コンテンツバナー0

タクシー会社って遠方でも面接してもらえますか?

タクシー会社って遠方でも面接してもらえますか?
現在、地方に住んでいるのですが、東京のタクシー乗務員が結構稼げると友人から聞いて気になっています。ところが、今は仕事をしており子供もいるので、丸一日を空けて東京まで出向いて面接に行くことがなかなか難しいのですが、この場合、やはり今の仕事を退職してからでないと転職活動を行うことは難しいでしょうか?タクシー会社や企業が近くまで来てくださるような機会はあるのでしょうか?

タクシー会社によって様々な対応が考えられますが、大きく2つのパターンがあります。

候補者の近隣で会社説明会または出張面接会を行う

全てのタクシー会社が実施している訳ではありませんが、大手タクシーグループを中心に不定期で会社説明会が各地で開催されています。または出張面接を実施してくださるタクシー会社もありますので、もしご興味があれば、直接タクシー会社に応募した上でご相談されるか、担当キャリアアドバイザーに相談すると良いかと思います。

リモート面接を行う

こちらは今ではほとんどのタクシー会社で対応してくれるかと思います。電話、またはWeb会議ツールを用いて行うことが一般的です。リモート面接だけで内定を獲得できない場合もあり、一次面接をリモートで実施、二次面接は来社が求められることもあります。しかし一次面接で会社の説明を受け、企業担当者の方とお話をすることで入社のイメージも湧いてきますから、何もわからないままいきなり東京へ出向いて一次面接を受けるよりも安心感がありますのでおすすめです!

リモート面接にあたってのポイントをお伝えしておくと、ご自身の経歴やタクシードライバーに対する志望動機などは実際の面接同様に質問が来ますので、事前に企業のWebサイト等を見ておきその企業のポイントを抑えておくことが重要です。またその企業に関する質問をいくつか準備しておくと、入社を本気で検討しているという姿勢も伝わります。気軽に受けられるリモート面接だからと言って準備不足のまま臨まないように注意しましょう!

無料会員登録

リモート面接可能の求人

リモート面接可能の
求人一覧はこちら

東京都の求人

東京都の
求人一覧はこちら

タクシードライバーへの転職で失敗しないために

タクシー業界やタクシードライバー(運転手・乗務員)に関してさらに気になる点がありましたら、ぜひドライバーズワークご登録・ご相談ください!ドライバーズワークは東京・神奈川・愛知・大阪などの関東・東海・関西エリアを中心としたタクシードライバー求人サイトおよび転職支援サービスです。タクシー業界に特化した詳しい求人情報が満載!ご登録はかんたん1分無料!タクシー業界の知識量も豊富な、専任のキャリアアドバイザーが一人ひとりの担当に付き、転職にまつわるあなたのお悩みにお答えするだけでなく、転職をするべきなのかどうか、転職をする場合にどういった基準で会社選びをすれば良いか、などを一緒に考え丁寧にお伝えします。まだ転職するかどうかを迷っている段階の方も大歓迎ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

無料会員登録

関連記事

タクシードライバーの平均年齢と勤続年数についてのレポート

タクシードライバーの平均年齢と勤続年数についてのレポート

タクシードライバーの全国平均の年齢は60.1歳で、平均勤続年数は9.8年となっています。50代や60代からでも十分に転職が可能なタクシードライバー。詳細のデータや高齢タクシードライバーの注意点をお伝えしていきます。 タクシードライバーの平均年齢は60.1歳 タクシードライバーの平均年齢についての都道府県別データを見ると、全国平均でのタクシードライバーの平均年齢は60.1歳となっており、一番平均年齢が高い都道府県は福井県で67.1歳、一番平均年齢が若い都道府県でも、東京都の55.1歳となっています。タクシードライバーの全国の平均年齢も次第に高くなってきており、平成30年度には60歳を超えました。少子高齢化に伴って今後も平均年齢が高くなっていく可能性があります。 ■平成30年度 タクシードライバーの都道府県別平均年齢 都道府県名 平成27年 平成28年 平成29年 平成30年 北海道 60.6 60.3 62.4 64.3 青森 58.9 58.2 61.4 61.4 岩手 60.6 60.9 62.4 62.8 宮城 60.8 60.3 62.3 59.9 秋田 60.9 62.5 63.9 63.7 山形 59.8 55.2 57.9 55.7 福島 61.2 59.6 59.9 63.1 茨城 62.2 62.7 62.1 63.2 栃木 62.8 65.6 64.9 61.7 群馬 63.1 60 62.6 65.4 埼玉 60.5 56.4 62.4 57.2 千葉 57.3 59.9 61.4 61.5 東京 57.6 55.2 56.4 55.1 神奈川 56.2 58.6 59.6 61.3 山梨 58.1 61.6 61.2 61 新潟 58.4 60.6 60.2 59 富山 57.3 61.3 59.2 59.1 石川 57.2 59.8 62.8 61.3 長野 63.8 60 59.6 59.8 福井 60.7 60.7 59.6 67.1 岐阜 58.1 61.4 59.6 59.5 静岡 59.7 58.4 59.2 63.1 愛知 57.4 58.1 56.1 56 三重 64.6 60.6 59.7 58.8 滋賀 59.1 60.3 61.7 62.7 京都 57.3 59.3 59.9 60.2 大阪 57.8 57.8 60 60.7 兵庫 60.5 56.9 59.8 58.4 奈良 59.5 56.1 56.8 59.4 和歌山 62 60.9 58.2 61.7 鳥取 59.2 58.2 59.9 61 島根 60.6 58.8 60 61.6 岡山 57.1 60.9 58.4 59.5 広島 58.7 61.5 63.7 59.7 山口 60.3 64.2 60.1 64.4 徳島 63.8 62.5 59.5 58.4 香川 62.8 60.8 63.1 60.4 愛媛 58.5 59.1 60 62.2 高知 61 63.8 65.1 61 福岡 61.7 60.3 59 63.1 佐賀 63.5 63.7 62.2 63.4 長崎 59.1 57.5 59 62.9 熊本 60.8 59.2 60 61 大分 60.7 58 60.4 62.1 宮崎 64.7 62.1 62.3 63.3 鹿児島 65.6 63.3 63.5 63.8 沖縄 60.2 63.6 62.3 64.6 全国 59 58.9 59.4 60.1 対前年 0.3 -0.1 0.5 0.7 増減 0.50% -0.20% 0.80% 1.20% 出典:一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会による統計調査「第1表 タクシー運転者(男)の賃金・労働時間(平成30年~平成27年)」 タクシードライバーの勤続年数は9.8年 続いては勤続年数。タクシードライバーについての都道府県別データを見ると、全国平均で勤続年数は9.8年です。最も平均勤続年数の長い都道府県は長崎県で14.9年です。一番平均勤続年数の短い都道府県は滋賀県で5.2年となっています。 ■平成30年度 タクシードライバーの都道府県別平均勤続年数 都道府県名 平成27年 平成28年 平成29年 平成30年 北海道 12.2 12.3 12 11.5 青森 7.3 8.6 11.2 14.4 岩手 15.7 6.8 6.7 11.9 宮城 9.7 11.8 9.6 10.3 秋田 14.2 17.5 16.3 16.3 山形 14.6 12.5 8.8 8 福島 14.3 11.6 8.1 14 茨城 9.6 5.6 8.7 7.8 栃木 9.8 13.2 11.4 8.9 群馬 14 8.8 14.7 11.3 埼玉 13.1 8.6 11.6 8.3 千葉 10.7 9.8 10.6 14.2 東京 8.8 7.5 8.5 7.3 神奈川 8.4 10.1 10 8.5 山梨 12.2 10.9 7.9 14.2 新潟 11.7 12.6 10 11.1 富山 9.9 11.1 8 11.5 石川 8.5 9.1 15 12.3 長野 11.6 12.7 11.2 8.9 福井 16.1 15.1 8.6 15.3 岐阜 9.2 12 9.3 11.4 静岡 7.4 6.9 7.3 11.4 愛知 6.9 6.3 9 6.8 三重 6.3 5.8 9.9 11.1 滋賀 7.2 7.2 9.9 5.2 京都 7 10.6 6.9 9.4 大阪 9.7 8.1 11.3 8.4 兵庫 11.3 9.4 10.3 11.2 奈良 12.4 12.1 9.7 11.4 和歌山 8.1 8.5 9.7 8.8 鳥取 7.4 8.2 7.9 9 島根 8.5 10.1 9.8 7.4 岡山 8.8 9.5 9.8 7.5 広島 8.2 11.3 9.4 9.4 山口 7.5 8.6 7.9 10.7 徳島 10.6 11.2 7.7 6.9 香川 10.3 7.7 11.7 10.9 愛媛 6.9 10.4 16.9 9.3 高知 10.4 8.1 8.5 10.9 福岡 10.8 9 7.4 10.5 佐賀 9.6 15.8 12.8 11.9 長崎 11.9 6.6 10.6 14.9 熊本 10.3 8.9 10 12.2 大分 8 9.9 8.5 11.2 宮崎 12.3 11.6 11.9 12.3 鹿児島 9.7 11.5 9.7 11.8 沖縄 12 8.3 8.6 11.2 全国 9.9 9.3 9.6 9.8 対前年 0.7 -0.6 0.3 0.2 増減 7.60% -6.00% 3.20% 2.10% 出典:一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会による統計調査「第1表 タクシー運転者(男)の賃金・労働時間(平成30年~平成27年)」 高齢でもタクシードライバーを始められる 50代や60代にもなると、「この年で転職はできないだろう」と考えているかもしれません。諦めるのはまだ早いです。先ほど見ていただいたデータを見ると分かるように、タクシードライバーの平均年齢が60.1歳で、平均勤続年数は9.8年ですので、40代後半~50代になってから転職してタクシードライバーを始める方が多いことが分かります。これはあくまで平均の数字となっています。これより若い年齢でタクシードライバーになる方もいれば、60歳を超えてからの方もいます。実際に弊社ドライバーズワークに相談に来られる方で、50代や60代、しかも未経験でタクシードライバーに転職する方も多くいらっしゃいます。ですから、高齢でも諦めることなく、転職を目指してみてください。 タクシードライバーは稼ぎやすい タクシードライバーは固定給+歩合給、あるいは完全歩合制の給与体系を取っているタクシー会社がほとんどです。そのため、個人の努力によって給料が決まります。頑張れば頑張るだけ給料をもらえる職業ですので、稼ぎやすいと感じる方も多いでしょう。実際にどのくらい給料がもらえるのかと言うと、東京都の平均月給が37万9,200円となっており、これに賞与が加わるので年収にすると約470万円が平均となっています。50代~60代で未経験から初めても比較的すぐに年収400万円近く稼ぐことも可能ですし、稼ぐ方では年収800万円以上稼ぐ方もいらっしゃいます。この年齢から転職して稼げると考えると魅力的な職業と言えるでしょう。初心に立ち返り、稼ぐ方法を先輩からしっかりと学び年収800万円超えを目指してみてはいかがでしょうか。 関連記事 タクシー運転手(ドライバー)の給料・年収とは? タクシー運転手は稼げるの?高収入を得るコツとは?【徹底紹介】 タクシードライバーに必要な二種免許の取得はタダ!? タクシードライバーになるには二種免許が必要になります(詳細は「タクシー運転手はどんな資格が必要?」をご参照ください)。この二種免許の取得にかかる費用はタクシー会社が負担してくれることがあります。会社によっては二種免許の費用が自己負担になることもありますので、転職前には良く確認しておきましょう。会社負担の場合、免許取得は入社後に行います。入社後に約1ヶ月の研修をして、免許を取得したり、乗務に必要な知識を得たりしていくことになるのです。いち早くタクシー乗務に慣れて、稼げるドライバーになるためにも、今すぐ行動に移していきましょう。タクシー業界に精通したキャリアアドバイザーが担当につき、無料で相談できるほか、あなたに合ったタクシー会社を一緒にお探しします。 無料会員登録 高齢のタクシードライバーの注意点 注意点1:体力は必要になる 通常、タクシードライバーの勤務体系は隔日勤務と言われております(詳細は「勤務形態と労働時間!隔日勤務ってなに?」)。簡単に言うと、1日中働いて、その次の日が1日中お休みになる勤務形態のことです。そのため、体力が必要になります。ただ、60歳を超えてくるとやはり体に負担がかかることが懸念されるため、企業によっては自分に合った働き方をさせてくれるところも多いです。多くの事業所は65歳を過ぎると嘱託雇用とよばれる、所定の期間ごとに勤務を継続するかどうかを確認するいわゆる契約社員のような雇用形態に切り替わります。雇用形態が変わりますので、このタイミングで働き方を日勤に変更することも可能です。長く働くためには、自分のペースにあった環境で働ける職場が一番良いと思いますので、その点で言えばタクシードライバーは融通のきく職業でしょう。長く楽しく働くために体力や自分のペースを考慮して、自分に合った勤務形態を選んでみてください。 注意点2:視力が必要になる タクシードライバーには二種免許が必要になるとお伝えしましたが、この免許を取得するとき、それから免許を更新する際には当然のことではありますが一定の視力が必要になります。具体的には片目0.5以上、両目0.8以上で、この視力に加えて深視力といって立体感の認識度を測定する検査への合格が必要です。メガネやコンタクトレンズは使用できますので、視力に自信がない場合には、メガネやコンタクトレンズに慣れておきましょう。 関連記事 タクシー運転手に必要な深視力とは?簡単トレーニング方法もご紹介 タクシードライバーは未経験の50代や60代からでも転職のチャンスがあります。また、一般の企業であれば満60歳で定年退職となるところが多いですが、タクシー会社の場合65歳を超えても平均以上に稼いでいる方も多くいますし、これまでの隔日勤務という日勤+夜勤を連続して1日中働く勤務形態から、65歳を超えてからは定時勤務に切り替えて決められた時間だけ働く勤務スタイルにする方もいます。このように、タクシードライバーには他の職種に比べると長く働けるという魅力があります。少し興味がお有りでしたらキャリアアドバイザーへ気軽にご相談ください! 無料会員登録

知らなかったでは遅すぎる!タクシー現任者の転職事情

知らなかったでは遅すぎる!タクシー現任者の転職事情

タクシー会社への転職成功の秘訣は事前準備にあり 今はどこのタクシー会社も人手不足に陥っており、タクシードライバーの需要は高まる一方です。 しかしながらよく皆さんが勘違いしているのが、タクシー経験があったり、2種免許があったりすれば、どこのタクシー会社でも簡単に転職できるということです。 実際は決してそんなことはなく、タクシー経験者、つまり現任者は未経験者に比べて転職の際にかなり厳しい目で見られることも多くあります。 今回は、現任の方だけに明かすキャリアアドバイザーが直面した現任さんの転職事情をお話します。 無料会員登録 養成には優しく、現任厳しいタクシー業界 先ほどもお伝えしましたが、タクシー業界は今人手不足です。 平均年齢は58才を超えており、ドライバーの若返りと、他業種からの新たなタクシードライバーの成り手の養成が業界全体としての課題となっています。 ですので、未経験者にはしっかりとタクシー業界で働いてもらおうと二種免許の取得費用を負担したり、給料保証を付けたりと各事業所こぞって自社に来てもらいたいという姿勢がこういった条件面に現れているのだと思います。 その一方で、現任さんを採用するときの状況は、未経験者のソレとは大きく変わってきます。 では具体的に現任さんはどの部分を厳しく見られてしまうのでしょうか。 採用担当の方から面接を組む前に応募者のここを確認してほしいと言われる代表例を一挙公開します。 タクシー業界経験年数 タクシー会社の転籍回数 退職理由/転職理由 過去の営業成績 過去の違反内容 その中でもタクシー会社の採用担当者が一番気にされるのは、転籍回数と在籍年数です。 これは退職理由とセットでズバズバと質問される項目です。 特に短い期間で転職を繰り返していると採用担当も「なぜ?」と感じてしまいます。 どうしてもやむを得ない事業があるなら正直に伝えた方ががいいでしょう。 転職回数自体が悪く見られるのではなく退職理由をうやむやに答えてしまうことが採用担当としてはマイナスイメージにつながるとあるタクシー会社の採用担当の方が教えてくれました。 面接でよく見られる失敗例は、採用担当のストレートな質問に萎縮してしっかりとした受け答えができなくなることです。 正直、退職理由をストレートに聞かれて平常心を保つのは難しいかもしれません。 けれども採用担当としてはあなたを威圧しているつもりはありません。 タクシー業界で働くのは、時に一般企業よりも忍耐力が求められることもあります。 タクシーのお仕事ではさまざまな年齢、性別、性格のお客様の対応が必要になります。 その中であなたがどう立ち振る舞えるのかが面接で試されていると考えてみてください。 たとえ過酷な環境で退職に追い込まれたことがあったとしても、その経緯だけでなく厳しい状況の中でも自分としてはいかに改善しようと努力をしてきたのか、どんな工夫をしてきたのかが答えられると好印象を持たれることでしょう。 無料会員登録 現任ならではの転職の難しさ 現任さんの転職で厄介なことがもう一つあります。 それは「現任の方は面接お断り」と面接自体を断られてしまうことがあることです。 どこのタクシー会社もタクシードライバー不足という中で、現任の方を断るのはおかしいと思うかもしれませんが、これが事実です。 タクシー会社同志の横の関係のつながりが強いタクシー業界は、ある事業所と別の事業所の採用担当者同士が知り合いということはよくあります。 事業所としては知り合いの会社から人を取るようなことをしてしまえば引き抜き行為だと後ろ指をさされることをになりかねません。 そうなれば、業界の中で悪い評判が立ち事業所としても仕事がしにくくなってしまいます。 ですので、それを避けるために、養成は歓迎する一方で、現任さんの採用は横の目線を気にしながら慎重になっているようです。 あるタクシー会社では、在籍している会社を辞めてからでないと面接をしていただけないことがあります。 しかし応募側からすると、受かるかどうかもわからない会社の選考を受けるために今の会社を辞めなければならないなんて応募者からするとリスクも大きいでしょう。 タクシー業界はヨコのつながりが広い業界です。 もしあなたが少しでも前の職場にネガティブな印象を与えて退職をしているとしたら、転職の成功率はかなり低くなってしまいます。 どこのタクシー会社でも働くことができるから、今の職場の辞め方は気にしなくてよいと思っているのならば、それは間違いですので、必ず円満退職を心がけてください。 それでも他のタクシー会社へ転職したいあなたへ ここまでお話してきましたが、それでも他のタクシー会社への転職をお考えになられている方は直接事業所へ応募するよりも、まずは現任でも面接を受けてくれる企業があるのかを弊社のような転職支援サービスを通して確認することをオススメします。 ご自身で直接聞きにくいことでも、転職支援サービスを利用すればご自身の名前が割れることなく安全に事業所の情報が入手できます。 あなたの前の会社の退職理由や、次のタクシー会社に求める条件などをうかがった上で、あなたの個人名を出すことなく、求人を探すことができますので、ご安心ください。 現任の方で、少しでもお悩みがある方はぜひこちらからご相談くださいね。 無料会員登録

新卒でタクシー業界に就職することってどうですか?

新卒でタクシー業界に就職することってどうですか?

来年の3月に大学を卒業する者ですが、新卒でタクシー業界に就職することってどうなのでしょうか?稼ぐことはできますか?若い人には向いていない業界でしょうか? 無料会員登録 タクシードライバーになるには まず、タクシードライバーになるためには、二種免許の取得が必要です。さらに二種免許を取得できるための条件として、普通免許(普通自動車第一種運転免許)を取得後3年経過している必要があります。普通免許は最短で満18歳以上で取得することができますので、二種免許は最短でも満21歳以上で取得可能ということになります。タクシードライバーになるにあたっては以下の記事もぜひご参考ください。 タクシー運転手(タクシードライバー)は実は隠れた良い仕事 タクシードライバーになるにはどんな資格が必要? 無料会員登録 若い人には向いていない業界? ・高齢者が多いイメージがあるが、高齢者に向いていて若い方に向いていない訳ではない ・各社新卒はじめ若い人材を積極募集している ・歩合制なので、いきなり結構稼げるチャンスもある ・英語が求められる タクシードライバーは65歳や70歳を超えても勤続されていらっしゃる方も居るので、高齢の方が多い印象を受けるかも知れませんが、だからといって若い方に向いていないという訳ではありません。このイメージになっているのは、タクシードライバーが高齢になっても続けていきやすい仕事であるということと、若い方にタクシー業界のことがあまり知られていないことの2点が背景があると考えています。全国でのタクシードライバー平均年齢は57.6歳と他業種よりも高い水準で、毎年定年退職や高齢による離職が後を立たない状況があります。これがさらに進むとタクシードライバー自体の数が減少するため、大手の企業はじめ各社は新卒採用や若手の中途採用を積極的に行っています。 タクシードライバーの給料体系はいわゆる歩合制であり、個人の売上が大きいほど、収入も大きくなります。トップドライバーの場合年収800万円、1000万円を超えるような方もいます。頑張るほど稼げるという観点では、若い人でもチャンスがあることがわかりますよね。なお、東京都のタクシードライバーの平均年収は400万円を超えており、この年収水準を早期から叶えることができることも魅力の一つです。 また、今後の日本では外国人観光客が増えていくことも期待されており、英語を身につけられると、さらにタクシードライバーとして活躍できるチャンスが広がると考えられます。英語を勉強して身につけることは、年齢を重ねてからだと難しい場合も多いです。そういった意味では若い方に大きなチャンスがあるともいえます。 タクシー業界は、新卒や若手人材が非常に求められている業界です。上記のようなメリットを参考にぜひ検討してみると良いかと思います! 無料会員登録

ハイヤーとタクシードライバーはどっちがオトク!?

ハイヤーとタクシードライバーはどっちがオトク!?

タクシーとハイヤーの違い よくハイヤーとタクシーの違いがわからないという話しを聞きますが、中でもハイヤーとタクシーはどっちが得なのかが気になったりしませんか?仕事の内容もそうですが、やはり働くならば年収が良い方がいいですからね。 タクシーなら会社に属すべき!? タクシーの場合はどこかの会社に属してドライバーとして働いた場合と、個人タクシーをした場合の年収とではどうなのかというと、やはり個人タクシーよりも会社に属したタクシードライバーの方が年収は良いようです。 例えば東京都内や都心部でのタクシー会社でドライバーをした場合、年収はかなり良いと言えるようです。平均的に650万円前後稼ぐ事ができると言われています。ではハイヤーでドライバーをしたらどのくらいの年収がもらえるのでしょうか。 ハイヤードライバーの年収 調べてみたところ、ハイヤーでドライバーをしたところ、年収は都心部や都内では700万円を軽く超えると言われています。中でもトップクラスのドライバーともなると、年収1000万円を超える方もいるのだそうですから凄いですね。 初心者のハイヤードライバーでも、有名な会社でドライバーをすれば年収は550万円以上はもらえると言われています。という事はタクシードライバーよりもハイヤーのドライバーの方が年収は良いという事になるのですね。 ハイヤーとして働くには ではハイヤーとして働くためにはどうしたら良いのかというと、まずはハイヤーのドライバーを募集している会社へ入社をしなくてはなりません。次に学科や技能教習を受け、二種免許の試験を受ける必要があります。 その試験に合格したら次は適正診断が行われ、適性であると診断された方は事故防止やマナーなどを習い、同乗教習が行われてドライバーとして配属される事になるわけです。大抵の場合ここまでに最短でも20以上はかかるようです。 ハイヤーのドライバーはある意味でいえば、タクシードライバーよりも比較的安全に仕事ができる事と、年収でタクシードライバーよりも得なのかもしれません。もちろんタクシードライバーも年収としてはかなり良い事は事実ですよ!

タクシー大手求人を探すなら

タクシー大手求人を探すなら

東京のタクシー求人をお探しでしょうか? 東京都には、大和自動車交通、日本交通、帝都自動車交通、国際自動車(kmタクシー)の「大日本帝国」と呼ばれる大手四社が存在します。 さらには、大手四社以外にもグリーンキャブや東都自動車、日の丸自動車という準大手が存在しています。 タクシー大手求人を選ぶメリット タクシー会社大手の場合、そのメリットはやはり組織が大きいことによって、福利厚生が充実していたり、教育環境が充実しているなどのメリットがあります。また、中小のタクシー会社よりも景気の影響による倒産など、会社自体がなくなるというリスクも少なく、安定しているというメリットもあるでしょう。また、専用乗り場やタクシーチケットの利用が多いなどのメリットも大手タクシー会社によっては存在します。 タクシー大手求人のデメリットは存在するのか タクシー会社の大手は、中小のタクシー会社によりも規律やルールが厳しい傾向は存在します。 たしかに、大手タクシー会社になればなるほど、タクシー運転手の数も多くなるわけですから、多くの従業員を管理するためには、 多少ルールが厳しくなるのは当然だと言えるかもしれません。 無料会員登録 タクシー会社大手に関する勘違い タクシーの転職相談で多くの求職者の方のお話を聞いていて、勘違いされている方が多いものとしては、 ・大手タクシー会社のほうが給料が高い ・大手タクシー会社のほうが歩率が高い ・大手タクシー会社のほうが無線配車が多く、稼ぎやすい ・大手タクシー会社の方が福利厚生が充実している などです。では実際にはどうなのでしょうか。 まず大手タクシー会社の方が給料が高いというものですが、一概にはそうは言えません。 歩率についても、大手のほうが高いということは決してなく、中小や大手のグループ会社でも歩率が高いところは多く存在します。 無線についても、確かに大手無線グループは無線数自体は多いのですが、配車対象のタクシーも比例して多いため、無線数=儲かるというわけではないのも事実です。 福利厚生については、大手が充実しているのは間違いないですが、中小のタクシー会社や、大手のグループ会社でも、大手タクシー会社に同等以上の福利厚生が充実しているところは多くあるのです。 無料会員登録 大手のタクシー会社で働かないという選択肢も 大手タクシー会社には大手の、中小のタクシー会社には中小のメリットが存在します。大手タクシー会社では規律やルールが厳しいところも多いですが、中小についてはそのタクシー会社独自の社風が会社のルールに反映されており、ガツガツ流しで稼ぐのが苦手な方や、ノルマのプレッシャーに弱い方、日勤のみや定時など、自分のライフスタイルに合わせた働き方ができるなど、それぞれ独自のメリットが存在しています。 各タクシー会社のメリットやデメリットは求人サイトの文章だけではわかりにくいものですので、転職をお考えの方は、ぜひ弊社担当アドバイザーへご相談ください!

Q&Aの人気記事

タクシーの売上の「足きり」とは?

タクシーの売上の「足きり」とは?

タクシードライバーの職業に興味があって色々調べているんですが、タクシードライバーの給料には足切りがあるから書いてあったんですが、そもそも「足きり」ってなんですか?それがあるとなにか困ることがあるんでしょうか? 無料会員登録 ご質問ありがとうございます。早速、足きり制度についてご説明したいと思います。 そもそも「足きり」はタクシー業界ならではの専門用語です。一般的に馴染みのある言い方をするなら「ノルマ」と同じ意味でしょうか。 タクシー会社の多くは、この「足きり制度」=「ノルマ」が存在します。 一般企業を例にご説明しますと、一般企業には営業する人がいると思いますが、その営業職の多くは売上ノルマが課せられるケースがあります。その売上ノルマを達成するとインセンティブが発生し給与がUPするという仕組みが一般的に多いと思います。 タクシー業界にもその慣例があり、タクシードライバーの場合はお客様を載せることで売上が発生しますが、その売上金額が会社の目標売上(=ノルマ)に達した場合、歩合給(=インセンティブ)が発生し、給料が上がっていくという仕組みになっております。 無料会員登録 また、「足きり」を達成しないからといって給料がゼロになる訳ではないので、そこは安心してください。 なにか困ることがあるとするなら、給料は最低賃金のみの支給となり大幅な給与UPは望めません。 しかし、普通に真面目に営業している人で足きり達成しない人は滅多にいないので、そんなに不安にならなくても大丈夫です。 さらに、タクシー会社によっては「足きり制度」のない会社もありますので、自信がない方はそちらの会社を調べてみるのも良いでしょう。 しかし、1つ言えるの足きりがないタクシー会社の場合は、歩合の比率が少ないため、売上を上げたとしても給料がアップしにくいという場合もありますのでご注意ください。 ところで、足きりを達成するためにタクシードライバーが日々やっている営業方法とはどのようなものかといえば、それは大きく分けて3つあります。 1. タクシー乗り場や駅前などで待つ方法 ⇒付け待ち 2. 運転しながらお客様を見つける方法 ⇒流し 3. タクシー会社から無線で配車依頼がくる方法 ⇒配車 以上の3つになります。1と2は自分の頑張り次第で売上が変わってくると思うので、足きりを達成するには、この方法をオススメします。3は、各タクシー会社によって無線数なども変わってきますので、ここは会社次第になってしまうかもしれませんね。 どこの会社に入ってもそうですが、「足きり」=「ノルマ」はあるので、そんなに構える必要はなく「あぁ~売上ノルマのことなのね」と軽い気持ちで考えていただければと思います。 無料会員登録

保証人がいなくてもタクシードライバーになれますか?

保証人がいなくてもタクシードライバーになれますか?

現在、転職を考えていますが、高齢なのでタクシードライバーなどどうか、と思っているのですが、保証人として立てられる人が身近にいません。タクシードライバーになるには保証人は必須でしょうか? タクシードライバーになるためには保証人は必須? タクシードライバーとしてタクシー会社に入社するにあたっての保証人の要否ですが、まずタクシー会社の保証人は「身元保証人」の意味と、「連帯保証人」の意味の2つが挙げられます。身元保証人は、ドライバーが病気になったり万が一があった時に連絡などをするために必要であり、連帯保証人は、ドライバーの責任で会社が損害を被ってしまった場合の対応のために必要とされています。 保証人が1名または2名を必要とされる企業が多いのが現状で、いわゆる大手タクシーグループは基本的に保証人は必須です。保証人となれる人は、一定の収入があり定職についている必要があります。一般的には親族の方に頼むケースが多いですが、ご高齢などで一定収入のある身寄りがいない場合は知人や友人を保証人として立てることも可能です。 どうしても保証人を立てられない場合は? タクシー会社によっては身元保証人だけでOKだったり、保証人不要の企業もあります。また、保証人代行サービスを利用することでクリアできる場合もあります。詳細は担当のキャリアアドバイザーに相談してみると良いと思います。 あとは、タクシー会社に相談(交渉)する方法があります。タクシー会社は採用候補者が保証人を立てることができることで、人としての信用が一定担保されると考えているところもありますが、結局のところは「きちんと自身の責任を理解して勤められる人かどうか」という疑問が解消されればOKという話の場合もあります。「人柄」や「責任感」を採用面接でしっかりアピールすることで内定を勝ち取れる場合も大いにあります。 お悩みの点があればぜひドライバーズワークへご相談ください!

東京のタクシーはだいぶ稼げると聞いたんですけど、本当でしょうか?

東京のタクシーはだいぶ稼げると聞いたんですけど、本当でしょうか?

広島でのタクシー経験者です。今は別の仕事をしています。東京のタクシーはだいぶ稼げると聞いたんですけど、本当でしょうか?実は広島よりも稼げないというようなことが実際はあったりしないんでしょうか? 無料会員登録 東京のタクシーは稼げる? まず東京のタクシーは稼げるかどうかという点ですが、これは間違いなく稼げます。広島のタクシーの売上状況を詳細に知るデータが見つからなかったので比較が難しいのですが、運輸局のデータを見ると広島県のタクシー台数は平成25年3月末段階で7,101台とあります。詳細なデータがある関東の都道府県と見比べてみると千葉県の7,388台と近しいです。では千葉県と東京都のタクシーの売上がどのくらい違うかといいますと、1乗務あたりの1日あたり売上が千葉県28,977円に対して、東京都は45,173円となっています。 東京と広島のタクシーでは140万円近く年収に差が出る可能性も 一か月になおせば千葉県347,724円に対して、東京都542,076円です。このうち歩率6割と計算すると千葉県のタクシードライバーの月収は208,634円に対して、東京都は325,245円となりその差は116,611円も開きます。年収にするとその差は140万円にもなります。もし仮に広島と千葉県が同じような状況であれば平均でこのくらいの差が出ています。次に実は広島よりも稼げないという事が起きるかどうかですが、これは絶対にないとは言い切れません。なぜかと言いますとおそらく広島に限らず地方のタクシーの営業スタイルが駅付けと無線配車が基本なのに対して、東京は流しが基本となっているからです。 当然無線配車も駅付けでの乗車もあるのですが、ちゃんとした売上をたてているタクシードライバー(タクシー運転手)ほど駅付けや無線に頼らずしっかりと流し営業をしています。つまり地方の癖が抜けず車を走らせることをさぼってしまうと平均の売上金額より下回ってしまうという事態に陥る可能性があります。 地方のタクシーの売上はあまり個人差がつかないのですが、東京の場合は特殊ですので頑張る人はそれこそ月の売上が100万円を超えるタクシードライバーもいらっしゃいますし、逆にサボりがちな方は月の売り上げが30万円ほどというような方もいます。 頑張ったら頑張った分だけ報いられる素晴らしい環境でもあり、サボった分収入は上がりにくい、頑張った量に報酬が連動しやすい環境とも言えます。 ただ上でも書きましたが平均の売上でも月収が30万円を切ることはないというのは紛れもない事実ですのでそれほど不安視する必要もないかと思います。 特に東京のタクシードライバーの半数以上は地方出身者であるともいわれています。よろしければご検討いただき、他に気になる点がありましたらキャリアアドバイザーまで気軽にご相談ください! 無料会員登録

タクシードライバーはダブルワークは可能ですか?

タクシードライバーはダブルワークは可能ですか?

タクシードライバーのダブルワークは、原則禁止です。しかし、転職活動中のダブルワークについて、一時的に許可している会社もあります。ここでは、実際の相談内容を交えながら、タクシードライバーのダブルワークについて解説していきます。 昼間の空き時間をタクシードライバーとしてダブルワークで働きたい 今、短期で働いているのですがゆくゆくは長期の仕事もしたいのでタクシードライバーの情報も探しています。ただ、今働いている短期の仕事がまだ契約が残っているので、できれば契約満了で円満退職したいと思っているのですが、内定決まったら早く働きたいな!とも思っています。今やっている仕事が夜勤なので、昼間の時間はほとんど空いています。タクシー会社では、ダブルワークをするのは許されますか? 正社員をご希望の場合、タクシー会社にかかわらず、ほとんどの会社がダブルワークを禁止しています。ただし、転職活動中のダブルワークに関しては、許可している会社もあります。ダブルワークが一時的なものであれば、シフトの相談に応じてくれる会社もありますので、ご希望のタクシー会社が見つかりましたら一度ご相談ください。 なかには会社に内緒でダブルワークをしている方もいらっしゃいます。しかし、契約上では禁止になっているため、見つかってしまった場合には厳重な処罰対象になりますのでご注意ください。また、時間が空いているからといって、2つの仕事を掛け持ちしていると体にも負担がかかります。万が一、それが原因で仕事に支障をきたしてしまった場合、会社の責任問題となってしまいます。タクシーのお仕事は1人で気楽に働けるイメージですが、あくまでも会社の組織で働く一社員です。そのことは忘れないようにしましょう。 無料会員登録 就業中にダブルワークをしながら転職活動をしたい 現在、別の仕事をしていて、今すぐにどこか別のところに勤務するのは難しい状況なんですが、ゆくゆくは転職したいと考えています。だいたい、どの時期から転職活動を始めるのがいいんですか。また、仕事を続けたまま転職活動ってできるものですか? 就業中でも、転職活動は可能です。しかし、転職活動をおこなうのであれば、現在の会社を辞める時期は明確にしておきましょう。各タクシー会社が採用時に最も気にしているのが、入社時期です。転職して次の会社が決まったにもかかわらず、現在の職場を辞められない状態だった場合、採用側は困ってしまいます。可能であれば、現在のお仕事の目途が立ってから転職活動をおこなうといいでしょう。 転職活動の開始時期は辞める1ヶ月前あたりから 転職活動は、現在の会社を辞める1ヶ月前あたりから始めるとスムーズです。タクシー会社の内定は、早い方でも1週間~1ヶ月くらいかかるといわれています。選考内容はタクシー会社ごとに異なりますが、1次面接だけのところもあれば、2次面接まであるところもあります。また、面接後に健康診断を受けることがほとんどです。 転職活動に欠かせないのがさまざまな求人情報です。求人情報は時期によっても変わりますが、同じ求人がずっとあるとは限りません。転職の決断をされた際は、当社のようなサービスを提供しているところに登録して、早めに情報収集をしましょう。 無料会員登録

タクシードライバーってカーナビを使ってもいい?

タクシードライバーってカーナビを使ってもいい?

タクシードライバーとしての転職を検討していますが、道に詳しくありません。タクシーにカーナビはついているのでしょうか?また、タクシードライバーは道が分からない時にカーナビの目的地案内機能を使っていいのでしょうか? カーナビの装着状況 近年のタクシーにはほぼすべてのタクシー車両に装着されていると考えて良いです。その他車両設備に関しても、各求人情報の車両に関する部分に詳細は記載されていることが多いので確認してみると良いかと思います。 カーナビを使ってもいい? タクシードライバー(タクシー乗務員)になって間もない方や、慣れないエリアでの乗車になった場合、乗客が言う目的地に心当たりが無い場合など、スムーズな移動のためにカーナビで目的地を入力してナビゲーション機能を利用することは全く問題ありません。近年は、乗務員がカーナビを利用する機会も増えてきたようにも思いますし、乗客からすればごく自然な行為にも映ります。逆に、道がよく分かっていないにも関わらず、意地を張ってカーナビを使わずに走行し、道を間違えたり、遠回りしたりしてしまう方が問題で乗客からクレームを受けることにも繋がります。タクシードライバーの使命は、乗客を、乗客が指定する目的地にすみやかに、かつ安全に送り届けることですので、必要であればカーナビを使えば良いし、カーナビを使ったからといって不満を持つ乗客も少ない、というのが通例かと思います。 地理を身につけるにあたって タクシー会社によっては、地理に関する研修があったり、東京23区などだと乗務員になるために地理試験もありそのための勉強をします。また毎日運転を続ける中で身についていきますので、あまり大きな心配はする必要は無いかと思います。 いかがでしたか? タクシー車両のカーナビ事情についてご紹介させていただきました。その他にも、何かご不安やご心配があれば、担当キャリアアドバイザーまで気軽にご相談ください! 無料会員登録

未経験でもタクシードライバー(運転手)に就職・転職できる?

未経験でもタクシードライバー(運転手)に就職・転職できる?

タクシー運転手になりたいと考えたときに、まず気になるのが未経験でも大丈夫かということではないでしょうか。結論からお伝えすると、未経験でも大丈夫です。タクシー業界は特に未経験の方に手厚いサポートを設けていることも多く、就職・転職しやすい職業と言えるでしょう。 未経験者が入りやすいタクシー業界 タクシー運転手と言うと、ベテランばかりでカーナビもいらないといった方が多いイメージがありますが、最初は誰しも未経験の状態から始まります。冒頭にもお伝えしたように、未経験でもタクシー運転手になることは可能なうえ、タクシー業界は未経験者に優しく手厚いサポートがあるという特徴があります。それゆえ、他の職種から転職してくる方も数多くいます。 何がどう未経験者に優しいと言えるのか……それは未経験の方が働きやすい仕組みがあるからです。就職や転職したばかりの頃は忙しいですし、新しい環境に不安を感じるでしょう。身体的にも精神的にも負担の多い、入社したての頃に手厚いサポートがいくつもあります。その中から代表的なものとして、以下3つのサポート制度をご紹介します。 ・資格費用の会社負担 ・手厚い社員研修 ・入社後の給与保証 サポート1:資格費用の会社負担 タクシー運転手になるために最低限必要となるのが、以下の2点です。 二種免許の取得(受験資格:満21歳以上、第一種免許を取得してから3年が経過している) 地理試験の合格(東京都・神奈川県・大阪府のうち一部の地域でタクシー運転手になる場合) ■二種免許の取得 タクシー運転手として、お客様を乗せて目的地まで運ぶには、二種免許が必要になります。普通の免許取得と同じように自動車教習所に通うなどして取得していくことになります。入社後すぐに行われる研修は、まずこの二種免許の取得から始まります。二種免許に関して詳しくはタクシードライバーになるにはどんな資格が必要?をご参照ください。 ■地理試験の合格 東京都・神奈川県・大阪府のうち一部の地域では、タクシーセンターが実施する地理試験に合格する必要があります。当たり前ではありますが、タクシー運転手はお客様の目的地までお連れする仕事なので地理について詳しく知っていなくてはなりません。そこで、地理試験の合格が必要になるのです。 問題の内容は簡単に言うと、道路の名前と場所などが問われます。出題された道路名に該当する場所を、地図上でどこにあるのかを答えるといったものです。タクシー会社によっては地理試験の対策講習を行っているところもありますので、心配しなくても良いでしょう。 最近ではこのタクシー運転手として働く際に必要となる、二種免許の取得と地理試験の合格にかかる費用を会社で負担してくれるところが多くなりました。本来なら就職・転職する前に、こうした資格の取得費用がかかるのですが、会社負担してくれることによって、未経験でもタクシー運転手になりやすくなっていますね。 関連記事:タクシー運転手はどんな資格が必要? 手厚い社員研修 社員研修の手厚さは働くうえで気になるポイントの1つ。ほとんどのタクシー会社は入社後に手厚い社員研修を設けています。その研修の一環として二種免許と地理試験の講習・受験が行われることが多いです。タクシー会社の一般的な社員研修は以下の流れで行われます。 1:普通自動車第二種免許の取得 2:地理試験の合格(東京都、神奈川県、大阪府の場合) 3:運転者適性診断 4:接客・法令等の研修(社外研修) 5:接客・法令等の研修(社内研修) 6:教習車を使った実地研修 7:営業所に配属後の研修 タクシー会社に入ると、タクシー車載器の使い方、お客様への接し方など、様々な研修を受けることになります。これだけの研修がありますので、未経験で初めて接客する方でも安心することができるのではないでしょうか。研修では実業務で困らないように指導をしてくれますから、気を抜かずしっかりと研修を受け、気になるところは積極的に質問していきましょう。なお、研修中には乗務開始後の給与形態とは異なるものの、日当1万円前後の給料がもらえます。 関連記事:タクシー運転手の研修ってどんなことをするの? 入社後の給与保証 タクシードライバーの給与体系はご存知の通り、歩合制となっているため、お客様を乗せられないと給料が増えないという仕組みになっています。お客様をより多く乗せるには、少なからず経験やノウハウも必要になってくるのは事実です。そのため、未経験でタクシー運転手になってからの最初の数ヶ月はベテランのタクシードライバーよりも稼げないのは仕方のないことなのです。 そこで、多くのタクシー会社では、いわゆる「試用期間」のような制度が取られています。これは入社から3ヶ月~6ヶ月ほどの間、月に25万円~35万円ほどの給与保証がつく制度です。この期間中に、道に慣れたりお客様を探すコツを覚えたりするなど、タクシー運転手に必要なスキルを身につけていきましょう。 給与保証期間が終わった後の稼ぎが心配な方へ 最初のうちは給与が保証されていますが、それも長くて6ヶ月程度。給料が歩合制になった後の稼ぎが心配という声もよく聞きます。 実際にタクシーの事業の方から聞いた話ですが、「多くのタクシー運転手は3ヶ月程度で保証されている給与よりも多く売り上げられるようになる」とお話されていました。もちろん、歩合なので真面目に働かなければ給与保証よりも下がってしまうケースはありますが、給与保証期間の後についてはそこまで心配しなくても大丈夫そうですね。 タクシー運転手(タクシードライバー)として働く方の年齢 未経験でタクシー運転手をしたいと考える方の中には、年齢的にはどうなのか気になる方もいるかもしれません。たしかにスキルや経験がない限り、年を取っていくに連れて転職が難しくなっていくでしょう。しかし、タクシー運転手の場合には年齢もほとんど関係ないと言っても過言ではないでしょう。 一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会の統計調査によると、平均年齢が60歳近く、勤続年数は10年弱ほどとなっています。つまり、40代・50代でタクシー運転手に転職した方が非常に多いのです。タクシー運転手になるに当たって年齢に関してはそこまで気にする必要はないでしょう。 出典:一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会「第1表 タクシ-運転者(男)の賃金・労働時間(平成30年~平成28年)」 関連記事:タクシードライバーの平均年齢と勤続年数についてのレポート 未経験の方のタクシー会社の選び方 タクシー業界のことを知らない方は、どうやってタクシー会社を選んだら良いかも知りたいところでしょう。選ぶ際には、自分で求人情報を見て徹底的に調べる方法と、転職サイトを活用して求人のおすすめを受けるなどして選ぶ方法があります。自分で調べる場合には、手探りなしで手当たり次第に見ていくのはあまりおすすめできません。求人の中でも自分が重視する注目すべきポイントを決めて調べ、タクシー会社を比較していきましょう。 しかし、働きながらそれをするのは非常に大変ですので、転職支援サービスのキャリアアドバイザーをうまく活用することも手です。キャリアアドバイザーの支援を得ながら、自分でも検討していくことがベストではないでしょうか。詳しくはタクシー会社の選び方をご参照ください。求人を見るときの基準についてもお伝えしています。 未経験の方に対してのサポート体制が整っていることもあり、タクシー業界では未経験の方が大活躍しています。最後におさらいをしておきましょう。 ・未経験者に対しての魅力的なサポート ・事前に資格取得の必要なし ・研修中も給与がある ・入社から一定期間の給与保証あり ・年齢の心配はいらない こうした魅力があるからこそ、未経験者もタクシー運転手として活躍しやすいです! タクシー業界、運送業界、未経験の方でも大丈夫。あなたの応募、タクシー運転手としてのデビュー、心よりお待ちしております!

よく読まれている記事

注目の求人

コンテンツバナー0