閉じる×

会員登録(無料) 採用担当者様へ 運送求人はこちら
コンテンツバナー0

タクシーの運行管理者とは?

タクシー運行管理者は、タクシーの安全な運行を確保するために様々な業務を担当する専門家です。主な仕事はタクシードライバーの業務監督です。こちらではタクシー運行管理者について詳しくご紹介します!

 

タクシー運行管理者とは?

タクシー運行管理者は国家資格であり、タクシーを5台以上所有する運送会社は、法的に運行管理者を必ず配置しなければなりません。さらに、タクシーの保有台数が40台以上になると、40台を基準に運行管理者の数を定める法律が適用され、必要な運行管理者の数が増えます。

タクシーの運行管理者の主な職務には、運行計画の策定、勤怠管理、ドライバーサポートなどが含まれており、これらの業務を円滑に遂行するために適格なスキルと知識が必要です。タクシー業界の規制や安全基準についての深い理解が求められます。

多くの場合、運送会社では運行管理者とその補助者の組み合わせで運行管理業務を遂行しています。つまり、すべての管理職が運行管理者の資格を持っているわけではなく、運行管理業務は運行管理者とそのチームによって担当されています。

 

タクシー運行管理者の仕事内容

タクシー運行管理者の仕事は多岐にわたり、主な業務には次のような項目が含まれます。

タクシードライバーの勤務時間管理

国土交通大臣の規定に基づいて、ドライバーの勤務スケジュールを策定します。ドライバーはこのスケジュールに従い、勤務を遂行しなければなりません。

ドライバーは運転記録計を使用して、勤務活動を詳細に記録し、適切な休憩を取り、所定の労働時間を守っているかどうかを確認します。この記録には、走行距離や時間だけでなく、訪れた場所についても詳細に記録されます。また、休憩や仮眠の取得についても細心の注意を払い、必要な休息を十分に取っていることを確認します。

タクシードライバーの健康管理

タクシーの安全かつスムーズな運行には、ドライバーの健康状態が非常に重要です。単にドライバー自身に健康状態を訴えるだけでは、安全で円滑な運行が難しいことがあります。このため、運行管理者がドライバーの健康状態を確認することが必要です。

ドライバーの心身の状態は、出勤前と勤務後に行う「点呼」を通じて把握されます。点呼では、ドライバーの顔色や表情から、睡眠不足や体調不良がないかどうかをチェックし、また、アルコール検知器を使用して酒気帯びがないことを確認します。これにより、ドライバーの安全な運転が確保され、乗客の安心感が高まります。

ドライバーが運転するタクシー車両の管理

タクシー会社の収益には、事業所のタクシー車両が効率的に稼働するかどうかが大きな影響を及ぼします。したがって、タクシー会社は安全性と収益性の両方を追求しなければなりません。

例えば、1台のタクシーが1日中フルタイムで運行される場合と、半分の12時間だけ運行される場合では、12時間の運行の売上が少なくなります。タクシーの事業所が無駄なく運行するためには、運行管理者がドライバーの勤務時間帯などを検討して適切なスケジュールを策定することが欠かせません。また、運行管理者は車両の安全な運行を確保するために、次の業務も担当します。

【車両管理】

車両の点検、保守、修理、および法定の点検や車検の手続きを管理し、車両の安全性と信頼性を確保します。

【整備計画策定】

車両ごとに定期点検や車検、メーター検査などの計画を策定し、整備施設に車両を運んで必要なメンテナンスを実施します。

タクシー業界では、車両の安全性と法的規制の順守が非常に重要です。運行管理者はこれらの要件を適切に管理し、事業所のタクシー車両が安全かつ収益性の高い運行を行えるようサポートします。

ドライバーへのガイダンスと指導

【一般的な指導】

一般的な指導としては全てのタクシードライバーに対して次のようなポイントを焦点に行われます。

  • タクシー運転における基本的な知識と技術
  • 乗客に対する礼儀正しい接客態度
  • 交通法規や規制に従った運転
  • タクシー内の清潔さと整備
  • クレーム対応や紛争解決のスキル

【特定のドライバーに対する指導】

そのほか、ドライバーの属性に基づく指導もあります。

  • 初任運転者に対する指導: 初めてのドライバーに対して安全な運転技術やルールの習得を支援します。
  • 事故惹起運転者に対する指導: 交通事故を起こしたドライバーに再発防止のための指導が提供されます。
  • 高齢運転者に対する指導: 高齢になるにつれて身体機能が低下する運転者に、安全な運転を続けるための戦略を考える支援を提供します。

事故や顧客からの不満に対する対応

ドライバーが事故や問題に巻き込まれた際には、問題の解決に向けてアドバイスを提供し、必要であれば当事者間の調停を試みます。具体的な状況を把握し、責任の所在を適切に評価することで、できる限り会社に不利益をもたらさないように対処します。

乗客からの苦情の中で、よくある問題は遠回りや接客に関連するトラブルです。特に夜間には、酔った乗客とのトラブルが発生し、苦情が寄せられることがあります。

苦情が寄せられた場合、感情的にならずに冷静に対処することが重要です。まずは乗客の立場や状況を理解し、自社の誤りがあれば誠実に謝罪する姿勢が求められます。

 

タクシーの運行管理者はきつい?

運行管理者の仕事は、その厳しさは会社や状況によるといえます。一人で多くの業務を一身に抱えると、非常に大変なことがあります。しかし、業務をうまく分担し、チームで連携することができれば、バランスよく業務をこなすことが可能です。現実に、多くの会社では運行管理の業務を分担しています。これは、責任ある仕事であるため、お互いに業務内容を確認し合うことで、仕事に対する余裕が生まれるという利点があります。

運行管理者は、ドライバーの帰りが遅くなることや、予想外の状況に対応することが多いため、残業が必要となることもあります。しかし、複数人の運行管理者がいれば、効率的に業務をカバーできます。

また、運送業界にはさまざまなドライバーが存在し、個性や癖のあるドライバーも少なくありません。運行管理者は、異なるドライバーに対して指導と管理を行う必要があります。この際、理解の難しい瞬間や意見の不一致が生じることもあるでしょう。人間関係が複雑な場合もあり、これが運行管理者の仕事にストレスをもたらすことがあるでしょう。

結局のところ、運行管理者の仕事は、適切なサポート体制や協力体制によって、その厳しさを和らげることができるでしょう。業務を円滑に遂行し、ストレスを最小限に抑えるために、チームの協力と効果的なコミュニケーションが不可欠です。

 

運行管理者の給料や年収は?

運行管理者の年収は、地域や会社の規模によって異なりますが、一般的には正社員としての平均年収は約300万から400万円程度です。月給ベースでは約22万円から始まることが多いです。一部の運行管理者は、早朝や深夜の勤務が必要とされる場合があり、そのような勤務条件に応じて給与が増加することもあります。また、経験を積みながら運行管理者としてのスキルを高め、統括的な役割を担当する場合、より高い給与を受け取ることができる可能性があります。

会社の業績が向上すれば、給与のアップも期待できるでしょう。運行管理者が責任を持ち、仕事を適切に遂行することで、経営者に評価され、給与の向上が実珸とすることがあります。

運行管理者の給与と仕事の適正性

運行管理者の給与が相対的に低いと感じる理由は、運行管理者の仕事は多岐にわたり、多くの責任を負うにも関わらず、給与水準がそれに見合わないと考えられるからです。運行管理者は専門的な知識と資格を必要とし、それらを習得するには多くの学習と努力が必要です。そのため、この専門性や資格に見合う給与水準が期待されていることもあるでしょう。

 

運行管理者としてのメリット

運行管理者の魅力は、特殊な運転免許なしでタクシー以外の運送会社でも働くことができる点です。運送業界での職につく際、運転の必要性があると思われることもあるでしょうが、運行管理者であれば自動車免許が不要です。つまり、運転免許のない人でも運送業界でのキャリアを築くことができるのです。

さらに、運行管理者の仕事は多岐にわたり、日々異なる業務に取り組むため、退屈さを感じることはありません。この職種では、自身のスキルを向上させ、成長を実感できる機会が多いため、やりがいを感じることができます。

 

運行管理者の楽しい点ややりがいは

運行管理者は課題に立ち向かい、成長と充実感が得られる仕事

運行管理者は日常的に多くの課題に直面します。これには事故やトラックの機械的な問題も含まれます。また、急なドライバーの体調不良にも対応しなければなりません。それでも、毎日が自己成長と達成感に満ちた仕事であると感じられるのが、運行管理者の職務の魅力です。

多くの人々と交流できる

運行管理者は、運転手からメンテナンススタッフ、事務員、そしてお客様まで、幅広い人々と連携し協力して仕事を進めます。多くの人々と連携し、共に仕事を進めることは非常に充実感があり、楽しい経験です。もちろん、中には厄介な人もいるかもしれませんが、多くの人々との連携を通じて、仕事の実りを感じることができます。

 

タクシー運行管理者に必要な資質

責任感を持って仕事ができる

タクシーの運行を確実に安全にするためには、致命的なエラーを犯す余地がない必要があります。従って、絶えず責任感をもって仕事に取り組むことが求められます。責任感を持つことは、自己管理の徹底とも密接に関連しています。自己管理を通じて感情的になることを防ぎ、必要なときに冷静かつ真剣に対処することができます。また、責任感のある個人はドライバーや同僚からの信頼を勝ち取りやすく、指導やアドバイスがより説得力を持ち、反感を買うことなく効果的なコミュニケーションができるでしょう。

他者への配慮をできる

タクシー運行管理者の役割では、人々との密接なやりとりが頻繁に発生するため、配慮の精神が不可欠です。そして、この配慮には優れた観察力が欠かせません。観察力を駆使して、点呼などの際にドライバーの健康状態や様子を的確に判断し、適切な配慮を提供できます。健康状態だけでなく、個々のドライバーの個性や考え方を考慮した対応が可能であり、これによって信頼関係を築きやすくなります。

礼儀正しさとマナーを遵守できる

マナーや礼儀をしっかりと守ることも必要です。礼儀正しくドライバーや乗客と接することで、思いやりが伝わりやすく、関係を円滑に保つことができます。また、事故やクレームへの対応の際に乗客とのコミュニケーションを真摯に行うことで、状況の悪化を予防できるでしょう。

 

まとめ

タクシー運行管理者の役割には、多くの責任と期待が伴います。運行管理者は、ドライバーの安全な運行やサービス品質の維持に向けて重要な役割を果たし、様々な業務に携わります。

運行管理者は、ドライバーの健康状態を点呼や観察力を駆使して確認し、安全な運行をサポートします。運行スケジュールを策定し、乗務時間を管理することで、法令を遵守しつつ運行を効率的に行います。さらに、事故やトラブルが発生した際には冷静に対応し、問題の解決に努力します。

運行管理者には、責任感や配慮、マナー、礼儀の重要性が求められます。これらの資質を備えることで、信頼関係を築き、円滑なコミュニケーションが可能になります。また、運行管理者は、日々さまざまな問題に立ち向かい、成長の機会を享受することができる仕事です。そのため、充実感ややりがいを感じることができるでしょう。

最終的に、運行管理者は、タクシーの運行が安全かつ円滑に行われるように努力し、多くの人々と協力して仕事を遂行します。この役割は重要で、責任あるものですが、適切な資質とスキルを備えることで、満足感と成功を実現できる仕事といえるでしょう。

この記事を書いた人

株式会社ミライユのロゴ

株式会社ミライユ
ドライバーズワーク編集部

株式会社ミライユは2014年に創業、少子高齢化・労働力不足といった社会問題を雇用創出や就職支援を通じて解決すべく、社会貢献性が高い業界・領域に特化して転職支援サービスを展開している企業です。中でもタクシー業界、運送・配送業界、警備業界、10代20代の転職市場に精通しています。

タクシードライバーへの転職で失敗しないために

タクシードライバーの転職で失敗しないためには、ぜひドライバーズワークご登録・ご相談ください。タクシードライバーは中高年になってからも末永く続けていける数少ない仕事のひとつであり、未経験からでも活躍のチャンスがたくさんある職種ですが、タクシー会社によって特徴はさまざま。どんな基準で選べば良いのか?未経験だが大丈夫か?などの心配も出てくることと思います。専任のキャリアアドバイザーが一人ひとりの担当に付き、転職にまつわるあなたのお悩みにお答えするだけでなく、転職をするべきなのかどうか、転職をする場合にどういった基準で会社選びをすれば良いか、などを一緒に考え丁寧にお伝えします。まだ転職するかどうかを迷っている段階の方も大歓迎ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

無料会員登録

関連記事

タクシードライバーの1日の売上にノルマってあるの?

タクシードライバーの1日の売上にノルマってあるの?

タクシードライバーになろうと考えている方の中には「営業目標(ノルマ)ってあるの?」と疑問に感じている方もいらっしゃるでしょう。結論から申し上げますと、一般的にタクシー業界には営業目標(ノルマ)があります。しかし、このノルマに対して過敏になる必要はありません。それはタクシードライバーの目標(ノルマ)の達成は、たとえば一般企業の営業目標や店舗売上目標などと比較すると難しくないからです。ここでは、タクシー業界における営業目標について詳しく解説していきます。 タクシー業界にノルマはあるの? 会社によっても異なりますが、基本的にタクシー業界にもノルマは存在します。タクシー業界では、いわゆる歩合給が支給されるための必要最低売上を指しており、ノルマまたは足切りなどと呼ばれています。毎回の勤務で足切りのラインがあり、それを超えて売上を得た場合には、超えた分だけ歩合給を得ることができます。 どうしてノルマがあるの? タクシーの営業は、出庫してから自由に行い、管理者の目の届く範囲からは離れてしまいます。極端なことを言うと、タクシードライバーはさぼることもできてしまいます。さぼらずに働いてもらうために、真面目に働いていれば達成すると推測できる基準値として足切りを設定しています。また、さぼっても同じ給料がもらえるようなら、真面目に働いている方にとっては不平等で、そのモチベーションが下がってしまいます。周りのタクシードライバーに悪影響を与えないためにもノルマが設けられているのです。 一方で例えば一般企業の営業部門の場合、その企業の売上目標はフラットな状態に対して多少ストレッチに設定されるケースが多く見受けられます。その目標を達成するために行動の量や質を見直して生産性の改善を期待できる場合は良いと思います。ただ、タクシーの場合は乗客の命を預かっている以上、無理にタクシードライバー1人ひとりの生産性を高め続けることは難しいです。(事故に繋がります)そのために上記のような基準を目安に各社設定しています。 ノルマを達成できなかったらどうなるの? ノルマを達成できなかったからといって「給料がゼロ!」や「明日から出社しなくていい!」とはなりませんので、ひとまずご安心ください。ノルマを達成できなかった場合には、歩合給はもらえず、固定給のみとなります。会社によって異なりますが、月2回を上限として未達成1回で5,000円の罰金とするところもあります。しかし、普通に真面目に稼働している方で足切り基準に売上た到達しない方は滅多にいないので、それほど不安になる必要はありません。またタクシー会社によっては足切り制度のない会社や固定給の割合が多い会社もありますので、どうしても心配な方はそういう会社を探してみるのも一つの手です。 タクシー業界のノルマと給与体系について タクシー業界のノルマには、給与体系がかかわっています。賃金の種類としてはA型とB型、AB型があります。 A型賃金 :固定給+歩合給+賞与 B型賃金 :完全歩合制 AB型賃金 :A型賃金とB型賃金の中間の形態 ノルマはあくまで保障されている給料の分を働いてもらうための基準の数字となるため、基本的には固定給のあるA型賃金とAB型賃金において足切りの制度があります。A型とAB型の月々の賃金は以下のような計算式で決定します。 賃金 = 固定給 + 歩合給 歩合給の算出方法は、【(月間営収額 - ノルマ) × 歩合率】です。月間の営収額からノルマを引いた数字に歩合率をかけて歩合給を決定します。それでは、実際に歩合給を算出してみましょう。ノルマ40万、歩合率60%と設定している会社において、月間営収額が50万だった場合を例に挙げます。 (50万 - 40万)× 60% = 6万 このように、目標であるノルマを超えた10万に歩合率をかけた金額が、歩合給として給与に加算されます。つまり、この歩合給に固定給を足した金額がタクシードライバーの賃金になります。今回のケースで考えると、固定給が15万であれば21万。20万であれば26万が給与になるという計算になります。乗客を乗せた分だけ、お金を多くもらえるというわけです。さらに、この金額に皆勤手当や無事故手当などの手当が追加されます。もちろんノルマを達成できなかったとしても賃金がゼロになることはありません。 関連記事:タクシードライバーの給与体系・仕組み 関連記事 タクシー運転手が高収入を得るコツや稼ぎ方とは?【徹底紹介】 歩合率は売上によって変わる 歩合給の金額を決める歩合率は、営業売上によって変わります。例えば、とあるタクシー会社では1日の足切りが3万円となっており、売上が3万円~3万5000円だと歩合率が45%、3万5,000円~3万8,000円で48%、4万円で50%、4万5,000円以上なら53%といったように、歩合率は段階的に変動します。売上が高くなるほど、歩合としてもらえる金額の割合は高くなるのです。 勤務時間は2日で21時間以内まで タクシー会社の勤務形態としては、昼日勤と夜日勤、隔日勤務の3つがありますが、タクシー会社では1日仕事して1日休むといった隔日勤務が主流です。隔日勤務で働けるのは2日で21時間以内までとなっています。このうち3時間は休憩を取らなくてはならない決まりになっているので、実質19時間のうちに足切りを達成し、歩合給がもらえるように働くことになります。 関連記事:タクシードライバーの勤務形態 足切り達成のための営業方法とは? 足切りラインを達成するためにタクシードライバーが日々やっている営業方法とは大きく分けて3つあります。変に休み過ぎずにこういった事を決められた時間できていればクリアできることがほとんどです。 1. タクシー乗り場や駅などで待つ方法(付け待ち) 2. 運転しながらお客様を見つける方法(流し) 3. 配車依頼を受ける 関連記事 タクシー運転手が「付け待ち」で稼ぐコツやポイントとは? 関連記事 タクシーの流しとは?コツを掴んで給料UPへ【流しのコツ10選】 ノルマがない会社もある ノルマの達成はさほど難しくありません。ですが、ノルマがあること自体が不安という方もいるかもしれません。そんな方にはノルマを設定していないタクシー会社がおすすめです。先ほどご給与体系のうち、B型賃金は完全歩合制とお伝えしました。売上によって給料が決まる完全歩合の場合には、さぼっていれば月々の給料がその分だけ少なくなってしまうため、わざわざ会社がノルマを設定する必要がないのです。ただ、B型賃金の多くは他の型と比べて歩合率が低い傾向があることについては注意してください。給与の金額や歩合率については求人ごとに異なりますので、よく調べてご自身に合ったものを見つけていきましょう。探す際にはタクシードライバー・運転手の求人検索を参考にしてみてください。 タクシードライバーはどんどん収入を増やせる タクシードライバーの給料には少なからず歩合給があります。ですから、月々の収入を増やしていくチャンスがあります。運転しながら乗客を見つける「流し」を行いながら、駅前やタクシー乗り場などで乗客を付け待ちしたり、無線での配車依頼に対応したり、このような基本的なことをしっかりこなしていけば、ノルマ以上の売上を達成することができるでしょう。タクシードライバーは経験を積むことでどんどんお客様を乗せることができるようになります。そうして、どんどん収入を増やしていける可能性があるのです。 関連記事:タクシー運転手は稼げるの?高収入を得るコツとは?【徹底紹介】 タクシー会社によって、タクシー業界で足切りと呼ばれるノルマがあります。不安に感じるかもしれませんが、達成はそれほど難しいものではなく、経験を積み、ノウハウやコツを得ることによって売上を増やしていけます。ただ、ノルマがあること自体が耐えられないと感じる方もいます。就職や転職の際には数多くの求人を見て、ご自身にあった会社を選んでいきましょう。ドライバーズワーク タクシードライバー・運転手の求人検索から仕事を探してみてください。 新着タクシー求人を見る

観光案内・観光タクシー運転手の仕事内容とは?

観光案内・観光タクシー運転手の仕事内容とは?

観光地を巡る観光タクシー。タクシー運転手になるとしたら、観光タクシーの運転手になりたいと感じている方もいるでしょう。そこで、観光タクシーの概要と、観光タクシーの運転手になる方法、求められる知識についてご紹介します。 観光タクシーとは? 観光タクシーとは、観光地を巡ることに特化した、旅行者向けのタクシーサービスのことです。観光タクシーの運転手は、お客様を目的地まで送り届けるだけでなく、観光名所を案内します。案内と言うのもタクシーを運転しながらではなく、実際にタクシーから降車して、ツアーガイドのように名所の説明をしていきます。 観光タクシーの料金制度 普段利用しているタクシーは距離と時間で運賃が計算されていますが、観光タクシーは1時間や30分ごとに一定の金額が決められている定額料金制であることも特徴的です。観光バスは一般的に乗車した人数ごとに料金がかかりますが、観光タクシーは乗車人数や移動距離によって金額が変わることがないので、お金の心配をせずに安心して利用できます。一般的なタクシーとは異なり、観光タクシーは事前の予約が必要です。 観光タクシーの1日の流れ 観光タクシーでお客様を乗せるときの1日の流れについて大まかにお伝えします。 お客様を迎える 1日のルート・案内する観光地をお客様の意向をもとに決める 観光地を案内する お客様を送り届ける 1日のルート・案内する観光地に関しては、お客様が予約時に申し出ることもあります。観光したい名所だけを言われることも多く、観光タクシー運転手は、経験をもとに最適なルートを提案します。また、ランチやディナーにおすすめのお店を聞かれることも多いため、観光地近くのお店についても調べて、実際に足を運んでおく必要があるでしょう。なお、お客様がランチやディナーの時間に、タクシー運転手も、さっと食事を済ませておきます。 どういう場面で観光タクシーが使われる? 修学旅行での観光 親孝行を兼ねた家族旅行 海外旅行で日本に訪れた外国人の観光 良くあるのが、修学旅行の観光の際にグループごとにタクシーを貸し切って使うものがあります。電車での移動が大変、団体で電車を使うのは周りの人に迷惑をかけてしまう、効率良く観光地を回れるといった理由から観光タクシーが用いられます。 観光タクシーの運転手に求められること 観光タクシーの運転手は一般的なタクシー運転手と異なり、お客様と一緒に観光名所を巡ります。そのため、通常のタクシー運転手以上に求められることがあります。 観光名所に関する知識 観光タクシーの運転手には、その地域の観光名所までの道を知っているのが前提条件として、他にも観光名所の知識が必要とされます。運転手の持っている知識次第でお客様の満足度も変わってくるのです。観光バスでは入れない穴場スポットやガイドブックには載っていないような隠れた名所、地元ならではの美味しい食事処など、観光タクシーでしか味わえない特別な体験を提供することが求められます。 お客様とのコミュニケーションを取る能力 観光タクシーは長時間同じお客様と時間を過ごすため、通常のタクシーに比べるとお客様とのコミュニケーションが多い業務です。観光名所ではお客様と一緒に下車し、案内や観光のお手伝いをする場合もあります。お客様自身が立てた観光プランに沿って案内する場合もありますが、お客様とコミュニケーションをとる中で、お客様のニーズを引き出し、ベストな旅を提案してあげるのも観光タクシー運転手に必要な能力の1つです。 外国語の能力 観光タクシーを利用するのは、日本人だけではありません。海外旅行で日本に訪れた外国人が、観光タクシーを利用することもあります。そのため、観光タクシーの運転手には、語学力も求められます。 関連記事 タクシードライバーに必要な英語のスキル【英会話フレーズ75選】 観光タクシー運転手になるには? 東京や京都、沖縄など、観光名所の多いエリアには観光タクシーが多くあります。タクシー運転手になりたい人の中には、ガイドを兼ねてお客様の移動をサポートする観光タクシーの運転手に憧れる人もいるでしょう。どうしたら観光タクシーの運転手になれるのでしょうか? 基本的には最初に法人タクシーの運転手として乗務に当たります。そして経験を積んだうえで、希望に応じて観光タクシーの運転手を目指していくことになるでしょう。ただし、観光タクシーの運転手として働くのなら、土地に関する知識、観光名所や歴史についての豊富で深い知識が必要になります。本格的に観光タクシーを目指す場合には、ガイドするための検定試験を受け、認定ドライバーを目指しましょう。その認定ドライバーの資格として、東京なら「東京観光タクシードライバー」があります。 東京観光タクシードライバーになるにはどうする? 東京観光タクシードライバーになるには、認定資格があります。それは、東京観光タクシー推進協議会の設ける「東京観光タクシードライバー認定制度」です。東京観光タクシードライバーとして認定されるためには、以下の検定を取得し、研修をすべて修了する必要があります。 東京シティガイド検定(運営:公益財団法人 東京観光財団) ユニバーサルドライバー研修(運営:一般財団法人 全国福祉輸送サービス協会) 東京観光タクシードライバー認定研修(運営:一般社団法人 東京ハイヤー・タクシー協会) 観光タクシーの運転手になるに当たって絶対に必要というわけではありませんが、認定ドライバーになるに越したことはありません。東京で観光タクシーの運転手を目指すのであれば、ぜひともこの認定資格の取得を目指していきましょう。 関連記事 【2021年版】東京観光タクシーのおすすめツアー6選! 今回は観光タクシーについてご紹介しました。東京や京都、沖縄などには観光タクシーが多いですが、山梨県にもワイナリー巡りをする観光タクシーがあったり、埼玉県にも小江戸川越巡りをする観光タクシーがあったりと、各自治体の観光名所で活躍しています。「旅行が好き」、「歴史が好き」そんな方は観光タクシーの運転手を目指してみてはいかがでしょうか。 タクシー運転手は40代、50代以上などの中高年の方でも未経験から活躍できるチャンスがありますので、ご転職をお考えの際はぜひタクシー業界も検討してみてください。これからタクシーの仕事をお探しならドライバーズワークでタクシー運転手の求人を検索していきましょう。タクシー業界に精通したキャリアアドバイザーが相談に乗ることも可能!お悩みの方はぜひ活用してみてください。 新着タクシー求人を見る

タクシードライバーの点呼から終業までの1日の流れ

タクシードライバーの点呼から終業までの1日の流れ

タクシードライバーのみなさんはどのように仕事をしているのでしょうか。このページではタクシードライバーの始業から終業までの1日をご紹介します! 関連記事 タクシードライバーの勤務形態・勤務時間を勤務スタイルの例で徹底解説! 出勤、点呼 タクシードライバーはまず、一般の企業と同じように出勤時間までに配属の各営業所に出勤します。定時になると点呼があります。朝礼のようなもので乗務員全員が参加します。点呼では呼気のアルコールチェックや、運行管理者との簡単なミーティングも行います。 点呼の詳細 運行管理者がタクシードライバーとミーティングを行い、健康状態をチェックします。 タクシードライバーは運転免許証を提示し、呼気のアルコールチェックを受けます。前の晩に遅くまで飲酒をしていたなどで、万が一アルコールが検出されてしまった場合は、もちろん出庫することはできません。 運行管理者が確認完了すると、点呼完了です。 整備~出庫 タクシーの清掃と点検を行います。タクシー会社によって細かい方法は異なりますが、タクシードライバーごとに数名のグループ(班)や2人1組をつくり、班長が責任をもって班の各車両点検を管理します。 整備の詳細 乗客が安全に乗車できる状態にあるか、車両を細かく点検します。万が一問題を見逃したまま出庫してしまうとタクシードライバー自身もそうですが乗客の安全に関わりますので最大限の注意が必要です。ここで問題が見つかった場合は出庫させる車両を交換することになります。 車内を清掃します。乗客が快適に乗車できるように、タクシーの社内はもちろん清潔でなくてはいけません。 点検、清掃が完了したら、いよいよ出庫です。 出庫・乗務開始 いよいよタクシー営業開始です。乗客を乗せる方法は流し営業、予約配車、アプリ配車、無線配車、付け待ちなどさまざまです。 タクシー営業の詳細 流し営業・駅付け待ちの場合 乗客を見つけて乗車させたら行き先を伺います。道順の希望があるか確認し、特に無ければ簡単に道順を提案して目的地に向けて出発します。 予約・配車の場合 乗客から配車センターに電話などで予約が入ると、配車センターの係員が各タクシーに無線で連絡します。乗車させられるタクシーは乗客が待っている地点を確認して、迎えに行きます。 アプリ配車の場合は、乗客から予約が入ると各タクシーに通知が入ります。乗車させられる場合はその通知を受けて乗客がいる地点に迎えに行きます。 関連記事 タクシー運転手が「付け待ち」で稼ぐコツやポイントとは? 休憩時間 休憩時間は、タクシードライバーによって過ごし方はさまざま違います。昼食を食べたり、仮眠をとったり、トイレ休憩にあてたりしています。昼食は、基本的に好きな場所で食べてOKです。営業所に食堂がある場合は、一度営業所に戻って社内食堂で昼食をとる方もいます。また、自宅に戻って休憩する方もいます。休憩時間は勤務シフトによっても異なりますが、隔日勤務の場合は3時間程度、昼日勤や夜日勤の場合は1時間~2時間程度が一般的です。 休憩を終えたら、営業再開です。 関連記事 タクシードライバーの勤務形態・勤務時間を勤務スタイルの例で徹底解説! 帰庫~終業(帰宅) 帰庫時間が迫ってきたら、タクシードライバーは業務を終了させて営業所の車庫に戻ります。これを帰庫といいます。帰庫後は営業報告を行って1日の業務終了です。 《帰庫から就業までの内容》 帰庫時間が迫ってきたら、回送にして営業所に戻り、給油を行います。社内に給油所がない場合は帰庫前に給油を行います。 タクシー車両を洗車します。その車両は基本的には次回別のタクシードライバーが営業に利用しますので、次のドライバーが気持ちよく乗車できるようにキレイに洗車してあげます。 営業所に戻り、売上金を会社に納めます(納金)。納金は本日の業務成果を会社に報告する作業です。売上金と、営業時間内にあった出来事などを日報に記録して会社に提出します。日報提出が不要な会社も増えてきています。 営業所には仮眠室や浴室がある所も多いです。隔日勤務の場合は休憩を挟みながらとはいえ長時間の営業を行ったうえで翌朝3時などに帰庫するケースもありますので、少し休んでから帰宅される方もいます。 お疲れさまでした。帰宅します。 関連記事 タクシーの仕事って残業が多くないですか? いかがでしたか? タクシードライバーの1日について理解が深まれば幸いです。タクシードライバーのミッションは、お客様をいかに快適に目的地へ送り届けるかということです。その中で色々な人との出会いが日々たくさんあると思います。ステキなドライバーライフをお送りください。

ハイヤードライバーの仕事はきつい?向いている人の特徴とは

ハイヤードライバーの仕事はきつい?向いている人の特徴とは

ハイヤーは完全予約制の車両で、通常は官公庁や大規模なビジネスイベント、冠婚葬祭など、特別なシーンで利用される高級な輸送サービスです。ハイヤーは、運転手を付けた貸し切りの乗用車と言えます。 ハイヤー運転手は、安全運転をはじめとして、細やかな接客スキルや正確な時間通りの到着を実現するための地理的知識も必要です。ハイヤーは通常、タクシー会社と企業との契約に基づいて提供されるため、選ばれる運転手は非常に厳選されています。運転技術だけでなく、礼儀やマナーにも高い基準が求められます。   ハイヤー運転手がきついと言われる理由は? 大きな責任が伴う ハイヤー運転手の仕事がきつい理由の一つは、プレッシャーがあることです。ハイヤー運転手は、一般的に会社の役員や政治家などの重要な人物をお客様として担当します。そのため、失敗の余地を許されず、高いプレッシャーがかかります。お客様を安全かつ円滑に目的地に送り届ける責任があり、その責任感も大きなプレッシャー要因です。ハイヤー運転手は、高い品質のサービスを提供し、礼儀正しい態度を保つ必要があり、プロフェッショナルであることが求められます。このようなプレッシャーの中で、常に最高のサービスを提供し続ける必要があるため、ストレスを感じることがあります。 待ち時間が長い ハイヤー運転手は、通常、予約に応じて運行するため、待機時間が長くなることがあります。また、待機時間も業務時間に含まれるため、自由な時間を使うことが難しく、お客様のスケジュールに合わせて、早朝や深夜を含む幅広い時間帯に対応する必要があります。お客様が見つからない場合でも、何時間も待たなければならないことがあります。待機時間中は車両のメンテナンスや情報収集、同僚とのコミュニケーションなどを行いながら時間を過ごしますが、特定の予定がないため、日によっては時間が経つのが遅く感じられることがあります。また、いつ仕事が発生するか分からないため、事務所から離れたり、リラックスしたりすることが難しいのです。休憩もできる時間帯に限られるため、ゆっくり休むことが難しく、長時間運転を行うため、肉体的にも精神的にも疲れる仕事となります。初めてこの仕事を始めたばかりの頃は、待ち時間の長さに戸惑うことがあるでしょう。 高いレベルのビジネスマナーが必要 ハイヤー運転手は、通常VIPや企業の役員などと接することが多いため、非常に高いレベルのビジネスマナーが求められます。礼儀正しい挨拶、上品な言葉遣い、適切な服装など、幅広い場面で適切なマナーやエチケットを守る必要があります。さらに、車両の細部にわたる注意が必要で、清潔な車内や車の外観を保つことも求められます。ハイヤー運転手は、他のドライバーとは異なり、お客様とのコミュニケーションスキルやマナーが特に重要です。お客様が快適で安心して利用できるように心がける必要があります。 高い運転技術や地理の知識 ハイヤー運転手は、高い運転技術と地理の知識を身につける必要があります。お客様を安全に目的地に送り届けるために、これらのスキルは不可欠です。運転技術は事故を絶対に起こさないように運転するために必要であり、地理の知識は最短ルートや抜け道を活用してお客様を迅速に目的地に到達させるために欠かせません。さらに、これらのスキルは定期的にアップデートする必要があるため、仕事に加えてスキルの向上にも努力が必要です。   ハイヤー運転手の魅力・やりがい 非日常的な環境での学び ハイヤー運転手は通常、VIPや企業の役員、政治家などを多く乗せる機会があります。この独特の環境において、顧客との会話等を通じて政治情勢や経済についての知識を身に付ける機会が増えます。お客様との会話は、時には深刻な議題から軽快な話題まで幅広く及びます。これにより、ハイヤー運転手は様々な分野に興味を持つ契機となり、情報収集力が高まります。自己成長の機会が増えることで、知識や洞察力が向上し、非日常的な環境で学び続けることができるのです。 年収の安定 ハイヤー運転手は高級車や専用車を運転するため、一般のタクシー運転手に比べて収入が高く、年収が安定しています。高級車の運転に伴う高い料金設定が、収入の安定性に寄与しています。また、VIPや会社の役員などを多く担当することが一般的であり、これらのお客様からは高額なチップを受け取ることもあります。お客様の対応が良好であると、チップが増えることで収入が一層安定します。このような要因から、ハイヤー運転手は給料の安定性と高収入を享受できる職業と言えます。 スキルアップ ハイヤー運転手は通常、VIPや会社の役員などのビジネスパーソンを担当することが多く、高級なサービスを提供する必要があります。この特別な環境において、ビジネスマナーや上品な接客スキルを身に付ける機会が豊富です。高度なコミュニケーション能力を養い、おもてなしの心を磨くことで、幅広い社交場で自信を持って振る舞えるようになります。また、常に新たな挑戦に取り組む機会があり、成功体験を積み重ねることができます。お客様に快適で安心感のあるサービスを提供するため、自分自身のスキルやサービス品質を向上させることは非常にやりがいのある要素です。ハイヤー運転手の仕事は、挑戦を通じて成長し、満足感を得られる職業の一つと言えます。   ハイヤー運転手に向いている人の特徴 下記の特徴を持つハイヤー運転手は、高級感のあるサービスを提供することができお客様からの信頼を得やすくなります。また、自身の運転技術や接客スキルを磨くことでより高度なサービスを提供できるようになります。 長時間の運転が苦ではない人 長時間運転を行うには十分な体力が必要です。運転中は姿勢を保ち、注意力を高め続ける必要があります。飛行機や列車などの他の交通手段では経験できない、連続した運転時間をこなす準備が必要です。 おもてなしの心がある ハイヤー運転手はVIPや会社役員、政治家など社会的に地位のある特別なお客様を担当することが多いです。その際、おもてなしの心を持ち、丁寧な対応ができることが重要です。細やかな気配りやお客様のニーズに応える姿勢が求められます。 やりがいのある仕事がしたい人 ハイヤー運転手は高いサービス品質と安全性を提供することでお客様から信頼される仕事です。お客様からの感謝や喜びの声を受け取ることでやりがいを感じることができる人が向いています。   ホスピタリティのあるハイヤー運転手になる ホスピタリティとは、「思いやり」や「心を込めたおもてなし」のことです。約束の時間前には予約場所で待っていることや、お客様が近づいてきたときにハイヤーのドアを開けること、非喫煙者のためにタバコを控えてにおいにまで気を配ることなど、様々な心遣いがハイヤー運転手に求められるホスピタリティです。タクシー運転手にもお客様を思いやる気持ちや行動は求められますが、高級なハイヤーの運転手にはそれ以上に求められるでしょう。ハイヤー事業を行う会社によっては、ホスピタリティを醸成するため、運転手の秘書検定という資格を取得させることもあります。   ハイヤー運転手に求められる守秘義務 ハイヤーでは企業の役員や取引先のお客様など、要人をお乗せすることが多いです。ハイヤーの中では、お客様が電話をすることもあり、その際に聞いたことは外に漏らさないことも重要です。それだけでなく、どなたが、いつ予約しているか等も守るべき守秘義務に当たります。このように、ハイヤーの運転手には秘密保持に対する高い意識も必要となるのです。   ハイヤーは完全予約制 街中を走っているタクシーは停めて乗ることができますが、ハイヤーの場合はそうはいきません。ハイヤーは基本的に完全予約制です。あらかじめ予約されており、決められた時間に乗客が指定した場所に迎えに行き、所定の目的地までお届けします。タクシーの場合には街中を走っているところをお客様の目に留まる色やロゴである必要がありますが、ハイヤーの場合にはその必要がありません。そうした理由もあり、ハイヤーの車体には行燈や社名がないのです。 ちなみに、ハイヤーは英語でHireと書き「雇用」という意味があります。乗客は乗務員を一時的に雇用しているようなものであり、ハイヤーが出庫して車庫に戻るまでの時間や移動距離に基づく料金を支払う体系というわけです。貸切利用にも近いため、タクシーと比べると料金は高く設定されています。また、ハイヤーは車両や色も高級感や特別感が出るように配慮されていることも特徴です。   ハイヤーの車は行燈や社名がなく高級感が溢れる タクシーの車体の上部には行燈があり、側面にはタクシー会社の社名が入っています。しかし、ハイヤーの場合にはそれがありません。黒塗りの高級感溢れる輝く車体となっています。ただ、お客様からお金をいただいて目的地までお連れするため、「旅客自動車運送事業」となります。その場合にはナンバープレートが緑の背景に白字で書かれたものとなります。つまり、行燈や社名は入っていない車で、緑色の背景に白色の文字のナンバープレートの場合にはハイヤーということです。   ハイヤードライバー(ハイヤー乗務員)として働くには ではハイヤードライバーとして働くためにはどうしたら良いのかというと、まずはハイヤーのドライバーを募集している会社へ入社をしなくてはなりません。次に学科や技能教習を受け、二種免許の試験を受ける必要があります。その試験に合格したら次は適正診断が行われ、適性であると診断された方は事故防止やマナーなどを習い、同乗教習が行われてドライバーとして配属される事になるわけです。大抵の場合ここまでに最短でも20日以上はかかるようです。いきなりハイヤーの運転手として採用されることはほとんどなく、最初の数年はタクシー運転手として働き、その後適正を考慮したうえでハイヤーの運転手として働くことができます。下積みの年数は人によって異なりますが、少なくとも2年ほどはタクシー運転手として働く必要があるでしょう。ハイヤーの運転手、それからタクシー運転手にご興味のある方は、ドライバーズワークでタクシードライバーの求人を検索してみてください。40代・50代など中高年で未経験でも活躍しやすい特徴がありますので、転職の際にはぜひタクシー業界も検討してみてはいかがでしょうか。  

タクシーの求人応募、就職、乗務開始までの流れ

タクシーの求人応募、就職、乗務開始までの流れ

タクシードライバーになって乗務開始するまでには、一体どのようなことが必要なのでしょうか。タクシーに乗るために必要な二種免許を持っていない場合は、求人への応募から実際タクシーに乗務開始まで最短でも1〜2か月程かかると言われています。では、その間どんなことをしているのでしょうか。二種免許の取得やタクシー会社での研修、接客など色々不安があるかと思いますので、今回は実際、ドライバーズワークを利用して、タクシードライバーになるまでの流れを具体的にご紹介します。 タクシードライバーの必要資格 タクシードライバーになるためには、いわゆる二種免許(普通自動車第二種運転免許)が必要です。乗客を乗せて運転する専用の免許です。また、二種免許の受験資格に、普通免許(普通自動車第一種運転免許)を取得して3年以上経過していることが条件です。つまり18歳で普通免許を取得した場合、二種免許を取得できるのは21歳からです。また、視力に問題が無い必要があります。視力については採用選考時に健康診断があるためその時に確認できます。   タクシー会社への応募~面接(約1週間程度) 興味のあるタクシー会社の求人に応募をします。ドライバーズワークだと求人検索から求人を探すことができます。求人が見つからない場合は無料会員登録をいただければ、キャリアアドバイザーと相談のうえで非公開求人のご案内や、希望にあった求人のご案内が可能です。 求人への応募後、弊社のキャリアアドバイザーからご連絡をさせていただき、詳細な求人のご案内、ご希望条件のお伺い、面接日の調整を行います。面接時には、顔写真付き履歴書と職務経歴書が必要になります。また、面接時には必ずスーツを着用することも大切です。面接後に、健康診断があり健康状態のチェックを行います。タクシー会社によっては健康診断を面接当日に行う場合と、面接とは別日に行う場合もあります。この健康診断と面接の内容をもって、内定が可否が決定します。 関連記事 タクシー会社に就職・転職する場合の選び方   入社の手続き(1~2日程度) 内定先が決まったら、タクシー会社にて入社手続きを行います。タクシー会社への入社手続きでは、入社に必要な書類などを提出・確認や今後のスケジュール説明があり、最後に運転適性診断を行います。運転適性診断とは、タクシーの運転をするのに問題がないかチェックするというものですが、よほどの問題がない限り、みなさま問題なくクリアしていますのでご安心ください。 ニ種免許研修~地理試験(10~14日程度) 入社手続きが完了したら、次は二種免許取得のための教習所への通学(多くの場合は合宿にて取得)、と地理試験の受験となります。二種免許の取得は、タクシー会社が提携している自動車教習所の合宿に参加します。卒業までは最短で7日程度です。教習所を卒業したら、運転免許試験場にて学科試験を受け、合格すれば無事二種免許が発行されます。試験結果は即日発表され、合格の場合はその日の内に二種免許が交付されます。なお、特定の地域にあたっては地理試験を受験し合格する必要があります。タクシー会社によっては、社内で地理試験の研修を行ったり、地理試験のための養成所に通うといったケースもあります。 【重要】2024年2月29日付で、東京都、神奈川県、大阪府で「輸送の安全及び利用者の利便の確保に関する試験」のうち地理試験の廃止が決定しました。詳細はご就業先へご確認ください。 関連記事 タクシー運転手の研修ってどんなことをするの?教育体制は? 二種免許の取得方法 基本的な流れは、普通免許を取得する時と同様で、自動車教習所で教習を受けて免許試験を受験し合格すれば取得できるという流れです。教習期間は、現在お持ちの免許によってさまざまですが最短7日程度で教習は完了できます。近隣の自動車教習所に通って取得することも可能ですがその場合はご自身のペースで取得することになります。多くのタクシー会社で二種免許取得支援を行っており、そこで取得される場合は合宿で教習を受けるケースがほとんどです。二種免許の教習内容は、普通免許取得時に受けた内容よりも、乗客にやさしいカーブの曲がり方、応急救護処置、介護実習など、乗客を前提とした対応に関する内容が多くなります。また、タクシードライバーは地理にも明るい必要があります。たとえば東京都だと23区内、武蔵野市、三鷹市を営業エリアとするタクシー会社で仕事をする場合、地理試験に合格する必要があります。地理試験に合格していないとタクシードライバーとして乗務開始できません。地理試験が必要なエリアは限られていますが、地理試験が必要なエリアであっても各タクシー会社が対策のための研修を用意していますので、ご安心ください。 関連記事 タクシー運転手になるにはどんな資格が必要?ドライバーの条件とは 関連記事 【地理試験の疑問】過去問・テキストの入手方法や受験場所・時期!タクシードライバーになるには必要?   社外研修(8~10日程度) 東京無線グループとチェッカーグループに所属しているグループ会社は所属グループ研修として4~5日間研修があります。 《無線グループの各研修内容》 ・基本的な関係法令 ・無線営業全般や接客サービスを始めてとする、その他のルールについて →各無線グループによって、言わなくてはならない挨拶やルールが違っています。無線の取り方や、お客様を外でお出迎えするやり方や挨拶など基本的な接客ルールを学びます。※この研修を受けると職業訓練校の認定を受けられます。 上記の研修の他にも、各県のタクシーセンターで4~5日間タクシー乗務員になるための新人研修がございます。 《タクシーセンターの研修内容》 ・タクシー乗務のルールについて ・基本的な挨拶、接遇について →都内に限らず、各県でそれぞれ営業における最低ルールがあります。例えば、都内であればここのエリア(乗り場以外)ではお客様を乗せてはいけない!など。それをこの研修で学んでいただけます。また、タクシードライバーに欠かせない基本的な挨拶を学んだり、タクシーの基本的な接遇について説明していただくものになります。 関連記事 タクシー運転手が知っておくべき接客やビジネスマナー   社内研修(4日程度) 初日にメーターの使い方や車両設備について説明があります。その後、現場の先輩と一緒にタクシーを運転する同乗研修を行い、慣れてきたら、実際にお客様を乗せて乗務します。   タクシードライバーデビュー 同乗研修を終えて、会社からの合格をもらえれば晴れて一人前のドライバーデビューになります。 今回ご紹介した、タクシー乗務開始までの流れは、一般的な流れになりますので各タクシー会社によって順番が多少変わることもあります。独自で二種免許を取得される方も、タクシーの乗務開始までの流れは基本的に同じですので、実際にタクシー乗務を開始するまではに上記のようにさまざまな研修が必須です。少し長いな、と感じるかもしれませんがお客様の命を預かるうえでは欠かせない研修ですので頑張って臨みましょう。 関連記事 タクシードライバーの点呼から終業までの1日の流れ

介護タクシー運転手の仕事内容とは

介護タクシー運転手の仕事内容とは

介護タクシーとは、主に障害者や高齢者など、身体の不自由な方をお客様の対象とするタクシーのことです。本来タクシーは移動手段として使われ、輸送サービスのみを行っていますが、介護タクシーの場合にはそれだけでなく、お客様の介助までを担います。 また、介護タクシーを福祉タクシーと一緒にして考えてしまう方もいますが、ここで言う介護タクシーは、障害者や高齢者など身体の不自由な方が介護保険を利用して、事前に予約・契約した上で使用するタクシーを指します。そのため、介護保険タクシーとも呼ばれています。介護タクシーと福祉タクシーは、基本的に福祉車両を使うという面では変わりありませんが、福祉タクシーの場合は介護保険を利用しない場合でも利用できる特徴があります。 関連記事 福祉タクシーとは?介護福祉タクシーとの違い 関連記事 ユニバーサルデザインタクシー(UDタクシー)とは?介護タクシーと何が違うの? 介護タクシーに使用される車両とは 介護タクシーに使用されるのは基本的に、ワンボックス型の福祉車両です。後部座席やバックドアの部分にリフトやスロープが付けられており、利用者は車いすやストレッチャーに乗ったままの状態で介護タクシーに乗車できるように工夫されています。場合によっては車いすに乗ったままタクシーに乗車できるミニバン型の車両を使われることや、一般的なタクシーと同様のセダン型の車両が使われることもあります。 要介護者だけが介護タクシーの利用できる 介護タクシーを利用できる対象者には決まりがあり、利用できるのは介護保険を利用できる要介護1~5に認定されている方のみとなっています。要介護に認定されている障害者や高齢者など身体の不自由な方は、介護保険を利用して、割安で移動のサポートを受けることができます。一方、要支援に認定されている方やそれ以外の方は介護タクシーの利用はできません。公共交通機関の利用が難しい方を対象にした福祉タクシー、もしくは利用者の指定はなく、誰でも乗ることができるミニバン型のUD(ユニバーサルデザイン)タクシーの利用を検討してみてください。 介護タクシー運転手の仕事内容 介護タクシー運転手の仕事内容は、輸送サービスだけでなく、お客様の介助までを担います。介護タクシーの業務は訪問介護サービスとなり、サービス内容は3種類に分けられます。 種類 概要 サービス内容例 身体介護 利用者の身体に直接接触して行われるサービス ・入浴介助・排せつ介助・食事介助 生活援助 身体介護以外で、利用者の日常生活を支援するサービス ・料理・洗濯・掃除 通院等乗降介助 通院等のための乗車・降車の介助 ・乗車前の移動介助・降車後の移動介助 介護タクシーの運転手は、このうち通院等乗降介助を担うことが多くありますが、身体介護や生活支援を行うこともあります。介護タクシーで通院する方の利用例を見ていきましょう。介護タクシーが利用者の自宅まで迎えに行き、出かける前の着替えや外出準備を手伝い、ベッドからタクシーに乗せるまでの介助をします。利用者を乗せたら病院まで輸送。到着後は降車の手伝いをし、受付までの移動をサポートします。病院内は基本的に病院側のスタッフの役割となっていますので、そこで受け渡したら、診察が終わるまでしばらく待機です。病院ですべきことが終わったら利用者の乗車介助をして、乗せたら利用者宅までタクシーを走らせます。利用者宅に戻ってきたら、降車から室内まで介助し、場合によっては着替えや、おむつ交換に至るまでの介助を行い、1回の仕事は終了となります。あくまで一例ですが、ケアマネジャーが作成したケアプランを基に介助内容が決まっていきます。 介護タクシーの運転手になるのに必要な資格・免許は? 介護タクシーの運転手に必要な資格・免許は2つあります。それは二種免許と介護資格です。 二種免許が必要 介護タクシーは普通のタクシーとは異なりますが、そもそもタクシー運転手です。そのため、タクシー運転手になるのに必要な普通自動車第二種免許を取得する必要があります。お客様の命を預かるタクシー運転手には、卓越した運転技術と、安全性を考慮した運転の心得が求められます。 関連記事 タクシー運転手になるにはどんな資格が必要?ドライバーの条件とは 介護資格が必要 介護タクシーの運転手は、輸送サービスだけでなく訪問介護サービスを行います。乗車・降車の際にサポートしたり、その前後に身体介護や生活支援をしたりすることもあります。そのため、介護タクシーの運転手になるには、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)や介護福祉士などの介護資格が必要です。 介護タクシーの料金設定とは 介護タクシーの料金は「タクシーの運賃」と「介助料金」、それから「介護用品のレンタル料金」となります。 タクシーの運賃 タクシーの運賃は、輸送サービスにかかる費用(初乗り運賃+メーター料金)と、予約料がかかります。運賃の決め方として、時間制運賃と距離制運賃があります。時間制運賃とは30分で1,000円のように時間で区切って料金が決まる制度のことで、距離制運賃とは1kmで300円のように距離で区切って料金が決まる制度のことです。渋滞している場合には距離制運賃のほうが安くなる反面、道路が空いているなどの理由で予想よりも早く到着する場合には時間制運賃のほうが安くなるでしょう。どちらの制度を採用しているのかはタクシー会社によって異なりますので、気になる方は問い合わせてみても良いかもしれません。 介助料金 介助した分だけ料金がかかります。例えば、乗降介助として1,000円、室内介助として1,000円、外出付き添いとして1,200円などとなっております。それにドライバーだけでなく、ヘルパーを追加した場合にはプラスアルファで費用がかかります。ただ、この介助料金に関しては介護保険を適用できます。利用者は1割の負担となりますので、安価で利用が可能となります。介助料金以外の、タクシーの運賃と介護用品のレンタル料金には介護保険は適用しませんのでご注意ください。 介護用品のレンタル料金 車いすやストレッチャーは介護タクシーからレンタルすることも可能です。タクシー会社によって異なりますが、レンタル料金がかかることもあれば、無料でレンタルできることもあります。具体的な料金に関しては利用するタクシー会社のホームページを見るか、直接問い合わせて確認してみてください。 介護保険を利用する際の2つの注意点 1:介護保険が適用できるのは介助料金のみ 先ほどもお伝えしましたが、介護タクシーの料金設定としては、タクシーの運賃と介助料金、介護用品のレンタル料金の3種類があります。このうち、介護保険が適用できるのは介助料金のみとなります。運賃とレンタル料金は全額ご自身で支払うことになりますのでご注意ください。 2:家族の同乗は基本的に認められない 家族が同乗する場合には、家族が介助すれば良いので、介護タクシーの運転手には介助の必要性がないと考えられます。そうなると、家族が同乗したときには介護保険が適用できなくなってしまうのです。ただ、該当の市区町村が認めた特別な事情のある場合には、家族が同乗していても介護保険ができるようになります。 今回は介護タクシーについてご紹介しました。今後日本では高齢化が進み、介護タクシーの利用増加が予想されます。タクシー運転手としての就職を考える際には、介護タクシーの運転手も選択肢の1つとして検討してみてはいかがでしょうか。これからタクシー運転手になるなら、「タクシードライバー・運転手の求人検索」から求人をお探しください。

キャリアの人気記事

プロドライバーになるための定義・条件とは

プロドライバーになるための定義・条件とは

プロドライバーになる必要がある 前回の記事の中でも書かせていただいた通り、今後、日本のタクシードライバー(タクシー運転手)の需要は高まる一方です。しかしながらドライバー人口の減少には歯止めがかからず企業側としてはタクシードライバーの待遇改善・給与向上などを図り雇用を促進していくことが考えられます。タクシードライバーを積極採用したい企業側ではありますが、乗客に良いサービスを提供したいということを考えるとタクシードライバーをやりたい方であれば誰でもOKという訳にもいきません。優秀な人材といいますか、いわゆる「プロドライバー」を目指せる方、または素質がある方をなるべく採用したいと考えています。このページではプロドライバーとは一体何なのか?をご紹介していきます! 企業が「プロドライバー」を採用するメリット タクシー会社は採用に際してタクシードライバーに求めたい条件は複数ありますが、その中でも「プロドライバー」に求められる条件と、それが求められる背景を見ていきましょう! 事故を未然に防ぐ 単純に事故を起こさなければOK、危険運転をしていなければOKというだけではなく、事故を起こさないために何が必要か?を考えられる人材が求められています。事故はタクシー会社にとっては最大級のリスクの一つであり、企業一丸となって未然防止に取り組む必要があります。 関連記事 タクシードライバーが心配している事故後の運転手の対応は? 顧客満足度が高い 優秀なタクシードライバーは接客能力も高いです。良い接客を受けて満足度が高かった乗客は「また利用する時は、◯◯タクシーに乗りたい」と思うはずで後の売上向上につながります。このような能力の高いタクシードライバーは、各社から求められる傾向があります。 会社の信用力を担保できる タクシードライバーの運転スキルが高くマナーも良いことは好条件になります。タクシーは路上の歩行者にもよく見られています。危険な運転やバッドマナーのタクシーが目撃されると、「タクシーを利用する時は、◯◯タクシーは利用したくない」と思われますし、乗客でもなかった方からタクシー会社にクレームが入る場合もあります。こういった事が積み重なると、タクシー会社やタクシーブランドの社会的信用が失落し、後の売上ダウンに繋がっていきます。タクシードライバーの運転スキル、マナーは会社の信用力や後の売上にも繋がる大事なポイントです。 経費を削減する 昨今では帰庫時間が決められているのであまり無いですが、他のタクシードライバーよりも帰庫が遅く時間外手当が発生したり、運転スキルや車両設備の使用方法によって余計な燃費が掛かる場合などはタクシー会社から良い顔をされない場合があります。ここにまで気遣えるタクシードライバーはタクシー会社としては嬉しいものです。 成長意欲、達成意欲が高い 自分なりに高い売上目標を掲げたり、先輩や同僚に積極的に相談できる方は成長も早く活躍する傾向があります。タクシードライバー同士で互いに刺激し合って成長できるような職場環境は定着率も上がりますので、全社的な売上アップや顧客満足度アップにも直結します。 プロドライバーになるための重要な技術 タクシードライバーとしてはどのような技術を磨いていけば良いでしょうか。 運転スキルを磨く まずは基本的な運転スキルが重要です。運転技術だけではありません。道路交通法など関連法規に関わる基礎知識の理解、車の不具合の発見、点検・整備など事故を未然に防ぐ整備面の理解度も運転スキルに含まれます。 接客接遇スキルを磨く タクシードライバーは接客業の側面ももっていますから、乗客に対して良い印象を持ってもらえる方が顧客満足度は高いです。前述のとおり顧客満足度は後の売上アップに繋がります。 関連記事 タクシー運転手が知っておくべき接客やビジネスマナー いかがでしたか? 「プロドライバー」になるための条件、いかがでしたでしょうか。これから必ず来るドライバーの需要に応えられる人材に今からなっておくことが、将来のドライバーとして安定した収入、働きやすい環境を得るために必要になってくるのです。ぜひスキルを磨いていきましょう!

知らなかったでは遅すぎる!タクシー現任者・業界の転職事情

知らなかったでは遅すぎる!タクシー現任者・業界の転職事情

タクシードライバー経験がある・二種免許保有はタクシー会社転職に有利? 今はどこのタクシー会社も人手不足に陥っており、タクシードライバーの需要は高まる一方です。しかしながら、よく皆さんが勘違いされやすい点に、「タクシードライバー経験がある」「二種免許を保有している」ということで、どのタクシー会社でも入れるかというと決してそうではないという事があります。実はタクシードライバー経験者(現任者)は場合によっては採用選考において、未経験(養成者)よりも厳しく見られる場合があります。今回は当社のキャリアアドバイザーが良く耳にする現任者にだけありがちな転職事情の一つをご紹介します! 無料会員登録 養成者には優しく現任者には厳しいタクシー業界 前述のとおりタクシー業界は慢性的な人手不足にあり平均年齢も58才と高齢化が進んでいる状態です。ドライバーの若返りと、他業種からの採用・養成が業界全体としての課題となっていますので、未経験者には少しでも多くの方にタクシー業界に興味関心をもってもらうべく、入社時の負担になりがちな二種免許取得費用をタクシー会社で負担したり、入社支度金や入社祝い金を支給したり、乗務時数か月から1年の間、給料保障を行うというような優遇を行っています。その一方で、タクシードライバー経験者(現任者)を採用する場合は、もちろんタクシー会社にもよりますが基本的には選考基準自体が未経験者とは異なります。 関連記事 タクシードライバーの平均年齢!高齢化と勤続年数についてのレポート 関連記事 未経験でもタクシードライバー(運転手)に就職・転職できる? 現任者が受ける確認事項 では、具体的に現任者はどういった観点で厳しく見られるのでしょうか。キャリアアドバイザーが採用担当者から求められる確認事項の代表例を紹介します。 タクシー業界での経験年数 タクシー会社の経験社数(転籍回数) 退職理由(転職理由) 過去の営業成績 過去の違反内容 良く気にしているのは経験社数・在籍年数 その中でもタクシー会社の採用担当者が一番気にされるのは、経験社数と在籍年数です。この二点に加えた各退職理由は、面接の場でも具体的にズバズバと質問を受けることが多い箇所です。これはタクシー業界に限った話ではありませんが、特に1年未満での退職が複数ある場合などは良く確認を受けますし、正直かつ正当な理由を伝える必要があります。 どうしてもやむを得ない事情があるなら正直に伝えた方ががいいでしょう。 見送りになりやすい例 面接でよく見られる失敗例は、採用担当のストレートな質問や少し手厳しい聞かれ方に萎縮してしまって、返答に困ってしまったり、しっかりとした受け答えができなくなることです。例えば 「株式会社◎◎は、せっかく入ったのになぜこんなにすぐに辞めてしまったのですか?」 「この在職期間はとても短いですね、何かあったんですか?(辛かったですか?)」 「ウチは厳しいですが大丈夫ですか?」 などです。正直、退職理由や転職に対する不安の促しをストレートかつやや高圧的な態度で急に聞かれたら、平常心を保つのは難しいかもしれません。 しかしながら、採用担当も候補者であるあなたを萎縮させようとして威圧的な態度を取っている訳ではありません。こういった方法でストレス体制を見ていたりします。タクシードライバーの業務は接客業であるうえ多種多様な年齢、性別、性格の乗客の対応が必要になるほか飲酒された方も中にはいます。そういった環境下で、高圧的な乗客が居た場合にどう対応するのかを面接で試しているのです。ここは冷静に質問内容を見極めて、毅然とした誠意のある対応を心がけると好印象を持たれます。 転職回数の多さよりも、それぞれの理由を重視している 転職回数が多いこと自体が悪いというよりは、退職理由が不明瞭な職歴が多いと見送りになりがちです。退職理由はなるべく好印象をもたれるような話し方を準備しておくことが望まれますが、いつもいつも正当な理由ばかりでは無いケースもあります。そういった場合はとにかく正直に話すことです。自分の至らなかった箇所があれば反省している旨を添えることと今後に向けた意欲をセットで話すことで相手への印象はアップさせることができます。 各タクシー会社の採用要件における現任者の取り扱い 現任者の転職において、未経験者に無いものがもう一つあります。それは「現任の方は面接お断り」と、書類選考に通過できず、面接自体を受けられない場合があることです。各タクシー会社ともドライバー不足がある中ではあるのですが、これが実情です。 タクシー業界はとても狭い 専門的な業界でもあるせいか、タクシー会社同士は意外と関係が深く、経営者同士や採用担当同士が知り合いというケースは多々あります。他の業界にもある話ですがタクシードライバーを引き抜きするような行為は業界内でもタブー視されており、起きてしまうと会社同士でのトラブルになったり悪い評判が業界内に広がる恐れもあります。これを気にして、現任者の採用は慎重になるタクシー会社もあるということです。タクシー会社の採用要件における現任者に関わる部分を抜粋してご紹介します。 ◎社以上、別のタクシー会社で実務経験がある方は採用しない 特定の◎◎会社で実務経験がある方は採用しない(同じグループなど) 採用は可能だが、別のタクシー会社に在籍している間は面接できない(退職後でないとできない) ◎年以上、別のタクシー会社で実務経験がある方は採用しない 現任者は一切採用しない リファレンスチェック(前歴確認)がある 面接後にリファレンスチェック(前歴確認)を行う会社もあります。これは履歴書に記載された前職勤務先(場合によってはそれ以前の勤務先)に連絡をして、移籍で採用するかも知れないという挨拶を兼ねつつ、当時の勤務態度や成績を伺うものです。 タクシー業界は横の繋がりが大変深い業界です。これらを踏まえると、何があろうと退職の仕方は円満にしておくことに越したことは無いということがわかるかと思います。前の職場に迷惑を掛けて退職しては、転職先にもそれが知られる場合があるということです。ぜひ円満退職を心がけましょう。 関連記事 タクシー会社に就職・転職する場合の選び方 いかがでしたか? タクシードライバー経験者(現任者)の転職にあたっては、直接タクシー会社に応募するのもいいですが、ドライバーズワークのような転職支援サービスに相談してみることをぜひお勧めします。転職支援サービスを利用すれば面接に行かずに詳細な募集情報を知れるほか、匿名応募ができるので無闇に複数のタクシー会社に面接に行く必要もなく、希望が叶う必要最低限の応募で済むため効率的な転職活動を行えます。気軽にご相談ください。 無料会員登録

スタードライバーにインタビュー!Vol.1 【松本亮一さん(和親交通株式会社)】

スタードライバーにインタビュー!Vol.1 【松本亮一さん(和親交通株式会社)】

タクシードライバーインタビューのきっかけはネガティブキャンペーンを垂れ流すテレビに対抗 タクシードライバー(タクシー運転手)は不況業種で大変というネガティブな間違ったイメージがついてしまっているのを何とか払拭したいと考え、テレビなどが行うネガティブキャンペーンに対抗して、ポジティブキャンペーンとしてしっかり稼いでいる各社のナンバーワンの売上を誇る(つまりお給料も高い)タクシードライバーのインタビューを行っていこうと考えました。 今回のインタビュー記事を見て一人でも多くの方が、じゃあ自分もタクシードライバーやってみようかな?と思ってくださったら幸いです。 記念すべき第一回目のタクシースタードライバーのインタビューは和親交通株式会社の松本亮一さんです。 関連記事 タクシー運転手(タクシードライバー)になるには?年収、待遇など実は隠れた良い仕事! タクシードライバーになったきっかけ 「自分はずっと二十年以上トラックに乗っていました。大きい会社の配送路線に組み込まれた仕事であれば安定していますが、小さい会社ですとやれ問屋さんが潰れた、やれ取引先から来年からは5台じゃなくて2台でいいよと言われてしまえばあっという間に仕事がなくなってしまうような状態で非常に不安定なんです。それでも若いころは昼夜を問わずに働いていたけど、リーマンショックのあおりもあって、更に不安定さを増してきたのでこれはそろそろ見切りをつけなければいけないと考えました。 150人以上のタクシードライバーにインタビュー 同じ道路を使用して商売をしている仲間として、そこからタクシー運転手に片っ端からインタビュー試みたんです。その数150人は下らないと思います。そうするとみんな基本的には最初ネガティブな発言をするんです。でも最近は稼げないという事を言う人もよくよく聞くとバブルの異常な時と比べていたりで全然悪くない業界であるとわかってきました。そしてとある営業所でナンバーワンの売上を出しているタクシードライバーの話を聞いた時に、あなたがやったからと言って自分のように稼げるという訳ではないんだよと言われて逆に燃えたというか、いやあなたができるのに私にできない理由はないだろうと、よしやってやろうと思ったのが最終的なきっかけです。 関連記事 タクシー運転手が高収入を得るコツや稼ぎ方とは?【徹底紹介】 実際にタクシードライバー(タクシー運転手)になってみて思ったこと あれだけの人数をインタビューしてから入社したので入る前と入った後でイメージが違うという事はなかったのですが、和親交通を選んで正解だったなというのは後からより強く思いました。某大手の会社だと先輩の出庫を挨拶して見送ってからでないと後輩は出庫できないなどの体育会のような上下関係があったありするというのを実際に耳にするのですがそういう煩わしいことがうちの会社はないんで。 トラック運転手からタクシー運転手に変わる事への不安はなかったのか たしかにタクシー運転手に比べてトラック運転手の方が人と接触する機会は圧倒的に少ないです。人を乗せている訳ではないですから。ですから人と関わりを持ちたくないよというような人は確かに向かないでしょうし、それでもタクシー運転手になろうという人は不安も多いでしょうけど、私はそもそもおしゃべりですし、そして貪欲です。 どんな人でもそれこそホームレスの人でも自分の知らない何かを知っているに違いないと思うし何かを吸収したいと思っています。その時間を無駄にしたくないので。 タクシードライバーをやってうれしい瞬間というのはどのような時か そりゃやはり人間ですから、お客さんに褒められた時です。 お客さんの想定していたより早く到着したり、運賃が安く済んだり、話が弾んだりで褒めてもらえる時が嬉しいです。 先日もたまたま乗せたお客さんが、2日に1回はこの同じ場所で乗って同じ場所で降りているけど2,000円を切ったことは初めてですし、そもそもこんなに早く着いたことが無い!すごいプロですねと褒めて下さったのなんかは嬉しかったですねえ。 急いでくださいって人の要望にしっかり応えられるのはやはり運転のプロとしては一番嬉しいかなあ。 売上の高いドライバー≒事故も多いというようなイメージがあるがそれはあながち間違っていないと思います。どうしてもお客さんをたくさん乗せようと情熱を燃やしている人は、対向車線のお客さんさへ乗せてしまいたくなってUターン禁止のところでUターンしてしまったりとかがあるので。あくまで頭の中は冷静でいなければいけないと思います。 事故に関していえばこれはどれだけリスクを事前に回避できているかが一番大事だと思っています。私は周辺を走っている車のナンバーまで全部見ています。そして地方ナンバーの車の後ろにはつかないようにします。東京が不慣れで変な動きをする可能性が高いですから。 またこれは自分の経験則ですがファミレスから出てきた車の後ろにも入りません。満腹感からか漫然とした動きをして危なっかしいのです。このように事前にリスクを回避するようにしていけば事故は防げると考えています。 タクシードライバーやっていてキツイなと思う事 歩合制の部分が大きい仕事ですからやりがいもある反面、調子悪い日などには会社にも申し訳ないと思いますしそもそも自分のプライドが許せないです。こういうストレスは毎回ですのでこれがしんどいと言えばしんどいのですが、それはどの仕事でも一緒の話ですのでタクシードライバー特有のという事ではないと思います。 怠けようと思えばいくらでも怠けらえる仕事ですが、そうすれば自分の収入も減るのでどのように自分がなりたいか次第で大変さの種類も変わるのかなと思います。 自分が一番自慢できること 自分の売上が高いという事よりも、今その売上ナンバーワンをいつも競っている相手がいるんですけど、実は自分が連れてきた後輩なんです。最初半年くらいは本当にもう鬱陶しいと思われてるのはわかりながらも、細かくチェックして教えました。でもその彼に今はたまに負ける日も出てきていて、このことが私の一番の自慢です。 関連記事 タクシー運転手が「付け待ち」で稼ぐコツやポイントとは? 関連記事 タクシーの流しとは?コツを掴んで給料UPへ【流しのコツ10選】 後輩に教えた売上があがるコツ お客さんがどこにいるとか、このコースがいいとか、このイベントはねらい目だとかそんな事ではないんです。イベント情報を毎日チェックして例えば今日は東京ドームで野球の試合があるからその時間帯はいいのではなどと動く方がいますが、私はそのような動き方は一切しません。それは仕事ではなくて博打だと思うのです。 もしかしたらお客さんを乗せられるかもしれませんが乗せられないかもしれません。仕事は博打をする場ではないというのが私の考え方です。ですから私が後輩に教えたやり方は極めてシンプルでお客さんを降ろした場所で次のお客様を乗せるという事です。普段目指しているのは前のお客さんの体温がまだシートに残っている間に次のお客さんを乗せることです。 遠くまでお客さんを乗せた時に回送にしてまた一目散に銀座や新宿などに戻るタクシーを見かけますが私はそのような博打はうちません。結果取りこぼしが少なくなると考えているからです。私はイベント情報の収集などは一度もしたことがありません。 松本さんのタクシードライバーとしてのルーティン いつも14時出庫で休憩は決まった時間に取るわけではありません。眠くなったら休憩をするというようにしています。ただ割増料金になる夜の10時前までに食事休憩をとるようには心がけています。 あとはお客さんがあまり乗ってくださらない悪い流れの時はトイレに行くようにしています。そうすると不思議と流れが変わるので、まあ縁起担ぎですけどね。でも不思議と流れがかわるのでトイレは頻繁に行きますね。 さきほどの売上を上げるコツでもありますがやはりお客さんはどこにいるかわかりません。ですからとにかく目を広角レンズのようにしておくことが大事です。1点に焦点を合わせてしまっていてはお客さんを見過ごすことになってしまいますし、事故に回避にも結果的につながります。 体調管理について 私は山登りやバンド、スキーなど趣味が多いんです。でもそれらを楽しめるのも仕事があるからで、その器を用意してくれている会社のおかげです。ですから常に体調は万全で仕事に臨むことはプロとして当然の務めだと考えています。普段は会社に戻ってきてから1~2時間ほど軽く仮眠をとってから帰宅します。そしてその日は子供たちと一緒の早い時間に床につくようにしています。 タクシードライバーのここがオススメ! 私は特に不安定で不規則な職場にずっと勤めていましたので、それこそ妻や子供は自分の睡眠を邪魔する存在とまで思ってしまっていた時期があります。 それこそ帰宅して、シャワー浴びて4時間ねてまた仕事に出ていくというような生活もざらでしたので。 ところが今は、趣味のバンド、山登り、スキーにこれでもかと行くことができます。トラックの運転手をやっていた時も冬などもなんとか日にちをあけて月1ではスキーに行っていましたが今は週1回家族で行くことができます。 これもタクシードライバーの働き方の特徴だと思います。とにかく家族と一緒に過ごす時間が圧倒的に増えました。あの時と比べたら今は天国にいる気分です。 確かに楽な仕事ではないですが、大変なのはどの仕事でも一緒ですし普通のサラリーマンの方が週の大半を家族とゆったり夕飯を食べる事なんてできないでしょう? これからタクシードライバーを志す方々にアドバイス 良い意味でも悪い意味でも自分の裁量が大きい仕事です。 どのようなタクシードライバーになるのかのイメージをしっかり持つことが一番大事だと思います。いつお客さんが来るかわからない長蛇の列の駅につけてスポーツ新聞広げて待っているイメージを持てばその通りになるでしょうし、バリバリ稼いでそれでも無事故でというイメージを強く持てばその通りになることができるのがタクシーだと思います。 関連記事 タクシー運転手(タクシードライバー)になるには?年収、待遇など実は隠れた良い仕事! 新着タクシー求人を見る

タクシーの隔日勤務はきつい!?隔日勤務の働き方を詳しく解説

タクシーの隔日勤務はきつい!?隔日勤務の働き方を詳しく解説

多くの人がタクシー運転手の勤務時間が長いというイメージを持っていますが、それはタクシー業界独特の「隔日勤務」という労働形態に関連しているかもしれません。確かに、隔日勤務は長時間の勤務が必要で、最初は慣れないこともあるかもしれません。しかし、隔日勤務には知られざるメリットがたくさん存在します。今回は、タクシー運転手の特有の隔日勤務について、そのメリットやデメリット、さらには隔日勤務を快適にするためのアイデアについて詳しくご紹介します。   隔日勤務とは 隔日勤務とは、文字通り1日おきに勤務するスケジュールのことです。このスタイルでは、タクシー運転手は通常、朝から翌未明までまたは午後から翌朝までの長時間にわたって勤務し、休憩時間を挟みます。具体的な始業時間は会社や個々の勤務条件によって異なりますが、1回の勤務あたりの総拘束時間は通常約20時間で、実際の運転時間は18~19時間程度になります。この間には休憩時間が合計で3時間確保されます。 隔日勤務の特徴の一つは、勤務明けに必ず休みがあることです。そのため、月間の出勤日数は通常11~13日程度になります。この勤務スケジュールの利点として、休日が多く、長期休暇を取りやすいという点が挙げられます。従って、慣れてしまえば、多くのタクシー運転手にとって、隔日勤務は自分の時間を確保しやすく、働きやすいと感じることがあります。 タクシー会社は24時間営業しているため、タクシードライバーの出勤体制は多様です。全てのドライバーが同じ時間に出勤するのではなく、例えば朝7時からの勤務と13時からの勤務のように、複数の勤務パターンを同時に採用しています。出勤時間の組み合わせは、タクシー会社の営業エリアの地域特性によっても異なります。たとえば、歓楽街があるエリアでは夜間の需要が高まるため、ドライバーの出勤時間を午後からに設定することがあります。一方、大きな病院があるエリアでは、通院する高齢者をターゲットにするため、早朝の出勤が一般的です。このように、地域性に合わせてタクシードライバーの出勤時間が調整されています。   隔日勤務のメリット・デメリット 隔日勤務は拘束時間が長い一方で、一定のリズムを持つ働き方です。従って、慣れてしまえば、予測可能なペースで勤務することができます。このスケジュールはタクシー運転手の中でも一般的なスタイルであり、タクシー会社が専門的に隔日勤務のドライバーを採用する場合もあります。 メリット 隔日勤務のメリットは、まず休日が多いことです。長い勤務時間を1回に集中するため、その分だけ自分の時間を確保しやすくなります。さらに、通常の日勤勤務では難しい連続した休暇を取ることも、隔日勤務の場合は実現しやすくなります。工夫次第では、長期連休を取得することも可能です。 また、昼間と夜間の勤務リズムを交互に経験できるため、新人ドライバーにとっては営業のコツを学ぶのに適しています。このように、隔日勤務はタクシー運転手にとって多くのメリットを提供する勤務形態と言えます。 デメリット 隔日勤務のデメリットは、何よりもその拘束時間の長さです。通常、1回の勤務が20時間以上になることは他の職種では稀であり、初めての経験者にとっては身心が追いつかないことがあるかもしれません。休日が多い一方で、新人期間は休息を取るだけでも精一杯で、家庭を持つ人々にとっては出勤日と家庭生活の調和が難しく、ストレスを感じることも考えられます。   隔日勤務は法的にも問題なし 労働基準法において、通常の会社員の労働時間は1日8時間、週40時間までと規定されています。1日8時間を超える勤務は残業とされ、それに対する規制が適用されます。ただし、これは基本的なケースです。 一方、タクシードライバーのような隔日勤務の場合は、変形労働時間制が適用されることがあります。この制度では、労働時間を1日単位でではなく、月や年単位で評価します。このため、1日平均が8時間以下であれば、週40時間を超えていても残業扱いにはなりません。 さらに、会社員には、連続した勤務の前後に必要な休息時間が法律で規定されています。通常の勤務の場合、8時間以上の休息時間が必要ですが、隔日勤務の場合は20時間以上の休息時間が求められます。 このように、隔日勤務自体は法的には問題ありませんが、ドライバーの疲労が蓄積すると、安全性に関わる問題が発生する可能性が高まります。タクシー業界においても適切な休息時間が確保されているかどうかを確認することは重要です。そのため、しっかり休憩が取られているかタクシー会社は日頃から管理を行っています。   隔日勤務に向いている人 柔軟性がある人: 隔日勤務は、勤務日と休息日が交互に設定される特徴があります。この柔軟なスケジュールに適応できる人は、隔日勤務に向いています。長時間の勤務日と自由な休息日をバランスよく過ごす能力が必要です。 睡眠管理が得意な人: 隔日勤務には長時間の勤務や夜間の仕事が含まれることがあります。睡眠の質を管理でき、適切な休息を確保できる人が成功する傾向があります。睡眠不足は安全や健康に悪影響を及ぼす可能性があるため、睡眠管理は重要です。 孤独を楽しむ人: タクシードライバーは一人で運転し、自己管理が求められます。社交的な環境ではなく、孤独を楽しむことができる人が向いています。自分自身との時間を大切にすることができるでしょう。 長時間の運転に耐えられる人: タクシードライバーは長時間運転をすることが多いため、体力的に長時間の運転に耐えられる人が向いています。長距離運転に耐性があるか、運転中の集中力を維持できるかが重要です。 安全運転を重視する人: タクシードライバーはお客様を安全に目的地に運ぶ責任があります。安全運転を重視し、交通ルールや安全に対する高い意識を持つ人が向いています。安全性を最優先に考えることが必要です。   隔日勤務終了後は会社の設備を活用しよう 隔日勤務が終わって自宅に帰るタクシードライバーにとって、特に早朝は眠気が強く襲ってくる時間帯です。仕事が終了し、安心感からくる一種の緊張の解放や長時間の労働による疲労が、急に眠気を引き起こすことがよくあります。 幸いなことに、一部のタクシー会社では仮眠室や温泉などが提供されており、車で通勤するドライバーは仮眠をとってから帰宅することができます。勤務中は緊張感によって眠気を感じにくいこともありますが、勤務終了後に急に眠気が襲ってくることは珍しくありません。そのような場合、無理をせずに仮眠をとることが最善の選択です。眠気を抱えたままの運転は危険を伴いますので、安全運転のためにも休息をとることが大切です。   隔日勤務ドライバーの睡眠事情 隔日勤務ドライバーの場合、帰宅時間は朝にることが多々あります。多くのタクシードライバーは帰宅後、昼寝をとり、夜に再び睡眠を取ります。この働き方では、昼寝が3〜5時間程度で、夜間の睡眠が6〜8時間ほどとなります。 この勤務体系において、昼寝をすることで夜中に眠れないのではないかと心配する人もいますが、実際にはそうでもないと言われており、比較的安心して昼寝をとることができます。ただし、このスケジュールに慣れるまでには2〜4か月ほどかかることが一般的です。一度慣れてしまうと、隔日勤務の方が快適だと感じることが多いようです。 次に、日勤・夜勤の場合、1勤務あたりの拘束時間は約12時間で、出勤時間や仕事の準備なども含めると合計で約14時間かかります。残りの10時間は食事や家庭の用事に充てられ、睡眠に割り当てる時間は約6時間程度です。 ただし、個々の事情や生活スタイルによって異なるため、これは一般的な例です。タクシードライバーの勤務スケジュールは多様であり、個人の好みや体調に合わせて調整されることがあります。 隔日勤務をより快適に過ごすためには 確かに、初めての隔日勤務は適応に時間がかかることがありますが、仕事へのアプローチや考え方を変えることで、隔日勤務の利点がより明確に感じられることがあります。 労働条件を比較してみる タクシー業界の隔日勤務は初めて聞くと過酷に感じるかもしれません。しかし、これを他の職種と比較すると、意外なメリットも見えてくることがあります。IT関連の仕事に従事していた方々や、一般の職場で残業や人間関係に悩んでいた方々と比べると、タクシーの隔日勤務にはいくつか魅力的な要素があるのです。 まず、タクシーの隔日勤務では最低3時間の休憩が義務付けられており、残業がないため、仕事が終わったら仕事を忘れてリラックスすることができます。また、勤務明けには必ず休息日が設けられているため、身体や精神の回復に専念できます。さらに、タクシー運転手は一人で業務を行うため、職場の人間関係のストレスを気にせずに仕事に専念できます。休憩時間も自分の裁量で取ることができるため、自分のペースで仕事と休息を調整できるのも大きな利点です。 一度の勤務で2回分!? 隔日勤務は、一度の勤務で実質的に2回分の仕事をこなすことができる高効率な働き方と言えます。また、タクシーの隔日勤務と類似性があるのが、消防士の勤務形態です。消防士は勤務→非番→公休を繰り返す現場勤務が一般的で、1回の勤務時間は長いものの、その後の十分な休息が確保され、緊張を要する業務にも集中して対応できるように配慮されています。タクシー運転手もお客様の安全を確保する仕事であり、緊張感が伴うことはありますが、毎回の勤務が終了すれば確実に休息が待っており、集中して仕事に取り組むことができるという点で、共通の特徴があります。 休日が多いという利点 前述の内容を繰り返しますが、隔日勤務は1回の勤務で通常の2回分の仕事をこなすことができるという特徴があります。確かに大変な面もありますが、この特性から休日が多く、自分の時間をたっぷり確保できるのです。前職では日々の仕事が続き、急な休日出勤や長時間の残業が日常的に発生し、家族や趣味に時間を割けなかったと感じていた方々も、タクシー運転手に転職することで、プライベートの充実度が飛躍的に向上するかもしれません。   まとめ タクシー運転手の隔日勤務についてまとめると、この勤務形態は柔軟性があり、睡眠管理が得意で、孤独を楽しむことができる人に向いています。長時間の運転に耐えられ、安全運転を重視し、自己組織化能力が高い人も成功する傾向があります。地理的な知識が豊富な人も重要です。 タクシー運転手の労働時間は、長時間労働のイメージがあるものの、実際は他の一般的な職業と大きな差はなく、法的にも問題ありません。睡眠管理がしっかりされており、過労を防ぐための厚生労働省の指導が厳格に行われています。ただし、一部の会社では業務終了後に追加の作業が発生することがあります。 隔日勤務のタクシードライバーは、帰宅後に昼寝をし、夜に再び睡眠を取るスケジュールを持ちます。慣れるまで2〜4か月ほどかかることがありますが、慣れれば快適に働けると感じる人が多いようです。 最終的に、タクシー運転手の勤務スケジュールは個人の生活スタイルや好みに合わせて調整されることがあり、適性や状況に応じて柔軟な働き方を選ぶことができます。 関連記事 タクシードライバーの勤務形態・勤務時間を勤務スタイルの例で徹底解説!

【これからドライバーになる方向け】免許の種類

【これからドライバーになる方向け】免許の種類

知っておこう!免許の種類 ひとことに「ドライバー」や「運転手」といっても、たくさんの種類があるのはお分かりだと思います。 大型トラックの長距離ドライバー、小型トラックの配送ドライバー、高速バスの運転手、タクシードライバーなどなど、これらの仕事はそれぞれ必要な免許が変わってきます。自身のなりたいドライバーは一体どの免許が必要にるのでしょうか。今一度確認しておきましょう。 関連記事 二種免許の取得について 免許の種類と運転可能な車 道路交通法が平成19年6月1日に改正されたことで、新たに中型免許というカテゴリーが新設されました。下の表を見るとお分かりの通り、中型免許は「重量5~11トン、積載量3~6.5トン。定員11~29人」の範囲内で運転が可能な免許ですが、道路交通法改正前に普通免許を取得された人ならば、「重量8トン未満、積載量5トン未満、定員10人以下」の範囲内で運転することが可能となっています。 つまり、積載量4トンのトラック、通称「4トントラック」を運転する場合は、平成19年6月1日以前に普通免許を取得していれば、運転することができますが、それより後の方は中型免許を取得する必要があります。 免許の種類 重量 積載量 定員 大型免許 11トン以上 6.5トン以上 30人以上 中型免許 5~11トン 3~6.5トン 11~29人 普通免許 5トン未満 3トン未満 10人以下 また、タクシーやバスなどのお客様を乗せる場合には、それぞれ車の大きさによって、「大型第二種免許」や「中型第二種免許」「普通第二種免許」が必要となります。 免許の種類と取得費用 それでは免許の取得には一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか。先ほどもお伝えしたとおり、平成19年6月1日以前に普通免許を取った人(表の中では、「中型8t限定」)とそれ以降に免許を取った人(表の中では、「普通」)によって費用は変わってきます。 中型免許を取得するための費用 現在の免許の種類 費用 中型8t限定 7万円~12万円程度 普通免許 17万円~25万円程度 大型免許を取得するための費用 現在の免許の種類 費用 中型 20万円~30万円程度 普通免許 35万円~45万円程度 これらの免許以外にも、けん引免許や大型特殊免許が存在しますが、それぞれ8~12万円程度で免許を取得できます。

後悔しない!個人タクシーへの転職

後悔しない!個人タクシーへの転職

個人タクシーへの転職は、新たなキャリアへの一歩を踏み出す重要な決断です。この記事では、個人タクシードライバーへの転職について詳しく探り、後悔しないためのポイントをご紹介します。   新規取得は困難!?譲渡開業 タクシー業界において、新しいドライバーが個人タクシーとして独立することは難しい場合が多く、事業免許の譲渡を通じて営業を始めるケースが一般的です。 日本のタクシー業界は、大きく「法人タクシー」と「個人タクシー」の2つに分かれます。「法人タクシー」とは、タクシー事業を展開する会社に雇用され、通常は正社員またはパートタイムの契約で働き、その会社が所有するタクシー車両で運行するドライバーのことです。この場合、営業収入は通常、ドライバーとタクシー会社の間で折半されます(ただし、取り分の割合は事業者によって異なります)。一方、「個人タクシー」は、その名の通り、1台1台のタクシー車両と各ドライバーが独立した事業主として営業を行います。この場合、営業収入は100%ドライバーのものとなります。 新規の個人タクシー事業者として開業するには、「新規許可」と「譲渡譲受認可」という2つの方法があります。ただし、東京23区や武蔵野・三鷹地域など、特定地域(タクシー特定地域特措法特定地域)に指定されている場合、新規許可を取得することは非常に難しい状況があります。そのため、多くの場合、個人タクシー事業を開始するためには、既存の事業免許を持つ個人タクシー事業者から事業免許を譲り受ける、または事業を相続する方法を選択することになります。   個人タクシーになるには 「新規許可」または「譲渡譲受認可」う受けるためには、一定の厳しい資格要件が存在します。これらの要件は、年齢、運転経歴、違反や事故の歴史、必要な資金の確保などに関連しています。 基本的な要件は次の通りです。 年齢制限: 個人タクシードライバーになるためには、申請日時点で65歳未満である必要があります。 運転経歴: 普通第二種運転免許を持ち、かつタクシーなどの運転経歴が10年以上ある必要があります。 違反と事故の歴史: 年齢によって異なりますが、申請日までの一定期間内に道路交通法に違反したり事故を起こさないことが求められます。 資金確保: 申請日までに一定額の資金を用意しており、認可を受ける公示日まで確保できることが必要です。 個人タクシードライバーとして独立開業するためには、法的な要件を満たすだけでなく、試験に合格する必要があります。上記で明らかなことですが、「個人タクシードライバーになりたい!」と思ってすぐにその道に進むことはできません。むしろ、経験を着実に積み上げる必要があることがわかります。   軽率な決断では後悔することがある 個人タクシードライバーになるには、通常、タクシー会社で運転手として10年間勤務する必要があります。例えば、人生の寿命が80年と仮定すると、そのうちの8分の1をタクシー会社で過ごすことになります。また、働ける期間が20歳から70歳までの50年間だと考えると、そのうちの5分の1をタクシー会社で過ごすことになります。さらに、事故や違反によってはこの10年間よりもさらに時間がかかる可能性もあるでしょう。 自分の人生において、多くの時間とキャリアをタクシー会社の従業員として費やすことになるため、個人タクシーを目指す際には真剣な覚悟が必要です。なぜなら、会社員としてのタクシー運転手経験だけでは、特別なスキルが身につくわけではなく、ただ時間だけが経過していくからです。20代で比較的転職しやすい状況でも、将来的に個人タクシーに転職したくなった場合、その時の年齢やスキルでは簡単には転職できないかもしれません。そのため、個人タクシーを目指すなら、生半可な覚悟では不十分です。   今後の個人タクシーの懸念事項 既存の権益や独占的地位の維持 海外では「Uber」など、特別な資格を持たない個人がタクシーサービスに参入し、タクシー業界を変えてしまう事例が増えています。日本も将来的に同様の状況に直面する可能性があるかもしれません。このような状況が懸念される理由の一つは、個人タクシーに転職するために長い年月をかけて取得した資格と、新たなプレイヤーが手軽にドライバーになれるサービス(例:Uber)との間で、収益や条件が大きく差がなくなる可能性があることです。 これが現実化すれば、長い努力を積み重ねたドライバーたちは、その価値が軽視される結果になり、不安を感じるでしょう。また、素人ドライバーと同じスタートラインに立たされることで、過去の努力が水の泡になることも心配されます。このような未来を避けるために、タクシー業界は変革と新しいアプローチを模索し、競争力を維持しなければならないでしょう。 個人タクシーの一部ドライバーの態度や振る舞い 一部の個人タクシーの運転手にはマナーに欠けるケースがあります。個人タクシーの魅力は、会社に縛られずに自由な働き方ができることですが、公共の道路を利用して商売を行う公共交通機関であることを忘れがちです。 一部のドライバーは、近場の客に対して乗車を拒否し、不適切な言動を繰り返すことがあります。しかしこうした態度は、結局はドライバー自身に返ってくる可能性があります。なぜなら、個人タクシーが長距離利用に適しているとの認識が固まれば、今以上に長距離利用者が減少し、将来的に個人タクシー業界に影響を及ぼす可能性があるからです。 不景気などの要因も考慮しながら、個人タクシー業界が将来にわたって生き残るためには、良いマナーとサービスを提供し、乗客に良い印象を与えることが不可欠です。 電子マネーや配車アプリなどの新しいことに対する適応力 個人タクシー業界において懸念される点は、電子マネーや配車アプリへの対応力です。大手タクシー会社は、迅速に新たな電子マネーサービスに対応し、スマートフォンアプリを開発するなど、組織力を発揮して現代の需要に追随しようとしています。しかし、個人タクシーにはこのような対応力が制約されています。 個人タクシー運転手は、自身の財源から車両や決済機器への投資を行うため、すぐに全ての電子マネーサービスに対応することが難しい場合があります。時代の要求に応えない商品やサービスは、競争が激化する現代ビジネスにおいて、迅速に廃れてしまう傾向があります。将来、個人タクシー業界が一般的に「電子マネー未対応で時代遅れのサービス」と見なされ、需要が低下する可能性についての不安が存在します。   個人タクシー開業の可能性を若いうちから探る 若い時期から個人タクシーの起業を考えることは賢明です。個人タクシーには、法人タクシーで働くドライバーにはない利点があります。通常の法人タクシーでは、売上の大部分がタクシー会社に取られ、ドライバーの収入はその一部に限られます。しかし、個人タクシーの場合は、売上のすべてが自分の収入となります。 もちろん、個人タクシー運転手は自分で車両を調達し、整備費用、燃料代、保険料などを負担しなければなりません。一方で、売上金額を総取りできるという点は大きな魅力です。さらに、高齢になると法人タクシーの隔日勤務は体力的に厳しい場合がありますが、個人タクシーの場合は勤務時間を自分で調整できるため、体力的な負担も軽減できます。 若い時期から個人タクシーの起業を考えることで、将来の開業に向けて準備を進めることができます。タクシー会社での経験を積むことは、将来の個人タクシー開業に向けた有力なステップとなります。 "今が始めるとき" という考え方で、タクシー業界でのキャリアを真剣に検討することは価値があります。   副業を通じて個人タクシーの開業を目指す 個人タクシーの開業には長いドライバー経験が必要です。若い時期から個人タクシーの開業を目指す場合、副業ができるタクシー会社に所属し、将来の個人タクシー開業だけでなく、自己雇用などの様々な選択肢を考慮に入れ、柔軟性を持たせることが良いでしょう。 収入の不安定な職業で副業をしながら、タクシードライバーとしても働く社員は少なくありません。週に1〜2回の乗務を行い、他の日に副業を行うケースもあります。この場合、タクシードライバーは副業として考え、他の仕事が本業です。 また、逆にタクシードライバーを本業にし、週に1回ほど自己雇用の仕事をすることで、将来的な個人タクシーの開業と他の自営業の選択肢を両立させることができます。特に若い世代にとっては、複数の選択肢を持つことで、どちらかがうまくいかない場合でもスムーズに移行できるでしょう。 副業や定時制などの勤務が運転経験の要件を満たすかどうか 一部のタクシー会社では、正社員以外の雇用形態(嘱託乗務員や定時制乗務員など)でも募集を行っています。ただし、タクシードライバーを副業として(週1〜2回など)考えている場合、個人タクシーの開業要件に合致しないことがあるため、慎重に注意が必要です。 運転経験の要件を満たすためには、提出する資料として「乗務員(運転者)台帳の写し」や「社会保険の加入期間がわかる書類」などが必要です。文書を確認すると、嘱託乗務員や定時制乗務員の場合、場合によっては「総合的に勘案し個別に判断する」と明記されています。したがって、社会保険の加入期間が、運転経験の要件を満たす際の一つの基準となります。ただし、嘱託乗務員や定時制乗務員として雇用された場合、勤務日数などによって社会保険の加入がされないこともあるため、個人タクシーの運転経験の要件を満たさない可能性があります。自分の働き方が運転経験として認められるかどうかを事前に確認し、注意深く検討することが重要です。   まとめ 個人タクシーへの転職や開業を検討する際には、いくつかの重要なポイントを考慮する必要があります。 まず、法人タクシーと個人タクシーの違いを理解しましょう。法人タクシーはタクシー会社に所属し、会社所有の車両を運転します。一方、個人タクシーは個人事業主として独立し、自身の車両で運行し、全ての収入が自身に入る点が異なります。 次に、個人タクシーの開業方法について考えます。新規許可や事業免許の譲渡、事業の相続などがありますが、特に一部の地域では新規許可が難しいため、既存の事業免許を譲り受けることが一般的です。資格要件も注意が必要です。個人タクシーの運転経験には厳しい要件があり、年齢制限や運転経歴、違反や事故の歴史、資金保有などが考慮されます。また、法令試験に合格する必要もあります。 個人タクシーの開業には時間と覚悟が必要です。長い道のりが待っており、若い時期から準備を始めることが重要です。 さらに、電子マネーや配車アプリへの対応力も必要です。個人タクシーはこれらの変化に対応する必要があり、市場のニーズを読み取る能力も求められます。 最後に、個人タクシーには魅力がありますが、慎重に検討し、自身の適性と覚悟を持って臨むことが成功への近道です。

よく読まれている記事

注目の求人

コンテンツバナー0