知らなかったでは遅すぎる!タクシー現任者の転職事情

タクシー関連
知らなかったでは遅すぎる!タクシー現任者の転職事情

タクシー会社への転職成功の秘訣は事前準備にあり

今はどこのタクシー会社も人手不足に陥っており、タクシードライバーの需要は高まる一方です。

しかしながらよく皆さんが勘違いしているのが、タクシー経験があったり、2種免許があったりすれば、どこのタクシー会社でも簡単に転職できるということです。

実際は決してそんなことはなく、タクシー経験者、つまり現任者は未経験者に比べて転職の際にかなり厳しい目で見られることも多くあります。
今回は、現任の方だけに明かすキャリアコンサルタントが直面した現任さんの転職事情をお話します。

コンサルタントへの無料転職相談はこちら

養成には優しく、現任厳しいタクシー業界

先ほどもお伝えしましたが、タクシー業界は今人手不足です。
平均年齢は58才を超えており、ドライバーの若返りと、他業種からの新たなタクシードライバーの成り手の養成が業界全体としての課題となっています。

ですので、未経験者にはしっかりとタクシー業界で働いてもらおうと2種免許の取得費用を負担したり、給料保証を付けたりと各事業所こぞって自社に来てもらいたいという姿勢がこういった条件面に現れているのだと思います。

その一方で、現任さんを採用するときの状況は、未経験者のソレとは大きく変わってきます。

では具体的に現任さんはどの部分を厳しく見られてしまうのでしょうか。
採用担当の方から面接を組む前に応募者のここを確認してほしいと言われる代表例を一挙公開します。

それは、

・タクシー業界経験年数
・タクシー会社の転籍回数
・退職理由/転職理由
・過去の営業成績
・過去の違反内容

です。

その中でもタクシー会社の採用担当者が一番気にされるのは、転籍回数と在籍年数です。

これは退職理由とセットでズバズバと質問される項目です。
特に短い期間で転職を繰り返していると採用担当も「なぜ?」と感じてしまいます。

どうしてもやむを得ない事業があるなら正直に伝えた方ががいいでしょう。
転職回数自体が悪く見られるのではなく退職理由をうやむやに答えてしまうことが採用担当としてはマイナスイメージにつながるとあるタクシー会社の採用担当の方が教えてくれました。

面接でよく見られる失敗例は、採用担当のストレートな質問に萎縮してしっかりとした受け答えができなくなることです。
正直、退職理由をストレートに聞かれて平常心を保つのは難しいかもしれません。

けれども採用担当としてはあなたを威圧しているつもりはありません。
タクシー業界で働くのは、時に一般企業よりも忍耐力が求められることもあります。

タクシーのお仕事ではさまざまな年齢、性別、性格のお客様の対応が必要になります。
その中であなたがどう立ち振る舞えるのかが面接で試されていると考えてみてください。

たとえ過酷な環境で退職に追い込まれたことがあったとしても、その経緯だけでなく厳しい状況の中でも自分としてはいかに改善しようと努力をしてきたのか、どんな工夫をしてきたのかが答えられると好印象を持たれることでしょう。

コンサルタントへの無料転職相談はこちら

現任ならではの転職の難しさ

現任さんの転職で厄介なことがもう一つあります。
それは「現任の方は面接お断り」と面接自体を断られてしまうことがあることです。

どこのタクシー会社もタクシードライバー不足という中で、現任の方を断るのはおかしいと思うかもしれませんが、これが事実です。

タクシー会社同志の横の関係のつながりが強いタクシー業界は、ある事業所と別の事業所の採用担当者同士が知り合いということはよくあります。

事業所としては知り合いの会社から人を取るようなことをしてしまえば引き抜き行為だと後ろ指をさされることをになりかねません。

そうなれば、業界の中で悪い評判が立ち事業所としても仕事がしにくくなってしまいます。

ですので、それを避けるために、養成は歓迎する一方で、現任さんの採用は横の目線を気にしながら慎重になっているようです。

あるタクシー会社では、在籍している会社を辞めてからでないと面接をしていただけないことがあります。

しかし応募側からすると、受かるかどうかもわからない会社の選考を受けるために今の会社を辞めなければならないなんて応募者からするとリスクも大きいでしょう。

タクシー業界はヨコのつながりが広い業界です。

もしあなたが少しでも前の職場にネガティブな印象を与えて退職をしているとしたら、転職の成功率はかなり低くなってしまいます。

どこのタクシー会社でも働くことができるから、今の職場の辞め方は気にしなくてよいと思っているのならば、それは間違いですので、必ず円満退職を心がけてください。

それでも他のタクシー会社へ転職したいあなたへ

ここまでお話してきましたが、それでも他のタクシー会社への転職をお考えになられている方は直接事業所へ応募するよりも、まずは現任でも面接を受けてくれる企業があるのかを弊社のような転職支援サービスを通して確認することをオススメします。

ご自身で直接聞きにくいことでも、転職支援サービスを利用すればご自身の名前が割れることなく安全に事業所の情報が入手できます。
あなたの前の会社の退職理由や、次のタクシー会社に求める条件などをうかがった上で、あなたの個人名を出すことなく、求人を探すことができますので、ご安心ください。

現任の方で、少しでもお悩みがある方はぜひこちらからご相談くださいね。

コンサルタントへの無料転職相談はこちら

まずは相談してみよう!

専任コンサルタントから
非公開求人紹介させていただきます。

詳しくは
こちら

「ドライバーズワーク タクシー」は、あなたの新しいキャリアのスタートを応援しています!

「ドライバーズワーク タクシー」は、タクシドライバー・タクシー運転手に特化した転職・求人サイトです。タクシーの現任者の方向け求人はもちろん、タクシー業界未経験の方への求人も多数そろえています。2種免許の取得支援や両希望の方、保証人のいない方へのタクシードライバー求人もたくさんあります。また、気になる求人情報を保存したり、オススメの求人情報をメールで取得したりすることができます。是非、あなたの希望の条件で、最適な求人をお探しください。