最長の拘束時間は21時間以内と決められており、それ以上働き続けることはできません。
また、一回の出番が終わったら、最低20時間以上の休みを取ることが必須ということです。

ですので、たとえば出番が終わった時間が朝5時だった場合に、その日の内に次の勤務が始まることは決してありませんし、1出番が21時間拘束であった場合、 270時間÷21=12日と18時間となり、最大でも12出番+18時間しか勤務することはできません。

1ヶ月のうち最大でも13出番で、残りは明け番のお休み、もしくは公休で1日お休みとなるため、比較的自由な時間が多いというのが、タクシードライバーの働き方の特徴です。

もちろん、タクシードライバーはプロのドライバーでお客様の命を預かる大切なお仕事ですから、お休みの日には、次の出番のために体調管理を徹底する必要がありますので、 休みの日の時間をすべてが自由に使ってよいというわけではありませんが、皆さんが思っている以上にしっかりと勤務時間が決められているため、 慣れてくると働きやすいと言われています。

コンテンツバナー01

まずは相談してみよう!

専任コンサルタントから
非公開求人紹介させていただきます。

詳しくは
こちら

「ドライバーズワーク タクシー」は、あなたの新しいキャリアのスタートを応援しています!

「ドライバーズワーク タクシー」は、タクシドライバー・タクシー運転手に特化した転職・求人サイトです。タクシーの現任者の方向け求人はもちろん、タクシー業界未経験の方への求人も多数そろえています。2種免許の取得支援や両希望の方、保証人のいない方へのタクシードライバー求人もたくさんあります。また、気になる求人情報を保存したり、オススメの求人情報をメールで取得したりすることができます。是非、あなたの希望の条件で、最適な求人をお探しください。